安全のためとは? わかりやすく解説

安全のため

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 03:41 UTC 版)

「しつけ」の記事における「安全のため」の解説

歩き始めたばかり幼児の安全を確保するため、上半身あるいは腰を縛っておくひもを「しつけひも(または歩行練習ひも)」という。その体を縛っているというニュアンスが「犬の散歩みたいだ」等としてひっかか向きには、幼児背負リュックサックベルト吊りズボン等の衣服にひもを取り付けるものも日本国内ではよく見られる。特に近年では外出時に幼児が親の目の届かない所で変質者に連れ去られる事件起こっていることから、手繋ぎ延長として、これらひもを用いる人も増えている模様である。しかしごくまれにこれらのひもが何かにからまる予期しない子供行動に親が対処しきれないといった問題もあり、このひもにまつわる事故事例報告されている。このため公園等ではひもが遊具からんだりしないよう気付ける・交通量の多い場所では親が子供の手直接引くなどの配慮が必要との警鐘鳴らされている。

※この「安全のため」の解説は、「しつけ」の解説の一部です。
「安全のため」を含む「しつけ」の記事については、「しつけ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「安全のため」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安全のため」の関連用語

安全のためのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安全のためのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのしつけ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS