情報技術とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 技術 > 情報技術の意味・解説 

じょうほう‐ぎじゅつ〔ジヤウホウ‐〕【情報技術】

アイ‐ティー(IT)


情報技術

読み方じょうほうぎじゅつ
別名:Information Technology
【英】IT

情報技術とは、コンピュータネットワークといった情報処理関連技術総称である。英語の頭字をとってITと呼ぶことも一般的となっている。

情報処理という言葉は、日本国内では、計算機利用が始まった当初から使用されてきた。1990年代後半になると、米国において、コンピュータ通信関連した技術用いて従来事業概念大きく突き崩すような事例数多く登場しはじめた。これらは、単にコンピュータ情報を扱っているだけでなく、ビジネスモデルそれ自体大きな衝撃インパクトを与えた。とりわけ2000年前後インターネット普及進み人々認識産業全体構造にも変化を与えつつあった。このため産業革命倣ってIT革命などとも呼ばれた。

情報技術の顕著な例として、電子商取引Eコマース)を挙げることができる。電子商取引では、24時間稼動しているサーバー群、ユーザー所有するパソコン高速通信回線その上に構築されたインターネットその上で提供され交わされている諸々情報というように、コンピュータ通信技術が複雑に絡み合った技術の上実現されている。

情報技術、すなわちITと同義的な言葉として、ICTInformation and Communication Technology)という表現一般的になりつつある。ICTは「情報通信技術」と訳されるが、ITに比べコンピュータ技術通信技術がより融合した形で考えられ用いられることが多い。

情報技術は社会生活インフラとして重要性増してきており、コンピュータインターネット携帯電話、あるいは、来るべきユビキタス社会など、今日社会にあってはいずれ無視できないものとしてある。日本の教育体系では高等学校教科となり、高等学校学習指導要領において「情報A」「情報B」「情報C」の各教科設置されている。


情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 18:43 UTC 版)

情報技術(じょうほうぎじゅつ、: information technology、略称: IT)とは、情報を取得、加工、保存、伝送するための科学技術のことである[1]


  1. ^ e-words IT用語辞典
  2. ^ : technical support
  3. ^ ITAA.org, p30, Accessed March 3, 2008(2009年3月4日時点のアーカイブ
  4. ^ IEEE Information Theory (IT) Society Fellows”. 2010年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月12日閲覧。
  5. ^ : communication
  6. ^ 英語では…communications…が一般的(en:Information and communications technology)。通信の手段や方法は複数形が普通(プログレッシブ英和中辞典(第4版) communication)。ちなみに総務省の資料では複数が一般的だが、日本文のほか英文で単数を使用している例もある。
  7. ^ 英語圏ではE-governmentLocal eGovernmentなどと呼んでいる。


「情報技術」の続きの解説一覧



情報技術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報技術」の関連用語

情報技術のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



情報技術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ情報技術の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報技術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS