上級システムアドミニストレータとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 資格 > アドミニストレータ > 上級システムアドミニストレータの意味・解説 

上級システムアドミニストレータ

資格区分 国家資格
資格概要取得方法 情報処理技術者システムアドミニストレータシスアド)は、初級上級の2つのレベル分かれています。上級の方が難易度は高く、合格率初級おおむね3040%なのに対し、上級では10%を下回っています。 シスアド企業内のエンドユーザー立場から、情報システム活用して業務改善効率化推進していきます。これを各部単位実践していくのが初級シスアドです。一方上級シスアドは、初級シスアド指導しつつ、部門単位ではなく企業全体情報化を図る役割を担っていきます。 有資格者は、情報化推進部門経営企画部門などで活躍するケース少なくないようです。そしてスキル磨き実績を積んでいけば、情報戦略に深く関わる経営幹部への道が開けるチャンス開けてくるでしょう今や企業競争力高め上で情報戦略を軽視することはできません。それだけに上級シスアド対す期待大きと言えるでしょう
受験資格 制限なし
受験料 5100円(税込み
合格率 8.4%(2004年秋期
試験日程 年1回実施10月3日曜日秋期試験
試験会場 全国主要都市実施
問い合わせ先 情報処理技術者試験センター( http://www.jitec.jp/)

上級システムアドミニストレータ

読み方じょうきゅうシステムアドミニストレータ
別名:上級シスアド
【英】Senior Systems Administrator, SD

上級システムアドミニストレータとは、経済産業省が、システムユーザーとしての知識技能などがある一定レベル上であることを認定する国家資格一種である。1996年登場した。

上級システムアドミニストレータは、初級システムアドミニストレータ対す上位資格であり、主に、システムユーザー向けの資格であるが、専門的知識レベル要求される。例えば、システム開発する際に、「このようなシステム作りたい」という要求仕様開発技術者伝え立場で、特に情報処理業務全体中心となる人物取得している。

独立行政法人情報処理推進機構IPA)が試験実施しており、試験は年に1回、秋(10月)に行われる試験実施内容は、午前多肢選択方式100分、午後に記述90分と論文120分となっている。

情報と社会のほかの用語一覧
資格・試験:  SJC  SJC-A  システム監査技術者  上級システムアドミニストレータ  情報処理技術者  情報処理技術者試験  情報処理推進機構

上級システムアドミニストレータ試験

(上級システムアドミニストレータ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/25 09:47 UTC 版)

上級システムアドミニストレータ試験(じょうきゅうしすてむあどみにすとれーたしけん、Senior Systems Administrator Examination、略称上級シスアド、略号SD)は、情報処理技術者試験にあった区分である。 当時の高度情報処理技術者で最高のレベル5の区分の一つであった。




  1. ^ 情報処理技術者試験 推移表 (PDF) (IT人材育成センター国家資格・試験部)


「上級システムアドミニストレータ試験」の続きの解説一覧



上級システムアドミニストレータと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上級システムアドミニストレータ」の関連用語

上級システムアドミニストレータのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上級システムアドミニストレータのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ上級システムアドミニストレータの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上級システムアドミニストレータ試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS