東京証券取引所とは? わかりやすく解説

東京株式市場


とうきょう‐しょうけんとりひきじょ〔トウキヤウ‐〕【東京証券取引所】


東京証券取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/22 15:33 UTC 版)

株式会社東京証券取引所(とうきょうしょうけんとりひきしょ、: Tokyo Stock Exchange,Inc.)は、株式会社日本取引所グループ(JPX)の子会社で、日本最大の証券取引所である。金融商品取引法上の金融商品取引所。略称は東証(とうしょう)、TSE


注釈

  1. ^ 当社は具体的には取引主体識別子(LEI)の付番機関である。
  2. ^ このことは、親会社である日本取引所グループが東証定款を公開しているページのアーカイブ(2時点[1][2])参照。第2条の記載が2時点で変更されており、かつ2時点の「一部改正」の記載の差異が「平成31年3月1日」しかないことから確認できる。
  3. ^ 本項目は平成31年(2019年)3月1日より事業内容の一つとして追加された[注 2]
  4. ^ 2019年現在、金融商品取引法上の金融商品取引所(その内の分類では株式会社金融商品取引所)である。
  5. ^ 清算・決済規定[7] 第3条「当取引所は、当取引所の市場において成立した有価証券の売買に関し、金融商品債務引受業を行わせる金融商品取引清算機関として、株式会社日本証券クリアリング機構(以下「クリアリング機構」という。)を指定する。」
  6. ^ JPX Webページ[39] においては直接の記載がないが、同ページ内「東京証券取引所」→「清算」とされているのが日本証券クリアリング機構のシステムとなる。
  7. ^ 「JPXグループ」は株式会社日本取引所グループを中心とする企業集団を指す。
  8. ^ 1μW=0.001mW

出典

  1. ^ 組織図 - 日本取引所グループ
  2. ^ a b 株式会社東京証券取引所”. 日本取引所グループ (2015年6月16日). 2016年2月8日閲覧。
  3. ^ a b c 会社概要”. 日本取引所グループ. 2021年4月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 第93期 貸借対照表・損益計算書 (2021年3月期)”. 株式会社東京証券取引所. 2022年5月12日閲覧。
  5. ^ 日本取引所グループとは(2018年5月12日閲覧)
  6. ^ 逆風にあらがう福証、IPOでお金の「地産地消」へ-九州は大将気質 ブルームバーグ 2016年11月25日
  7. ^ https://web.archive.org/web/20180829085111/http://jpx-gr.info/rule/tosho_regu_201305070005001.html
  8. ^ 【ニュース拡大鏡】東証、地銀と連携強化 地方発IPO後押し日刊工業新聞』2017年12月19日(金融面)
  9. ^ https://web.archive.org/web/20190714055311/https://www.jpx.co.jp/lei/news/2017/n0e4kb00000002d0-att/n0e4kb00000002eq.pdf
  10. ^ a b c 株式取引所開設140周年 | 日本取引所グループ
  11. ^ a b 東京証券取引所における新市場機械化システム
  12. ^ 初代の小林から第10代の土田まで、東証の理事長はすべて証券会社、大蔵省、日本銀行出身者である。
  13. ^ 東証あろーずくん (@tse_pr) - Twitter(公式アカウント)
  14. ^ a b c d e 東証の株式売買システム「arrowhead」をリニューアル : 富士通
  15. ^ 日本放送協会. “東証「プライム市場」など新たな3市場で取り引き始まる | NHK”. NHKニュース. 2022年4月4日閲覧。
  16. ^ 秦 2001, 610頁.
  17. ^ a b 東京証券取引所における証券売買取引システム
  18. ^ 東証が基幹系を「オープン化」 | 日経 xTECH(クロステック)
  19. ^ 沿革 | 日本取引所グループ
  20. ^ 世界最高水準!次世代株式売買システム「arrowhead」を稼働(富士通株式会社 プレスリリース)2010-03-04閲覧。
  21. ^ 東証が株式売買の新システムを全面稼働、処理性能600倍に(ITpro/日経BP)2010-03-04閲覧。
  22. ^ 「新システムarrowheadは今日時点で100点の出来」東証斉藤社長が会見(ITpro/日経BP)2010-03-04閲覧。
  23. ^ 東証アローヘッド特集:1カイ2ヤリの個人投資家は総撤退かロイター)2010-03-04閲覧。
  24. ^ 東証の株式売買システム「arrowhead」をバージョンアップ : 富士通
  25. ^ [3] アーカイブ:[4]
  26. ^ [5] アーカイブ:[6]
  27. ^ [7] アーカイブ:[8]
  28. ^ 【東証問題】「約定能力を700万件以上に引き上げたい」、西室社長兼会長が表明 | 日経 xTECH(クロステック)
  29. ^ 東証、注文件数上限を1日1400万件に、ライブドア事件後の一連の増強終える - CNET Japan
  30. ^ 事務局説明資料(市場・取引所を巡る諸問題に関する検討)- 金融庁総務企画局
  31. ^ コネクティビティサービス | 日本取引所グループ
  32. ^ 東京証券取引所における High-Frequency Tradingの分析 - JPXワーキングペーパー
  33. ^ arrowhead の障害に関する原因と対策について | 日本取引所グループ
  34. ^ 小口貴宏 (2020年10月20日). “東証システム障害の原因、自動バックアップ切替が「オフ」に”. Engadget. オリジナルの2020年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201020004442/https://japanese.engadget.com/arrowhead-jpx-fujitsu-235842323.html 2020年10月20日閲覧。 
  35. ^ 東証 システムトラブル 宮原社長らが陳謝 2日の売買再開へ準備 | 株価・為替 | NHKニュース[リンク切れ]
  36. ^ 東証、システム障害で謝罪 詳細な経緯説明、当面は「人的監視」で対応 - ITmedia NEWS
  37. ^ a b c d e https://web.archive.org/web/20190331033021/https://www.jpx.co.jp/systems/network/index.html
  38. ^ a b c https://web.archive.org/web/20170619204114/https://ascii.jp/elem/000/000/941/941969/
  39. ^ a b https://web.archive.org/web/20171213180713/https://www.jpx.co.jp/systems/network/01.html
  40. ^ 野村證券 | Target(証券用語解説集)”. 野村證券株式会社. 2018年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月10日閲覧。
  41. ^ a b Targetファーストステップガイド 第 2.1 版”. 2019年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月1日閲覧。
  42. ^ https://web.archive.org/web/20210402054108/https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/rfq-platform/index.html
  43. ^ https://web.archive.org/web/20210402054137/https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0060/20210205-01.html
  44. ^ a b 東京証券取引所は、デジタルトランスフォーメーション(DX)にどう対応しているか?:DX時代、従来型企業の情シスが担うべき役割、持つべきスキルとは?”. アイティメディア株式会社. 2019年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。
  45. ^ 【お客さまインタビュー】株式会社東京証券取引所 様”. テックファーム株式会社 または テックファームホールディングス株式会社. 2019年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。
  46. ^ 人工知能の売買審査業務への適用(日本取引所自主規制法人売買審査部; 2018年3月20日)”. (人工知能学 金融情報学研究会 サイト上で公開). 2019年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月19日閲覧。
  47. ^ 上場審査基準(プライム市場)日本取引所グループ
  48. ^ 上場審査基準(スタンダード市場)日本取引所グループ
  49. ^ 上場審査基準(グロース市場)日本取引所グループ
  50. ^ 新市場区分の概要等について 東京証券取引所 2020年2月21日
  51. ^ プライム市場上場維持合否を通知 東証3市場再編で一次判定 Sankei Biz 2021年7月9日
  52. ^ 1部上場664社がプライム基準に届かず 東証市場再編 朝日新聞 2021年7月10日
  53. ^ a b c 市場区分の見直しに向けた上場制度の整備に伴う有価証券上場規程等の一部改正について(第二次制度改正事項) 東京証券取引所 2021年4月30日
  54. ^ a b c 新市場区分の選択結果について東京証券取引所 2022年1月11日
  55. ^ a b 東証市場再編 各企業の行先は日本経済新聞 2022年1月11日
  56. ^ 東証プライム、1841社上場 基準厳格化で新陳代謝狙う日本経済新聞 2022年1月11日
  57. ^ a b 東証が新市場区分の選択結果を発表三井住友DSアセットマネジメント 2022年1月12日
  58. ^ 上場廃止基準 日本取引所グループ
  59. ^ 市場区分の変更日本取引所グループ
  60. ^ 市場区分の見直しに向けた上場制度の整備について -第二次制度改正事項に関するご説明資料-東京証券取引所 2021年2月12日
  61. ^ 上場子会社のガバナンスの向上等に関する上場制度の整備に係る有価証券上場規程等の一部改正について 東京証券取引所 2020年2月5日
  62. ^ 上場子会社のガバナンスの向上等に関する上場制度の整備に係る有価証券上場規程等の一部改正新旧対照表 東京証券取引所 2020年2月5日
  63. ^ 日経新聞2021年10月16日 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB157G80V11C21A0000000/
  64. ^ 上場会社数・上場株式数
  65. ^ 東証外国株市場
  66. ^ 東証外国部を2月に廃止 海外銘柄は1, 2部に (47NEWS 2004年10月26日 2013年9月26日閲覧)
  67. ^ 外国株 銘柄一覧
  68. ^ a b c d e f 会社概要 - 株式会社 東証システムサービス”. 2013年1月5日閲覧。
  69. ^ 株式会社東京証券取引所 2014年度有価証券報告書
  70. ^ a b 株式会社東証システムサービス 第36期決算公告
  71. ^ a b 沿革 - 株式会社 東証システムサービス
  72. ^ IT戦略の一端を担い、日本経済の基幹システムを支える「東証システムサービス」の第34期決算”. 起業ログ (2019年7月4日). 2019年5月11日閲覧。
  73. ^ “JPX総研の事業開始に向けた完全子会社間の組織再編(会社分割・合併)について” (PDF) (プレスリリース), 株式会社日本取引所グループ, (2022年2月22日), https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0063/nlsgeu0000066wdd-att/20220222_J_2.pdf 2022年5月12日閲覧。 
  74. ^ 無線局免許状情報(総務省電波利用ホームページ)
  75. ^ 基幹放送普及計画(昭和63年郵政省告示第660号)(総務省電波利用ホームページ)
  76. ^ リンク切れ: NHKアイテック会社案内 / 同様ページ: https://web.archive.org/web/20130531144038/http://nhkitec.com/images/000header/movie/profile.pdf PDF3ページ最右下部



東京証券取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 09:30 UTC 版)

撃柝売買」の記事における「東京証券取引所」の解説

東京証券取引所では、1982年昭和57年)まで一部特定銘柄午前・午後寄り付き大引け時(合計4回)に撃柝売買行っていた。 特定銘柄 1960年時点平和不動産東京海上火災保険日本郵船新三菱重工業日清紡績味の素三越三菱地所 1982年時点平和不動産日本石油松下電器産業三井物産東京海上火災保険日本郵船

※この「東京証券取引所」の解説は、「撃柝売買」の解説の一部です。
「東京証券取引所」を含む「撃柝売買」の記事については、「撃柝売買」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「東京証券取引所」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「東京証券取引所」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「東京証券取引所」に関係したコラム

  • 株式の信用取引における三市場残高の見方

    株式の信用取引における三市場残高とは、東京証券取引所(東証)、大阪証券取引所(大証)、名古屋証券取引所(名証)の3つの証券取引所の発表する信用取引残高をまとめたものです。ここでは、株式の信用取引におけ...

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

  • 収益バリュー株の見つけ方

    収益バリュー株とは、企業の純利益から見て株価の安い、いわゆる割安株のことを指します。収益バリュー株は、純利益の数値だけで見つけることは困難で、純利益を用いた指標などから見つけるのが一般的です。純利益を...

  • 株式の信用取引における日々公表銘柄とは

    株式の信用取引における日々公表銘柄とは、証券取引所が投資家に注意を促すために、個別の銘柄について毎日の信用取引残高を公表する銘柄のことです。日々公表銘柄の公表は、投資家の過度の信用取引の利用を防止する...

  • ETFの銘柄の呼値は

    ETFの呼値とは、ETFの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば、価格が1,000円の場合の呼値は1円と決められています(2012年9月現在)。よって、最小の値下りは9...

  • CFDの株式取引と現物株取引、信用取引との違い

    CFDの株式取引と、証券会社を通じた現物株取引や信用取引とはどこが違うのでしょうか。ここでは、東京証券取引所(東証)に上場している銘柄の取引を行った場合のそれぞれの違いについて解説をします。外国株式で...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東京証券取引所」の関連用語

東京証券取引所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東京証券取引所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京証券取引所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの撃柝売買 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS