小坂憲次とは?

小坂憲次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/27 04:29 UTC 版)

小坂 憲次(こさか けんじ、1946年3月12日 - 2016年10月21日)は、日本政治家




  1. ^ “総裁選5候補の推薦人名簿”. 東京新聞. (2008年9月10日). http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2008/ntok0066/list/CK2008091002000314.html 2015年11月4日閲覧。 
  2. ^ “与党の主な落選候補者一覧”. 読売新聞. (2009年8月31日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news/20090831-OYT1T00060.htm 2010年1月19日閲覧。 
  3. ^ 超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ Archived 2011年4月15日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会[リンク切れ]
  5. ^ 自民・小坂氏、病気療養で参院選不出馬日本経済新聞 2015年11月25日
  6. ^ 石破派に小坂氏入会日本経済新聞 2016年4月21日
  7. ^ 小坂憲次氏、死去 長野1区・参院 元文科相 - 信濃毎日新聞(信毎web)2016年10月21日(2016年10月22日閲覧)
  8. ^ 小坂元文科相死去、70歳 - 時事ドットコム 2016年10月21日(同日閲覧)
  9. ^ 故小坂憲次元文科相に旭日大綬章 - 時事ドットコム 2016年11月11日(同月12日閲覧)
  10. ^ 自民・小坂氏が次期参院選公認を辞退 早期の悪性リンパ腫と診断で 産経新聞 2015年11月25日閲覧
  11. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  12. ^ 朝日新聞、2006年3月6日
  13. ^ 成澤宗男週刊金曜日編 『日本会議と神社本庁』 金曜日、2016年
  14. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  15. ^ a b c d e f g h 『財界家系譜大観』 第6版 - 第8版
  16. ^ a b c d e f g h 『閨閥』、320-321頁。
  17. ^ 小坂善太郎「議員外交四十年-私の履歴書」P76-77
  18. ^ “【自民党崩壊の現場】 衰えたブランド力 小坂憲次氏”. 産経新聞. (2009年10月26日). オリジナルの2009年10月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091028014310/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091026/stt0910260055000-n1.htm 2014年5月20日閲覧。 


「小坂憲次」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小坂憲次」の関連用語

小坂憲次のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小坂憲次のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小坂憲次 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS