反対者とは? わかりやすく解説

反対者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 09:43 UTC 版)

ヘルメット (自転車)」の記事における「反対者」の解説

ヘルメット着用または着用義務化が有益だとする主張賛同しない人々には、多数著名な教員や、研究者自転車利用者による圧力団体などが含まれるRobinson法制化によってヘルメット着用増加した地区データ審査しヘルメット着用によって自転車利用者頭部損傷明白に減少していなかったと結論づけた英国運輸交通安全分析学者である Mayer Hillman は、自動車との衝突時には非常に限定的な価値しかなく、リスク相殺によって保護効果無効にされると論じヘルメット着用普及促進注意責任自転車側に無条件におしつけていると感じるためヘルメット着用賛同していない。彼はまた、様々な専門家による議論の中で外科医忠告最重視することに対して当選者意見集めて宝くじを買う価値があるかどうか結論を出すようなものだと警告している。 英国著名な自転車活動家 John Franklin は、車両整備乗車能力など未然防止の方重要だとして、ヘルメット実力懐疑的である。 自転車利用者代表者団体が、ヘルメット注目が集まることで、自転車安全にとってより重要な問題例え交通危険箇所修正訓練運転技術自転車整備などに対する関心が削がれると、訴えている2004年報告書記載され28自転車安全対策公的な支援の内、24ヘルメット普及促進に対するのだった。これに関連して種々の自転車安全対策相対的な効果についてのある評価推定によれば27% の死傷者様々な対策によって予防することができたはずで、自転車工学ヘルメット着用応用によって達成できるのはたった 1% だという[要出典]。 1998年欧州自転車連盟は、健康への影響がむしろ悪くなるとして、義務ヘルメット法を拒否する方針説明書採択した英国自転車愛好家クラブ CTC (Cyclists' Touring Club) は、「義務ヘルメット総合的な健康効果否定的」だと信じている英国交通大臣は、ヘルメット人命を救うという主張には支援材料無いということを知っていた英国小児局は、 「自転車ヘルメット強制支持するとの決定発表した2004年度英国医師会声明文は、事故統計いい加減な利用不幸な結果どのように招くかということ示している —  と述べている。同報告書では、全員ヘルメット着用により救える15歳下の子供の人命多く見積もって3人ろうとしている。この数字全員正しくヘルメット着用した想定しリスク相殺起こらずヘルメット着用による窒息その他の傷害による子供の死亡がないと仮定したときのもの現実には最もありえない前提になっている。 — 

※この「反対者」の解説は、「ヘルメット (自転車)」の解説の一部です。
「反対者」を含む「ヘルメット (自転車)」の記事については、「ヘルメット (自転車)」の概要を参照ください。


反対者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 23:12 UTC 版)

ネットワーク中立性」の記事における「反対者」の解説

反対側としては、ケイトー研究所Competitive Enterprise InstituteGoldwater InstituteAmericans for Tax ReformAyn Rand Institute などがある。ハードウェア会社大手を含むケーブルテレビ通信業界ネットワーク中立性反対の立場である。 それら反対者の一部Hands Off The Internet というウェブサイト立ち上げネットワーク中立性反対する主張広めようとした。このサイトは既に存在しない。このウェブサイト資金提供していたのは主にAT&Tで、技術系人々や Citizens Against Government Waste という市場活動グループ関与していた。 ネットワーク中立性法制化反対するインターネット技術者もおり、例えDavid FarberTCP発明者ロバート・カーンがいる。カーンは、ネットワーク中立性一種のスローガンであり、インターネット中核における技術革新止めてしまうおそれがあるとしている。Farberインターネット主なプロトコル継続的な研究開発必要である強く主張してきた。彼は研究者仲間共同でワシントン・ポスト紙署名記事発表しその中でインターネットには改造必要である残念なことに法規制強化されれば、古いインターネット保つことになり、新しインターネット誕生阻害するおそれがある」と記しているシスコシステムズ重役であり、通信政策専門家である Robert Pepper は、かつてFCC政策立案部門トップだった。彼は次のように述べている。 ネットワーク中立性法制化支持する人々さらなる規制必要だ信じている。彼らは、規制強化しなければサービスプロバイダ帯域幅サービス区分けし一部富裕層最高級のインターネットアクセス楽しみ、他の大多数は遅い接続我慢することになると考えている。しかし、そのようなシナリオ間違いである。そんなオールオアナッシング世界存在していないし、今後そうなることはないだろう。規制強化されなければサービスプロバイダ現行同じ事業を続けるだろう。彼らは様々な価格の様々なサービスあらゆる消費者に向けて提供し続けるだろう。

※この「反対者」の解説は、「ネットワーク中立性」の解説の一部です。
「反対者」を含む「ネットワーク中立性」の記事については、「ネットワーク中立性」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「反対者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「反対者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

反対者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



反対者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヘルメット (自転車) (改訂履歴)、ネットワーク中立性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS