IPAとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 連合 > IPAの意味・解説 

アイ‐ピー‐エー【IPA】


アイ‐ピー‐エー【IPA】


アイ‐ピー‐エー【IPA】


アイ‐ピー‐エー【IPA】


アイ‐ピー‐エー【IPA】


アイ‐ピー‐エー【IPA】


アイ‐ピー‐エー【IPA】


アイ‐ピー‐エー【IPA】


独立行政法人情報処理推進機構

読み方ドクリツギョウセイホウジン ジョウホウショリスイシンキコウ
略称:IPA
【英】:Information-technology Promotion Agency, Japan

情報処理高度化推進するため、「プログラム開発および利用促進」「情報処理サービス業に対する助成」「情報セキュリティ対策」「人材育成」等の事業実施する独立行政法人
OSSオープンソースソフトウェア)の推進業務では、「オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業」として、OSS開発OSS普及啓蒙活動自治体教育機関での実証実験などを行っている
従来OSS推進業務は「ソフトウェア開発支援部オープンソースソフトウェアグループ」が担当していたが、2006年1月1日設立された「オープンソースソフトウェア・センター」(OSSセンター)に引き継がれているOSSセンターは、日本OSS推進フォーラムとの連携の下、OSS活用および普及中核となり、「普及促進」「基盤整備」「情報集約発信」の3つとした活動展開している。
関連見出し
日本OSS推進フォーラム
オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業
関連URL
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)(http://www.ipa.go.jp/)
オープンソースソフトウェア・センター(OSSセンター)(http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/index.html)

イソフタル酸

分子式C8H6O4
その他の名称m-フタル酸、m-Phthalic acidIsophthalic acid、1,3-Benzenedicarboxylic acid、IPA、Benzene-1,3-dicarboxylic acid
体系名:ベンゼン-1,3-ジカルボン酸、イソフタル酸、1,3-ベンゼンジカルボン酸


イソペンテニルアデニン

分子式C10H13N5
慣用名 N6-イソペンテニルアデニン、IPA、2iP、N6-Isopentenyladenine、N-(3-Methyl-2-butenyl)-1H-purin-6-amine、イソペンテニルアデニン、N6-イソペンテニルアデニン、iPeAde、N6-iPeAde、N6-Isopentenyladenine、N-(3-Methyl-2-butenyl)-9H-purin-6-amine、N-Isopentenyladenine、Isopentenyladenine、2-Methyl-4-(1H-purin-6-ylamino)-2-butene、デオキシゼアチン、Deoxyzeatin、6-[(3-Methyl-2-butenyl)amino]-9H-purine、N-(3-Methyl-2-butenyl)adenine
体系名: N-(3-メチル-2-ブテニル)アデニン、N-イソペンテニルアデニン、6-[(3-メチル-2-ブテニル)アミノ]-1H-プリン、N6-(3-メチル-2-ブテニル)アデニン、N-(3-メチル-2-ブテニル)-1H-プリン-6-アミン、N-(3-メチル-2-ブテニル)-9H-プリン-6-アミン、2-メチル-4-(1H-プリン-6-イルアミノ)-2-ブテン、6-[(3-メチル-2-ブテニル)アミノ]-9H-プリン


イソペンテニルアデノシン

分子式C15H21N5O4
慣用名 リボプリン、N6-イソペンテニルアデノシン、N6-(γ,γ-ジメチルアリル)アデノシン、IPA、Riboprine、NSC-105546、N6-Isopentenyladenosine、N6-(γ,γ-Dimethylallyl)adenosine、N-(3-Methyl-2-butenyl)adenosine、イソペンテニルアデニンリボシド、Isopentenyladenine riboside、2iPR、SQ-22558、2iPA、IPAR、N6-(Δ2-イソペンテニル)アデノシン、N6-(Δ2-Isopentenyl)adenosine、N6-(2-イソペンテニル)アデノシン、N6-(2-Isopentenyl)adenosine、イソペンテニルアデノシン、Isopentenyladenosine、6-[(3-Methyl-2-butenyl)amino]-9-(β-D-ribofuranosyl)-9H-purine、N-(3-Methyl-2-butenyl)-9-β-D-ribofuranosyl-9H-purine-6-amine、9-β-D-Ribofuranosyl-N6-(Δ2-isopentenyl)adenine、9-β-D-リボフラノシル-N6-(Δ2-イソペンテニル)アデニン、N-Isopentenyladenosine、N(6)-(3-Methyl-2-butenyl)adenosine、N(6)-(3-メチル-2-ブテニル)アデノシン
体系名:9-(β-D-リボフラノシル)-6-(イソペンテニルアミノ)-9H-プリン、N-イソペンテニルアデノシン、N-(3-メチル-2-ブテニル)アデノシン、6-[(3-メチル-2-ブテニル)アミノ]-9-(β-D-リボフラノシル)-9H-プリン、N-(3-メチル-2-ブテニル)-9-β-D-リボフラノシル-9H-プリン-6-アミン


1H‐インドール‐3‐プロピオン酸

分子式C11H11NO2
その他の名称インドールプロピオン酸、3-(3-IP)、Indolepropionic acid、1H-Indole-3-propanoic acid、1H-Indole-3-propionic acid、3-(1H-Indol-3-yl)propionic acid、IPA【auxin】、IPA、IPA【オーキシン】、3-Indolylpropionic acid、3-インドリルプロピオン酸
体系名:3-(1H-インドール-3-イル)プロパン酸、1H-インドール-3-プロピオン酸、3-(1H-インドール-3-イル)プロピオン酸1H-インドール-3-プロパン酸


IPA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 01:35 UTC 版)

IPAの一般的な意味




「IPA」の続きの解説一覧

IPA (ファイルフォーマット)

(IPA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:34 UTC 版)

IPA(: iOS Application Archive、アイオスアプリケーションアーカイブ、アイピーエー)とは、 iOS上とM1 チップを搭載したMacで動作するアプリケーションを含むアーカイブファイルの一種である[1]。IPAファイルはARMアーキテクチャ向けのバイナリを格納しており、iOSデバイスにのみインストールすることが可能となっている。


  1. ^ IBM Knowledge Center - Creating the IPA file”. IBM Knowledge Center. 2017年8月30日閲覧。


「IPA (ファイルフォーマット)」の続きの解説一覧

IPA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 04:51 UTC 版)

国際音声記号 (IPA) では、下降声調を表す記号である。

※この「IPA」の解説は、「サーカムフレックス」の解説の一部です。» 「サーカムフレックス」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




IPAと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

IPAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



IPAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2022
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ情報処理推進機構の記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIPA (改訂履歴)、IPA (ファイルフォーマット) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサーカムフレックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS