強制とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 強制 > 強制の意味・解説 

きょう‐せい〔キヤウ‐〕【強制】

読み方:きょうせい

[名](スル)権力威力によって、その人意思かかわりなく、ある事を無理にさせること。「参加を―する」


強制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 14:55 UTC 版)

強制きょうせいとは、相手が快諾しない物事を有無を言わせずに押し付けること。また、その物事を行うように命令すること。その物事を相手の許可なく行使すること。




「強制」の続きの解説一覧

強制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 09:22 UTC 版)

軍事力」の記事における「強制」の解説

相手意思自分の軍事力によって強的に変更させる機能である。威嚇的な軍事力の使用含め場合もある。近年はこの強制力限定的に用いた限定戦争の様相が多く見られるようになってきている。2018年現在、これが可能な軍隊を持つ国家アメリカのみである。[要出典]

※この「強制」の解説は、「軍事力」の解説の一部です。
「強制」を含む「軍事力」の記事については、「軍事力」の概要を参照ください。


強制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 10:13 UTC 版)

強制連行」の記事における「強制」の解説

鄭大均は「強制送還」や「強制連行」といった言葉構成する「強制」の語について、元々は北朝鮮媒体政敵攻撃する際に使っていた言葉が、日本でも使われるようになったものだとしている。 一方「慰安婦の強制連行」説を主張する吉見義明や「朝鮮人強制連行」の語の正当性主張する外村大は、強制とは「『本人たちの意思』に反す行為をさせること(吉見)」 「本人が強制と考えたらそれは強制(外村)」 だとしている。 日本国憲法の下では、行政による強制活動には立法府制定した法律根拠必要とされる:28戦時中の「中国人強制連行」や「朝鮮人強制連行」の法的根拠等については、それぞれのを参照

※この「強制」の解説は、「強制連行」の解説の一部です。
「強制」を含む「強制連行」の記事については、「強制連行」の概要を参照ください。


強制(性)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 10:13 UTC 版)

強制連行」の記事における「強制(性)」の解説

「(広義の)強制」といった言葉について強制連行説主張していた側による議論すり替えだとする批判もある:57。 しかし、上野千鶴子逆に自由主義史観派(新しい歴史教科書をつくる会)が「強制性」の有無を「連行」の範囲限定する問題にすりかえたのだとしている。 朝日新聞出身伊藤つよしは、97年朝日新聞が「強制性」という言葉編み出し、「強制連行匂い残しつつ、じわりと『女性人権問題にシフトした」と振り返っている。 一部研究者は、慰安所では様々な「強制」があったとしているが、遊廓女性兵士プロ野球選手についても同じことが言えるという反論もある。 秦郁彦は、実質的に「強制」かどうかではなく物理的な強制連行の有無問題にしないと「ある世代全員が『強制連行』になりかねない」と述べている。 産経新聞など強制連行否定する側が「強制性」について論じていた事実もある。

※この「強制(性)」の解説は、「強制連行」の解説の一部です。
「強制(性)」を含む「強制連行」の記事については、「強制連行」の概要を参照ください。


強制(ギアス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 22:18 UTC 版)

デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の記事における「強制(ギアス)」の解説

本来はウリオン神が罪人を裁くために与えたギフト命令に逆らう死亡するという極めて危険能力解除するには「強制」持ちによる解除上書きウリオン神殿秘宝用いる、高位の聖職者による祈願魔法使った命令消去という3つしか存在しない

※この「強制(ギアス)」の解説は、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の解説の一部です。
「強制(ギアス)」を含む「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の記事については、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の概要を参照ください。


強制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 06:35 UTC 版)

強制法」の記事における「強制」の解説

ジェネリックフィルター G⊆P が与えられたとする。M の要素であるP-名全体によるクラスを M(P) で表す。M[G]={val(u,G):u∈M(P)}とする。M[G] で集合論論じるのではなく、 M で論じるため、強制言語用いる。これは一階述語論理のように構成され所属関係は2項関係として、名前は定数として実現される。 p ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} φ(u1,…,un)("半順序Pとモデル M の中で p が φ を強制する"と読む。)を定義する。ここで p は条件、φ は強制言語の式、各 ui は名前である。この式の意味は、G が p を要素に持つジェネリックフィルターであるならM[G] ⊨ φ(val(u1,G),…,val(un,G))となることである。特に、1 ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} φ は P ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} φ とか ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} φとも書かれるそのような文は G が何であるかによらず M[G] で真となる。 この強制関係 p ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} φ の、"外部"を見ている定義が、名前と式の複雑性に関する帰納法による"内部"を見ている定義と同値であるという点は重要である。これは、M[G] の性質は実は M で把握されZFCが M[G] で成立することを確かめられることに影響する。このことは以下の3つの重要な性質として要約される。: 真理性: M[G] ⊨ φ(val(u1,G),…,val(un,G)) となるのは、それが G によって強制されているとき、すなわちある条件 p ∈ G があって p ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} φ(u1,…,un) となること。 定義可能性: 文 "p ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} φ(u1,…,un)" は M で定義可能である干渉性: p ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} φ(u1,…,un) かつ q ≤ p ならば q ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} φ(u1,…,un)である。 V 上に強制関係を式の複雑性に関する帰納法定義する1. p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} a ∈ b とは、任意の q ≤ p に対して r ≤ s かつ r ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} a = c となる (s, c) ∈ b が存在するような r ≤ q が存在すること 2. p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} a = b とは、p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} a ⊆ b かつ p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} b ⊆ a となること。 ここで p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} a ⊆ b とは任意の q ≤ p と任意の (r,c) ∈ a に対して、q ≤ r ならば q ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} c ∈ b となることである。 3. p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} ¬ f とは、q ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} f となるような q ≤ p が存在しないこと。 4. p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} f ∧ g とは、p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} f かつ p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} g となること。 5. p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} ∀ x f とは、任意の名前 a に対して p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} f(a) となること、ここで f(a) は f に出現する自由変数 x を全て a で置き換えた結果の式である。 1–5 の p は任意の条件であり、1,2 の a,b は任意の名前であり、3–5 の f,g は任意の式である。 この定義は V で働くもので可算推移モデル M の中でそのままで働かない。しかし、次の命題は定義可能性与えている。: p ⊩ M , P {\displaystyle \Vdash _{M,P}} f は M ⊨ p ⊩ P {\displaystyle \Vdash _{P}} f となることと同値である。 (混乱無ければ単に ⊩ {\displaystyle \Vdash } とも書く。) G を可算推移モデル M や全宇宙 V に付け加え方法のどちらのスタイルもよく使われてきた。強制法の"内部"を見る定義を使うアプローチ集合,クラスモデルが作られることに言及しない方法珍しく、これはコーエンの元々の方法で、洗練,研究されたことによってこれはブール代数解析の方になった

※この「強制」の解説は、「強制法」の解説の一部です。
「強制」を含む「強制法」の記事については、「強制法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「強制」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

強制

出典:『Wiktionary』 (2021/11/14 12:18 UTC 版)

名詞

 きょうせい

  1. 用い他者無理従わせること。

発音(?)

翻訳

動詞

  1. 力を用いて他者無理に従わせる

活用

翻訳


「強制」の例文・使い方・用例・文例




強制と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「強制」に関係したコラム

  • CFD取引で証拠金以上の損失を被るケースは

    CFD業者の取引要綱や取引ルールなどには、「証拠金以上の損失を被るケースがあります。」といったことが書かれています。実際にどのような場合に証拠金以上の損失を被るのでしょうか。ここでは、CFDの金先物を...

  • FXの損切りのタイミングは

    FX(外国為替証拠金取引)の損切りのタイミングは、投資スタンスにより異なりますが、一般的な損切りは次のようなケースが考えられます。▼IFDIFD(イフダン)によって損切りのタイミングを決定します。例え...

  • 株365のセーフティネットとは

    株365の取引の際には、証券会社に証拠金を預託します。証券会社は、顧客から預託された証拠金を株365の取引所である東京金融取引所へ預託します。その際、顧客の売り、買いといった注文内容は関係なく、証拠金...

  • CFD取引のリスク

    CFD取引をする際にはさまざまなリスクがあります。ここでは、CFD取引のリスクを紹介します。価格変動によるリスクCFDの銘柄は取引時間中に価格が変動します。買い建てをした時には、価格の値下がりにより損...

  • FXのロスカットの計算方法は

    FX(外国為替証拠金取引)のロスカットとは、保有しているポジションに一定の損失が出た場合にFX業者がポジションを強制的に決済することです。ロスカットにより損失が発生しますが、それ以上の損失を防ぐことが...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「強制」の関連用語

強制のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



強制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの軍事力 (改訂履歴)、強制連行 (改訂履歴)、デスマーチからはじまる異世界狂想曲 (改訂履歴)、強制法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの強制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS