EDINETとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > M&A用語 > EDINETの意味・解説 

EDINET

フルスペル:Electronic Disclosure for Investors' NETwork
読み方エディネット
別名:証券取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム

EDINETとは、有価証券報告書のような証券取引法に基づく開示書類電子媒体によって開示するためのシステムのことである。

有価証券報告書などの開示必要書類は、これまで書類冊子形態提出開示されていたが、財務局財務支局へのデータ提出インターネット肩代わりすることが可能になった。提出したデジタル情報は、そのままインターネット通じて広く一般に公開することができる。

EDINETの導入によって、企業財務局提出のために赴いたり書類印刷冊子化したりといった事務的負担軽減され、また投資家のような情報受け取り手はインターネット利用して開示情報閲覧することが可能となる。

EDINETは2001年から運用開始され、開示書類電子提出割合を増やしている。


参照リンク
EDINET ― 有価証券報告書等の開示書類を閲覧するホームページ

EDINET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/12 02:09 UTC 版)

EDINET(Electronic Disclosure for Investors’ NETwork・エディネット)は、金融商品取引法上で開示用電子情報処理組織と呼ばれ[1]る、内閣府の使用するホストコンピューター・提出会社の使用するコンピューター金融商品取引所(及び金融商品取引業協会)のコンピューターを結んだ、同法に基づく開示文書に関する電子情報開示システムである。




  1. ^ 同法第27条の30の2
  2. ^ EDINETが、URLの変更と共に、リニューアルされ、XBRLに対応した。
  3. ^ 当該文書有価証券報告書の添付文書として提出されているので、閲覧が可能となっている。
  4. ^ “テラメント株式会社に対する大量保有報告書の訂正命令について” (プレスリリース), 金融庁, (2008年1月27日), http://www.fsa.go.jp/news/19/syouken/20080127.html 
  5. ^ “テラメント株式会社が提出した大量保有報告書の非縦覧化について” (プレスリリース), 金融庁, (2008年1月27日), http://www.fsa.go.jp/news/20/syouken/20090529-9.html 


「EDINET」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

EDINETに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「EDINET」の関連用語

EDINETのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Kindle

Nokia E7

IdeaPad Y500

W-SIM

GALAXY S 4

パソリンク

dtab Compact d-02H

FMV





EDINETのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社ストライク株式会社ストライク
Copyright Strike Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2017 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリEDINETの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのEDINET (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS