眩惑とは?

げん‐わく【×眩惑】

[名](スル)がくらん正し判断ができなくなること。また、目をくらまして、まどわすこと。「照明灯の光に眩惑されて落球する」


眩惑

読み方:ゲンワク(genwaku)

がくらんで、まどうこと


眩惑

作者諸田玲子

収載図書眩惑
出版社徳間書店
刊行年月2000.5
シリーズ名徳間文庫

収載図書めおと
出版社角川書店
刊行年月2008.12
シリーズ名角川文庫


グレア

(眩惑 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/29 03:22 UTC 版)

グレア(glare、眩輝『げんき』、眩惑『げんわく』)とは、不快感や物の見えづらさを生じさせるような「まぶしさ」のことをいう。あるの状態がグレアとなりうるか否かは、周辺の総合的な環境と個々人の生理的状態で決まる。光源とその周辺との明るさのバランスや、直接光・間接光の別、視線の方向と光源のなす角度などにも依存する。また、同じ光環境、同じ位置であっても、観察者の特性によってグレアとして受け取られるか否かは異なる。特に高齢者はグレアを感じ易く、また不快感から回復するのに要する時間も長い傾向にある。


  1. ^ a b 道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第五十二条 第二項:車両等の灯火”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年6月14日). 2020年1月10日閲覧。 “2019年12月14日施行分” 及び道路交通法施行令(昭和三十五年政令第二百七十号)第二十条:他の車両等と行き違う場合等の灯火の操作”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年9月26日). 2020年1月10日閲覧。 “2019年12月1日施行分”
  2. ^ この交通法規から現行市販車では構造的に走行中のヘッドライト消灯が出来ないよう設計されている。二輪車の前照灯常時点灯義務が敷かれている国は 日本、フィリピン、他。



眩惑

出典:『Wiktionary』 (2017/05/16 04:28 UTC 版)

名詞

眩 惑げんわく

  1. 目が眩んで正常判断失うこと。また、そのようにさせること。

発音

げ↗んわく

動詞

活用

サ行変格活用
眩惑-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「眩惑」の関連用語

眩惑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



眩惑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグレア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの眩惑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS