1937年とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1937年の意味・解説 

昭和12年 (ひのとうし 丁丑)

昭和12年
年(年号)
1918年 (大正7年) 米騒動
1923年 (大正12年) 関東大震災
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施
1932年 (昭和7年) 五・一五事件
1936年 (昭和11年) 二・二六事件
昭和12年
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟


昭和12年
 人物
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 70
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 66
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 62
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 60
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 59
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 59
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 59
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 58
市川 左団次二世 1880年1940年(明治13年昭和15年) 57
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 55
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 54
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 54
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 54
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 53
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 53
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 53
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 53
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 52
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 51
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 51
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 51
松旭斎 天勝 1886年1944年(明治19年昭和19年) 51
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 48
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 47
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 47
近衛 文麿 1891年1945年(明治24年昭和20年) 46
河合 栄治郎 1891年1944年(明治24年昭和19年) 46
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 45
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 44
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 40
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 39
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 39
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 39
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 39
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 38
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 38
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 36
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 35
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 34
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 34
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 33才
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 33才
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 33才
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 31
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 30
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 28
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 27
三島 由紀夫 1925年1970年(大正14年昭和45年) 12

1937年

作者エドウィージ・ダンティカ

収載図書クリック?クラック!
出版社五月書房
刊行年月2001.1


1937年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 09:10 UTC 版)

1937年(1937 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年昭和12年。




  1. ^ 訃報 河合常則さん80歳=元自民党参院議員”. 毎日新聞 (2017年9月7日). 2020年11月26日閲覧。
  2. ^ “北アイルランドの政治家J・ヒューム氏死去、83歳 和平に寄与しノーベル賞”. AFPBB NEWS. (2020年8月3日). https://www.afpbb.com/articles/-/3297219 2021年1月7日閲覧。 
  3. ^ ジョン・ヒューム氏死去、83歳 北アイルランド和平でノーベル賞 - 時事ドットコム 2020年8月3日
  4. ^ John Hume: Nobel Peace Prize winner dies aged 83 (3 Auguat 2020) BBC.com; retrieved 3 Ausust 2020.
  5. ^ 元中日選手 会田豊彦さん死去、74歳”. Sponichi Annex (2012年3月23日). 2020年10月30日閲覧。
  6. ^ 直木賞作家の佐木隆三氏が死去 78歳”. 日本経済新聞 (2015年11月1日). 2020年11月25日閲覧。
  7. ^ “「ミ・アモーレ」作曲の松岡直也氏が死去”. 日刊スポーツ. (2014年4月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140430-1293378.html 2020年10月28日閲覧。 
  8. ^ “作家の安部譲二さん死去 「塀の中の懲りない面々」”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2019年9月8日). https://www.asahi.com/articles/ASM983CXRM98UCLV001.html 2020年11月8日閲覧。 
  9. ^ “モンキー・パンチさん:「ルパン三世」の生みの親が肺炎のため死去 81歳”. MANTAN WEB. (2019年4月17日). https://mantan-web.jp/article/20190417dog00m200000000c.html 2020年10月25日閲覧。 
  10. ^ "元阪神エースのバッキー氏死去 日本通算100勝". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 15 September 2018. 2020年11月26日閲覧
  11. ^ 元衆院議員の石原健太郎氏死去 - 時事ドットコム 2020年7月7日
  12. ^ 「きょうの料理」小林カツ代さん死去”. 日刊スポーツ (2014年1月29日). 2020年10月30日閲覧。
  13. ^ フリッツ・ライバー他『暗黒神話体系シリーズ クトゥルー4』青心社、1989年、309・322・323頁。ISBN 978-4-915333-55-2
  14. ^ 鈴木貴昭『ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・レポート』角川書店、2012年、9・227 - 253頁。ISBN 978-4-04-100210-0
  15. ^ 山田正紀『機神兵団 1 満州黎明篇』中央公論社、1990年、9 - 22頁。ISBN 978-4-12-500158-6
  16. ^ 吉岡平『新・昭和遊撃隊』光風社出版、1989年、9 - 22・48・261頁。ISBN 978-4-87519-206-0
  17. ^ 柳広司『ジョーカー・ゲーム』角川書店、2011年、11 - 14頁。ISBN 978-4-04-382906-4
  18. ^ ホルヘ・ルイス・ボルヘス『伝奇集岩波書店、1993年、18 - 21頁。ISBN 978-4-00-327921-2




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1937年」の関連用語

1937年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1937年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1937年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS