DINとは? わかりやすく解説

ディン【DIN】

読み方:でぃん

《(ドイツ)Deutsches Institut für Normung e.V.》ドイツ規格協会。また同協会制定するドイツ連邦規格のこと。日本では一般にドイツ工業規格もしくはDIN規格として知られている


DIN [Deutsche Industries Normen]


DIN

企業活動のほかの用語一覧
標準化団体:  BDA  CCITT  CENELEC  DIN  ETSI  EN  EPCグローバル

DIN:ドイツ工業規格 Deutsche Industrie Normen

  ドイツの国家規格10,000以上の規格制定されている。DIN規格は,1~80,000番台までの一連番号表され分類はない。DIN規格種別,�@Norm正式規格 ,�ANorm Entwurt:規格原案 ,�BVornorm:暫定規格 ,�CBeiblatt:補足のために発行される ,�DAuswahlbatt:特定分野にのみ適用 ,�Ex-Ausgabe:微細な修正印刷ミスの場合,そのまま発行されるもの ,�FTeil:分冊 ,�GDIN Taschenbuch:主要規格まとめたハントブック からなる
ドイツ工業規格
分野 石油関連規格
同義語 ドイツ連邦規格
関連用語 GOST, ACEA, DTD, BS, BSI
類似語  
略語 DIN
ドイツ工業規格

DIN

読み方:でぃん

ディン」と一般には呼ぶが、ドイツ工業規格のこと。これによって定められたもののひとつがDIN感度で、ヨーロッパで長い間、このDINでフィルム感度表していた。いまでは ISO統一されているが、それでも表記にはISO100/21oのように後半部分にはDIN感度併記されている。

Din


DIN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/23 06:44 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

DIN

関連項目


  1. ^ 前の単語が母音で終わる場合はrin。

DIN (ドイツ規格協会)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:32 UTC 版)

標準化団体 (コンピュータと通信)」の記事における「DIN (ドイツ規格協会)」の解説

ドイツ

※この「DIN (ドイツ規格協会)」の解説は、「標準化団体 (コンピュータと通信)」の解説の一部です。
「DIN (ドイツ規格協会)」を含む「標準化団体 (コンピュータと通信)」の記事については、「標準化団体 (コンピュータと通信)」の概要を参照ください。


DIN (ドイツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 17:08 UTC 版)

紙の寸法」の記事における「DIN (ドイツ)」の解説

ドイツの工業規格 DIN 4761922年公表され後にISOA列B列などの基になった規格であるが、DIN 476A0より上の2A0と4A0が標準化されており、それぞれA02倍ないし4倍の寸法となる。 短辺×長辺 (mm)比4A0 1682×2378 1.414 2A0 1189×1682

※この「DIN (ドイツ)」の解説は、「紙の寸法」の解説の一部です。
「DIN (ドイツ)」を含む「紙の寸法」の記事については、「紙の寸法」の概要を参照ください。


din

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/23 03:21 UTC 版)

ISO 639 マクロランゲージ」の記事における「din」の解説

din は、ディンカ語のためのISO 639-3 言語コードである。5つ個別言語割りあてられているdip - 北東ディンカ語 diw - 北西ディンカ語 dib - 中南ディンカ語 dks - 南東ディンカ語 dik - 南西ディンカ語

※この「din」の解説は、「ISO 639 マクロランゲージ」の解説の一部です。
「din」を含む「ISO 639 マクロランゲージ」の記事については、「ISO 639 マクロランゲージ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「DIN」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「DIN」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

DINのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



DINのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDINの記事を利用しております。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2022, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDIN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの標準化団体 (コンピュータと通信) (改訂履歴)、紙の寸法 (改訂履歴)、ISO 639 マクロランゲージ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS