心遣いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 心遣いの意味・解説 

こころ‐づかい〔‐づかひ〕【心遣い】

あれこれと気を配ること。心配り配慮。「温かい心遣い」

祝儀心付け

「目をかけて、—もせし人を」〈人・梅児誉美・四〉


こころ‐づかい ‥づかひ 【心遣・心使】

〔名〕

① (━する) 対象に対して、心を油断なく働かせること。失敗ないように心を緊張させること。警戒用心。心くばり。

蜻蛉(974頃)中「一日の日は、みえずしてやむ世なかりき。さもやと思ふこころづかひせらる」

紫式部日記1010頃か)寛弘五年一〇月一六日行幸辰の時と、まだ暁より人々けさうじ心づかひす」

歌語で、①の意と、心中思い託す便りの意の「心の使い」とを掛詞(かけことば)とした語。

忠見集960頃)「人にますこころづかひもあるものを便りなくてふことを告ぐらん」

いろいろと細かく気をつかうこと。また、相手ためになるように、暖か好意的配慮すること。

浄瑠璃絵本太功記(1799)十日蚊屋蒲団もいりませぬ。お心遣ひ御無用と」

心付け祝儀(しゅうぎ)。

人情本春色梅児誉美(1832‐33)四「元は内所若い者、みなそれぞれに目をかけて、心遣(ココロヅカ)ひもせし人を」

(5) なりゆきを心配して苦労すること。心労

人情本春色梅児誉美(1832‐33)四「この母は我子を里につかはして、その身は乳母(うば)に出しかど 心(ココロ)づかひの期(うへ)なれば、忽ちの上りしゆゑ」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「心遣い」の関連用語

心遣いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



心遣いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS