総会屋とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 株主 > 総会屋の意味・解説 

そうかい‐や〔ソウクワイ‐〕【総会屋】

少数株式所有して株主総会出席し、金品目当て嫌がらせを行ったり、議事進行誘導をしたりする者。会社法による規制対象になっている特殊株主


そうかい‐や ソウクヮイ‥ 【総会屋】

〔名〕 いくつかの会社少しずつ持って、それぞれの株主総会出席し、その席でいやがらせをしたり、または議事進行協力して、会社から金をとったりすることを常習としている者。〔音引正解近代用語辞典(1928)〕


総会屋(そうかいや)(Sokaiya; fixer at a stockholders' meeting)

株主総会利用して会社から金品などをゆする人

会社株主総会などを利用し、不正な手段金品要求する悪質株主のこと。特殊株主とも呼ばれる。総会屋の行為は、商法利益供与要求罪として禁止されている。

株主総会において、会社金品をくれれば全面的協力し、会社金品をくれなければ議場混乱させて円滑議事進行妨げると脅すことによって利益要求する。株主となって株主総会への出席資格を得れば誰でも総会屋となれるだけに、安易に資金源を求め個人や団体に利用される傾向がある。

総会屋は、たくさんの会社少しずつ保有し、なるべく多く株主総会利用しようと企んでいる。逆に会社立場からすると株主総会を同じ日に集中して開催すれば総会屋が行動する場を減らすことができる。実際2002年株主総会は、東京証券取引所上場する3月期決算企業のうち、8割近くの1313社が6月27日一斉に開催した。

(2002.07.03更新


総会屋

読み方:そうかいや

  1. 会社少数宛所有して之を利用し各会社より金銭を喝取する者。高松
  2. 会社創立総会株主総会等に出席利害関係者より報酬を受けて議事進行させ、または混乱させる会社ゴロ一種
  3. 会社創立総会株主総会等に出席利害関係者より報酬を受けて議事進行させ、または混乱させる会社ゴロ一種のこと。

分類 会社株式

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

総会屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 14:03 UTC 版)

総会屋(そうかいや) とは、日本において、株式会社の株式を若干数保有し株主としての権利行使を濫用することで会社等から不当に金品[注釈 1]を収受、または要求する者および組織を指す。


注釈

  1. ^ 金銭、物品、有価証券債権信用供与債務免除債務保証サービス労務、施設提供、無償の海外旅行ゴルフコンペの参加、リハーサル出席株主への日当、社会通念を越える手土産・飲食費・交通費、株主・その関係者の慈善団体・研究機関への寄付・会費・出版物の購入・広告料など。「相当な対価を伴う合法的な商取引」も含める。また、犯罪組織的な役割を持つ総会屋もあり、その総会屋から得た資金を暴力団の資金源(シノギ)としていた事例もある。
  2. ^ 例えば、挨拶回りついでに自分達の作成した冊子の購入などを「提案」する。株主総会をトラブルなく無事に取り回したい総務部のなかには、総会屋の威迫に負けて書籍購入などの名目で金品を与えてしまう場合もあり、そうなると両者の癒着構造が生じる。総会屋はこの癒着をテコにして、さらに影響力を行使し、ターゲット企業から金品を得ようとする。またターゲット企業の総務部に顔の利くことをエサにして備品・文房具業者や弁当仕出し業者、廃棄物処理業者などに声をかけ、紹介してやるなどと称して口利き料を巻き上げる。
  3. ^ 『現代の眼』(木島力也)、『』(小早川茂)、『流動』(倉林公夫)、『日本読書新聞』(末期、上野国雄)、『新雑誌X』(丸山実
  4. ^ 中小企業保護の観点から、この呼称には批判がある。
  5. ^ 武部組。生井一家五代目古河吉の舎弟
  6. ^ 森川哲郎
  7. ^ 1952年~1955年
  8. ^ 1960年~1969年
  9. ^ 1963年~1965年
  10. ^ 当時、都市銀行16行のうち13行の総会進行係を児玉系で占めた。中でも谷口勝一は、三井系企業と非上場企業に強く、児玉色の強い平和相互銀行東京相互銀行国民相互銀行ヤクルトの進行係も務めた。
    第一勧業銀行 - 嶋崎栄治
    富士銀行 - 宮元昭雄
    三菱銀行 - 上森子鉄
    三和銀行 - 後藤与一
    大和銀行 - 後藤与一
    太陽神戸銀行 - 後藤与一
    三井銀行 - 谷口勝一
    埼玉銀行 - 亀掛川清
    北海道拓殖銀行 - 嶋崎栄治派
    日本興業銀行 - 谷口勝一
    日本長期信用銀行 - 谷口勝一
    東海銀行 - 神戸丹吾派
    日本不動産銀行 - 上森子鉄派
    児玉派でないケースは下記の通り。
    住友銀行 - 滝川資徳
    協和銀行 - 田辺幸作
    東京銀行 - 池谷八十吉
    [1]
  11. ^ 現・住吉会
  12. ^ 小西政治経済研究所
  13. ^ 明治大学出身。立川・曙町
  14. ^ 現・住吉会
  15. ^ 企業擁護奇兵隊
  16. ^ 小石川・後楽園
  17. ^ 後、一和会系白神組
  18. ^ 白神一朝とも名乗った。長堀橋2丁目
  19. ^ 現・六代目松葉会
  20. ^ 四代目体制で常任相談役
  21. ^ 麹町
  22. ^ 茅ヶ崎
  23. ^ 市川中山法華経寺大僧正佐藤栄作の用心棒。佐郷屋亡き後全日本愛国者団体会議の議長に就任
  24. ^ 内神田3丁目
  25. ^ 単位株とは額面50,000円に相当する数の株式を1単位とした場合、50円額面の場合(50×)1000株、500円額面の場合(500×)100株の株式を持たなければ議決権を行使できなくなり単位未満の端株を持って株主総会に出席していた総会屋は排除され、会社も株主総会招集通知の通信費や運営の費用を減らせるメリットが生じるとされた。
  26. ^ 会社又はその子会社の計算で株主の権利行使に関して利益供与をした場合、会社の取締役、監査役およびこれらの職務を代行する者、支配人その他の使用人と利益供与をうけた者は商法の罰則規定により刑事上の制裁(6ヵ月以下の懲役、または30万円以下の罰金)を受けるものとした。
  27. ^ 外資に乗っ取られないよう国内企業間で積極的に株式を持ち合った結果、1973年度末の法人持株比率は66.9%にも達した。[5]

出典

  1. ^ 竹森久朝 『見えざる政府-児玉誉士夫とその黒の人脈』 白石書店 1976年 P 25-26
  2. ^ 観劇会も中止 総会屋締め出し『朝日新聞』1978年(昭和53年)9月16日朝刊、13版、23面
  3. ^ 総会屋コンペや観劇 参加自粛呼びかけ『朝日新聞』1978年(昭和53年)9月14日夕刊、3版、15面
  4. ^ a b “【特集・連載】1997年5月23日 旧第一勧銀が『呪縛』公表 闇勢力排除の契機に”. 東京新聞. (2006年10月4日). http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2008/anohi/CK2007061502124479.html 2016年3月25日閲覧。 
  5. ^ 草野厚 『山一証券破綻と危機管理』 朝日新聞社 1998年 P 265-266
  6. ^ 警察庁組織犯罪対策部組織犯罪対策企画課. “令和2年における組織犯罪の情勢【確定値版】 (pdf)”. 警察庁. 2021年9月16日閲覧。


「総会屋」の続きの解説一覧

総会屋

出典:『Wiktionary』 (2014/05/05 13:42 UTC 版)

名詞

そうかいや

  1. 株式会社株主となり、株主総会において長時間質問役員従業員対す名誉毀損的な言動により議事妨害を行う旨を会社行い、それを行わないことで金銭経済的利益を得ようとする者。また、それらの行動阻止することを約し議事進行協力することにより、会社より金銭等を受け取る者もおり、会社敵対する者を野党総会屋と呼ぶのに対し、これらの者を与党総会屋と呼ぶ。
    会社法法令により、これらの行為違法とされている。



総会屋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「総会屋」の関連用語

総会屋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



総会屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの総会屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの総会屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS