2月13日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 2月13日の意味・解説 

2月13日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 03:15 UTC 版)

2月13日(にがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から44日目にあたり、年末まであと321日(閏年では322日)ある。




  1. ^ 「ものすごい力が湧き出た」、200年を経てアボリジニに公式謝罪・豪政府”. AFPBB News (2008年2月13日). 2018年2月3日閲覧。
  2. ^ 東京―名古屋 より近く 新東名の豊田―浜松が開通”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2016年2月13日). 2018年2月3日閲覧。
  3. ^ 北朝鮮の金正男氏、マレーシアで殺害 正恩委員長の異母兄”. BBCニュース. BBC (2017年2月15日). 2018年2月3日閲覧。
  4. ^ 天才2棋士、破顔 羽生・井山両氏に国民栄誉賞授与”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2018年2月13日). 2018年2月14日閲覧。
  5. ^ 「日本遺産の日」等について”. 2020年6月21日閲覧。
  6. ^ Luna Lovegood”. Harry Potter Wiki. 2020年6月8日閲覧。
  7. ^ 地獄先生ぬ〜べ〜”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  8. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集『地獄先生ぬ~べ~大百科(Jump comics deluxe)』集英社ジャンプ・コミックス デラックス〉、1997年3月1日、45頁。ISBN 978-4088588834
  9. ^ ネフェルタリ・コブラ”. フジテレビ東映アニメーション. 2020年6月8日閲覧。
  10. ^ 黒子のバスケ”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  11. ^ a b 貧乏神が!”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  12. ^ 聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  13. ^ 白鳥士郎りゅうおうのおしごと!』6、SBクリエイティブ、2017年7月14日、143頁。ISBN 978-4-7973-9189-3
  14. ^ ファイナルファンタジー零式”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  15. ^ 新世紀エヴァンゲリオン”. カラー/Project Eva.. 2020年6月8日閲覧。
  16. ^ 新世紀エヴァンゲリオン”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  17. ^ CHARACTER 加藤 葉月 CV:朝井彩加”. 京都アニメーション. 武田綾乃宝島社/『響け!』製作委員会. 2020年6月8日閲覧。
  18. ^ 推しが武道館いってくれたら死ぬ”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  19. ^ 推しが武道館いってくれたら死ぬ”. 平尾アウリ徳間書店/推し武道製作委員会. 2020年6月8日閲覧。
  20. ^ ガラスの仮面”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  21. ^ ガールフレンド(仮)”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  22. ^ まほらば”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  23. ^ シェルミー”. KAKUGE.COM. 2020年6月8日閲覧。
  24. ^ 夢王国と眠れる100人の王子様”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  25. ^ 初恋モンスター”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  26. ^ ずんだホライずん”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  27. ^ 球詠”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  28. ^ TM05 辻堂みどり”. TOMYTEC. 2020年6月8日閲覧。
  29. ^ 鉄道むすめ~Terminal Memory~”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  30. ^ ぴちぴちピッチ”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  31. ^ スタミュ”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  32. ^ 宇宙のステルヴィア”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。
  33. ^ シュヴァルツェスマーケン”. キャラ誕. 2020年6月8日閲覧。


「2月13日」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2月13日」の関連用語

2月13日のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



2月13日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2月13日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS