格納とは? わかりやすく解説

格納

読み方:かくのう

特定の場所物を入れること。しかるべき所に納めること。収納保存。「飛行機を格納する」「燃料棒を格納する」「ファイルデータベースに格納する」など、さまざまな対象について用いる。

かく‐のう〔‐ナフ〕【格納】

読み方:かくのう

[名](スル)物を一定の所に納め入れること。「航空機を―する」

「格納」に似た言葉

格納

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/28 01:08 UTC 版)

マグネティックセイル」の記事における「格納」の解説

マグネティックセイルでは、宇宙船が帆を使わないときは、それを巻きつけてしまうことができると考えられている。それは超伝導ワイヤリールのようなものかもしれない展開するときは輪に電流流され、それにより発生する磁場によって輪は自動的に円形広がるワイヤ超伝導体作られており、航行中磁界強度変えることはないため、それ以上のエネルギー必要ない

※この「格納」の解説は、「マグネティックセイル」の解説の一部です。
「格納」を含む「マグネティックセイル」の記事については、「マグネティックセイル」の概要を参照ください。


格納

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 12:59 UTC 版)

文書管理システム」の記事における「格納」の解説

電子文書を格納する。格納には文書管理するという意味含まれ、格納位置の決定、格納期間の決定記憶媒体から記憶媒体への移動文書廃棄などを行う。

※この「格納」の解説は、「文書管理システム」の解説の一部です。
「格納」を含む「文書管理システム」の記事については、「文書管理システム」の概要を参照ください。


格納

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 03:04 UTC 版)

メッセージ指向ミドルウェア」の記事における「格納」の解説

多くのメッセージ指向ミドルウェアは、転送されるメッセージのバックアップ保持することで永続性提供する。すなわち、送信側受信側同時にネットワーク接続されている必要はない。これは、ネットワーク品質が低いとか、ユーザー不定期に接続してくる場合とか、接続時間制限がある場合など、接続断続的な場合に特に便利であるまた、受信側問題生じてアプリケーション停止してしまっても、送信側はそれに影響されることなく送信続けメッセージを格納しておいて、後で受信側アプリケーション再開したときに処理が行われる。

※この「格納」の解説は、「メッセージ指向ミドルウェア」の解説の一部です。
「格納」を含む「メッセージ指向ミドルウェア」の記事については、「メッセージ指向ミドルウェア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「格納」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

格納

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 07:01 UTC 版)

名詞

かくのう

  1. 一定閉じた空間機械などを納めること。しまうこと。

発音(?)

派生語

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
格納-する

翻訳


「格納」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「格納」に関係したコラム

  • CFDの銘柄の時系列データを取得するには

    CFDの銘柄の時系列データを取得するにはいくつかの方法がありますが、比較的簡単に取得できるのは、GCIフィナンシャルが取引ツールとして使用しているMT4(Meta Trader 4)からダウンロードす...

  • FXのチャート分析ソフトMT4で日本時間を表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)での時刻表示は、MT4のダウンロード先にもよりますが、一般的には中央ヨーロッパ時間であることが多いようです。日本時間の...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「格納」の関連用語

格納のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



格納のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマグネティックセイル (改訂履歴)、文書管理システム (改訂履歴)、メッセージ指向ミドルウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの格納 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS