心遣いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 心遣いの意味・解説 

こころ‐づかい〔‐づかひ〕【心遣い】

読み方:こころづかい

あれこれと気を配ること。心配り配慮。「温かい―」

祝儀心付け

目をかけて、―もせし人を」〈人・梅児誉美・四〉


心遣い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/29 09:14 UTC 版)

山中幸盛」の記事における「心遣い」の解説

隠岐清ら美保関反乱起こした際(美保関の合戦)、幸盛らはこれを制圧するため攻めるが、為清に反撃され窮地追い込まれるその後横道兄弟横道高光横道高宗)、松田誠保らが救援駆けつけ奮戦結果、為清を捕縛しこの戦い勝利したこの時尼子勝久は幸盛ら遠慮して横道らに感状を出すことを差し控えていた。しかし幸盛は「この合戦で彼らの加勢なければ自分の一命はなかったことでしょう緒戦敗れた我々に遠慮することはありません賞罰明らかにし、政道依怙贔屓あってはなりません」と勝久を諫め早々に感状を渡すよう言上した。勝久はこれを喜び、すぐに横道らに感状渡したとされる明智光秀家臣であった野々口丹波が幸盛を我が家招待した後に光秀からも「風呂炊いたから家に来ないか」と招待があった。野々口の家はあばら家であったが、幸盛は「野々口先約があるので、いけません」と笑って光秀答えた光秀もまた笑って、「幸盛をこれで招待してやれ」と野々口言い、雁1羽と1尾を授けた。 幸盛から配下進藤勘介宛てた書状残っている捕らえられ阿井渡し殺害されるまでの間に書かれた、幸盛の最後の書状とされる長年牢人時代労い上月城のでの戦いぶりを「生涯忘れない」と褒め今後は何処へでも仕官するように(自分と主従関係解除する)という内容である。

※この「心遣い」の解説は、「山中幸盛」の解説の一部です。
「心遣い」を含む「山中幸盛」の記事については、「山中幸盛」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「心遣い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「心遣い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「心遣い」の関連用語

心遣いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



心遣いのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山中幸盛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS