植村直己とは?

植村直己

以下の映画植村直己関連しています。


植村直己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/22 13:39 UTC 版)

植村 直己(うえむら なおみ、1941年(昭和16年)2月12日 - 1984年(昭和59年)2月13日[1])は、日本登山家冒険家兵庫県出身[1]。1984年に国民栄誉賞を受賞[1]




注釈

  1. ^ 途中でデポしていった[17]。またDVD『冒険家・植村直己の世界』にもその姿は映っている。

出典

  1. ^ a b c d e 植村直己冒険館ホームページ 略年譜”. 植村直己冒険館. 2019年7月7日閲覧。
  2. ^ 文藝春秋 1991, p. 188.
  3. ^ 植村修 1999, p. 16.
  4. ^ a b 植村直己冒険館ホームページ 人物エピソード”. 植村直己冒険館. 2018年10月16日閲覧。
  5. ^ 植村修 1999, pp. 38-39.
  6. ^ 文藝春秋 1991, p. 189.
  7. ^ 『エベレストを越えて』、pp.205-207[要文献特定詳細情報]
  8. ^ 明治大学山岳部炉辺会 1986, p. 166.
  9. ^ 『エベレストを越えて』、p.237[要文献特定詳細情報]
  10. ^ 『エベレストを越えて』、pp.280-285[要文献特定詳細情報]
  11. ^ Maxine Snowden『北極・南極探検の歴史 極限の世界を体感する19のアクティビティ』丸善出版、2016年、81頁。ISBN 978-4-621-30068-8
  12. ^ 文藝春秋 1991, p. 190.
  13. ^ 『エベレストを越えて』、pp.278-279[要文献特定詳細情報]
  14. ^ 国民栄誉賞受賞一覧 (PDF)”. 内閣府. 2019年7月7日閲覧。
  15. ^ 「ナオミ・ウエムラではないのか?」2011年に目撃された遺体… 35年経った今でも植村直己さんの存在感が絶大な理由”. 朝日新聞出版 (2019年2月15日). 2019年2月15日閲覧。
  16. ^ 地殻変動によって年々変動している。
  17. ^ a b 明治大学山岳部炉辺会 1986, p. 38-39.
  18. ^ 文藝春秋 1991, p. 183.
  19. ^ a b ウィンウィン対談 野口 健さん 「エベレストは実に人間くさい所だったです。」”. 株式会社イー・ウーマン. 2018年10月16日閲覧。


「植村直己」の続きの解説一覧



植村直己と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「植村直己」の関連用語

植村直己のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



植村直己のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの植村直己 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS