技術部とは? わかりやすく解説

技術部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 14:47 UTC 版)

新サクラ大戦」の記事における「技術部」の解説

司馬 令士(しば れいじ) 声 - 杉田智和 技師長19歳神山とは兵学校時代からの付き合いであり、親友かつライバルという間柄各種兵装開発メンテナンス担当大帝国劇場大道具係も兼任している。やや軽薄で女好き性格。 「霊子戦闘機乗って人々守りたい」という思いから兵学校入ったが、操縦必要な霊力がなかったため技師転身した当時は夢破れて荒れていたが、「親友」から激されたことで奮起し、「霊力がなくても動く戦闘機開発する」という目標見出す。 『The Animation』ではコメディリリーフ的な役回り多く入浴中花組裸体見られ悲鳴を上げる独断自作メカとともに花組援護駆け付ける神山とさくらたちのデート監視するために花組月組巻き込んで暴走するなどし、そのたびにすみれの制裁を受ける

※この「技術部」の解説は、「新サクラ大戦」の解説の一部です。
「技術部」を含む「新サクラ大戦」の記事については、「新サクラ大戦」の概要を参照ください。


技術部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 13:38 UTC 版)

GUNSLINGER GIRL」の記事における「技術部」の解説

義体への改造メンテナンス技術開発担当する。ほとんどが医師医学博士である。 アダーモ・ベリサリオ (Adamo Belisario) 声 - 山崎たくみ / 真殿光昭 義体条件付け担当する。技術部の中心的な人物4つ博士号を持っている。ラ・サピエンツァ大学研究行なっていた時に、ブルーパージの一つとしてテロ容疑公職追われ公社にたどり着いた複数博士号持ちながら「人間の心」に対して疑問消える事はなく、その研究姿勢「蛇」のようだ評された。 フェルナンド・ビアンキ (Fernando Bianchi) 声 - 真殿光昭 義体精神面カウンセリング担当するマルコーパトリツィア古くから友人で、怪我により辞職して無職になっていたマルコー自らの職場である福祉公社引き入れたマルチェロ・ジリアーニ (Marcello Giliani) 義体義肢開発担当する物語当初は冷徹クラエスを単に試験体として扱っていたが、社会福祉公社最後の攻防では、戦闘力持たない技術部員には福祉公社からの避難勧告されていたが、帰還してきた義体治療する者がいなくなるとして公社に留まる。エピローグでは、社会福祉公社解体元職復帰の道も用意されていたが公社残りクラエス使った義体開発継続していた。 マリアンナ (Marianna) ソバカス女性脳機能マッピング専門とするルイ・デュヴァリエ (Luis Duvalier) 義体外見デザイン担当するベルゴンツィ (Bergonzi) 声 - なし / 鈴木正和 人工循環器研究専門とする公社包囲した連隊から戦闘能力喪失したクラエス自らの身体を盾として守るべくクラエス走り寄る徴兵されていた経験を持つ。 ドナート (Donato) 声 - 広瀬正志 / 同左 義体の手術を執刀する医師

※この「技術部」の解説は、「GUNSLINGER GIRL」の解説の一部です。
「技術部」を含む「GUNSLINGER GIRL」の記事については、「GUNSLINGER GIRL」の概要を参照ください。


技術部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 02:30 UTC 版)

兵科」の記事における「技術部」の解説

1919年大正8年8月6日陸軍技術将校令(大正8年8月6日勅令368号)が制定施行され陸軍将校歩兵騎兵砲兵工兵輜重兵航空兵科属している兵科将校)のなかで、技術掌る部門にある者を「技術将校」という分類とした。技術将校は主に一般大学工学部又は理学部出身学士から補充することが予定された当時陸軍補充令)。1940年9月15日には、これらは独立した各部一つとして「技術部」となった創設当時の技術部は、兵技と航技(航空技術)とに分かれていて、将校下士官の官名も「陸軍○○中将」ないし「陸軍○○伍長」(○○には兵技又は航技が入る)とされた(昭和15年9月13日勅令第580号)。また、兵については、従来の「工機兵」が「技術部兵」と改称され、「工機兵たる歩兵」は「技術部兵」に転じることとなった。技術部兵も将校下士官同様に陸軍○○兵長」から「陸軍○○二等兵」(○○には兵技又は航技が入る)という名称となった昭和15年9月13日勅令581号)。 航技将兵黄色定色山型胸章に加え、襟部に航技を示す鳥の翼象った航技特別章を着用してこれを区別し昭和15年制式後述昭和19年の兵技との一本化に於いて廃止)、昭和18年制式期は航空胸章着用した昭和19年8月10日に、階級名上の兵技・航技の分類改め単に「陸軍技術中将」から「陸軍技術二等兵」とした(昭和19年7月10日勅令448号)。

※この「技術部」の解説は、「兵科」の解説の一部です。
「技術部」を含む「兵科」の記事については、「兵科」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「技術部」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

技術部のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



技術部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの新サクラ大戦 (改訂履歴)、GUNSLINGER GIRL (改訂履歴)、兵科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS