サイロとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > サイロの意味・解説 

サイロ【CIRO】


サイロ【silo】

読み方:さいろ

冬季家畜飼料にする青草類を生に近い状態で貯蔵する倉庫地上建てる円筒形のタワーサイロ、穴を掘って作るトレンチサイロなどがある。

セメント穀物肥料など貯蔵する塔状倉庫

発射装置備えたミサイル地下格納庫

サイロの画像

サイロ


サイロはサイレージ調整するための"容器"のこと。さて、サイレージとは、刈り取った作物乳酸菌作用発酵させたもので、サイロに漬け込ん密封しておくと、ふつう3ヵ月ほどでサイレージになります日本では青刈り作物ほとんどは、このサイレージ用に利用されています。サイロにも、さまざまな種類あります牧場風景として真っ先にイメージする、あの塔のようなかたちをしたタワーサイロは、実は現在ほとんど使われていません。主流となっているのは、バンカーサイロと呼ばれるものなのです仕組み簡単でビニールシートなどで密封するというもの。地上半地下式があります。あるいは、もっと簡単なものに、スタックサイロがあります。これは、平坦な所にビニールシート敷きこの上刈り取った牧草積み上げて、さらにその上にビニールシート覆い土砂などで密封します。一方、ラップサイロと呼ばれるものは、気密性のあるフィルム材料を包むというものです牧場へ行くと、 これを幾つも積み上げている風景見ることができるでしょう


サイロ サイロ
バンカーサイロ スタックサイロ



<ミルククラブ情報誌'95 WINTER vol.18より>

サイロ

 秋までに生育した牧草踏み込んで貯蔵し乳酸醗酵させて腐敗止め、冬の養牛用の飼料にするための設備

 石、れんが、FRP(繊維強化プラスチック)などで作られる。その飼料サイレージとかエンシレージとよぶ。


サイロ

作者瀬高

収載図書ふたり心地
出版社東京図書出版会
刊行年月2008.2


サイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 00:31 UTC 版)

サイロ(埋蔵穽[1]: silo)は、工業原料や農産物飼料など各種物資の能率的な集配と貯蔵のためバラ積み方式容器(サイロ槽)を用いた倉庫[2]


  1. ^ 三省堂百科辞書編輯部編 「サイロ」 『新修百科辞典』 三省堂、1934年、870頁。 
  2. ^ a b 高橋和男,「サイロの設計」『コンクリートジャーナル』 5巻 9号 1967年 p.33-44, doi:10.14826/coj1963.5.9_33, 2020年5月26日閲覧。
  3. ^ 高田京子、滝澤謙一『ニッポン最古巡礼』新潮社
  4. ^ サイロ作業の事故を防止しましょう(山口県畜産振興課ホームページ)
  5. ^ サイロ(さいろ) ITmedia エンタープライズ 2006年09月30日


「サイロ」の続きの解説一覧

サイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/30 03:26 UTC 版)

アメリカ陸軍将来コマンド」の記事における「サイロ」の解説

ミリー陸軍参謀総長は、将来コマンドが学ぶために積極的にコミュニティ働きかけていること、またジョン・マケイン上院議員による調達プロセスに対する率直な批判将来コマンドにとって役に立っている述べた(7分30秒)。2018年8月24日記者会見ミレーは、将来コマンド兵士たちは、テック・ハブの文民並んで仕事をするために、制服着用しないオースティン溶け込んでいると述べた6分20秒)。 国防総省では、5つ分野監督するため、国防副長官DSDとともに国防長官室(OSD)の調達兵站技術局軍需品供給プロセス担任している。その一つ調達兵站技術部ALT)であり、国防長官USD)に監督される 。 (DSDUSD各階層で大統領奉仕している。国防調達大学DAU)は陸軍調達専門官も訓練する2016年研究開発技術本部(RDECOM)は、軍需品コマンドに対して航空ミサイル電子機器及び戦車ライフサイクル管理本部(LCMC)を制定するように提案した。それらは、それぞれAMRDEC、 CERDEC 、TARDEC 、となり、その3つの機能を3個のセンター集約したライフサイクル管理2004年策定) は、将来コマンド焦点としている近代化のためというよりは作戦統制OPCON)の後方支援機能のために作られた

※この「サイロ」の解説は、「アメリカ陸軍将来コマンド」の解説の一部です。
「サイロ」を含む「アメリカ陸軍将来コマンド」の記事については、「アメリカ陸軍将来コマンド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サイロ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

サイロ

出典:『Wiktionary』 (2021/07/16 12:56 UTC 版)

語源

英語:silo転写

名詞

  1. 飼料貯蔵庫穀物などを貯蔵する倉庫
  2. ミサイル地下発射施設

発音(?)

東京アクセント

翻訳

参照

語義1:


「サイロ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイロ」の関連用語

サイロのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイロのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2023 Japan Dairy Council All right reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2023 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ陸軍将来コマンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサイロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS