CCITTとは?

CCITT [Consultative Committee on International Telegraphy and Telephony]


CCITT

フルスペル:Comite Consultatif International Telegraphique et Telephonique
読み方シーシーアイティーティー
別名:国際電信電話諮問委員会国際通信連合・電気通信標準化部門会

CCITTとは、気通信に関する規格技術標準化などを行なっている団体の名称である。1956年国際連合により設立された。4年スパン勧告書を冊子の形で提出している。これまで提出された仕様書中には光ディスク仕様書として有名なOrange Book1980年)、Red Book1984年)、Blue Book1988年)などが知られている。

1993年には、CCITTはITU国際電気通信連合)の下部組織として改組され、ITU-TSS(International Telecommunications Union-Telecommunication Standization Sector)となった。


参照リンク
International Telecommunication Union - (英語)
企業活動のほかの用語一覧
標準化団体:  アメリカ規格協会  インターネットソサエティ  BDA  CCITT  CENELEC  DIN  ETSI

ITU-T

(CCITT から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/22 02:24 UTC 版)

ITU-T(International Telecommunication Union Telecommunication Standardization Sector) は、国際電気通信連合の部門の一つで、通信分野の標準策定を担当する「電気通信標準化部門」。旧CCITT(Comite Consultatif International Telegraphique et Telephonique、国際電信電話諮問委員会)。


  1. ^ 日本ITU協会のIシリーズ勧告和訳本の表記による。[1]


「ITU-T」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CCITT」の関連用語

CCITTのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



CCITTのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2020 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCCITTの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのITU-T (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS