三和銀行とは?

三和銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/11 07:02 UTC 版)

株式会社 三和銀行(さんわぎんこう、英称The Sanwa Bank, Limited)は、かつて存在した都市銀行2002年平成14年)に愛知県に本店を置く東海銀行と合併しUFJ銀行となった。なおUFJ銀行は、2006年(平成18年)1月1日東京都に本店を置く東京三菱銀行と合併し三菱東京UFJ銀行となったが、2018年(平成30年)4月1日に商号変更し現在は三菱UFJ銀行となっている。




注釈

  1. ^ 現在の三菱UFJ銀行大阪営業部所在地であるが、2013年10月より堂島浜の三菱銀行大阪支店跡の仮店舗で移転営業中。
  2. ^ 読売新聞1970年10月31日朝刊社会面で、「三和銀行虎ノ門支店も不良融資、総会屋へ二億五千万円」という記事が五段抜きで報じられた。以下は要約。
    ・大阪に事務所を持っていた当時から、総会屋として三和銀行本店総務部に出入りしていた岩井忠芳(紙上では「I」と略されている。社名・実名は後掲の文化評論から)は、1960年に東京へ進出した際、経済旋風社を運転する当座の資金を、三和銀行東京本部総務部の商会で虎ノ門支店が融資。1968年春ごろには融資額が約三千万円に達した。
    ・しかし岩井は倒産寸前に追い込まれた。融資の焦げつきを避けるため、岩井振り出しの手形や小切手を交換所経由の正規のルートに乗せず、銀行側で支店長決済により無担保・短期で立て替える形で融資の上積みをした。1969年5月ごろまでに融資額は二億五千万円にも達した。
    ・銀行側は同年夏ごろから債権保全の交渉をはじめ、岩井が千葉県に所有していた時価六千万円の宅地を担保にとり、また翌年5月、業界で噂にのぼりはじめると、北海道の山林と株など約二億円相当を担保にとったという。
    ジャーナリストの竹森久朝は、巨額融資の担保に入れた北海道洞爺湖近くの土地に疑惑があるという新事実にふれた『ブラック・マネー』(日本証券新聞)の広告を1971年3月30日の日経新聞朝刊で広告に載せた。翌31日、日本証券新聞は児玉誉士夫の青年思想研究会から脅迫を受けて、『ブラック・マネー』13000部を青思会の事務所に運び込んだ。竹森はその事務所へ呼び出されて、出版しない旨の宣誓書を書かされた。竹森は4月3日に被害届を出した。この日の夕方には青思会議長の高橋正義が脅迫罪と威力業務妨害の容疑で逮捕された。しかし、日本証券新聞が被害届を出そうとしなかったため、高橋は42日間拘置された末、25000円の罰金を払って放免された。岩井は、三和銀行へ入れる担保に高橋名義の土地(担保評価わずか1200万円)を転用していた。
    文化評論 新日本出版社 1976年5月号 pp.113-119.
    それから1年半後、竹森は東京地検特捜部から呼び出され、児玉逮捕に協力を求められた。そのとき、デスクの上には『ブラック・マネー』のコピー版が積んであった。
    竹森久朝 『見えざる政府-児玉誉士夫とその黒の人脈』 白石書店 1976年 pp.146-147.
  3. ^ 移転後、三和銀行東京支店ビルは建て替えられ東洋信託銀行(後のUFJ信託銀行、現・三菱UFJ信託銀行)本店ビルとなった。同店は三菱UFJ信託銀行発足後に東京営業部に改称されたが、現在は本店(旧・三菱信託銀行本店)に統合されたため同地から撤退している。
  4. ^ 総会進行係は児玉誉士夫系の後藤与一であった。
  5. ^ 吉田彦太郎が緑産業株式会社を設立している。

出典

  1. ^ 大阪朝日新聞 1933年8月18日付、『三和銀行の歴史』 P108 ~ P110


「三和銀行」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三和銀行」の関連用語

三和銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三和銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三和銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS