筆坂秀世とは?

筆坂秀世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/31 02:49 UTC 版)

筆坂 秀世(ふでさか ひでよ、1948年〈昭和23年〉2月28日 - )は、日本政治家政治評論家[1]。元参議院議員(2期)、元日本共産党中央委員会常任幹部会委員、同党政策委員長[1]。同党から離党した後は政治家としての活動からは身を引き、北海道根室市納沙布岬NPO法人望郷の塔(旧・納沙布岬平和の塔)の理事長を務めた。


注釈

  1. ^ 「共産党のナンバー4」について筆坂は「週刊誌がつけた」とし、「共産党という組織は本来ナンバー2も3もいない」「ナンバー1だけ」と述べている[2]

出典

  1. ^ a b c “【金曜討論】参議院のあり方 「決算への特化も手」「参院選は安全弁」筆坂秀世、橋本基弘両氏が激論”. 産経ニュース (産経デジタル). (2013年2月22日). https://www.sankei.com/politics/news/130222/plt1302220031-n4.html 2019年8月31日閲覧。 
  2. ^ a b c d 元日本共産党議員から見た、現在の共産党”. ニッポン放送 (2017年6月14日). 2019年8月31日閲覧。
  3. ^ 週刊ポスト2018年5月4・11日号[要ページ番号]


「筆坂秀世」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筆坂秀世」の関連用語

筆坂秀世のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



筆坂秀世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筆坂秀世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS