1937年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1937年の意味・解説 

昭和12年 (ひのとうし 丁丑)

昭和12年
年(年号)
1918年 (大正7年) 米騒動
1923年 (大正12年) 関東大震災
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施
1932年 (昭和7年) 五・一五事件
1936年 (昭和11年) 二・二六事件
昭和12年
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟


昭和12年
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 70
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 66
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 62
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 60
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 59
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 59
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 59
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 58
市川 左団次二世 1880年1940年(明治13年昭和15年) 57
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 55
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 54
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 54
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 54
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 53
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 53
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 53
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 53
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 52
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 51
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 51
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 51
松旭斎 天勝 1886年1944年(明治19年昭和19年) 51
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 48
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 47
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 47
近衛 文麿 1891年1945年(明治24年昭和20年) 46
河合 栄治郎 1891年1944年(明治24年昭和19年) 46
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 45
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 44
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 40
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 39
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 39
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 39
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 39
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 38
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 38
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 36
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 35
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 34
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 34
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 33才
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 33才
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 33才
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 31
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 30
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 28
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 27
三島 由紀夫 1925年1970年(大正14年昭和45年) 12

1937年

作者エドウィージ・ダンティカ

収載図書クリック?クラック!
出版社五月書房
刊行年月2001.1


1937年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/07 23:27 UTC 版)

1937年(1937 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年昭和12年。


  1. ^ 毎日新聞マイクロ版索引 明治5年2月-昭和38年12月毎日新聞社 1966
  2. ^ 訃報 河合常則さん80歳=元自民党参院議員”. 毎日新聞 (2017年9月7日). 2020年11月26日閲覧。
  3. ^ “北アイルランドの政治家J・ヒューム氏死去、83歳 和平に寄与しノーベル賞”. AFPBB NEWS. (2020年8月3日). https://www.afpbb.com/articles/-/3297219 2021年1月7日閲覧。 
  4. ^ ジョン・ヒューム氏死去、83歳 北アイルランド和平でノーベル賞 - 時事ドットコム 2020年8月3日[リンク切れ]
  5. ^ John Hume: Nobel Peace Prize winner dies aged 83 (3 Auguat 2020) BBC.com; retrieved 3 Ausust 2020.
  6. ^ 元中日選手 会田豊彦さん死去、74歳”. Sponichi Annex (2012年3月23日). 2020年10月30日閲覧。
  7. ^ 直木賞作家の佐木隆三氏が死去 78歳”. 日本経済新聞 (2015年11月1日). 2020年11月25日閲覧。
  8. ^ “「ミ・アモーレ」作曲の松岡直也氏が死去”. 日刊スポーツ. (2014年4月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140430-1293378.html 2020年10月28日閲覧。 
  9. ^ “作家の安部譲二さん死去 「塀の中の懲りない面々」”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2019年9月8日). https://www.asahi.com/articles/ASM983CXRM98UCLV001.html 2020年11月8日閲覧。 
  10. ^ “モンキー・パンチさん:「ルパン三世」の生みの親が肺炎のため死去 81歳”. MANTAN WEB. (2019年4月17日). https://mantan-web.jp/article/20190417dog00m200000000c.html 2020年10月25日閲覧。 
  11. ^ "元阪神エースのバッキー氏死去 日本通算100勝". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 15 September 2018. 2020年11月26日閲覧
  12. ^ 元衆院議員の石原健太郎氏死去 - 時事ドットコム 2020年7月7日
  13. ^ 「きょうの料理」小林カツ代さん死去”. 日刊スポーツ (2014年1月29日). 2020年10月30日閲覧。
  14. ^ フリッツ・ライバー他『暗黒神話体系シリーズ クトゥルー4』青心社、1989年、309,322,323頁。ISBN 978-4-915333-55-2 
  15. ^ 鈴木貴昭『ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・レポート』角川書店、2012年、9,227-253頁。ISBN 978-4-04-100210-0 
  16. ^ 山田正紀『機神兵団 1 満州黎明篇』中央公論社、1990年、9-22頁。ISBN 978-4-12-500158-6 
  17. ^ 吉岡平『新・昭和遊撃隊』光風社出版、1989年、9-22,48,261頁。ISBN 978-4-87519-206-0 
  18. ^ 柳広司『ジョーカー・ゲーム』角川書店、2011年、11-14頁。ISBN 978-4-04-382906-4 
  19. ^ ホルヘ・ルイス・ボルヘス『伝奇集岩波書店、1993年、18-21頁。ISBN 978-4-00-327921-2 



1937年(昭和12年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市の歴史」の記事における「1937年(昭和12年)」の解説

岡本遊園地完成する高松市公報創刊される。 伯爵松平頼壽が、貴族院議長、県教育会会長になる。 善通寺第11師団動員令くだる。 国民精神総動員高松市委員会結成される

※この「1937年(昭和12年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。
「1937年(昭和12年)」を含む「高松市の歴史」の記事については、「高松市の歴史」の概要を参照ください。


1937年(昭和12年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:53 UTC 版)

太平洋戦争の年表」の記事における「1937年(昭和12年)」の解説

6月4日 第1次近衛内閣成立7月7日 盧溝橋事件日中戦争7月13日 大紅門事件7月 第二次国共合作成立7月25日 郎坊事件7月26日 広安門事件7月29日 通州事件8月 南京戦8月13日 第二次上海事変11月 日独伊防共協定12月13日 日本軍南京占領

※この「1937年(昭和12年)」の解説は、「太平洋戦争の年表」の解説の一部です。
「1937年(昭和12年)」を含む「太平洋戦争の年表」の記事については、「太平洋戦争の年表」の概要を参照ください。


1937年(民国26年、昭和12年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 09:55 UTC 版)

日中戦争関係年表」の記事における「1937年(民国26年昭和12年)」の解説

7月7日: 盧溝橋事件シナ事変勃発

※この「1937年(民国26年、昭和12年)」の解説は、「日中戦争関係年表」の解説の一部です。
「1937年(民国26年、昭和12年)」を含む「日中戦争関係年表」の記事については、「日中戦争関係年表」の概要を参照ください。


1937年(昭和12年)


1937年(昭和12年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 14:46 UTC 版)

近衛文麿」の記事における「1937年(昭和12年)」の解説

対中国政策が行詰まった広田内閣は、1937年(昭和12年1月腹切り問答機に総辞職した宇垣一成内閣陸軍反対組閣流産し、首相となった林銑十郎5月31日在職わずか3ヶ月辞任した元老西園寺公望推薦により近衞は再び大命降下を受け、6月4日第1次近衛内閣組織した首相就任時の年齢45歳7ヶ月で、初代首相伊藤博文に次ぐ史上2番目の若さである。軍部大臣には杉山元陸軍)と米内光政海軍)が留任し外務大臣広田弘毅、さらに民政党政友会からも大臣迎えた昭和研究会からは有馬頼寧農林大臣に、風見章内閣書記官長加わった陸海軍からの受けも悪くなく、財界政界からは支持を受け、国民の間の期待度は非常に高かった就任直後には、「国内各論融和を図る」ことを大義名分として、治安維持法違反共産党員二・二六事件逮捕・服役者を大赦しようと主張して周囲驚愕させた。この大赦論は、荒木貞夫陸相時代提唱していたもので、かれ独特の国体論に基づくものであったが、二・二六事件以降皇道派将校救済の意味も持つようになり、真崎甚三郎救済にも熱心だった近衞は、首相就任前からこれ共感示していた。しかし、西園寺公望は、荒木唱え出した頃からこの論には反対であり、結局大赦はならなかった。 7月7日盧溝橋事件きっかけ日中戦争支那事変)が勃発した7月9日不拡大方針閣議確認した杉山元支那駐屯軍司令官香月清司対し盧溝橋事件ニ就テハ極力不拡大方針ノ下現地解決ヲ計ラレタシ」との命令与え今井武夫らの奔走により7月11日現地松井太久郎大佐北平特務機関長)と秦徳純第二十九軍副軍長)との間で停戦協定締結された。しかし近衞蔣介石が4個師団新たに派遣しているとの報を受け、同11日午後に総理官邸東京朝日新聞主幹読売新聞編集局長報道陣の代表と、立憲民政党総裁貴族院議長日銀総裁政財界代表者らを招き内地三個師団派兵する「北支派兵声明」を発表する派兵決定とその公表進行中現地における停戦努力無視する行動であり、その後現地交渉困難なものとした。秦郁彦は、「近衛内閣自発的に展開したパフォーマンスは、国民戦争熱を煽る華々しい宣伝攻勢見られてもしかたのないものであった」としている。 その後の特別議会近衞は「事件不拡大」を唱え続けた。しかし7月17日には1,000万円余の予備費支出閣議決定7月26日には、陸軍要求していないにもかかわらず、9,700万円余の第一次北支事変予算案閣議決定し、7月31日には4億円超の第二次北支事変予算追加するなど、不拡大とは反対方向指導した陸軍参謀本部作戦部長の石原莞爾風見章通じて日中首脳会談近衞提案したが、広田弘毅熱意示さず最後のところで決断できなかった。この状況憂慮し石原7月18日杉山元意見具申し、「このまま日中戦争突入すれば、その結果あたかもスペイン戦争でのナポレオン同様、底無し沼にはまることになる。この際思いきって北支ある日本軍全体一挙に山海関の満支国境まで引き下げる近衛首相が自ら南京飛び蔣介石膝詰め談判する」という提案をした。同席した陸軍次官梅津美治郎は、「そうしたいが、近衛首相自信確かめてあるのか」と聞き杉山も「近衛首相にはその気迫あるまい」と述べた実際風見によれば近衞陸軍和平一本化するかどうか自信がなく、せっかくの首脳会談構想断念したと言われている。当初近衞首脳会談に大変乗り気になり、南京行き決意して飛行機まで手配したが、直前になり心変わりし蔣介石との首脳会談取り消した石原激怒し二千年にも及ぶ皇恩を辱うして、この危機優柔不断では、日本を滅ぼす者は近衛である」と叫んだ8月2日には増税案を発表この間宋子文通じて和平工作行い近衞蔣介石との間で合意成立した国民政府側から特使南京送って欲しいとの電報が届くと、近衞杉山元確認取り宮崎龍介特使として上海派遣することを決定した。ところが海軍通じてこの電報傍受した陸軍内の強硬派がこれを好感せず、憲兵動かして宮崎神戸港拘束し東京へ送還してしまう。このため折角の和平工作立ち消えとなってしまった。 この件に関して杉山関係者一切処分しかったばかりか、事情聴取ら行わず、結果的に事後了解与えたになっていた。杉山本人当初明解釈明が能わない有様で、以後近衞杉山に強い不信感を抱くうになる8月8日には日支間の防共協定目的とする要綱取り決めた8月9日上海大山事件発生し日中両軍による戦闘開始された。8月13日に、近衞は二個師団追加派遣閣議決定8月15日海軍南京対す渡洋爆撃実行し同時に近衞は「今や断乎たる措置をとる」との断固膺徴声明発表8月17日には不拡大方針放棄する閣議決定した。 第2次上海事変全面戦争へと発展したことを受け、9月2日に「北支事変」を「支那事変」と変更する閣議決定なされた9月10日には、臨時軍事費特別会計法公布され不拡大派の石原莞爾失脚したまた、国内では、10月国民精神総動員中央連盟設立内閣資源局企画庁合体した企画院誕生させ、計画経済体制確立向けて動き出した11月には、1936年昭和11年)に日本ドイツの間で締結され日独防共協定イタリア加えた日独伊防共協定締結その後大本営設置する12月5日付の夕刊では、国民一致団結謳った全国民告ぐ」という宣言文を出させている。これは、近衞意を受け秋山定輔がまとめたもので、資金風見章出している。こうして、近衞日本全体主義体制確立へと突き進むそんな中12月13日南京攻略により、日中戦争第1段階終える。

※この「1937年(昭和12年)」の解説は、「近衛文麿」の解説の一部です。
「1937年(昭和12年)」を含む「近衛文麿」の記事については、「近衛文麿」の概要を参照ください。


1937年(康徳4年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:38 UTC 版)

満洲国軍」の記事における「1937年(康徳4年)」の解説

1937年(康徳4年)の海軍武官及兵ノ等級ニ関スル件中改正ノ件(康徳4年3月18日勅令37号)により、満洲国陸軍合わせて海軍士官軍官及び軍佐)は将官、校官、尉官のみとし、軍士官下士官改称した准士官については「士長」と同列で「尉補」の階級制定したまた、軍医科の階級軍医、司医務分割した海軍武官及兵ノ等級表:1937年(康徳4年3月18日-終戦科別兵科輸機科軍医軍需科造修科軍楽科将官上将軍官海上将 軍中将海軍中将 海軍機中将 海軍医中将 海軍軍需中将 海軍造修中将 少将海軍少将 海軍輸機少将 海軍軍医少将 海軍軍需少将 海軍造修少将 校官上校海軍上校 海軍機上海軍軍医上校 海軍上校 海軍軍需上校 海軍造修上校 中校海軍中校 海軍機中海軍軍医中校 海軍中校 海軍軍需中校 海軍造修中校 少校海軍少校 海軍輸機少校 海軍軍医少校 海軍少校 海軍医務少校 海軍軍需少校 海軍造修少校 海軍軍楽少校 尉官上尉海軍上尉 海軍機上海軍軍医上尉 海軍上尉 海軍医務上尉 海軍軍需上尉 海軍造修上尉 海軍軍楽上尉 中尉海軍中尉 海軍機中海軍軍医中尉 海軍中尉 海軍医務中尉 海軍軍需中尉 海軍造修中尉 海軍軍楽中尉 少尉海軍少尉 海軍輸機少尉 海軍軍医少尉 海軍少尉 海軍医務少尉 海軍軍需少尉 海軍造修少尉 海軍軍楽少尉 准士官尉補海軍甲板尉補 海軍輸機尉補 海軍医務尉補 海軍軍需尉補 海軍軍楽尉補 士長海軍甲板士長 海軍輸機士長 海軍看護士長 海軍需士長 海軍軍楽士長 下士官上士海軍甲板上士 海軍機上海軍看護上士 海軍軍需上士 海軍軍楽上士 中士海軍甲板中士 海軍機中海軍看護中士 海軍軍需中士 海軍軍楽中士 少士海軍甲板少士 海軍輸機少士 海軍看護少士 海軍軍需少士 海軍軍楽士 兵上兵海軍甲板上兵 海軍機上海軍看護上兵 海軍軍需上兵 海軍軍楽上兵 中兵海軍甲板中兵 海軍機中海軍看護中兵 海軍軍需中兵 海軍軍楽中兵 少兵海軍甲板少兵 海軍輸機少兵 海軍看護少兵 海軍軍需少兵 海軍軍楽少兵 練兵海軍甲板練兵 海軍輸機練兵 海軍看護練兵 海軍軍需練兵 海軍軍楽練兵

※この「1937年(康徳4年)」の解説は、「満洲国軍」の解説の一部です。
「1937年(康徳4年)」を含む「満洲国軍」の記事については、「満洲国軍」の概要を参照ください。


1937年(昭和12年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 09:51 UTC 版)

中原淳一」の記事における「1937年(昭和12年)」の解説

少女の友』誌にて連載川端康成乙女の港』の挿絵担当、大ブームとなる。

※この「1937年(昭和12年)」の解説は、「中原淳一」の解説の一部です。
「1937年(昭和12年)」を含む「中原淳一」の記事については、「中原淳一」の概要を参照ください。


1937年(昭和12年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/16 21:30 UTC 版)

1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の記事における「1937年(昭和12年)」の解説

7月1日ダイヤ改正され東京駅 - 神戸駅日本4番目となる特急列車」が新設された。この頃が、日本における戦前鉄道サービス絶頂期といえる。 しかしそのわずか6日後となる7月7日盧溝橋事件きっかけ日中戦争勃発すると、「一般旅客へのサービス」は後退し輸送体制は「戦時輸送主軸へと変化していく事になる。この年翌年にはさほど大きな変化はなかったが、12月15日には阪和電気鉄道線(現、JR西日本阪和線)・南海鉄道(現、南海電気鉄道本線から省線直通する温泉快速列車黒潮号」が廃止されるなど、各地観光客向け列車削減が行われるようになった

※この「1937年(昭和12年)」の解説は、「1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の解説の一部です。
「1937年(昭和12年)」を含む「1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の記事については、「1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1937年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1937年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1937年」の関連用語

1937年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1937年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
江戸net江戸net
Copyright (C) 2024 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1937年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高松市の歴史 (改訂履歴)、太平洋戦争の年表 (改訂履歴)、日中戦争関係年表 (改訂履歴)、昭和 (改訂履歴)、近衛文麿 (改訂履歴)、満洲国軍 (改訂履歴)、中原淳一 (改訂履歴)、1908年-1945年の国鉄ダイヤ改正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS