強制執行とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 訴訟 > 手続き > 強制執行の意味・解説 

きょうせい‐しっこう〔キヤウセイシツカウ〕【強制執行】


強制執行(きょうせいしっこう)

請求者権利実現させるために裁判所が行手続き

債権所有権など民法上の権利実現するため、裁判所所属する執行官によって強執行が行われる。法的な紛争解決するために行使される国家権力作用のひとつ

法治国家の下では、借金取り立て所有権回復など、正当な権利実現する場合であっても権利者相手直接強制して目的を達成することはできない社会平穏な秩序維持する観点からいかなる権利であっても勝手に実力行使することは禁止されている。このことは、自力救済禁止呼ばれている。

しかし、裁判所判決だけでは、債務者素直に従うとは限らないだからといって実力でもって無理やり権利行使しても、逆に債権者のほうが法的な責任問われることにもなりかねない。そこで、債権者代わって法律認められた執行官法的な手続きに沿って権利実現させるのが強制執行だ。

したがって、民法上の権利は、裁判所における手続きによって最終的に実現される。このとき、判決執行証書などに基づいて裁判所執行官実力行使にあたる具体的な手続きは、民事執行法定められている。

ちなみに行政代執行とは行政機関による債務履行の手続きのことで、行政代執行法にその法的根拠置かれている。

関連キーワード「行政代執行

(2001.08.23更新


強制執行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 22:14 UTC 版)

強制執行(きょうせいしっこう)とは、債務名義にあらわされた私法上の請求権の実現に向けてが権力(強制力)を発動し、真実の債権者に満足を得させることを目的とした法律上の制度である。日本においては民事執行法(以下単に「法」という。)を中心とする諸法令により規律される。





強制執行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 01:30 UTC 版)

指向性エネルギー兵器」の記事における「強制執行」の解説

眩惑レーザー、またはダズラー(目潰し)といった装置求められるが、これらは攻撃者一時的に盲目にする気絶させ、もしくは移動車輌の運転手停止させるまた、標的には航空機装置センサー含まれる。ダズラーは様々な電子センサーに対して赤外線不可視光放つ。また人間に対し、もし長期にわたる傷害を眼に負わせないよう意図する時には可視光放射する通常放射装置にはレーザー用いられ、これは「レーザー・ダズラー」と呼ばれるものとなる現用そうしたシステム大部分は個人携行可能であり、赤(半導体レーザー使用もしくは緑(ダイオード励起固体レーザー使用。DPSS)の両方範囲電磁波運用できる。

※この「強制執行」の解説は、「指向性エネルギー兵器」の解説の一部です。
「強制執行」を含む「指向性エネルギー兵器」の記事については、「指向性エネルギー兵器」の概要を参照ください。


強制執行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 18:27 UTC 版)

Red Raven」の記事における「強制執行」の解説

裁判官発令し執行人最優先で与えられる命令執行人はどんな手を使ってでも対象者の刑を執行する発令中は対象者の刑を執行するために必要なことは全て現場執行人判断行え判定書なしでも刑が執行できるアレタムロベリアに、ヴェニエラジークフリード発令された。

※この「強制執行」の解説は、「Red Raven」の解説の一部です。
「強制執行」を含む「Red Raven」の記事については、「Red Raven」の概要を参照ください。


強制執行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 08:42 UTC 版)

民事執行法」の記事における「強制執行」の解説

強制執行は、私法上の請求強制的に満足させるために行われる手続であり、請求権存在内容公証する文書債務名義に基づき行われる債務名義主な例としては、主文給付請求権表示され判決書給付条項がある和解調書金銭支払い目的とする請求についての公正証書などがある。 強制執行の手続は、請求権内容様々であるため、請求権性質により概ね以下のとおり分けられ規定されている。 金銭支払い目的とする手続不動産に対する強制執行強制競売 強制管理 船舶に対する強制執行 動産に対する強制執行 債権その他の財産権に対する強制執行債権執行 少額訴訟債権執行 不動産等の引渡等を目的とする手続 動産引渡目的とする手続 代替執行に関する手続 間接強制に関する手続 意思表示擬制に関する手続 このうち金銭支払い目的とする手続については、債務者財産の換価を伴うことがあるため、強制執行の対象となる財産の種類不動産船舶動産債権など)によりそれぞれ詳細な手続置かれている。そのようなこともあり、金銭支払い目的とする手続規定本法中核をなしている。

※この「強制執行」の解説は、「民事執行法」の解説の一部です。
「強制執行」を含む「民事執行法」の記事については、「民事執行法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「強制執行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「強制執行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



強制執行と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

強制執行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



強制執行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強制執行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの指向性エネルギー兵器 (改訂履歴)、Red Raven (改訂履歴)、民事執行法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS