将校とは? わかりやすく解説

しょう‐こう〔シヤウカウ〕【将校】

読み方:しょうこう

《「校」は陣中仕切り。昔、中国指揮官はこの仕切り中から号令下したところから

士卒指揮・統率する武官

軍隊で、少尉以上の武官


将校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 05:25 UTC 版)

将校(しょうこう、officer)とは、広義には少尉以上の軍人を意味する士官の類義語、狭義には軍隊において主に兵科に属し部隊指揮官としての任にある士官を指す。


  1. ^ 陸上自衛隊幹部候補生学校長プロフィール”. 陸上自衛隊幹部候補生学校. 2014年1月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月30日閲覧。


「将校」の続きの解説一覧

将校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 18:37 UTC 版)

ココロ図書館」の記事における「将校」の解説

GAZ-67乗ってやってくる敵軍戦車隊指揮官ココロ図書館登場人物あるまじきリアルな顔立ちをしている。

※この「将校」の解説は、「ココロ図書館」の解説の一部です。
「将校」を含む「ココロ図書館」の記事については、「ココロ図書館」の概要を参照ください。


将校(宇宙艦隊アカデミーを卒業した士官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 23:55 UTC 版)

惑星連邦」の記事における「将校(宇宙艦隊アカデミー卒業した士官)」の解説

佐官宇宙艦の艦長宇宙基地司令官副長各部門責任者など。大佐 (Captain):艦長として各艦1名ずつ配属される中佐 (Commander):各艦1~3名程度業務部門自由であるが、いずれも指揮官として艦長代理務め資格を持つ。 少佐 (Lieutenant Commander):各艦2~10程度部門責任者に多い階級。まれに艦の指揮を執る場合もある。 尉官:将校の中で大多数占める。大尉 (Lieutenant):ベテラン士官部門責任者になる場合もある。 中尉 (Lieutenant Junior Grade):ベテラン士官少尉 (Ensign):新人士官士官候補生 (Cadet):アカデミー在学中学生

※この「将校(宇宙艦隊アカデミーを卒業した士官)」の解説は、「惑星連邦」の解説の一部です。
「将校(宇宙艦隊アカデミーを卒業した士官)」を含む「惑星連邦」の記事については、「惑星連邦」の概要を参照ください。


将校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 00:44 UTC 版)

ストーンハート」の記事における「将校」の解説

ガナーと同じ記念碑一部であり、ジョージガナー台座立ったときに出会う

※この「将校」の解説は、「ストーンハート」の解説の一部です。
「将校」を含む「ストーンハート」の記事については、「ストーンハート」の概要を参照ください。


将校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 14:23 UTC 版)

エドウィン・ブラモール (ブラモール男爵)」の記事における「将校」の解説

1947年3月から陸軍省軍事作戦部に勤務1949年8月から歩兵学校英語版)の教官務める。1950年12月18日大尉英語版)に昇進。キャンバリーの参謀大学英語版)で学んだ後、1955年1月まで2級参謀本部将校(GSO2)として中東駐留歩兵師団属し中東での任務あたったつづいてライフル兵站部で訓練中隊の司令官務める。1956年9月から国王王立ライフル軍団第一大隊所属しリビア任務に当たる1957年12月18日少佐major)に昇進し中隊司令官となる。 1958年5月10日からキャンバリー参謀大学教官務めた1962年2月2日から国王王立ライフル連隊第2グリーン・ジャケッツ(英語版第一大隊第二司令官英語版)を務め、ドイツ・ベルリン、ついでコルチェスター勤務した1965年1月25日中佐lieutenant colone)に昇進するとともに第2グリーン・ジャケッツの司令官(CO)に就任。1965年から1966年にかけてインドネシア・マレーシア紛争英語版)でマレーシア支援すべく同国派遣された。

※この「将校」の解説は、「エドウィン・ブラモール (ブラモール男爵)」の解説の一部です。
「将校」を含む「エドウィン・ブラモール (ブラモール男爵)」の記事については、「エドウィン・ブラモール (ブラモール男爵)」の概要を参照ください。


将校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 20:35 UTC 版)

イギリス軍の階級」の記事における「将校」の解説

将校の階級章肩章著される。尉官は◇形の星の数で、佐官は星と王冠組み合わせで、将官は星、王冠と、剣と指揮杖をX字型交差させた意匠組み合わせ表される元帥王冠と、X字形交差させた元帥杖組み合わせ表される外国軍准将相当する代将佐官位置付けられているため、将官ではなく階級章佐官系統のものとなっている。 将官 元帥Field Marshal、OF-10) 大将General、OF-9) 中将Lieutenant General、OF-8) 少将Major General、OF-7) 佐官 代将(Brigadier、OF-6) 大佐Colonel、OF-5) 中佐Lieutenant Colonel、OF-4) 少佐Major、OF-3) 尉官 大尉Captain、OF-2) 中尉Lieutenant、OF-1) 少尉Second Lieutenant、OF-1) 士官候補生Officer Cadet

※この「将校」の解説は、「イギリス軍の階級」の解説の一部です。
「将校」を含む「イギリス軍の階級」の記事については、「イギリス軍の階級」の概要を参照ください。


将校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 11:00 UTC 版)

キングダムの登場人物一覧」の記事における「将校」の解説

信→李信(しん→りしん) 飛信隊隊長主要人物を参照。 河了貂(かりょうてん) 声 - 釘宮理恵 / 小林由美子(VOMIC/PSP) 演 - 橋本環奈 飛信隊軍師山民族の一つ鳴(きゅうめい)族の末裔鳥頭被っており、初見困惑されることが多い。得物南越戦士ムタから譲り受けた吹き矢幼くして天涯孤独になって以降生き抜くために様々な知識技能を身につけており、字を読むこと出来、史についても学んでいる。特に料理の腕前一級品当初は金のため政と信に協力していたが、共に行動するうちに仲間となる。やや幼い容姿男勝りな性格、さらに着ているのために登場時は性別不明であった王都奪還編の時に女性明らかになるが、信は千人将になるまで気づいていなかった。 王都奪還後はと共に暮らしていたが、刺客襲来編で急激に力をつけていく信の姿を見て軍師として彼の力になることを決意昌平君の下で蒙毅と共に兵法学び山陽後に飛信隊軍師として配属。魏の間永軍苦戦する飛信隊魏軍師・氷鬼上回る戦略勝利導き以後飛信隊軍師として活躍するその一方で蕞攻防戦旧知カイネ思わ助けたりするなど、非情徹しきれない一面がある。 著雍編では、初日に荀早隊に囚われるその夜、凱孟からの問い臆せず素直に胸の内語ったことで、それ以降は粗略にされず、翌日人質交換飛信隊生還し勝利貢献。この経験が信への想い明確にした。 秦国統一編では加冠の儀での危機知り、政に伝えた後に飛信隊一千と共に咸陽駆けつけ昌平君の策を完成させるための援護をし勝利貢献黒羊編では二日目に丘右側奪取するために奇策立て、丘右側奪取成功。鄴編では、海平戦後半で秦軍右翼全軍軍師を担う。 六将復活後桓騎援軍要請を受けて出陣し難所の影丘に到着苦戦末に影丘を突破し扈輒軍本陣に向け進軍させた。 羌瘣きょうかい) 声 - 日笠陽子 / 沢城みゆきPSP) 演 - 清野菜名 飛信隊副長羌瘣千人将→三千人将→五千人将。伝説刺客一族蚩尤」の後継候補として育てられた羌族女性年齢は信の一つ下。緑穂りょくすい)という剣を武器に戦う。 当初は他人との慣れ合い嫌っていたが、徐々に周囲心を開くようになり、飛信隊自分の居場所だと思うようになる。信に対して全面的に信頼し気遣ったりしている場面がよく見られ、河了貂と二人きりになろうとする信に疎外感を覚えたりと、恋愛感情を持っているようにも見える。飛信隊への帰還前に立てた二つの目標の一つである信の子を産むという願いにその想い反映されていたが、河了貂から子作りについての詳細聞かされたことで、しばらく信を避けていた。そして、信を蘇生させた後の精神世界での羌象との会話で、信のことを出会ってからすぐに気になっていたと話した蚩尤決める“祭”で羌象を謀殺された恨みから、現蚩尤・幽連に復讐するために生きる道選び、里を出奔甘平原編で信と出会い同じ伍となる。信達に戦車対策助言をしたり、澤圭達の援護をしていた。刺客襲来編では一度信と敵対する呉越同舟で共に刺客撃退、馬陽編百人隊として結成され飛信隊副長となり参謀として支えていく。 山陽後に出奔決意その後、趙の老山で幽連と遭遇窮地追い込まれる復讐果たし飛信隊出奔392日目帰途に付いた帰還した後、帰還前に立てた二つの目標の一つである大将軍になるという願いを叶えるために武功重ね王弟反乱編では既に千人将に昇進。さらに対騎馬戦法「剛力」を考案する。著雍編では、本陣陥落の功により三千人将に昇進黒羊編では趙将軍劉冬夜襲をかけるも返り討ちにされ重傷負いその後再戦で彼を討ち果たす。しかしその後、混達を虐殺されたことに激高して味方桓騎兵を殺傷した罪で武功帳消しになる。 鄴編では海平原戦で活躍するが、十五日目に武神龐煖勝負挑んだ結果彼の持つ圧倒的な戦闘力及ばず満身創痍重傷負って敗北するその後龐煖勝利し倒れた信を救うべく、蚩尤伝わ蘇生術行い信の復活成功する鄴攻略戦後五千将に昇進その後始皇十二年蚩尤となった羌礼現れる。"祭"が行われたことと羌礼羌識殺したことを知り、闇を彷徨う羌礼心を救うために決闘応じ羌識最期の言葉思い出させたことで羌礼心を救う。 渕(えん) 声 - 赤城進 飛信隊副長千人将。隊における現場支援纏め役。「集」の基本的な戦い方把握しており、特出した武力知力無く目立った活躍描かれることは少ないが、誰よりも責任感強く飛信隊にとって重要な存在。 元々は壁と信の連絡であったが信に同行した結果なし崩し的に王騎からの修行に付き合わされそのまま副長となる。黒羊編では、二日目決死激流渡河成功し奇襲し馬呈軍を退ける功を立てた。鄴編の海平決戦では将として自覚強くなっており、鼓舞により士気保たせている。 楚水(そすい) 声 - 小松史法第2シリーズ) / 広瀬竜一第3シリーズ飛信隊副長千人将。元郭備隊所属。 郭備隊の副長だったが、山陽編で郭備が輪虎に暗殺されたことにより部下共々急造千人隊飛信隊転属し、仇の輪虎を討つことを目指す終盤、輪虎と一騎打ち中の信をおうとした魏将軍・魏良を阻んで討つ。その際目の前にいた輪虎に思わ斬り掛かろうとして返り討ち遭うが、一命取り留めるその後正規千人隊となった飛信隊補給一任。河了貂が加入した後は主力騎兵隊率いて戦う。 岳雷(がくらい) 声 - 白熊寛嗣 飛信隊千人将。「黒飛麃(くろひひょう)」隊指揮官。元麃公軍所属無骨な性格で、信を嫌う旨 の発言もあるが、その実力は認めている。 合従軍戦後に我呂ら元麃公五百とともに配属。のちに発足された乱戦特化兵「飛麃(ひひょう)」の指揮官として猛威を振るう。かつて蒼源窮地救われたことがあり、息子の蒼兄弟飛信隊への入隊試験受けた際に、蒼兄弟知らなかった蒼源活躍を彼らに教え間接的ではある自分蒼源死の遠因作ったと彼らに詫びた。信が将軍になると二つ分かれた「飛麃」の内の「黒飛麃」隊指揮官に就任。 我呂(がろ) 声 - 浜添伸也 飛信隊千人将。「赤飛麃(あかひひょう)」隊指揮官。元麃公軍所属。やや軽い性格で気が強く毒舌だが、実力確かで常に前線に立つ。作戦会議でもよく口を出し茶々を入れるが、筋が通ったことには義理尽くす。「飛麃」の一員として岳雷とともに行動している。 海平原戦の十五日目には、「十」の三番・平秀に圧倒されるが、蒼仁の矢を右腕受けて怯んだ平秀の一瞬の隙を突いて討ち取った。信が将軍になると千人将に昇進し二つ分かれた「飛麃」の内の「赤飛麃」隊指揮官に就任。 那貴(なき) 飛信隊千人将。元桓騎軍所属得物は曲剣。 常に飄々としていて冷静沈着な性格だが、一度キレる本人曰く雷土よりもおっかない」という。彼を含め隊員元野であることから、隠密斥候などに長けている黒羊編では、桓騎軍行なっている隊の入れ替えするために、尾平隊の代わりに飛信隊加わる。初日飛信隊失態によって桓騎から信の右腕持ち帰るよう言われた時は、自身飛信隊加わった経緯から自身の責任であるため自身預かと言ったことでことなき得て4日目には趙将軍慶舎を信に討たせる貢献果たす。戦後飛信隊居心地良さ惹かれ転属する。 鄴編の海平決戦では随所活躍を見せ14日目には、窮地信を羌瘣と共に助け、さらに軍を立て直す為に撤退した趙峩龍居場所元野盗の経験から見つけ出し退路塞ぎ信に討たせる援助をした。 扈輒戦後は、桓騎軍陣営訪れて黒桜幹部達と対面しその際砂鬼一家桓騎軍最古参であることを伝えた。 崇原(すうげん) 声 - 高英則(第1-2シリーズ) / 井之上潤第3シリーズ飛信隊伍長→什長→百人将→歩兵長兼千人将。飛信隊第三位剣士十七歳初陣飾った時に尿意我慢していたところに奇襲を受けて小便漏らしたことから、「小便もらしの崇原」と馬鹿にされた過去を持つ。 飛信隊結成時に、第五伍長として所属。馬陽編夜襲を受けて退却する際に左眼失い次の山陽編(17巻~)から眼帯姿になった飛信隊三百人になると什長へ、黒羊後に歩兵に就任。信が将軍になると千人将へ昇進。 田有(でんゆう) 声 - 林和良第1-2シリーズ)/ 関口雄吾第3シリーズ飛信隊伍長→什長→百人将→千人将。大工の棟梁怪力持ち主で、飛信隊主力を担う。 当初から信のことを「騎兵殿」と呼んで実力認め戦後地元で彼の武勇語っていた。その後、鎧を買いに地元来ていた信と再会し、鎧を売ってくれずに困っていた彼を助けた飛信隊結成時第十伍長となり、沛浪と共に精鋭の歩兵集めた飛信隊三百人になると什長へ、千人隊になると百人将となる。 合従軍編では、蕞攻防戦で傅抵に重傷負わさ一時前線を引くも、六日目に復帰秦国統一編では、呂不韋派の弓隊の伏兵から信を守るために矢を浴びるが、一命取り留める黒羊編では、桓騎非道な作戦で信達が騒動起こした際、危うく桓騎兵達に殺されそうになる。鄴編では、千人将に昇進出征前から信に新たな住居建築頼まれており、咸陽凱旋した時に丁度自身の組によって完成していた。 沛浪(はいろう) 声 - 小山剛志第1-2シリーズ)/ 藤原聖侑第3シリーズ飛信隊伍長→什長→百人将→副歩兵長兼五百人将。経験豊富な歴戦の兵士甘平原編では伍長として山和、脇次、筏建、英の四人と伍を組む。信と出会った当初は彼を見下していたが、活躍を目の当たりにし考えを改める飛信隊結成時第一伍長となり、田有と共に精鋭歩兵集めた飛信隊三百人になると什長へ、千人隊になると百人将へ昇進。信が将軍になると五百人将へ昇進し、副歩兵に就任。しかし、前任左ほど用兵術は上手くないため苦戦している。 田永(でんえい) 声 - 田尻浩章第1-2シリーズ)/ 石黒史剛第3シリーズ飛信隊伍長→什長→五百人将。口が悪く喧嘩っ早い。また時に自己中心的一面見せるが、本質見誤らないしっかり者飛信隊結成時に、旧友の沛浪の誘い飛信隊加入し第六伍長として所属飛信隊三百人になると什長へ、信が将軍になると五百人将へ昇進し騎兵隊指揮官一人となる。 竜川りゅうせん声 - 高英則(第1-2シリーズ)/ 佐久間元輝第3シリーズ飛信隊伍長→什長→百人将→五百人将。飛信隊随一巨漢妻子持ちで、鄴編の時点で五人生まれている。本人曰く田有の三倍膂力持ち主で、その膂力生かして敵の防御陣を破壊する飛信隊結成時飛信隊第十伍長になり、飛信隊三百人になると什長へ、千人隊になると百人将へと昇進。信が将軍になると五百人将へ昇進。 馬陽編では、趙将軍・馮忌を奇襲する際、妻子想うあまり尻込みしていたが、信の喝を受けて決心し突破口を開く合従軍編では、蕞攻防戦で傅抵に重傷負わされるが、不意を突いて城壁から突き飛ばして落下させた。その後治療のため一時前線を引くが、六日目に復帰。 澤圭(たくけい) 声 - 佐藤晴男第1-2シリーズ)/ 山本満太第3シリーズ) 演 - 濱津隆之 飛信隊伍長→什長→二百人将。信が初陣で伍を組んだ時の伍長頼りない外見と性格のせいで常に最弱の伍を率いるが、弱者なりの戦い方熟知しており、甘平編ま彼の伍は今まで誰も死んでいなかった。 飛信隊結成時第十伍長になり、三百人になると什長に昇進。信が将軍になると二百人将へ昇進。 尾平(びへい) 声 - 鳥海浩輔 演 - 岡山天音 飛信隊伍長→什長→三什長→百人将。信の同郷出っ歯特徴。尾到の兄。お調子者小心な性格だが、飛信隊ムードメーカー存在実力乏しいが「古参」というだけで、よく幹部達の集まり顔を出している。 甘平原編で尾到とともに徴兵され時に信と再会し、澤圭の伍の一員となる飛信隊結成時第十伍長となり、三百人になると什長へ、鄴編では三什長へと昇進。信が将軍になると百人将へ昇進黒羊編では一時的に桓騎の軍に配属したが、混の遺品を持っていたことで信と羌瘣怒り買って除隊される。途方に暮れていたところ、信を嘲笑した岩迅達に激怒し殴り掛かって返り討ち遭う那貴助けられるその後飛信隊幕舎手当てを受け、信に謝罪して飛信隊復帰扈輒軍との戦いでは、信が岳白一騎打ちしている最中、信から一時王騎の矛を預けられ岳白負傷して隙が出来ると昂とともに信に投げ渡した。 中ちゅうてつ) 声 - 青木強 飛信隊伍長→什長→百人将。甘平原編で、伍作り大人気だった強面大男。「富村殺し屋」の異名を持つ。 飛信隊結成時第十伍長になり、三百人になると什長に昇進。信が将軍になると百人将へ昇進。 竜有(りゅうゆう) 声 - 青木強 飛信隊伍長→什長→百人将。甘平原戦第二軍生存者気難しい性格で、当初は信達に悪態をついていた。元料理人のため料理上手で、飛信隊食事作っている。料理がうまく、鄴編では斉国食材見て心を躍らせていた。 飛信隊結成時第十伍長になり、三百人になると什長へと昇進。信が将軍になると百人将へ昇進。 石(せき) 声 - 高英則 飛信隊伍長→什長→百人将兼偵察部隊指揮官山民族の一つである「青石族」族長。彼を筆頭に聴覚など身体能力特殊能力優れた者が多数おり、要所飛信隊貢献飛信隊結成時に、第二伍長として所属三百人になると什長へと昇進。鄴編では、結婚式挙げていたために不参戦。信が将軍になると百人将へ昇進し偵察部隊指揮官となる。 左(しょうさ声 - 高正也 飛信隊伍長→什長→副歩兵長兼百人将。槍術達人飄々とした性格をしているが、頭が切れ核心をついた発言多く精神面でも飛信隊支える。崇原とは、初陣の時からの付き合い飛信隊結成時第十伍長となり、飛信隊三百人になると什長に昇進合従軍編では、途中で負傷して療養していたため、蕞攻防戦加わっていない。著雍編では百人将になり、同時に歩兵長も務める。 鄴編では、海平決戦十四日目に河了貂から視野の広さから各隊救援判断託され窮地干斗達の救援向かい助け出すも、致命傷を受けてしまう。敵が撤退した後、愛干斗託し最期は信の腕の中息を引き取った羌瘣蘇生術による精神世界に去亥と共に現れ羌瘣救った死後もなお、若手歩兵たちの規範となっている。 去亥(きょがい) 声 - 下妻由幸第1-2シリーズ)/ 奥村翔第3シリーズ飛信隊伍長→什長→百人将。甘平原編で壊滅状態陥った秦国第二軍生存者であり、第四軍大功挙げた信達には当初不満を募らせていた。 飛信隊結成時第十伍長になり、三百人時に什長へ、飛信隊千人隊になると百人将へと昇進。鄴編で、先陣切って李牧軍攻め込み李牧目前にまで迫るが、立ちはだかった龐煖斬ら戦死羌瘣蘇生術による精神世界と共に現れ羌瘣救った

※この「将校」の解説は、「キングダムの登場人物一覧」の解説の一部です。
「将校」を含む「キングダムの登場人物一覧」の記事については、「キングダムの登場人物一覧」の概要を参照ください。


将校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/30 07:31 UTC 版)

フランス外人部隊の人物一覧」の記事における「将校」の解説

アレクサンドル・フロリアン・ジョゼフ・コロンナ=ヴァレフスキ - ナポレオン1世庶子 バオ・ロン保隆) - ベトナム阮朝最後の皇帝バオ・ダイ保大)の長男 フランソワ・アシル・バゼーヌ - 二等兵から元帥異例の昇進果たした人物。 ルイ・ジェローム・ヴィクトル・エマニュエル・レオポルド・マリー・ボナパルト - ルイ・ナポレオンナポレオン6世として知られるジャン・ダンジュー - メキシコ出兵におけるカマロンの戦い戦死ジャン=マリー・ル・ペン - 政治家国民戦線党首ルイ2世 - モナコ大公。 マリー・エドム・パトリス・モーリス・ド・マクマオン - フランス第三共和政第2代大統領ピエール・メスメル - 後にフランス首相。 アンリ・ロベール・フェルディナン・マリー・ルイ・フィリップ・ドルレアン - パリ伯アンリとして知られるペータル1世 - 後にセルビア王国国王となる。 ズィノヴィ・ペチコフ - (ロシア生まれ第二次大戦後最初の駐日フランス大使

※この「将校」の解説は、「フランス外人部隊の人物一覧」の解説の一部です。
「将校」を含む「フランス外人部隊の人物一覧」の記事については、「フランス外人部隊の人物一覧」の概要を参照ください。


将校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 07:20 UTC 版)

赤軍」の記事における「将校」の解説

赤軍指導した将校団兵卒下士官上がり多く労働者農民など平民層の出身者多数占める。ユンカー出身者が多いドイツ国防軍とは対照的であり、第一次世界大戦高級将校として経験を積んだ将校は非常に少なかった故に赤軍高級将校は非常に若くミハイル・トゥハチェフスキー1935年42歳元帥任命されゲオルギー・ジューコフ1941年44歳参謀総長に就任している(同時期各国参謀総長比較するアメリカ陸軍参謀総長ジョージ・マーシャル61歳日本陸軍参謀総長杉山元61歳ドイツ陸軍参謀総長フランツ・ハルダー57歳イギリス陸軍参謀総長アラン・ブルック58歳、ユーゴスラビア陸軍参謀総長ダニロ・カラファトヴィッチ66歳)。赤軍ロシア人将校が多数占めたソ連邦元帥中にはロシア系将校も少なからず存在しコンスタンチン・ロコソフスキー元帥は父がポーランド人であり、イワン・バグラミャン元帥アルメニア人アンドレイ・エリョーメンコ元帥ウクライナ人である。クルスクの戦い活躍した第5親衛戦車軍は将校6645人中4520人がロシア人、1210人がウクライナ人323人がユダヤ人202人がベラルーシ人78人がタタール人

※この「将校」の解説は、「赤軍」の解説の一部です。
「将校」を含む「赤軍」の記事については、「赤軍」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「将校」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

将校

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:00 UTC 版)

名詞

しょうこう

  1. 軍隊少尉以上階級兵科属している武官のこと。

関連語

翻訳


「将校」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

将校のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将校のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのココロ図書館 (改訂履歴)、惑星連邦 (改訂履歴)、ストーンハート (改訂履歴)、エドウィン・ブラモール (ブラモール男爵) (改訂履歴)、イギリス軍の階級 (改訂履歴)、キングダムの登場人物一覧 (改訂履歴)、フランス外人部隊の人物一覧 (改訂履歴)、赤軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの将校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS