配慮とは?

配慮

読み方:はいりょ

配慮(はいりょ)とは、事情ふまえて気遣いのこもった取り計らいをすることを意味する語である。主に文章改まった会話で用いる、やや硬い漢語である。

「配」はくばる意、「慮」はおもんぱかることの意で、「配慮」は気づかいを行き渡らせることを意味する。

「配慮」はサ変動詞化し「配慮する」の形にもなる。この場合、「~に」「~を」「~へ」に対象となる人や物をとる用法(例、「高齢者に配慮する」「自然を配慮する」)、くむべき事情観点をとる用法(例、「相手の立場を配慮する」「安全性に配慮する」)がある。

相手方の配慮を高め言い方は「ご配慮」である(例、「多大ご配慮いただきました」)。また、「配慮する」の主体高め言い方には「ご配慮いただく」「ご配慮くださる」がある。

「配慮」と似た意味の漢語には「考慮」「顧慮」「高配」などがある。

考慮」はしっかりと考えることを意味する語であり、「顧慮」は事情について気遣いつつ考えることを意味する語である。「考慮」「顧慮」はいずれも、「配慮」のように考え結果行動は意味に含まないまた、「配慮」「顧慮」は気遣いのあることを意味に含むが、「考慮」にはそのような含みはない。

また、「配慮」「考慮」「顧慮」はいずれもサ変動詞となるが、「考慮する」「顧慮する」は「~を」にもっぱら考え対象となる事情をとり、「配慮する」のように対象となる人や物をとらない(例、「高齢者を配慮する」「高齢者であることを考慮する」「高齢者であることを顧慮する」)。

高配」は相手からの自分対する配慮を高め言い方であり、多く場合、さらに敬意をこめて「ご高配」という。また、高配」はもっぱら名詞として用い、「配慮」のようにサ変動詞にはならない

また、「配慮」と置き換えうる和語には「気配り」「気遣い」「心配り」「心遣い」などがある。

配慮がないことは「無配慮」という。

配慮の用例

執筆稲川

はい りょ [1] 【配慮】

( 名 ) スル
心をくばること。他人や他の事のために気をつかうこと。 「相手の立場を-する」 「 -が足りない


配慮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/08 06:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「配慮」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「配慮」を含むページの一覧/「配慮」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「配慮」が役に立つかも知れません。


配慮

出典:『Wiktionary』 (2018/05/05 15:34 UTC 版)

名詞

はいりょ

  1. 相手のためにあれこれ気を配ること。

発音

は↘いりょ

動詞

活用

サ行変格活用
配慮-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「配慮」の関連用語

配慮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



配慮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの配慮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの配慮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS