伊賀とは? わかりやすく解説

伊賀

読み方:イガiga

旧国名の一


伊賀

読み方:イガiga

所在 大阪府羽曳野市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

伊賀

読み方:イガiga

所在 福岡県(JR香椎線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒583-0876  大阪府羽曳野市伊賀

伊賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/14 04:11 UTC 版)

伊賀(いが)とは、かつての令制国のひとつである伊賀国および、その領域にほぼ該当する現在の三重県西部・上野盆地一帯に当たる地域に対する呼称である。本項では現在の三重県の一地方である伊賀地方について記述する。




「伊賀」の続きの解説一覧

伊賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 17:53 UTC 版)

隠の王」の記事における「伊賀」の解説

派内一派である「灰衆」が秘術利用しようとしている。首領服部十郎。もともと秘術誕生関わった里らしい。禁術は「気羅」。

※この「伊賀」の解説は、「隠の王」の解説の一部です。
「伊賀」を含む「隠の王」の記事については、「隠の王」の概要を参照ください。


伊賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 23:05 UTC 版)

Rance」の記事における「伊賀」の解説

伊賀忍者頭領である犬飼が、忍者身分権利を守るために織田家から独立した国。モデル伊賀忍者

※この「伊賀」の解説は、「Rance」の解説の一部です。
「伊賀」を含む「Rance」の記事については、「Rance」の概要を参照ください。


伊賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:57 UTC 版)

三重県」の記事における「伊賀」の解説

詳細は「伊賀」を参照伊賀国に当たる上野盆地一帯で、名阪国道国道163号および国道165号沿線伊賀市名張市のこと。 木津川流域で、布引山地加太峠よりも西側位置する地域そのため、京阪神との結びつきも強い。北部は、名阪国道通り大阪名古屋のちょう中間に位置し双方車で1時間半到達できることから1980年代以降同国道沿い工場立地集中している。南部は、近鉄大阪線通り沿線名張市1970年代から大阪ベッドタウンとして機能し人口増加の一途たどっていたが、近年都心回帰影響で人口減少傾向にある。そのため、2015年以降国勢調査では、名張市属す都市圏大阪都市圏から伊賀都市圏変わった伊賀市 名張市

※この「伊賀」の解説は、「三重県」の解説の一部です。
「伊賀」を含む「三重県」の記事については、「三重県」の概要を参照ください。


伊賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 09:33 UTC 版)

Ranceシリーズの登場人物」の記事における「伊賀」の解説

犬飼 登場作品戦国 技能レベル忍者LV2 伊賀忍者軍団頭領。「忍者王」とも呼ばれる各国忍者送り込み情報収集行い隣国である織田情報いち早く察している。伊賀はもとは織田の配下だったが、先代織田忍者消耗品のように扱う状況堪えかね、織田から離反した冷静沈着寡黙な性格強面外見から誤解されやすいが、基本的に温厚な人物また、頭領地位ありながら武田高坂義風や先代頭領月光、伊賀の長老達など頭あがらない人物多く人間関係不器用な苦労人。なお伊賀の配下忍者には頭領絶対服従刷り込み施されており、伊賀のくのいちである鈴女犬飼逆らうことが出来ないわんわん好きで忍犬としてもペットとしても常に行動を共にしている。また、数あるの中でわんわん使った動物術に長けている鈴女 登場作品戦国 - クエスト 技能レベル忍者LV2 - くのいちLV3 JAPAN最強のくのいちで、体を駆使し男を殺すことに非常に長けている相手男の好みに合わせて性格ら変えることができるらしい。暗殺から夜伽まで優秀にこなし容姿スタイル共に抜群だが、どこかひょうきん。口癖は「〜でござる」「ににんにん」。 『戦国』ではランス暗殺命じられて伊賀から尾張来たのだが、ランス奔放さ共感して織田家に入る。 同作後日談である『三匹』では、『戦国』で鈴女殺した蜘蛛弾正部下であるからの果し応じ、かなみを連れて水の元へ出向くエンディングでは、JAPAN犬飼修行から逃げ続けている姿が見られる。 『クエスト』では途中で寿命により死亡する。すぐに成仏しなかったのは、かなみのことが気になっていたためで、以後冒険中にかなみを鍛え上げるうになる

※この「伊賀」の解説は、「Ranceシリーズの登場人物」の解説の一部です。
「伊賀」を含む「Ranceシリーズの登場人物」の記事については、「Ranceシリーズの登場人物」の概要を参照ください。


伊賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 01:41 UTC 版)

ムジナ (漫画)」の記事における「伊賀」の解説

甲賀と並ぶ忍び世界一大勢力ちなみに本作における服部半蔵経歴史実とは大幅に違いがあるため、史実どの時代かという考証無意味であると思われる。また本作品における「どこの大名家にも属さぬフリーの立場」という「卍の里」の設定は、むしろ史実の伊賀をモデルにしている。 服部半蔵はっとりはんぞう) 伊賀の上忍であり卍の里真の首領首領暴政黒幕だった。織田信長によって伊賀の里焦土にされ(史実では天正伊賀の乱)、落ち延びた末に徳川家康庇護され、徳川天下取らせる事で伊賀の再興目論む史実服部家徳川家康以前から伊賀を出て三河松平家仕えており、このような経歴は無い。むしろ天正伊賀の乱以降において、伊賀忍者召し抱える立場になる)。 情報統制天下制するとし、当初は自分以外の弱小忍び集団殲滅していたが、滅ぼすより支配下において利用する方が有効だ気付きどこにも専属せずにフリーの立場だった卍の里武力により裏から支配する事になった。自決強要する卍の里の掟には批判的であり、むしろ忍者目的遂行のためには何としても生き残るべきという価値観を持っており、それゆえにムジナ気に入り一時は配下しようとする。しかしスズメのために自由になれるチャンス捨てたムジナ行動幻滅して見限った。自分に対抗しようとしていた幻也斎葬り代わりにサジ首領据えようとしたが失敗し卍の里自体根切りにて殲滅するために伊賀の大軍勢を呼び寄せ卍の里壊滅状態陥る全て終わったかに見えたが、ムジナスズメ救出のために1人卍の里迫っていた。 覚醒的に潜在能力出したムジナ予想より遥かに強くなっており、サジ加勢もあって危うく追い込まれてしまう。慌てて呼び寄せた伊賀忍者達でムジナサジスズメ包囲サジ自爆巻き込まれ全身大火傷の状態で尚もムジナスズメに迫るが、ムジナ一刀下に首を跳ね飛ばさ死亡。もちろん史実では服部半蔵このような最期迎えておらず、本作では「この服部半蔵影武者だったのか? あるいは史実服部半蔵影武者だったのか?」という事で終了している。 段蔵だんぞう伊賀組小頭無益な戦い望まない半蔵発した卍の里根切りにして殲滅せよ、と言う指令絶対とし、指令遂行するために配下伊賀忍者とともにムジナ迫った

※この「伊賀」の解説は、「ムジナ (漫画)」の解説の一部です。
「伊賀」を含む「ムジナ (漫画)」の記事については、「ムジナ (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「伊賀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伊賀

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 00:20 UTC 版)

固有名詞

  (いが)

  1. 旧国名一つ伊賀国
  2. 三重県にある地名伊賀市

「伊賀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伊賀」の関連用語

伊賀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伊賀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伊賀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの隠の王 (改訂履歴)、Rance (改訂履歴)、三重県 (改訂履歴)、Ranceシリーズの登場人物 (改訂履歴)、ムジナ (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの伊賀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS