情報技術とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 技術 > 情報技術の意味・解説 

じょうほう‐ぎじゅつ〔ジヤウホウ‐〕【情報技術】

読み方:じょうほうぎじゅつ

アイ‐ティー(IT)


情報技術

読み方じょうほうぎじゅつ
別名:Information Technology
【英】IT

情報技術とは、コンピュータネットワークといった情報処理関連の技術総称である。英語の頭字をとってITと呼ぶことも一般的となっている。

情報処理という言葉は、日本国内では、計算機利用始まった当初から使用されてきた。1990年代後半になると米国においてコンピュータと通信関連した技術用いて従来事業概念大きく突き崩すような事例数多く登場しはじめた。これらは、単にコンピュータ情報扱っているだけでなく、ビジネスモデルそれ自体大きな衝撃インパクト与えたとりわけ2000年前後インターネットの普及進み人々認識産業全体構造にも変化与えつつあった。このため産業革命倣ってIT革命などとも呼ばれた

情報技術の顕著な例として電子商取引Eコマース)を挙げることができる。電子商取引では、24時間稼動しているサーバー群、ユーザー所有するパソコン高速な通信回線その上に構築されインターネットその上で提供され交わされている諸々の情報というように、コンピュータと通信技術複雑に絡み合った技術の上実現されている。

情報技術、すなわちITと同義的言葉としてICTInformation and Communication Technology)という表現一般的になりつつある。ICTは「情報通信技術」と訳されるが、ITに比べコンピュータ技術通信技術がより融合した形で考えられ用いられることが多い。

情報技術は社会生活インフラとして重要性増してきており、コンピュータインターネット携帯電話、あるいは、来るべきユビキタス社会など、今日社会にあってはいずれ無視できないものとしてある。日本の教育体系では高等学校教科となり、高等学校学習指導要領において「情報A」「情報B」「情報C」の各教科設置されている。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/23 09:16 UTC 版)

情報技術(じょうほうぎじゅつ、: information technology、IT)とは、コンピュータを使ってあらゆる種類の電子的なデータ情報を作成、処理、保存、取得、交換することである[1][2]。ITは一般的に、業務運用英語版の文脈の中で用いられ、個人的な用途や娯楽のための技術英語版とは異なる[3]


注釈

  1. ^ 後に「IT」という用語がより広く使われるようになったことについて、Kearyは次のようにコメントしている。『当初の用途である「情報技術 (information technology; IT)」は、データの保存・検索・処理・配布という広大な分野に応用される技術の融合を表すのに適していた。この有用な概念的用語は、その後、大いに役立つと言われるものに変えられたが、定義を強化することはなかった。ITという用語は、あらゆる機能、規律、役職の名称に適用するには実質を欠いている。』 [7]
  2. ^ 「形式 (format)」とは、文字エンコード方式など、保存されたデータの物理的特性を指し、「構造 (unstructured)」は、そのデータの構成を表す。

引用

  1. ^ e-words IT用語辞典
  2. ^ Daintith, John, ed. (2009), “IT”, A Dictionary of Physics, Oxford University Press, ISBN 9780199233991, http://www.oxfordreference.com/views/ENTRY.html?subview=Main&entry=t83.e1592 2012年8月1日閲覧。  (要購読契約).
  3. ^ Free on-line dictionary of computing (FOLDOC)”. 2013年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月9日閲覧。
  4. ^ a b Butler, Jeremy G., A History of Information Technology and Systems, University of Arizona, http://www.tcf.ua.edu/AZ/ITHistoryOutline.htm 2012年8月2日閲覧。 .
  5. ^ Leavitt, Harold J.; Whisler, Thomas L. (1958), “Management in the 1980s”, Harvard Business Review 11, http://hbr.org/1958/11/management-in-the-1980s .
  6. ^ Chandler, Daniel; Munday, Rod (2011-02-10), “Information technology”, A Dictionary of Media and Communication (first ed.), Oxford University Press, ISBN 978-0199568758, https://books.google.com/books?id=nLuJz-ZB828C&pg=PA211 2012年8月1日閲覧, "Commonly a synonym for computers and computer networks but more broadly designating any technology that is used to generate, store, process, and/or distribute information electronically, including television and telephone." .
  7. ^ Ralston, Hemmendinger & Reilly (2000), p. 869.
  8. ^ Wright (2012), p. 279.
  9. ^ Chaudhuri (2004), p. 3.
  10. ^ Lavington (1980), p. 11.
  11. ^ Enticknap, Nicholas (Summer 1998), “Computing's Golden Jubilee”, Resurrection (20), ISSN 0958-7403, オリジナルの9 January 2012時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120109142655/http://www.cs.man.ac.uk/CCS/res/res20.htm#d 2008年4月19日閲覧。 .
  12. ^ Cooke-Yarborough, E. H. (June 1998), “Some early transistor applications in the UK”, Engineering Science & Education Journal 7 (3): 100–106, doi:10.1049/esej:19980301, ISSN 0963-7346 .
  13. ^ Advanced information on the Nobel Prize in Physics 2000”. Nobel Prize (2018年6月). 2019年12月17日閲覧。
  14. ^ Alavudeen & Venkateshwaran (2010), p. 178.
  15. ^ Lavington (1998), p. 1.
  16. ^ “Early computers at Manchester University”, Resurrection 1 (4), (Summer 1992), ISSN 0958-7403, オリジナルの28 August 2017時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170828010743/http://www.cs.man.ac.uk/CCS/res/res04.htm#g 2008年4月19日閲覧。 .
  17. ^ Universität Klagenfurt, ed., “Magnetic drum”, Virtual Exhibitions in Informatics, http://cs-exhibitions.uni-klu.ac.at/index.php?id=222 2011年8月21日閲覧。 .
  18. ^ The Manchester Mark 1, University of Manchester, オリジナルの21 November 2008時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20081121112547/http://www.digital60.org/birth/manchestercomputers/mark1/manchester.html 2009年1月24日閲覧。 .
  19. ^ Khurshudov, Andrei (2001), The Essential Guide to Computer Data Storage: From Floppy to DVD, Prentice Hall, ISBN 978-0-130-92739-2, https://archive.org/details/essentialguideto00andr .
  20. ^ Wang, Shan X.; Taratorin, Aleksandr Markovich (1999), Magnetic Information Storage Technology, Academic Press, ISBN 978-0-12-734570-3 .
  21. ^ Wu, Suzanne, “How Much Information Is There in the World?”, USC News (University of Southern California), http://news.usc.edu/#!/article/29360/How-Much-Information-Is-There-in-the-World 2013年9月10日閲覧。 .
  22. ^ a b c Hilbert, Martin; López, Priscila (1 April 2011), “The World's Technological Capacity to Store, Communicate, and Compute Information”, Science 332 (6025): 60–65, Bibcode2011Sci...332...60H, doi:10.1126/science.1200970, PMID 21310967, http://www.sciencemag.org/content/332/6025/60.full?sid=ef08b031-c911-46ae-9e9c-d675cc635c6d 2013年9月10日閲覧。 .
  23. ^ Americas events – Video animation on The World's Technological Capacity to Store, Communicate, and Compute Information from 1986 to 2010”. The Economist. 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月13日閲覧。
  24. ^ a b c Ward & Dafoulas (2006), p. 2.
  25. ^ Olofson, Carl W. (October 2009), A Platform for Enterprise Data Services, IDC, http://public.dhe.ibm.com/software/data/sw-library/ims/idc-power-of-ims.pdf 2012年8月7日閲覧。 .
  26. ^ Ward & Dafoulas (2006), p. 3.
  27. ^ Silberschatz, Abraham (2010) (英語). Database System Concepts. McGraw-Hill Higher Education. ISBN 978-0-07-741800-7. https://books.google.com/books?id=BcOUCgAAQBAJ .
  28. ^ Pardede (2009), p. 2.
  29. ^ a b Pardede (2009), p. 4.
  30. ^ Kedar, Rahul (2009) (英語). Database Management System. Technical Publications. ISBN 9788184316049. https://books.google.com/books?id=SELyJ4a5nTcC 
  31. ^ van der Aalst (2011), p. 2.
  32. ^ Dyché, Jill (2000), Turning Data Into Information With Data Warehousing, Addison Wesley, ISBN 978-0-201-65780-7, https://archive.org/details/edataturningdata00dych .
  33. ^ Weik (2000), p. 361.
  34. ^ a b Pardede (2009), p. xiii.
  35. ^ Han, Kamber & Pei (2011), p. 5.
  36. ^ Han, Kamber & Pei (2011), p. xxiii.
  37. ^ Han, Kamber & Pei (2011), p. 8.
  38. ^ The Joint Task Force for Computing Curricula 2005.Computing Curricula 2005: The Overview Report. Archived 21 October 2014 at the Wayback Machine..
  39. ^ “Technology Sector Snapshot”. The New York Times. オリジナルの2017年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170113163914/http://markets.on.nytimes.com/research/markets/usmarkets/sectors.asp?sector=57 2017年1月12日閲覧。 
  40. ^ Our programmes, campaigns and partnerships”. TechUK. 2017年1月12日閲覧。
  41. ^ Cyberstates 2016”. CompTIA. 2017年1月12日閲覧。
  42. ^ Manifesto Hatched to Close Gap Between Business and IT”. TechNewsWorld (2020年10月22日). 2021年3月22日閲覧。
  43. ^ Proctor, K. Scott (2011), Optimizing and Assessing Information Technology: Improving Business Project Execution, John Wiley & Sons, ISBN 978-1-118-10263-3 .
  44. ^ Top Information Services companies”. VentureRadar. 2021年3月8日閲覧。
  45. ^ Follow Information Services on Index.co”. Index.co. 2021年3月8日閲覧。
  46. ^ Publishing, Value Line. “Industry Overview: Information Services”. Value Line. 2021年3月8日閲覧。
  47. ^ a b c d e Lauren Csorny (2013年4月9日). “U.S. Careers in the growing field of information technology services”. U.S. Bureau of Labor Statistics. 2022年2月13日閲覧。
  48. ^ Bynum, Terrell Ward (2008), “Norbert Wiener and the Rise of Information Ethics”, in van den Hoven, Jeroen; Weckert, John, Information Technology and Moral Philosophy, Cambridge University Press, ISBN 978-0-521-85549-5 .
  49. ^ Reynolds, George (2009), Ethics in Information Technology, Cengage Learning, ISBN 978-0-538-74622-9 .


「情報技術」の続きの解説一覧

情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 15:58 UTC 版)

日本」の記事における「情報技術」の解説

日本企業半導体デバイス製造装置で高いシェア有するかつてはハードディスクドライブ (HDD)、フラッシュメモリ液晶ディスプレイ生産栄華を極めた韓国、台湾中国追い上げ凋落した。

※この「情報技術」の解説は、「日本」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「日本」の記事については、「日本」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 00:42 UTC 版)

ケルベロス (曖昧さ回避)」の記事における「情報技術」の解説

ケルベロス認証 - 1980年代MIT開発し1989年から公開利用されている暗号化認証方式

※この「情報技術」の解説は、「ケルベロス (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「ケルベロス (曖昧さ回避)」の記事については、「ケルベロス (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/03 17:48 UTC 版)

エイムズ研究センター」の記事における「情報技術」の解説

NASAAdvanced Supercomputing計算科学部門Human Factors人間工学部門Intelligent Systems知的システム人工知能部門は、エイムズ研究センター中心としている。これらの研究開発部門は、NASA探査計画スペースシャトル運用宇宙科学航空工学に関する研究を影で支えている。 Intelligent SystemsTI部門は、NASA各種ミッション使われるソフトウェアシステム開発する部門である。ディープ・スペース1号にはこの部門開発した人工知能システム搭載されている。また、マーズ・エクスプロレーション・ローバー日々の計画立案するMAPGENソフトウェアもこの部門開発した国際宇宙ステーション向けのシステム計画されている。

※この「情報技術」の解説は、「エイムズ研究センター」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「エイムズ研究センター」の記事については、「エイムズ研究センター」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/26 23:10 UTC 版)

OSD」の記事における「情報技術」の解説

オブジェクト・ストレージ・デバイス オンスクリーン・ディスプレイ英語版)(On-screen display)。接続先のテレビディスプレイにプログラムデータ、位置情報設定データ表示するビデオ・カセット・レコーダ(VCR)やDVDプレーヤーなど映像機器が持つ機能OneSpace Designer。CoCreate Modeling旧名(別名、OneSpace Designer Modeler、SolidDesigner(英語版))PTC製品オペレーティングシステム自動展開(英語版)(Operating system deployment) - オペレーティングシステムコンピュータインストール、展開(デプロイメントする際ディスク・イメージISO 9660イメージなど)または「無人インストレーション」("unattended installation")・「サイレント・インストレーション」("Silent installation")を利用するテクノロジー多くのベンダーシステム管理者管理コスト低減のために採用している。例えMicrosoft WindowsならばMicrosoft Deployment Toolkit英語版)(MDT)、またはWindows 自動インストール キット英語版)(Windows Automated Installation Kit, WAIK)を利用することでWindows組織内コンピュータ自動展開できる(WAIKは内部でWinPE使用している)。またFLOSSOSでも同様のものがあり、LinuxディストリビューションDebianではDebianインストーラ(またそれをコードベースとしているUbuntuUbiquity)でPreseed(英語版)(プレシード)と呼ばれる自動展開機構採用している。このPreseedはTFTP等を利用したネットワークベースのため、オペレーティングシステムの完全自動展開(英語版)が可能である(すなわち「仮OS」という形でディスク先頭OS導入することなく、また導入作業人手介する操作はごく最小限となる)。 オープンソースの定義Open Source Definition)。ソフトウェアライセンスオープンソースか否か決定用いられる指針

※この「情報技術」の解説は、「OSD」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「OSD」の記事については、「OSD」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/17 10:53 UTC 版)

イコル」の記事における「情報技術」の解説

eCall - EU使用されている自動車事故発生時に緊急通報を行うシステム

※この「情報技術」の解説は、「イコル」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「イコル」の記事については、「イコル」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 07:58 UTC 版)

メリーチョコレートカムパニー」の記事における「情報技術」の解説

メリーチョコレートでは、メリーズ・ポイント・オブ・セールスシステム(MAPS)というPOS独自に開発し経営活用している。当初は売場の各商品について男性客購入した場合は黒、女性客の場合は赤で正の字書いて1時間毎の販売記録管理し販売日報として電話FAX本社報告していた。この正確性コスト改善するため1982年には発注手続きなどとともにオンライン化し、120品目発注20秒で完了するほどになった。また顧客性別年齢他に、失礼のない範囲聞いた自宅用かギフト用かという情報端末入力している。 このMAPSは、2004年時点で総売上高65%にあたる200店舗導入され営業終了後に集約され情報翌日9時30分には全店アクセス可能となっている。このデータから、ホワイトデー商品の購入者は代理買いなどの女性男性より多く最高で70%が女性という店舗もある事や、テナントとなっている百貨店側から提供される顧客年齢分布自店舗の販売データ大きく異なるケース存在などが把握されており、返品率の低減成功している。なお、このようなデータ管理する情報システム構築プログラム開発については、基本的に全て自社手がけている。 主力商品チョコレートについては、気温が25-27を超える需要大きく減少するという特徴があるため、アメリカ気象観測会社契約しているほか、全商品について販売部門在庫の責任を持ち製造部門密接に連絡を取って10日毎に40日先までの生産計画見直サプライチェーン・マネジメントSCM)のシステム確立しているまた、40日先までの販売予測地域店舗ごとに分析したMAPSデータとともに取引先にも公開し原材料資材生産計画反映されコスト低減繋がっている

※この「情報技術」の解説は、「メリーチョコレートカムパニー」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「メリーチョコレートカムパニー」の記事については、「メリーチョコレートカムパニー」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:43 UTC 版)

情報化時代」の記事における「情報技術」の解説

記録技術送信、そして初期のコンピュータで、科学的な上昇一緒に情報技術の新し分野融合することは、長くかからなかった。情報技術はスピード情報転送効率強め技術用いることである。 情報化時代は、今日に至るまで継続している。そして携帯電話ブロードバンド接続VoIPのような技術的進歩世界中生活様式変えている。そして、「情報操作しそれを提供する」という、新し産業生み出した情報化社会参照

※この「情報技術」の解説は、「情報化時代」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「情報化時代」の記事については、「情報化時代」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/24 15:03 UTC 版)

PIR」の記事における「情報技術」の解説

ピーク情報レート英語版) (Peak information rate) Public Interest Registry英語版) - 「.orgインターネットドメイン管理する団体プライベート情報検索英語版Parrot intermediate representatio(英語版

※この「情報技術」の解説は、「PIR」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「PIR」の記事については、「PIR」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/26 04:31 UTC 版)

システム解析」の記事における「情報技術」の解説

コンピュータ・ベースの情報システム開発する工程には、システム解析フェーズがあり、データモデル作成改良を行うデータモデルとは、データベース構築改良使用されるひな型である。(参考 クリス・デイトデータベースシステム概論』)システム解析の手法は数多くあるが、ここではコンピュータ・ベースの情報システム開発手法代表的なウォーターフォール・モデルを例に説明する開発実現可能性考察データマイニング合わせプロジェクト予算的、社会的技術的組織的観点から検討するエンド・ユーザー要件確認するため実情調査実施ヒアリングアンケート既存システムチャートよく用いられるエンド・ユーザーによるシステム操作方法把握ハードウェアソフトウェア総合的な使用状況から、システム使用目的など確認する一連の過程別の角度から見ると、以下のように5段階分割される。 定義の範囲 現状の課題分析 要求分析 論理設計 決定分析 ユースケースは、システム解析モデリングを行うツールとして広く普及しており、要求される機能割り出し、それらを表現する個々のユースケースビジネスシナリオ、つまりイベントであり、それに対してシステム決められた動作を行うユースケースオブジェクト指向分析から発展したが、他のシステム解析設計の方法論おいてもモデリング・ツールとして幅広く活用されるようになっている

※この「情報技術」の解説は、「システム解析」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「システム解析」の記事については、「システム解析」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 03:33 UTC 版)

鉄道工学」の記事における「情報技術」の解説

詳細は「情報技術」を参照 信頼性可用性保守性安全性が高く調和の取れたシステム構築する。 特に鉄道は、他の業界には見られない独自の要素多数存在するため、鉄道と情報技術の両分野に長けたエンジニア必要である信頼性の高いシステム構築運用する多重化構成メンテナンス体制システムエンジニアリング)。 安全性サービス品質を向上させつつ、コストダウン実現する社員へのIT教育充実させる

※この「情報技術」の解説は、「鉄道工学」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「鉄道工学」の記事については、「鉄道工学」の概要を参照ください。


情報技術(IT)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:36 UTC 版)

公認会計士」の記事における「情報技術(IT)」の解説

会計Account)とは英語で計算(書)あるいは 勘定(書)という意味であることからもわかるように、もともとから企業情報明細分別が基礎にあり、このことから会計士は端は明細書から有価証券報告書まで企業書類情報)の把握分類業務の性質上から深く関っている。このことから会計士業務としての経理業務の延長としての情報管理業務存在する。 この業務の誕生IT産業発生とほぼ同時期のおこりその起源意外と古い。世界コンサルティング会社大手であるアクセンチュアAccenture)も元々は世界5大会事務所Big 5)の一つであったアーサー・アンダーセンArthur Andersen)の分社であり、アクセンチュアの起源はアーサー・アンダーセン顧客であったゼネラル・エレクトリック1953年自動給与支払機の導入についての採算性調査依頼したことにある。この調査結果UNIVAC I導入決定されその後の、GE自動給与支払機の導入プロジェクト指揮したのがアーサー・アンダーセン一員であったJoe Glickaufで、アメリカで最初の企業用電算機導入成し遂げる後にGE会社運営全般IT化指揮しJoe GlickaufはITコンサルティングの父と呼ばれている。監査会社起源とするコンサルティング会社(他BearingPoint社など)がIT関連企業コンサルティング分野目立つのもこのためである。欧米においては企業情報管理システム機能設定構築会計士が行い、そのプログラミング情報技師委託するなどの場合がある。日本でもシステムエンジニア顧客企業側と交渉を行う場合相方経理部門人間であることが多い。また欧米学位では情報工学学部生単位半分会計学部の学科から取りその後企業ITの専門家システムエンジニア)として銀行コンサルティング会社などに就職するなどの例がある。

※この「情報技術(IT)」の解説は、「公認会計士」の解説の一部です。
「情報技術(IT)」を含む「公認会計士」の記事については、「公認会計士」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 08:05 UTC 版)

中核製品」の記事における「情報技術」の解説

中核製品マイクロソフト言えばBASICアップルにとってはApple IIコンピューターグーグルにとってはGoogle 検索プラットフォームなど、通常会社の設立から独自に開発される最初の製品である。したがって、次世代競争力をつけるために他の製品製造開発に取組んでいる間、中核製品利益を生み出すことに注力される。通常中核製品が最も利益を上げる著名なIT企業中核製品の例は次の通りである。 マイクロソフト - Windows グーグル - Google検索Android アップル - OS XiOS 上記の中核製品は、製品実体として生産される中核製品製品実体一緒に使用される例は次の通りである。 グーグル - Android アップル - Mac OS XMacBookiOSiPhoneiPadiPod Touch エイサー - AspireとTravelMate ASUS - VivoBook 、 TransformerZenBook デル - InspironLatitude、XPS HP - EliteBook、ENVYPavilionProBook、ZBook レノボ - IdeaCentre、IdeaPadThinkCentreThinkPad

※この「情報技術」の解説は、「中核製品」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「中核製品」の記事については、「中核製品」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:59 UTC 版)

育英館大学」の記事における「情報技術」の解説

映像デザイン表現他にJavaUNIX, C などのオープン・スタンダードな情報技術の教育重点置かれている。また、これらをごく初期より教育に取入れてきたことを主張している。 近年においては、サン・マイクロシステムズ毎年サンフランシスコ開催しているイベント JavaOne が、2005年11月8日 - 11月10日東京開催されたさいに稚内北星学園がこのイベント協力し学長を始めとする教員らが会場にて、さまざまな講演や、ハンズオンラボを執り行なうなど、特に Java に対する関わりが強い傾向にある。前学長丸山不二夫(現・早稲田大学客員教授)は、稚内北星学園学長当時には、学長と同時に日本 Java ユーザーグループ(JJUG)の代表を務めていた。

※この「情報技術」の解説は、「育英館大学」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「育英館大学」の記事については、「育英館大学」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 01:38 UTC 版)

DBD」の記事における「情報技術」の解説

プログラミング言語PerlデータベースI/FPerl DBI英語版付属のデータベース・ドライバ(Database driver)。

※この「情報技術」の解説は、「DBD」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「DBD」の記事については、「DBD」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 01:02 UTC 版)

建築設備」の記事における「情報技術」の解説

技術の進歩とコンピューターネットワーキングの出現により、データおよび通信配線組み込んだ電気システム新し側面出現2019年現在、MEPIT(機械電気配管、情報技術)およびMEPI(MEPITの略語)を含むいくつかの派生頭字語この分野提案されているが 同等の前は「低電圧」、「データ」および「通信」で、通信ネットワーク使用される電圧システムは低電圧ネットワーク同じではないことに注意されたい電気設備の情報技術部門は、コンピューターネットワーキング、電話テレビセキュリティシステム音声配信、ヘルスケアシステム、ロボット工学などに使用されこれらのサービス通常さまざまな業者によって高電圧主電源配線インストールされ、多くの場合、セキュリティインストーラーやオーディオインテグレーターなどの非常に特定の業者委託される。 低電圧配線規制多くの場合人間安全にとってそれほど厳しくない、またはそれほど重要ではなく、その結果電気業界からの絶え間ない試みにかかわらず、この配線有能なアマチュアによって設置または保守されることもより一般的である。

※この「情報技術」の解説は、「建築設備」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「建築設備」の記事については、「建築設備」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 07:06 UTC 版)

PC」の記事における「情報技術」の解説

personal computer(パーソナルコンピュータ)の略称。大組織しか所できないようなものではなく個人用コンピュータ全般を指す呼称カテゴリ。→パーソナルコンピュータ 上述概念に因んで各社が「PC」という表現含んだ名称をつけた製品IBM-PC互換機の略。Macintoshに対してPC/ATPC/AT互換機指していた。 PC/AT互換機浸透する前の日本では、日本電気 (NEC) 製のパーソナルコンピュータPC-8001PC-8801PC-9801など、「PCシリーズ」とも)を指したこともある。NECのパーソナルコンピュータ一覧参照日本電気ホームエレクトロニクスNEC-HE会社解散)が開発発売していた、PCシリーズ系統家庭用ゲーム機器・PCエンジンシリーズ(PC-FX等も含む)のこと。 マイクロソフトインテル提唱するPC規格。PC97(PC97ハードウェアデザインガイド(英語版)の略)、 PC99PC99システムデザインガイド(英語版)の略)、 PC2000(PC2000システムデザインガイド(英語版)の略)など。 DRAMにおけるメモリモジュールの規格PC1600 PC2700 PC3200など(DDR SDRAM § メモリモジュールの規格)。 Programmable Controller - プログラマブル・コントローラプログラマブルロジックコントローラPLC)。 Program Counter - プログラム・カウンタProgrammable Counter - プログラマブル・カウンタPocket Computer - ポケットコンピュータ

※この「情報技術」の解説は、「PC」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「PC」の記事については、「PC」の概要を参照ください。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 07:31 UTC 版)

ボトルネック」の記事における「情報技術」の解説

ノイマンズ・ボトルネックフォンノイマン・ボトルネック)。ノイマン型参照プログラミングでは特にボトルネック劇的な性能差を引き起す場合百倍から百万倍などのケース)があるため処理時間分布分析することは重要である性能解析)。逆にボトルネックではない部分をいくら改善しても、かかるコストに対して得られる上は少なく全体損失となる(アムダールの法則。この点は他の目においても同様である)。ボトルネック感知する能力設計者として重要な資質である。 ネットワークでは通信帯域幅が狭い地点を指す。ネットワーク上における一地点パケット通信混雑もしくは低速の場合、その前後ネットワーク速度高速またはデータ疎に係わらず通信速度最大値混雑している一地点速度抑えられてしまう。通信経路上における、スイッチ・ルーター等のネットワーク機器ネットワーク転送性能や、ネットワーク回線帯域幅ボトルネックになる。また、経路上の特定の回線ルーター輻輳発生した場合にも同様である通信主体となるコンピュータ自体において、内部バス転送性能ディスク入出力性能などがボトルネックになる事がある。(スループット参照プロトコル各種制御パケット通信誤り制御フロー制御等)によるオーバーヘッドボトルネックになる場合もある。 インターネットについて、前記と同様のものを指す。以下はインターネット利用において特に見られる現象。かつてテレホーダイ全盛時代は、大規模なプロバイダほど、テレホーダイタイム時に多く発生した余談:現在はボトルネックという言葉でほぼ統一されているが、ボトルネック問題になりかけた頃の書籍中にはボルトネック表記し、ネジボルトを図に使用している物もあった)。 ブロードバンド回線普及した今日では同様のネット上ゴールデンタイム2024時)には、ネットワーク全体混雑だけでなく、Webサーバ等の負荷増大が、スループット上の主要なボトルネックになっている普及拡大中の光ファイバーインターネット接続においてはWANLANとで速度大差なくなりPCネットワーク転送性能が、スピードテスト上のボトルネックになる現象見られる

※この「情報技術」の解説は、「ボトルネック」の解説の一部です。
「情報技術」を含む「ボトルネック」の記事については、「ボトルネック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「情報技術」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

情報技術

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 11:58 UTC 版)

異表記・別形

名詞

情報 技術じょうほうぎじゅつ

  1. コンピューターインターネット携帯電話等の情報処理通信に関する総合的な技術

関連語

翻訳


「情報技術」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



情報技術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報技術」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



情報技術のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ情報技術の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報技術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本 (改訂履歴)、ケルベロス (曖昧さ回避) (改訂履歴)、エイムズ研究センター (改訂履歴)、OSD (改訂履歴)、イコル (改訂履歴)、メリーチョコレートカムパニー (改訂履歴)、情報化時代 (改訂履歴)、PIR (改訂履歴)、システム解析 (改訂履歴)、鉄道工学 (改訂履歴)、公認会計士 (改訂履歴)、中核製品 (改訂履歴)、育英館大学 (改訂履歴)、DBD (改訂履歴)、建築設備 (改訂履歴)、PC (改訂履歴)、ボトルネック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの情報技術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS