優柔不断とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 不断 > 優柔不断の意味・解説 

優柔不断

読み方:ゆうじゅうふだん

優柔不断とは、物事判断がなかなかできず、迷ってかりいることを意味する四字熟語である。「煮え切らない」「不決断」「ためらい」とも言い換えることができる。また、対義語として、決断力があることを意味する「積極果断」がある。英語では、 indecision と表現する。

優柔不断

優柔不断とは、優柔不断の意味

優柔不断は、気弱で、いつまで決定が下せずに悩んでいるさま、および、そのようなぐずぐずした性格はっきりしない性格のこと。もっぱら人の性格や態度の「決断力のなさ」を評するネガティブな語として用いられる。

優柔不断の語の由来・語源

「優柔不断」という言葉初出特定しがたいが、宋代の「梁溪集」や「宋名臣奏議」、元代の「宋史」、明代の「庚申外史」「国初群雄事略」などに「優柔不断(优柔不断)」の語が見出される。

「優柔不断」の同義語といえる優游不断ゆうゆうふだん)」は、古代中国の書「漢書」において用いられている。

現代中国語においては優柔寡断(优柔寡断)」が、日本語における「優柔不断」の意味で一般的に用いられる。この「優柔寡断」は「韓非子」の「柔茹而寡断」というくだりを語源とする、とされている。

優柔不断な態度の具体例

優柔不断の類語と使い分け方方

優柔不断の類語としては、「軟弱」「柔弱」「及び腰」あるいは「煮え切らない」「狐疑逡巡」などが挙げられる。が挙げられる。どの表現も、なかなか決断を下せないさまを指す語として使える。「軟弱」「柔弱」「及び腰」は、とりわけ自信がない」「意志が弱い」「中途半端態度」という意味合い色濃い

煮え切らない」は「態度はっきりしない」さまを指す語。「狐疑逡巡こぎしゅんじゅん)」は、疑いためらい、そのため決断できずにいるさまを意味する語。いつまで決断できないという意味合いが「優柔不断」に通じる。ただし狐疑逡巡には「猜疑心」のニュアンスがある。

優柔不断の英語

優柔不断を英語で表現するなら indecisive のような表現がうまく当てはまる。indecisive は「決然としていない」「ハッキリしない」「どっちつかずの」「煮え切らない」という意味の表現である。

ゆうじゅう‐ふだん〔イウジウ‐〕【優柔不断】

[名・形動気が弱く決断力乏しいこと。また、そのさま。「優柔不断な(の)態度


ゆうじゅう‐ふだん イウジウ‥ 【優柔不断】

〔名〕 (形動) ぐずぐずして物事決断の鈍いこと。また、そのさま。優遊不断

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙一一「君は優柔不断(ユウジウフダン)だからいけない」




優柔不断と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「優柔不断」の関連用語

優柔不断のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



優柔不断のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS