リレーショナルデータベースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > データベース > リレーショナルデータベースの意味・解説 

リレーショナル‐データベース【relational database】


RDB

【英】Relational Database
別名:リレーショナル・データベース

データベース・ソフトウェアデータ構造型と関係型の2種類がある。前者は、構造設計に基づいてデータを処理、保管するデータベース後者構造造らず、端末操作時に利用者要求に応じて関係するデータ取り出せるようにしたデータベース。RDBの特徴は主に4つ上げられる。①プログラムデータ独立していること。従来コンピュータでは、プログラムの中でデータの定義を行うが、これを分離したもの。この利点プログラム修正簡単に出来ること。②従来ファイルに対してリレーション型のデータ保管型式採用していること。例えば、注文受注ファイル購買履歴ファイルRFMファイル三つ作成したとする。従来ファイル型だとひとつ一つファイルごとにしかアクセスできない従って、3つのファイル氏名入れておかなければならないリレーション型だと氏名ファイル造っておけば、全部ファイル氏名がなくてもよいという利点がある。③データ取扱レコード(行)単位ではなく属性(列)単位であることにある。従来型だと、例えばひとつのレコード氏名住所電話番号性別年齢構成されていたとすると、情報画面表示全部表示する属性単位だと、氏名だけ、住所だけ、氏名年齢・性別だけとか属性ごとの表示が可能。④簡単な操作言語高水準言語)が準備されていること。この利点は、少しコンピュータ慣れているだけで、コンピュータ専門家の手助け借りず自分で情報取り出す事が可能。以上4つ特徴があるが、統合すると、修正が簡単、使いやすく、柔軟性を可能にしているソフトウェアがRDBだといえる

リレーショナル・データベース


リレーショナルデータベース

別名:関係データベース
【英】relational database, RDB

リレーショナルデータベースとは、データベース形式一つで、関係モデル呼ばれる概念に基づいてデータを扱うデータベースのことである。

リレーショナルデータベースでは、データカラム(列)とレコード(行)が与えられテーブル(表)の中に配置して整理されているそれぞれのカラムレコード中心にデータ整理し直すことで、データ抽出操作容易にできる。

リレーショナルデータベースは現在最も普及しており、単にデータベースといった場合にはリレーショナルデータベースを指していることも多い。

リレーショナルデータベースを操作管理するためのシステムは、リレーショナルデータベース管理システムRDBMS)と呼ばれる代表的なリレーショナルデータベース管理システムとしては、Oracle社のOracleや、Microsoft社のSQL ServerOSSとして配布されているMySQLPostgreSQLなどがある。


参照リンク
Oracle
Microsoft SQL Server
MySQL
PostgreSQL
データベースのほかの用語一覧
リレーショナルデータベース:  内部結合  RDBMS  レコード  リレーショナルデータベース  参照整合性  正規化  主キー

関係データベース

(リレーショナルデータベース から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/15 06:16 UTC 版)

関係データベース(かんけいデータベース、リレーショナルデータベース: relational database)は関係モデル(リレーショナルデータモデル、後述)にもとづいて設計、開発されるデータベースである。関係データベースを管理するデータベース管理システム (DBMS) を関係データベース管理システム (RDBMS) と呼ぶ。


  1. ^ E. F. Cood(1969) "A Relational Model of Data for Large Shared Data Banks" IBM Research Laboratory, California. 全文:http://www.seas.upenn.edu/~zives/03f/cis550/codd.pdf


「関係データベース」の続きの解説一覧

「リレーショナル・データベース」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リレーショナルデータベースと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

リレーショナルデータベースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リレーショナルデータベースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリレーショナルデータベースの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関係データベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS