勝間和代とは?

勝間和代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 04:14 UTC 版)

勝間 和代かつま かずよ1968年12月14日 -)は、日本の著述家評論家。学位はファイナンス修士(専門職)(早稲田大学)。株式会社監査と分析取締役(共同パートナー)、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。


  1. ^ "「"得意"を生かして 元気10倍!」". 課外授業 ようこそ先輩. 20 December 2009. NHK総合
  2. ^ “「死ぬほど金持ちは、無駄遣いを全くしない」 勝間和代が「銀行のタオル」バカにした投稿に苦言”. exciteニュース. (2017年9月14日). https://search.yahoo.co.jp/amp/s/a.excite.co.jp/News/society_g/20170914/Careerconnection_7063.amp.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEYAQ%253D%253D 2018年1月21日閲覧。 
  3. ^ “勝間和代さんが公認会計士協会から懲戒処分、継続的専門研修制度の義務不履行で」”. PJNEWS. (2011年1月21日) 
  4. ^ “「仕事も子どももあきらめない!」”. YOMIURI ONLINE. (2006年11月26日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw06112601.htm 
  5. ^ “勝間和代さん、涙で同性愛を生告白「好きな人がたまたま女性だったと解釈してほしい」”. SANSPO.COM. (2018年5月28日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180528/geo18052821200024-n1.html 2019年11月11日閲覧。 
  6. ^ https://twitter.com/kazuyo_k/status/9668278095974400
  7. ^ 報告~麻雀、最高位戦のプロ試験に合格しました。春からD1リーグに所属します。 2015年1月15日閲覧
  8. ^ http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kinyushohin.pdf
  9. ^ (pdf) 金融商品取引業者登録一覧 平成20年3月末現在 (Report). 金融庁. (2008年3月). p. 36. http://www.fsa.go.jp/menkyo/kinyushohin.pdf 2016年9月21日閲覧。.  株式会社監査と分析
  10. ^ “男女共同参画会議議員名簿”. (2009年3月17日). http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/meibo1.html 
  11. ^ “仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)に関する専門調査会”. http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/wlb/index-wlb.html 
  12. ^ “「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」について”. 少子化対策ホームページ. https://www8.cao.go.jp/shoushi/10motto/02zero/index.html 
  13. ^ “ICT成長力懇談会”. 総務省の情報通信政策に関するポータルサイト. https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/vigor/index.html 
  14. ^ 勝間和代のUstreamぶっちゃけトーク特別編「事業仕分けの真実」
  15. ^ 勝間和代、BigBenn
  16. ^ “勝間和代のITマーケットウォッチ”. IT PLUS. http://it.nikkei.co.jp/business/column/katsuma_market.aspx 
  17. ^ “Chabo!”. http://www.jen-npo.org/chabo/ 
  18. ^ http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/tdnetg3/20090515/5nsk6e/140120090515094566.pdf
  19. ^ http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/tdnetg3/20100215/646lq6/140120100215023614.pdf
  20. ^ 「客員教員」『教員紹介|教育課程|中央大学ビジネススクール中央大学
  21. ^ 上念司 『「日銀貴族」が国を滅ぼす』 光文社〈光文社新書〉、2010年、77頁。
  22. ^ 安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会 発起人一覧
  23. ^ 日経金融新聞、2006年3月20日
  24. ^ http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2011/05/post-6dd5.html]、勝間和代公式ブログ
  25. ^ 発達障害と診断の高畑裕太 一般の職業人も苦労するもの,NEWSポストセブン,2016年9月10日
  26. ^ [1] - 文藝春秋におけるインタビュー, 2017年10月14日
  27. ^ AERA臨時増刊号「働く女は美しい」 2008年10月20日
  28. ^ “コメント”. 池田信夫 blog. http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/cmt/0f17fe588f53c0af2d18ac02bff59cb9 
  29. ^ 橘玲 『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』 幻冬舎、2010年、14頁。
  30. ^ a b c “2ちゃん開設者・西村氏との対談で「だめだこれ」 勝間さんが謝罪” (日本語). MSN産経ニュース. (2010年5月6日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100506/crm1005062232019-n1.htm 2010年5月11日閲覧。 
  31. ^ 勝間和代 (2010年5月6日). “ひろゆきさんとの対談について、心から非礼をおわび申し上げます” (日本語). 勝間和代公式ブログ:私的なことがらを記録しよう!!. 2010年5月11日閲覧。
  32. ^ 西村博之 (2010年5月6日). “勝間さん対談の睡眠不足の反省と、幸福論” (日本語). ひろゆき@オープンSNS. 2010年5月11日閲覧。
  33. ^ 勝間と西村と堀江貴文の雑談を収録した「そこまで言うか(青志社刊)」より
  34. ^ “勝間和代さん、同性との交際公表「社会が変わる契機に」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年5月28日). https://www.asahi.com/articles/ASL5X44YDL5XUTIL01B.html 2019年11月12日閲覧。 
  35. ^ 同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト”. BuzzFeed News (2018年5月28日). 2019年11月12日閲覧。
  36. ^ “増原裕子さん、勝間和代さんとの破局を報告「私が別の人と生きていきたいと思うようになってしまい…」”. スポーツ報知. (2019年11月11日). https://hochi.news/articles/20191111-OHT1T50125.html 2019年11月11日閲覧。 
  37. ^ 勝間和代 『自分をデフレ化しない方法』 文藝春秋〈文春新書〉、2010年、168頁。
  38. ^ 勝間和代 『自分をデフレ化しない方法』 文藝春秋〈文春新書〉、2010年、187頁。
  39. ^ YouTube 【論争:デフレ対策】菅直人副総理×勝間和代氏
  40. ^ 勝間和代「リフレ論」が大反響 ネットで賛否両論が渦巻くJ-CASTニュース(2009年11月11日)
  41. ^ 勝間和代氏が緊急警告“平成デフレ恐慌” インフレ目標で防げZAKZAK 2010年5月25日(2010年5月28日時点のアーカイブ
  42. ^ 宣伝責任も!? 勝間和代氏ら原発事故で困惑のワケzakzak 2011年4月8日
  43. ^ マスコミが原発事故報道で腑抜けになるワケ(1)News Spiral 2011年4月17日
  44. ^ 弘兼憲史、茂木健一郎、勝間和代… 原発PR協力の文化人へ風当たり強まるJ-CASTニュース 2011年4月19日
  45. ^ 「勝間和代(経済評論家)×村木厚子(内閣府政策統括官兼待機児童ゼロ特命チーム事務局長)vol.2 『空気のような差別』が満ちるこの国で女性が直面する『産み悩み』と『育ての苦労』」、現代ビジネス、2012年4月21日。
  46. ^ 勝間和代氏の「死刑廃止」発言に物議
  47. ^ a b c d 御嶽山被害拡大は「火山観測」仕分けた民主党のせい? 早とちりで「仕分け人」勝間氏がとばっちりJ-CASTニュース 2014年9月29日
  48. ^ 自身のブログ


「勝間和代」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勝間和代」の関連用語

勝間和代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勝間和代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勝間和代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS