明智光秀とは?

明智光秀

読み方あけちみつひで(?~1582)

生年不詳美濃国守護土岐氏一族で、恵那郡豪族明智氏出身といわれる。はじめ越前朝倉義景、のち織田信長仕える。元亀元年(1570)の姉川の戦い堅田攻め等に従軍。翌2年比叡山延暦寺焼き打ち後には、信長の命により坂本城を築いた。光秀は、武将としてだけではなく儀礼故実通じ連歌茶の湯を好む教養人でもあった。天正10年(1582)6月2日未明京都本能寺信長を倒したが、山崎の合戦羽柴豊臣秀吉に敗れ、小栗栖土民襲撃され没した。



明智光秀

作者檀一雄

収載図書戦国名将
出版社徳間書店
刊行年月1988.5
シリーズ名徳間文庫


明智光秀

作者神坂次郎

収載図書勝者こそわが主君
出版社新潮社
刊行年月1995.3

収載図書勝者こそわが主君
出版社新潮社
刊行年月1998.3
シリーズ名新潮文庫


明智光秀

作者大栗丹後

収載図書戦国武将まんだら秘本三十人伝
出版社春陽堂書店
刊行年月1999.8
シリーズ名春陽文庫


明智光秀

作者阿井渉介

収載図書大江戸ひっくり返史―露八史観
出版社河出書房新社
刊行年月2007.3


明智光秀

作者柴田錬三郎

収載図書新編武将小説集 かく戦い、かく死す
出版社集英社
刊行年月2007.8
シリーズ名集英社文庫


明智光秀

作者海音寺潮五郎

収載図書武将列伝 戦国爛熟新装
出版社文藝春秋
刊行年月2008.5
シリーズ名文春文庫


明智光秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/11 03:43 UTC 版)

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名


注釈

  1. ^ 『明智軍記』では没年が天正10年(1582年6月14日の享年55。『明智系図』(『続群書類従』第5輯下)では生年月日が享禄元年(1528年)3月10日、『明智一族宮城家相伝系図書』では享禄元年(1528年)8月17日)。これ以外の説には『細川家記』の大永6年(1526年)、また『当代記』の付記に記された67歳から逆算した永正13年(1516年)などもある[2]
  2. ^ 生年を1528年とするのは確かな根拠があるものではなく、光秀の年齢はわからないとする説もある[3]
  3. ^ 『明智物語』では天文18年(1549年)に光秀は元服前であったことが書かれている[4]
  4. ^ 漢字で書けば金柑頭(「ん」は通例読まない)で、金柑のように禿げた頭をさす一般的な表現で、特に光秀をさすわけではない。
  5. ^ 土岐定政の父。
  6. ^ 前室・側室があったとの説もあり。
  7. ^ 称は他に惟任日向守、明智惟任日向守、明智惟任日向守光秀など。
  8. ^ 土岐氏は建武の新政から美濃国で200年余り守護を務め数十家の支族を輩出した[12]
  9. ^ 他に、恵那市明智町明知城や、山県市美山出身などの伝承もあるが、前者は遠山氏の築城した城でもあり、後者は20世紀を下る記録は無い。
  10. ^ a b 『遊行三十一祖 京畿御修行記』(遊行同念の旅行記)に知人として「惟任方はもと明智十兵衛尉といって、濃州土岐一家の牢人であったが、越前国朝倉義景を頼り、長崎称念寺門前に十年居住していた」と記述[14]
  11. ^ 同時代の朝廷の武士との連絡役の役職者で立入宗継の『立入左京亮入道隆左記』にも光秀を「美濃の住人とき(土岐)の随分衆也」と記述[14]
  12. ^ ただし、信長の出兵は義昭の要請に応えた上洛軍で、和睦を破ったのはこれを阻止した斎藤側だとする研究も存在する[16]
  13. ^ 前半に永禄6年(1563年)正月〜翌年2月ごろの奉公衆、後半に永禄9年(1566年)8月〜翌年10月ごろの奉公衆を列挙したもので、後半は足利義昭が編纂を命じたものという説がある[23]
  14. ^ 「一僕の身」は中世から江戸にかけての慣用句で小身の「一人奉公」の侍を貶めた言い方である[29]
  15. ^ 『武家雲箋』所収一色藤長書状による[32]
  16. ^ 『年代記渉節』に公方衆として記載している[37]
  17. ^ 茶室の床の間は貴人の座の象徴である[50]
  18. ^ 「御ツマキ」が、実妹か義妹かは、論が分かれる。また苗字ならなぜ「御」が付くのか、「妹御」の誤りか[52]、名前と間違えたのか、などの疑問も言われる [53]
  19. ^ 『兼見卿記』天正6(1578)年6月14日、信長祇園会見物の日に「妻木所」へ「台の物、肴色々・2つの瓶を使者に持ち遣わした」。天正7年4月18日条に、「妻木惟向州(光秀)妹が参詣するときの生理事のことを、書状で尋ねてきたので回答した」。また、9月25日条には「惟任姉妻木が在京の時に双瓶と食物を籠に入れて持参したが他の用で不在で「女房館」へ渡し帰る」とある[54]。さらに『言経卿記』天正7年5月2日条で「父言継の死去に伴う信長への挨拶の際に近所の女房衆のツマキ・小比丘尼・御ヤヽへ帯2本を進物する」
  20. ^ 妹がもしも妻木なら、光秀の本姓も土岐明智でなく土岐妻木であった可能性がある[52]。妻木家から明智家に養子入りした仮説もありうる[53]
  21. ^ 利治は病で加治田城において静養していると考えていたようであるが、二条新御所において見事な防戦(奮戦)をしているのを確認し、降伏勧告をしたとされるが、利治は忠死を選んだ。[57]
  22. ^ 実弟・山岡景猶が光秀の寄騎近江衆の一員であった。
  23. ^ 場所は小栗栖あるいは本経寺付近の竹薮、または醍醐か山科と当時の各日記でも場所は分かれている
  24. ^ 8日浅野長政宛て秀吉書状でも「明智め山科の藪の中へ逃れ入り、百姓に首をひろわれ申し候」としている。(『浅野家文書』)[10]
  25. ^ 「明智が信長を殺した頃、津の国の殿たちや主だった武将らは毛利との戦いに出陣していたから、同国の諸城の占領をすぐに命じなかったのは、明智が非常に盲目であったからで、彼の滅亡の発端であった。それらの諸城は、信長の命令によってほとんど壊された状態にあり、しかも兵士がいなかったので、500名あまりの兵をもって、人質を奪い、彼らを入城せしめることは、彼にとって容易な業だったはずである」「明智は勘違いして、(高山)右近殿は中国から帰って来れば自分の味方になるに違いないと考えていたからである。そこで彼はジュスタ(右近の妻)に対して、心配するには及ばない、城はあなたのものだ、と伝えさせた。高槻の人たちは、彼に美辞麗句をもって答えた。それは時宜に処した偽りのものであったが、明智はそれを聞いて無上に喜び、人質を要求しようともせず、また同様の目的で、我々(イエズス会員)に手出しすることもなかった。しかもジュストが敵になった後においてさえ、その態度は変わらなかった。彼は、信長がかつて荒木(村重)に対して行ったことを知っていたし、そのようなことを彼はなすことができ、高槻の人々をなんら苦労しないで捕らえ得たはずであった。彼の都地方の全キリシタンが明智が死ぬまで抱いていた最大の苦悩と心配の一つは、もしかすると、明智は、我々を人質として捕らえはしまいかということであった」[70]
  26. ^ 亀岡市は亀山城の城下町。伊勢亀山との混同を避けるため、明治2年(1869年)に改称した。
  27. ^ この系図は江戸時代の物で、しかも美濃多羅(現・岐阜県大垣市)が、まったく明智に縁が無い土地で、しかもこの系図の人物は研究が進んでいるが「明智」の土地を伝領した形跡がなく信用できない[85]
  28. ^ この逸話は、立花宗茂母となる宋雲院が高橋紹運に嫁ぐ際の話に酷似しており後世の創作とされる
  29. ^ 江戸時代に起きた「越後騒動」で自害した小栗美作の辞世の偈「五十余年夢 覚来帰一元 載籤離弦時 清響包乾坤」を真似た偽作との説もある。
  30. ^ 天野信景の随筆集。元禄元年(1688年)刊。
  31. ^ 土岐琴川著、大正4年(1915年)刊。
  32. ^ 『フロイス日本史』およびフロイスの書簡には「信長は酒は飲まない」と記されている事や、この逸話を記している「柏崎物語」では本能寺の変の1ヶ月前の出来事としており柴田勝家が同席している描写があるのだが、当時勝家は北陸前線で釘付けの状態であり酒宴に参加できる状態ではない事などから、疑問視する声もある。(二木謙一など)
  33. ^ 前の話は絵本太功記などによる創作とされる。
  34. ^ 光秀の讒言であったとの説がある[96]
  35. ^ この説には信長の大艦隊による海外進出計画も根拠として用いられる。
  36. ^ 内側の花が桔梗で明智光秀を表していると解釈して、光秀=天海説の根拠の一つとされることがある。ただし、桔梗紋の花弁と木瓜紋等に用いられるの唐花とは花弁先の尖り具合が異なり、随身像の紋は桔梗紋というよりは木瓜紋の唐花に近い。
  37. ^ 天海が「ここを明智平と名付けよう」と言うと「どうしてですか?」と問われ、「明智の名前を残すのさ」と呟いたと日光の諸寺神社に伝承がある[103]
  38. ^ 光秀の出身地である岐阜県可児市から天海の廟所がある日光の方向を向くと「後ろの正面」が日本で唯一明智光秀の肖像画を所蔵している本徳寺(もと貝塚市鳥羽にあった海雲寺が、岸和田藩主岡部行隆の命で現地に移され、寺号も本徳寺と改められた。)がある大阪府岸和田市貝塚市)になる[104]
  39. ^ 『明智軍記』では当初より光春の室としているが、『綿考輯録』では元は荒木村安の室で、荒木氏没落の際に離縁し、光春に再嫁したという。
  40. ^ 愛宕百韻」でも名前が見られ、実在の人物であると言われる。
  41. ^ 光秀滅亡の際に死亡したとされているが、岐阜県山県市に伝わる伝承では荒深氏を称し、荒深小五郎と名を変え生き延びた光秀とともにこの地に土着したという。
  42. ^ 一説に織田信長の三女・秀子と同一人物とされる。
  43. ^ 『明智軍記』における光慶と同人とする説もある。また安国寺蔵「土岐系図」では、進士晴舎(同系図では光秀の実兄)の後身とする。
  44. ^ 経歴は『明智軍記』における十次郎と、明智光春のものを混同している。
  45. ^ 『明智軍記』における十次郎の幼名。
  46. ^ 濃姫姉小路頼綱の室の生母
  47. ^ 池波正太郎のオリジナル脚本による映画化で、「絵本太功記」や「明智軍記」の数々のエピソードを組み入れて構成した大作。
  48. ^ タイトルは「太閤記」になっているが、主人公は光秀。光秀と秀吉(間寛平)が幼馴染で、出世を重ねる秀吉に信長(オール巨人)が自らの地位を脅かされる危惧し、秀吉を夜襲する計画を立てる。最後は、事前にその計画を察知した光秀が秀吉を守るために信長を討つという新たな設定・展開に基づく喜劇。

出典

  1. ^ a b c d e 早島 2016, p. 173.
  2. ^ 谷口克広『信長と消えた家臣たち』 (中央公論新社、2007年) ISBN 978-4-12-101907-3
  3. ^ a b c 高柳 1958.
  4. ^ 関西大学中世文学研究会『明智物語』 P.13 和泉書院、1996年
  5. ^ 続群書類従 明智系図
  6. ^ 近藤瓶城編 国立国会図書館デジタルコレクション 『義残後覚』第7巻 近藤出版部〈続史籍集覧〉、1930年、24頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1259252/17 国立国会図書館デジタルコレクション 
  7. ^ 『義残後覚』天保15年 国文学研究資料館
  8. ^ 盛林寺(京都府宮津市喜多)
  9. ^ 天竜寺(日本一184mの位牌)、首塚石碑
  10. ^ a b c 谷口研 2014, pp. 202-207.
  11. ^ a b 高柳 1958, pp. 250-251.
  12. ^ a b c d 谷口研 2014, pp. 15, 30-33, 82-83.
  13. ^ a b c d e 桑田 1983.
  14. ^ a b 谷口研 2014.
  15. ^ a b c 早島 2016, pp. 173-174.
  16. ^ 村井祐樹「幻の信長上洛作戦」(『古文書研究』第78号、2014年)
  17. ^ 小和田 1998, pp. 49-50.
  18. ^ a b 高柳 1958, pp. 6-9, 20.
  19. ^ 小和田 1998, pp. 47-48.
  20. ^ 桑田 1983, p. 47.
  21. ^ 富加町史編集委員会 1980.
  22. ^ 小和田 1998, p. 46.
  23. ^ 長節子「所謂『永禄六年諸役人附』について」(『史学文学』4巻1号)
  24. ^ 藤本 2010, p. 48.
  25. ^ 小林正信『明智光秀の乱』里文出版 2014年 P.154
  26. ^ 小林正信『明智光秀の乱』里文出版 2014年 P.134
  27. ^ 小林正信google+ 2015年1月3日「明智光秀と進士氏のシンクロ(交差)について」2018年5月27日
  28. ^ a b 金子拓『『信長記』と信長・秀吉の時代』 P.214 収載『太田牛一旧記』P.310-312 勉誠出版 2012年
  29. ^ 藤木久志『雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り』(朝日選書、 2005年) P.116・117
  30. ^ 谷口克 2005.
  31. ^ 谷口克 2002, pp. 78-82.
  32. ^ 藤本 2010, p. 51.
  33. ^ & 谷口研 2014, pp. 69-72.
  34. ^ 小和田 1998, pp. 74-76.
  35. ^ 柴辻俊六「明智光秀文書とその領域支配」『織田政権の形成と地域支配』(戎光祥出版、2016年) ISBN 978-4-86403-206-3 pp.181-187
  36. ^ 小和田 1998, pp. 69-70.
  37. ^ 高柳 1958, p. 69.
  38. ^ 谷口克広『信長と将軍義昭』(中央公論新社、 2014年) P.136-149
  39. ^ 谷口克広『信長の天下所司代』(中央公論新社、2009年) P.53-54
  40. ^ 谷口研 2014, pp. 113-117.
  41. ^ 谷口研 2014, p. 100.
  42. ^ 『福井県史』通史編3 近世1「織田信長と一向一揆 信長と越前支配」信長の本知安堵北庄三人衆「福井県文書館」HP 2015年3月7日閲覧
  43. ^ a b c 早島 2016, p. 178.
  44. ^ 藤本正行『本能寺の変 信長の油断・光秀の殺意』(洋泉社、2010年) P.54
  45. ^ 早島 2016, p. 181.
  46. ^ 谷口研 2014, pp. 128-129.
  47. ^ 谷口克 2002, pp. 188-194.
  48. ^ 谷口克 2005, pp. 204-206.
  49. ^ 谷口克 2005, p. 204.
  50. ^ 『角川茶道大辞典』
  51. ^ 桐野作人「"文化人"としての光秀」(『ここまでわかった!明智光秀の謎』新人物文庫 KADOKAWA、2014年)
  52. ^ a b 谷口研 2014, p. 217.
  53. ^ a b 桐野作人ブログ「膏肓記」2007年3月15日コメント2018年5月12日閲覧
  54. ^ a b 谷口研 2014, pp. 215-217.
  55. ^ 勝俣鎮夫 2003, pp. 3-4.
  56. ^ 谷口克 2007, pp. 42-48.
  57. ^ 南北山城軍記「班久勇武記するに遑あらず且諸記に明らけし、終に忠志を全ふして天正十壬午六月二日未刻、京師二条城中において潔く討死して、君恩を泉下に報じ、武名を日域に輝かせり」
  58. ^ 谷口克 2007, p. 65.
  59. ^ 小和田 1998, p. 214.
  60. ^ 高柳 1958, pp. 223-229.
  61. ^ 高柳 1958, pp. 244-245.
  62. ^ 高柳 1958, pp. 249-250.
  63. ^ 小和田 1998, pp. 230-231.
  64. ^ 『続群書類従』所収
  65. ^ 高柳 1958, p. 272.
  66. ^ 小和田 1998, pp. 75-76.
  67. ^ 高柳 1958, pp. 272, 287-288.
  68. ^ 小和田 1998, p. 86.
  69. ^ 小和田 1998, pp. 84-86.
  70. ^ 完訳フロイス日本史3・第58章(第2部43章)
  71. ^ 高柳 1958, pp. 251-252.
  72. ^ 鈴木眞哉、藤本正行『信長は謀略で殺されたのか 本能寺の変謀略説を嗤う』 洋泉社新書y 2006年
  73. ^ 小和田 1998, pp. 210-211.
  74. ^ 高柳 1958, pp. 243-244.
  75. ^ 藤田達生・福島克彦編『明智光秀 資料で読む戦国史』(八木書店 2015年)p.189
  76. ^ 谷口研 2014, pp. 217-220.
  77. ^ 『ここまでわかった!明智光秀の謎』収載桐野作人「"文化人"としての光秀」(研究引用元は竹本千鶴「織田政権における茶湯の湯」2014年 新人物文庫 KADOKAWA)
  78. ^ 谷口研 2014, pp. 320-324.
  79. ^ 桑田 1983, pp. 230-231.
  80. ^ 宮本義己「絶頂期への軌跡-天下の面目をほどこし候-」(『歴史群像シリーズ【戦国】セレクション俊英 明智光秀』学習研究社、2002年)
  81. ^ 朝日新聞2018年4月19日「20年大河、長谷川博己さんが明智光秀役「麒麟がくる」」
  82. ^ “大河ドラマわが町に 誘致準備会発足 長岡京など7市”. 京都新聞 (京都新聞社). (2010年11月20日). オリジナル2010年11月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101122223325/http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20101120000042 
  83. ^ “光秀とガラシャの大河ドラマ実現へ 7市町が協議会”. 京都新聞 (京都新聞社). (2011年3月29日). オリジナル2011年4月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110401150553/http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20110329000054 
  84. ^ NHK大河ドラマ誘致推進協議会ホームページ 2015年1月24日確認
  85. ^ 谷口研 2014, pp. 18-19.
  86. ^ 『歴史群像シリーズ 俊英明智光秀』 p.74 学研 2002年
  87. ^ 天野信景随筆集『塩尻』
  88. ^ 山口幸充『嘉良喜随筆』、中山三柳『醍醐随筆』
  89. ^ 真書太閤記六編巻之十五「明智光秀坂本へ帰る事」
  90. ^ a b c 『ここまでわかった!明智光秀の謎』収載「明智光秀の「首塚」- その伝承が語る人間像」室井康政 2014年 新人物文庫 KADOKAWA
  91. ^ 谷性寺
  92. ^ 小林正信『明智光秀の乱』里文出版、2016年[要ページ番号]
  93. ^ 「福屋金吾旧期文書」『阿波国古文書 三』
  94. ^ 湯浅常山国立国会図書館デジタルコレクション7 『常山紀談』巻之1-8巻 三教書院〈袖珍文庫 ; 第30編〉、1911年、205頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/778092/119 国立国会図書館デジタルコレクション7 
  95. ^ 信長公記』 巻12 天正7年 6月4日
  96. ^ 佐久間軍記」、「寛政重修諸家譜
  97. ^ 密書の原本発見 本能寺の変直後、反信長派へ”. 毎日新聞 (2017年9月12日). 2017年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月13日閲覧。
  98. ^ 藤田達生『本能寺の変の群像』雄山閣出版、2001年
  99. ^ 本能寺の変、目的は室町幕府の再興だった? 明智光秀直筆の書状から分析”. ねとらぼ (2017年9月12日). 2017年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月13日閲覧。
  100. ^ 本能寺の変後、光秀の直筆手紙 紀州の武将宛て”. 朝日新聞 (2017年9月12日). 2017年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月13日閲覧。(有料記事のため全文閲覧は出来ません)
  101. ^ 藤田達生「織田信長の東瀬戸内支配」、小山靖憲 編『戦国期畿内の政治社会構造』所収 和泉書院、2006年
  102. ^ 立花京子『信長と十字架』
  103. ^ 日光観光協会編(編)、[no date]、「明智平」、『日光パーフェクトガイド』、下野新聞社 ISBN 4-88286-085-6
  104. ^ 西塚裕一『陰謀と暗号の歴史ミステリー』2008年、笠倉出版社
  105. ^ 関西大学中世文学研究会『明智物語』 P.134 和泉書院、1996年
  106. ^ 黒川真道 国立国会図書館デジタルコレクション 『美濃国諸旧記・濃陽諸士伝記』 国史研究会〈国史叢書〉、1915年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/948838/96 国立国会図書館デジタルコレクション 
  107. ^ “クリス・ペプラーは明智光秀の末裔 TBS番組で判明”. スポーツニッポン. (2016年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/19/kiji/K20161119013751260.html 2016年11月21日閲覧。 
  108. ^ “2020年NHK大河ドラマ 明智光秀主人公「麒麟がくる」主演は長谷川博己、脚本は池端俊策氏”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年4月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/19/kiji/20180419s00041000217000c.html 2018年4月19日閲覧。 







明智光秀と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「明智光秀」の関連用語

明智光秀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



明智光秀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの明智光秀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS