シートベルトとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > ベルト > シートベルトの意味・解説 

シート‐ベルト【seat belt】

読み方:しーとべると

安全のためにからだを座席固定させるベルト自動車航空機には取り付け義務づけられている


シートベルト

英語 seatbelt assemblies for automobiles

自動車使用されている乗員保護装置としては、もっとも安価で有効な装置前方からの衝突に対する乗員拘束乗員車外放出防止するウェビング呼ばれる幅約50mm、厚さ1.2~1.5mmの帯ひもで、素材ポリアミド、ポリエステルナイロンなどの合成繊維できており乗員の腰と肩を保持する自動車への採用1956年フォードへのオプション設定からとされており、日本では66年JIS規格により制定(D4604)され、69年4月からシートベルトの装備保安基準の改正により義務づけられた。シートベルトは、2点式(ラップベルト)と呼ばれる腹部拘束するもの、3点式呼ばれる腹部と上胴部拘束するもの、乗員身体全体複数ウェビングにより固定するフルハーネス式(競技車用)がある。なお、上体のみを拘束する2点式ベルトのダイヤゴナルベルトというものも存在する現在の自動車では、1本連続したウェビングタング(金属金具差込み部) のスリップガイドを介して乗員自らが操作することで脱着を行う3点式がほとんどである。

参照 ウェビングラップベルト3点式シートベルト
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

シートベルト (しーとべると)


シートベルト

作者丸山重智

収載図書ショートショートの広場 3
出版社講談社
刊行年月1991.6
シリーズ名講談社文庫


シートベルト

作者春野

収載図書孤独ボイス
出版社文芸社
刊行年月2004.4


シートベルト


シートベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/03 21:32 UTC 版)

シートベルトとは、乗員の身体を座席に拘束することで、座席外へ投げ出され負傷することを防ぐためのベルト状の安全装置自動車のほか、飛行機ロケットローラーコースターなどの乗物にも付けられている。安全ベルトともいう。なお、日本語では安全帯という語は通常墜落制止用器具のことを指すが、中国語ではシートベルトという意味である。


注釈

  1. ^ 例外規定・除外規定・車両も大きさ・排気量の規定もあるため、シートベルトをしなくても良いかどうかは確認をとったほうが良い。

出典

  1. ^ ナショナルジオグラフィックス『クラッシュサイエンス』
  2. ^ JAF Traffic Safety Report (PDF)
  3. ^ カーライフマガジン【知って得する、CAR INFO】:シートベルトの正しい装着方法 - タイムズクラブ”. 2009年4月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 第4編付則”. 日本自動車連盟. 2019年10月4日閲覧。
  5. ^ 腹くくりタスキがけ 運転席は3点ベルト」『朝日新聞』昭和49年(1974年)6月8日夕刊、3版、11面
  6. ^ 道路交通法施行令第26条の3の2及び座席ベルトの装着義務の免除に係る業務を定める規則(昭和60年国家公安委員会規則第12号
  7. ^ 海外のシートベルト着用・チャイルドシート使用義務 JAFホームページ 2018年1月28日閲覧



シートベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 01:58 UTC 版)

タカタ (企業)」の記事における「シートベルト」の解説

シートベルトの世界市場2011年3月期に20%占めていた。

※この「シートベルト」の解説は、「タカタ (企業)」の解説の一部です。
「シートベルト」を含む「タカタ (企業)」の記事については、「タカタ (企業)」の概要を参照ください。


シートベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:04 UTC 版)

ロビー・イーグルス」の記事における「シートベルト」の解説

BEST OF THE SUPER Jr. 26」で初披露田口隆祐丸め込んだ変形キドクラッチ

※この「シートベルト」の解説は、「ロビー・イーグルス」の解説の一部です。
「シートベルト」を含む「ロビー・イーグルス」の記事については、「ロビー・イーグルス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シートベルト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シートベルト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



シートベルトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シートベルト」の関連用語

シートベルトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シートベルトのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2022 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
eXtreme!SnowBoardeXtreme!SnowBoard
eXtreme! Copyright(C) hiro. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシートベルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタカタ (企業) (改訂履歴)、ロビー・イーグルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS