ロボット工学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > ロボット工学の意味・解説 

ロボット‐こうがく【ロボット工学】


ロボット工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 03:28 UTC 版)

ロボット工学(ロボットこうがく、英語:robotics)は、ロボットに関する技術を研究する学問。ロボットの手足などを構成するためのアクチュエータや機構に関する分野、外界の情報を認識・知覚するためのセンサやセンシング手法に関する分野、ロボットの運動や行動ロボットの制御に関する分野、ロボットの知能など人工知能に関する分野などに大別される。


注釈

  1. ^ "Robotics has become a sufficiently well developed technology to warrant articles and books on its history and I have watched this in amazement, and in some disbelief, because I invented … the word"[2].
  2. ^ 「ロボティクスの三原則」とされる場合もある[3]

出典

  1. ^ Asimov, Isaac (1996) [1995]. "The Robot Chronicles". Gold. London: Voyager. pp. 224–225. ISBN 0-00-648202-3.
  2. ^ a b Asimov, Isaac (1983). "4 The Word I Invented". Counting the Eons. Doubleday.
  3. ^ 1997年日本国際賞記念講演会” (PDF). 国際科学技術財団. 2018年11月30日閲覧。
  4. ^ JOSEPH ENGELBERGER // The Father of Robotics”. Robotics Industries Association. 2015年12月1日閲覧。
  5. ^ Joseph F. Engelberger, the "Father of Robotics," turns 90”. Modern Materials Handling (2015年7月27日) 2016年5月16日閲覧。
  6. ^ ロボットゼミナール第1回」、『Yasukawa News』295号(安川電機)、10頁、2018年11月30日閲覧。
  7. ^ 日本に産業用ロボットが来た日。 なぜ「ロボットの父」はカワサキに託したのか?”. XYZ. 川崎重工 (2018年7月27日) 2018年11月30日閲覧。
  8. ^ Farewell, Joe Engelberger”. EE Times. 2016年5月16日閲覧。
  9. ^ Joe Engelberger, robotics pioneer, 1925-2015”. Financial Times (2015年12月18日) 2016年5月16日閲覧。


「ロボット工学」の続きの解説一覧

ロボット工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:54 UTC 版)

からくり人形 からくり人形は、17世紀から19世紀にかけて作られた日本の伝統的な機械化され人形またはオートマタである。からくりという言葉は「機構」や「トリック」を意味する人形のしぐさは楽しませるための物である。からくりには主に3タイプがある。舞台からくり演劇使用された。座敷からくりは、家庭で使われていた小型のからくりである。山車からくりは、宗教上祭礼使われ伝統的な神話伝説再現するために使われていた。 運動支援用ロボット外骨格(医学) HAL最初の試作品提案したのは、筑波大学教授山海嘉之である。山海氏は、小学3年生の頃からロボット魅せられ、「人間支援する」ためのロボットスーツ作りたい考えていた。1989年にロボット工学の博士号取得後、HAL開発着手した山海1990年から1993年までの3年間、足の動き支配するニューロンマッピング費やした。彼とチームは、ハードウェア試作品作るのにさらに4年要したアンドロイド 世界初アンドロイドDER 01」は、大阪大学石黒浩主宰する知能ロボティクス研究室ココロ共同開発した。アクトロイドは、大阪大学開発しココロサンリオアニマトロニクス事業部)が製造した視覚的に非常に人間に近いヒューマノイドである。2003年東京開催され国際ロボット展で初公開された。アクトロイドウーマンは、これまで架空のロボットだけで使われアンドロイドガイノイドというSF用語で呼ばれる想像上の機械に近い実在機械の草分け的な例である。まばたき会話呼吸など生きているような機能真似ることができる。「Replieeモデルは、音声認識して処理し親切に応答する能力を持つ対話型ロボットである。

※この「ロボット工学」の解説は、「日本の発明・発見の一覧」の解説の一部です。» 「日本の発明・発見の一覧」の概要を見る


ロボット工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 16:45 UTC 版)

HAL (パワードスーツ)などロボットスーツ使用なども検討される

※この「ロボット工学」の解説は、「脊髄小脳変性症」の解説の一部です。» 「脊髄小脳変性症」の概要を見る


ロボット工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:54 UTC 版)

からくり人形 からくり人形は、17世紀から19世紀にかけて作られた日本の伝統的な機械化され人形またはオートマタである。からくりという言葉は「機構」や「トリック」を意味する人形のしぐさは楽しませるための物である。からくりには主に3タイプがある。舞台からくり演劇使用された。座敷からくりは、家庭で使われていた小型のからくりである。山車からくりは、宗教上祭礼使われ伝統的な神話伝説再現するために使われていた。 運動支援用ロボット外骨格(医学) HAL最初の試作品提案したのは、筑波大学教授山海嘉之である。山海氏は、小学3年生の頃からロボット魅せられ、「人間支援する」ためのロボットスーツ作りたい考えていた。1989年にロボット工学の博士号取得後、HAL開発着手した山海1990年から1993年までの3年間、足の動き支配するニューロンマッピング費やした。彼とチームは、ハードウェア試作品作るのにさらに4年要したアンドロイド 世界初アンドロイドDER 01」は、大阪大学石黒浩主宰する知能ロボティクス研究室ココロ共同開発した。アクトロイドは、大阪大学開発しココロサンリオアニマトロニクス事業部)が製造した視覚的に非常に人間に近いヒューマノイドである。2003年東京開催され国際ロボット展で初公開された。アクトロイドウーマンは、これまで架空のロボットだけで使われアンドロイドガイノイドというSF用語で呼ばれる想像上の機械に近い実在機械の草分け的な例である。まばたき会話呼吸など生きているような機能真似ることができる。「Replieeモデルは、音声認識して処理し親切に応答する能力を持つ対話型ロボットである。

※この「ロボット工学」の解説は、「日本の発明・発見の一覧」の解説の一部です。» 「日本の発明・発見の一覧」の概要を見る


ロボット工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 21:34 UTC 版)

実際のロボットにこの三原則実装できるかという問題についてはフレーム問題という大きな障害つきまとうロボットは、どんな行動が人間危害を加える可能性があるかを判断するために周囲の状況とその帰結をすべて予測しなくてはならないそのためには人工知能搭載すべき知ベース思考範囲際限なく大きくなってしまうのである。 たとえば、火災巻き込まれた人間発見した際に自分引火性燃料使用している」「火災現場高温」「高温下では引火性燃料爆発することがある」「付近爆発起きると人間負傷することがある」という知識をもとに自分直接助け行かず応援を呼ぶ、という判断を下す必要がある三原則ロボット人間殺害した反乱起こしたりする事態を回避するために架空世界設定されたものだが、現実に戦場で人的損失を防ぐために人間兵士代わって偵察攻撃を行う軍事用ロボット現実のものとなりつつある。例えば、すでに実用化されている火器搭載した無人航空機UAV)の発展結果自律的に「敵」識別して攻撃を加える可能性もある。 一方で批判的な立場もあり広瀬茂男は「ロボット生物同等の欲求を持つことを前提三原則与えたとが人々にロボット革命を起こすなどの懸念抱かせた」として、三原則ではなくあくまで機械としての行動律が必要だ提唱している。 以下のような応用事例がある。 ソニーペットロボットAIBOに対して実際に応用され原則存在する千葉大学2007年11月21日制定した千葉大学ロボット憲章」は千葉大学におけるロボット教育・研究開発者にこの三原則を「永久的遵守」として大学離れた後も遵守することを研究者求めている。

※この「ロボット工学」の解説は、「ロボット工学三原則」の解説の一部です。» 「ロボット工学三原則」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ロボット工学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ロボット工学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロボット工学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロボット工学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロボット工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本の発明・発見の一覧 (改訂履歴)、脊髄小脳変性症 (改訂履歴)、日本の発明・発見の一覧 (改訂履歴)、ロボット工学三原則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS