情報工学とは? わかりやすく解説

情報工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/18 10:25 UTC 版)

情報工学(じょうほうこうがく、英語: computer science[1])とは、「計算機による情報処理に関連する科学技術の一分野」を指す言葉であり、「情報科学」や「計算機科学」ともいう[1]




「情報工学」の続きの解説一覧

情報工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 21:14 UTC 版)

ロバストネス」の記事における「情報工学」の解説

コンピュータシステム実行中エラーおかしな入力対応すること。ロバストネス (コンピュータ)いくつかの手法があるが、たとえば、チェックサム仕込んでプログラムバイナリデータデータ改変検知する機能持たせるファジング行って開発者にとって想定範囲外データ入力に対する脆弱性を評価するなどの手法がある。

※この「情報工学」の解説は、「ロバストネス」の解説の一部です。
「情報工学」を含む「ロバストネス」の記事については、「ロバストネス」の概要を参照ください。


情報工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 19:55 UTC 版)

USB (曖昧さ回避)」の記事における「情報工学」の解説

ユニバーサル・シリアル・バス (Universal Serial Bus) - コンピュータインタフェース規格のひとつフラッシュメモリ載せたUSB機器であるUSBフラッシュドライブUSBメモリ)の日本における短縮語で、俗称としても使われている。報道関係多用されている。

※この「情報工学」の解説は、「USB (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「情報工学」を含む「USB (曖昧さ回避)」の記事については、「USB (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


情報工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 01:57 UTC 版)

スクレイパー」の記事における「情報工学」の解説

ウェブスクレイパーweb scraperウェブサイトから情報抽出するコンピュータソフトウェア技術

※この「情報工学」の解説は、「スクレイパー」の解説の一部です。
「情報工学」を含む「スクレイパー」の記事については、「スクレイパー」の概要を参照ください。


情報工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 10:05 UTC 版)

プロトコル」の記事における「情報工学」の解説

詳細は「通信プロトコル」および「ルーティングプロトコルを参照 「アルゴリズム」および「インタフェース (情報技術)」も参照 コンピュータにおける「プロトコル」とは通信規約意味する。たとえ異な企業どうしの装置であっても通信が行えるよう、用語を含めて厳密に規定されている。一度定められたプロトコル変更することは容易ではないため、情報通信技術今後どのように開発されるかを見据えながらプロトコル作成が行われる。工学におけるシステムの設計階層によって行われること多くコンピュータにおけるプロトコル厳密な階層的設計が行われる。 国際標準化機構国際電気通信連合OSI基本参照モデル定めていて、多くのプロトコルがこれをモデルとして作られている。インターネットにおけるプロトコルRFC技術仕様公開されている。

※この「情報工学」の解説は、「プロトコル」の解説の一部です。
「情報工学」を含む「プロトコル」の記事については、「プロトコル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「情報工学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

情報工学

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 12:04 UTC 版)

名詞

情報工学 (じょうほうこうがく)

  1. (工学) 電子的な情報工学的に扱う学問

参照


「情報工学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



情報工学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報工学」の関連用語

情報工学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



情報工学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロバストネス (改訂履歴)、USB (曖昧さ回避) (改訂履歴)、スクレイパー (改訂履歴)、プロトコル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの情報工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS