イチローとは? わかりやすく解説

イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 03:02 UTC 版)

イチロー1973年昭和48年〉10月22日[3] - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身[1][2]の元プロ野球選手外野手)。右投左打。 現在はシアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務める[4][5]


注釈

  1. ^ a b 同じ2000年オフに外野手の新庄剛志ニューヨーク・メッツと契約しているが、イチローの方が先に正式契約している。翌2001年のシーズン開幕戦に両者共に出場しているが、イチローの公式戦初出場の方が1日早い。
  2. ^ 中日の中京地区担当スカウトは[19]、イチローが愛工大名電高校に入学した当時、バッティングのスカウトだった新宅洋志が担当していたが、イチローが3年生に進級した年(1991年)に担当スカウトが投手担当の池田に交代していた[20]
  3. ^ 宣之は「ドラフト前、全12球団からスカウトがイチローを調査しに来ていたが、最終的には打者よりも投手として評価していたところが多かった」と述べている[21]。一方、『毎日新聞』は1995年に「3年夏の大会以降、イチローは投手よりも打者としてプロ野球選手になりたいと思うようになっていたが、そのころイチローに接触し始めていた各球団のスカウトの多くは、イチローを打者として評価していた。例えば、巨人のあるスカウトはイチローの俊足と野球センスを買い『遊撃手に転向させたら面白い』と評価していた」と報道している[19]
  4. ^ 池田はイチローが日米通算2000安打を達成した2004年に、『毎日新聞』の記者からの取材に対し「(イチローの活躍は)うれしかった。自分の目に間違いはなかった」と回顧している[23]
  5. ^ 同年のドラフト会議で、中日はまず斎藤隆東北福祉大学)を1位で指名したが、横浜大洋ホエールズとの競合の末に交渉権獲得に失敗したため、外れ1位で落合英二を指名[28]。2位以降は中山了球団社長・伊藤一正球団代表・岡田英津也編成部長を中心に指名選手を検討し、単独2位で佐々木健一徳島県立徳島商業高校)を、3位(ダイエーと競合して交渉権獲得に失敗した浜名千広〈東北福祉大学〉の外れ)で若林隆信佐賀学園高校)をそれぞれ指名した[29]。同年のドラフトは4位まで抽選方式だったが、4位では若林弘泰日立製作所)を指名した[30]ため、イチローを指名することはなかった[19]
  6. ^ 同年以降、ドラフト5位以降の選手は入札なしのウェーバー方式だった(4位までは抽選制)[30]
  7. ^ 星野は1991年シーズン限りで中日の監督を辞任し、ドラフト会議(11月22日)より前の10月18日には高木守道新監督の就任が発表されていた[33]
  8. ^ 愛工大名電高校からは1990年のドラフト会議で、イチローより1歳年上の伊藤栄祐が近鉄から5位指名を受け、年俸400万円・契約金3000万円で入団している[36]
  9. ^ この時、仰木は先輩外野手で人気もあった佐藤和弘もその髪型(パンチパーマ)にちなんで「パンチ」と登録名を変更させ、イチローとのセットで注目されるようにした。佐藤は同年限りで引退し、パンチ佐藤の芸名でタレントへ転身した。
  10. ^ なお、1994年のキャンプ開始前に横浜ベイスターズが前年の高木豊らベテラン6選手の戦力外通告問題で球団に不満を抱いていた佐々木主浩を放出するためにイチローとのトレードを打診したものの、新監督に就任した仰木の意向で破談になったことを、当時の横浜監督であった近藤昭仁が証言している[44]
  11. ^ 130試合制としては史上唯一。
  12. ^ 現在のセ・リーグ記録は2010年のマット・マートンの214本、パ・リーグ記録は2015年の秋山翔吾の216本。
  13. ^ 田中幸雄日本ハムファイターズ)、初芝清千葉ロッテマリーンズ)と並ぶ80打点であり、同一リーグで3人同時による打点王は、現時点(2020年度シーズン終了時)でNPB史上唯一でもある。
  14. ^ これについて、自分が捉えたと思ったボールが二塁より左へ飛んでいくと思っていたのに、右に飛んでセカンドゴロになり、「ああ、これなんだと思ってしまいました。これまで捜し求めていたタイミングと身体の動きを一瞬で見つけることができた。あやふやなイメージではなく、頭と体で完全に理解することが出来たのです」、「ファーストに走りこんでゆく短い時間、自分のイメージに描いたフォームとセカンドゴロになってしまった実際のフォームを重ね合わせ、方程式を解くようにして、そうしたらはっきりとした解答が見つかったのです。こんな明確な解答ができたのは僕の野球人生の中ではじめてだった。飛び上がりたくなるほど嬉しかったです」と説明している。
  15. ^ 過去にロジャース・ホーンスビーチャック・クラインウェイド・ボッグスデレク・ジーター
  16. ^ それ以前の記録は、ジョニー・ペスキーらによる新人から3年連続200安打[55]
  17. ^ 正式な記録ではないが、7月18日から8月17日の間にヒットを67本打っている(この間の打率は.508)。
  18. ^ ロジャー・マリスが、ベーブ・ルースが持つシーズン本塁打記録を破った際にも同様の論調が存在した。
  19. ^ 2001年にも球団としてコミッショナー特別表彰を受けており、複数回の受賞を達成したのはイチローが唯一である。
  20. ^ 1933年のチャック・クライン(683試合)、1932年のロイド・ウェイナー(686試合)に次ぐ。
  21. ^ TBS系のスポーツ番組で西岡剛が語った内容によれば、その際、イチローは出席者全員分の食事代を1人で全額負担したという。
  22. ^ 従来の記録は、ティム・レインズの40。
  23. ^ ビンス・コールマンの50。
  24. ^ アル・シモンズ(1040試合)、ジョージ・シスラー(1048試合)に次ぐ。
  25. ^ アル・シモンズタイ・カッブジョージ・シスラーに次ぐ。
  26. ^ 2015年2月16日、ヤンキースの背番号51はバーニー・ウイリアムスの永久欠番となっている。
  27. ^ マリナーズとして地区優勝を決めた2001年は、9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件の影響でシャンパンファイトを自粛していたため。
  28. ^ 同一シーズンに限らなければ史上7人目。
  29. ^ 独立リーグも含めれば、他にも石川ミリオンスターズで選手兼任監督として現役に復帰した後藤光尊がいる。
  30. ^ 一般的に右打者は左投手より右投手が、左打者は右投手よりも左投手が苦手となる傾向にある。詳細はプラトーン・システムの項目を参照。
  31. ^ 参考までに、2位がブラディミール・ゲレーロの32%、3位がホセ・ギーエンの8%である。
  32. ^ 参考までに、30盗塁以上対象のNPB記録が、1968年広瀬叔功の44盗塁2盗塁死、.9565である。
  33. ^ 実際に、メジャー通算最多安打記録を持つピート・ローズは、「日本での記録は認めない」と主張している[317]。同様にNPB通算最多安打記録を持つ張本勲もNPBとメジャーでは試合数も異なることなどから「イチローがたとえ日米通算4000本安打を記録しても、日本記録保持者は私ですから」と発言している。
  34. ^ パ・リーグのオープン戦MVP[338][339]
  35. ^ 新庄剛志も一緒に受賞
  36. ^ 通称「新人ベストナイン」。選出対象となる新人扱い選手を両リーグ統一した中で、各ポジションごとに各球団監督の投票により選出される(例えばシルバースラッガー賞のように各リーグごとに選出されるのではない)。
  37. ^ ウォーレン・クロマティと並ぶ
  38. ^ 上位8人はリッキー・ヘンダーソン(81)、アルフォンソ・ソリアーノ(54)、クレイグ・ビジオ(53)、イアン・キンズラー(48)、カーティス・グランダーソン(47)、ジミー・ロリンズ(46)、ブレイディ・アンダーソン(44)、ジョージ・スプリンガー(39・現役)、2020年シーズン終了時点
  39. ^ 愛工大名電在籍時の監督による著作 - イチローが愛工大名電に進学することになった経緯、イチローの高校時代、プロで芽が出なかった時のエピソードに詳しい。

出典

  1. ^ a b "「人と比較せず自分の中で少し頑張る」イチローが野球少年に送った人生訓". Number Web. 文藝春秋. 2 February 2017. 2017年2月2日閲覧
  2. ^ a b イチロー出身地の愛知・豊山町は喜びに沸く「郷土の誇りだ」”. サンケイスポーツ (2016年6月16日). 2016年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月20日閲覧。
  3. ^ a b "Ichiro Suzuki Stats, Fantasy & News". MLB.com. MLB Advanced Media, LP. 2017年2月2日閲覧
  4. ^ a b c "イチロー氏、マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター就任 球団正式発表". デイリースポーツ. 1 May 2019. 2019年11月6日閲覧
  5. ^ a b {{Twitter アイウエオ status|MarinersPR|1123352678975799297}} 2019年11月6日閲覧。
  6. ^ Joe Frisaro (24 August 2017). "Breakdown of Marlins' Players Weekend names" (英語). MLB.com. 2018年3月8日閲覧
  7. ^ "Sortable Player Stats". MLB.com. MLB Advanced Media, LP. 2017年2月2日閲覧
  8. ^ a b "米大リーグ、イチロー選手 「プロ野球での通算最多安打数」で世界記録!!|ギネス世界記録". ギネス世界記録公式ホームページ. Guinness World Records. 24 June 2016. 2016年12月31日閲覧
  9. ^ "イチロー引退、日米通算4367安打=現役28年に終止符-米大リーグ・マリナーズ:時事ドットコム". 時事ドットコム. 2019年12月2日閲覧[リンク切れ]
  10. ^ "イチロー引退、日米通算4367安打=現役28年に終止符-米大リーグ・マリナーズ:時事ドットコム". 時事ドットコム. 21 March 2019. 2019年12月2日閲覧
  11. ^ "イチロー、日米通算3563試合出場 ローズ氏のMLB最多3562試合を抜く". Full-Count. 4 September 2017. 2017年9月4日閲覧
  12. ^ "米大リーグ、イチロー選手 「プロ野球での通算最多安打数」で世界記録!!|ギネス世界記録". Guinness World Records. 24 June 2016. 2016年11月12日閲覧
  13. ^ "イチに腕利き新代理人ジョン・ボッグス氏". 日刊スポーツ. 8 November 2014. 2014年11月10日閲覧
  14. ^ 引退会見、「後悔などない」と語ったイチローの野球人生”. ビジネス+IT (2019年4月15日). 2021年3月29日閲覧。
  15. ^ a b c d 著書『イチロー物語』
  16. ^ 20歳のイチローが語る。「打率3割9分でも凄いじゃないですか」(山崎浩子)” (日本語). Number Web (2019年12月24日). 2021年2月17日閲覧。
  17. ^ "投手イチローに米国でも衝撃「高校時代すごい投手だった」最速は143キロ". スポニチアネックス. スポーツニッポン. 5 October 2015. 2015年10月5日閲覧
  18. ^ a b 吹上流一郎 1995, p. 141.
  19. ^ a b c d 『毎日新聞』1995年5月30日東京朝刊東京地方版「[わたしの生き方]イチロー/47=佐藤健 /東京」(毎日新聞東京本社)
  20. ^ a b 吹上流一郎 1995, p. 145.
  21. ^ 鈴木宣之 2001, pp. 255–256.
  22. ^ 中部英傑伝(プロ野球選手・イチロー)」『』。オリジナルの2004年4月18日時点におけるアーカイブ。
  23. ^ a b 毎日新聞』2004年6月7日大阪夕刊社会面9頁「[憂楽帳]鈴木君」(毎日新聞大阪本社 記者:大坪康巳)
  24. ^ a b c 石田雄太<イチロー、運命のオリックス入団> ドラフト秘話 「本当は1位指名もあった」(1/2) - プロ野球」『Number Web』文藝春秋、2013年10月24日、1面。2020年11月20日閲覧。オリジナルの2020年11月20日時点におけるアーカイブ。
  25. ^ a b c 日刊ゲンダイ』2017年6月15日31面「井箟重慶の球界への遺言 イチローの4位指名と宮内オーナーに二軍選手を見せた経緯」(講談社
  26. ^ 鈴木宣之 2001, p. 254.
  27. ^ 石田雄太「<イチロー、運命のオリックス入団> ドラフト秘話 「本当は1位指名もあった」(2/2) - プロ野球」『Number Web』文藝春秋、2013年10月24日、2面。2020年11月20日閲覧。オリジナルの2020年11月20日時点におけるアーカイブ。
  28. ^ 月刊ドラゴンズ 1992, pp. 10–11.
  29. ^ 月刊ドラゴンズ 1992, p. 12.
  30. ^ a b 月刊ドラゴンズ 1992, p. 13.
  31. ^ "イチロー毎年 故三輪田スカウトの墓参り欠かさず". 日刊スポーツ. 9 August 2016. 2018年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月10日閲覧
  32. ^ 吹上流一郎 1995, p. 142.
  33. ^ 読売新聞』1991年10月19日東京朝刊19頁「中日新監督に高木氏が就任」(読売新聞東京本社:読売新聞縮刷版1991年10月号955頁)
  34. ^ 吹上流一郎 1995, pp. 144–145.
  35. ^ a b c d 吹上流一郎 1995, p. 143.
  36. ^ 「'91プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第15巻第4号(通算:第150号 / 1991年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1991年3月31日、 141頁。
  37. ^ "イチロー、プロ初安打は1992年7月12日". 日刊スポーツ. 30 July 2008. 2020年7月21日閲覧
  38. ^ a b c d e "イチロー記録メモ". スポーツ報知. 31 July 2008. 2008年7月31日閲覧
  39. ^ 村田雅裕 (16 April 2009). "【MLB】元オリックス2軍打撃コーチ・河村健一郎氏とイチロー". MSN産経ニュース. 2009年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月31日閲覧
  40. ^ "【6月12日】1993年(平5) 見出しにもならなかった「1番・センター、鈴木」の初本塁打". スポニチアネックス. スポーツニッポン. 2009年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月27日閲覧
  41. ^ "about HWB". ハワイ・ウィンターリーグ. 2008年2月17日閲覧
  42. ^ 朝日新聞東京本社版1994年4月8日付朝刊27面
  43. ^ “笑わない男”稲垣啓太 32歳の誕生日に妻と寄り添う姿「奥様が綺麗」「目の保養」”. デイリースポーツ online (2022年6月2日). 2022年6月4日閲覧。
  44. ^ 村瀬秀信『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史』双葉社、2013年、p.195
  45. ^ "投手イチロー-投球フォーム連続写真-". クーニンスポーツ. 9 July 2008. 2008年7月9日閲覧
  46. ^ 「イチロー初のサヨナラ弾」『読売新聞』(縮刷・関東版) 1997年(平成9年)10月8日付朝刊、20面(スポーツ面)。
  47. ^ 糸井重里「キャッチボール ICHIRO meets you」
  48. ^ 【5月21日】1998年(平10) イチロー パ・リーグワーストタイ記録に「自分の口からは言いにくい」 - スポニチ
  49. ^ 小松成美著「イチロー・インタビュー―Attack the Pinnacle!」
  50. ^ 「イチロー、サヨナラ弾 前半首位も タカほろ苦」『読売新聞』(縮刷・関東版) 1999年(平成11年)7月23日付朝刊、18面(スポーツ面)。
  51. ^ 『ICHIRO メジャーを震撼させた男』を参照。
  52. ^ "マ軍の「51」永久欠番をめぐって大論争、イチローかR・ジョンソンか。". ナリナリドットコム. 24 January 2009. 2013年1月4日閲覧
  53. ^ 『文藝春秋』2000年12月号 p.12
  54. ^ a b 月刊スラッガー』2009年10月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-10、14頁。
  55. ^ "レッドソックスの"伝説"ジョニー・ペスキー氏死去". 15 August 2012. 2019年4月9日閲覧
  56. ^ "ichiro honored at Safeco". Seattle Mariners. 22 April 2005. 2009年5月30日閲覧
  57. ^ 21世紀のMLBシーズン最高記録(2021年現在)
  58. ^ "Ichiro breaks Sisler's all-time hits record". MSNBC. 1 October 2004. 2004年10月1日閲覧
  59. ^ "Captain America Stirs Up Ryder Cup". ウォールストリート・ジャーナル. 16 September 2004. 2008年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2004年9月16日閲覧
  60. ^ 2006 Tournament Roster Archived 2015年2月19日, at Archive.is The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年9月1日閲覧 [リンク切れ]
  61. ^ "北京五輪野球:イチロー「五輪はアマのための大会」". 朝鮮日報. 2 January 2007. 2007年1月2日閲覧
  62. ^ "連勝しかない!イチローが決起集会". スポーツニッポン. 15 March 2006. 2007年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月31日閲覧
  63. ^ a b 『月刊スラッガー』2009年10月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-10、22頁。
  64. ^ "Mariners outfielder Ichiro Suzuki to be placed on 15-day DL". MLB公式. 3 April 2009. 2013年1月4日閲覧
  65. ^ イチロー、最速メジャー2000安打!! - スポニチ
  66. ^ Does Ichiro need to re-invent himself as a hitter? The Seattle Times、2011年6月10日。
  67. ^ MLB's most disappointing players of 2011 USA TODAY、2011年9月21日。
  68. ^ Ichiro Suzuki playing like impersonator ESPN、2011年9月12日。
  69. ^ "イチ184本で今季終了 0.3秒差響く". 日刊スポーツ. 30 September 2011. 2012年9月29日閲覧
  70. ^ a b c d e 今改めてイチローを測る『野球小僧』2011年4月号、白夜書房、雑誌18801-4。
  71. ^ "ローズ氏 イチロー分析「左方向への打球が少なかった」". スポーツニッポン. 30 September 2011. 2012年9月29日閲覧
  72. ^ "Ichiro back in lineup, collects 2,500th hit". MLB公式. 19 June 2012. 2013年1月4日閲覧
  73. ^ "イチローがヤンキースへトレード". 日刊スポーツ. 24 July 2012. 2012年7月24日閲覧
  74. ^ a b c "イチロー「一番勝っているチーム」へ/一問一答". 日刊スポーツ. 25 July 2012. 2012年7月25日閲覧
  75. ^ "イチロー背番号は「31」 51は「とてもつけることはできない」". スポーツニッポン. 24 July 2012. 2012年9月25日閲覧
  76. ^ "「ICHIRO」大合唱!NYが認めた". 日刊スポーツ. 21 September 2012. 2012年9月25日閲覧
  77. ^ "イチロー 4度目の週間MVP受賞". スポーツニッポン. 25 September 2012. 2012年9月25日閲覧
  78. ^ "イチローがヤンキース地区Vに果たした功績". スポーツナビ. 4 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  79. ^ a b c d "イチロー:忍者ホームイン!ジーター驚嘆「骨がないのでは」". 毎日新聞. 10 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  80. ^ "忍者イチロー ミラクルっとホームイン". 日刊スポーツ. 9 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  81. ^ "イチロー「忍者の生還」に全米驚愕!捕手2度かわし技ありホーム". スポーツ報知. 10 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  82. ^ "Ichiro Suzuki's 'Matrix' slide into home plate gives Yankees early lead against Baltimore Orioles in Game 2 of ALDS". デイリーニュース. 9 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  83. ^ "Ichiro makes like 'The Matrix,' deftly avoids tag". MLB公式. 9 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  84. ^ "Ichiro with the slide of the century". ESPN. 8 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  85. ^ "イチロー、2ランなど4安打もヤ軍、延長で初戦落とす". 産経新聞. 14 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  86. ^ "イチローWシリーズの夢またも届かず". 日刊スポーツ. 20 October 2012. 2015年6月22日閲覧
  87. ^ "イチロー:ヤ軍残留を熱望?勝てるチームと同僚をお気に入り". 毎日新聞. 27 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  88. ^ "イチロー:ジャイアンツが獲得目指す 「まだ数年できる」". 毎日新聞. 27 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  89. ^ "イチロー:フィリーズが上原とのダブル獲得を検討 資金力豊富」". 毎日新聞. 23 November 2012. 2013年1月4日閲覧
  90. ^ "イチロー:フィリーズが正式オファーへ マニエル監督が獲得熱望". 毎日新聞. 10 December 2012. 2013年1月4日閲覧
  91. ^ "オリックスがイチロー獲得意志を明言". 日刊スポーツ. 31 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  92. ^ "中日「動きます」イチロー獲得準備". 日刊スポーツ. 31 October 2012. 2013年1月4日閲覧
  93. ^ a b "イチロー「断る理由ない」不惑ヤンキース". 日刊スポーツ. 21 December 2012. 2015年6月22日閲覧
  94. ^ "イチロー、ヤ軍残留決定的 気になる背番号". 日本経済新聞. 17 December 2012. 2013年1月9日閲覧
  95. ^ イチロー辞退「3回目出場は考えられず」
  96. ^ "WBC辞退イチローの本音". 東京スポーツ. 23 November 2012. 2013年1月9日閲覧
  97. ^ イチロー、WBC「前に進んでいる」”. 日刊スポーツ (2013年3月20日). 2022年1月11日閲覧。
  98. ^ イチロー、WBCの「進化」を喜ぶ”. スポーツ報知 (2013年3月20日). 2013年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月20日閲覧。
  99. ^ "イチロー「日本で最後」発言…日本球界復帰その気なし". ZAKZAK. 10 March 2009. 2015年7月14日閲覧
  100. ^ "ダルと黒田から主役頂き!イチローサヨナラ弾". サンケイスポーツ. 27 June 2013. 2013年6月29日閲覧
  101. ^ イチロー、メジャー2000試合で6号&猛打 日刊スポーツ、2013年7月16日。
  102. ^ 日米通算4000本安打達成のイチローが会見(全文掲載)/一問一答 MLB.jp、2013年8月22日。
  103. ^ "2014 Major League Baseball Awards, All-Stars, & More Leaders". Baseball-Reference.com (英語). 2017年2月16日閲覧
  104. ^ "【米国はこう見ている】イチローがマーリンズと正式契約 サインのために球団幹部5人が来日!?". Full-Count. 28 January 2015. 2015年1月30日閲覧
  105. ^ "2015 Major League Baseball Awards, All-Stars, & More Leaders". Baseball-Reference.com (英語). 2017年2月16日閲覧
  106. ^ イチロー新天地開幕「心動いた」 日刊スポーツ、2015年4月8日
  107. ^ "イチロー、大リーグ初登板 1回を2安打1失点". 日本経済新聞. 5 October 2015. 2015年10月5日閲覧
  108. ^ "イチロー初登板に感慨も「2回目は要らない」145キロ届かず「ショック」". スポニチアネックス. スポーツニッポン. 5 October 2015. 2015年10月5日閲覧
  109. ^ "今季最終戦でイチロー投手メジャー初登板!1回を2安打1失点". スポニチアネックス. スポーツニッポン. 5 October 2015. 2015年10月5日閲覧
  110. ^ "イチロー、メジャー3000安打達成へ、マーリンズと1年契約". スポニチ Sponichi Annex. 7 October 2015. 2015年10月7日閲覧
  111. ^ "イチロー、マーリンズと1年再契約「3千安打を一緒に」". 朝日新聞デジタル. 7 October 2015. 2015年10月7日閲覧
  112. ^ "2016 Major League Baseball Awards, All-Stars, & More Leaders". Baseball-Reference.com (英語). 2017年2月16日閲覧
  113. ^ イチロー500盗塁史上8人目2900H&500S 日刊スポーツ、2016年4月30日
  114. ^ "イチロー、42歳で3試合10安打は122年ぶりの快挙!メジャー3000安打へあと「40」". スポーツ報知. 25 May 2016. 2016年11月6日閲覧
  115. ^ イチロー日米700盗塁達成 成功率8割2分6厘 日刊スポーツ、2016年6月3日
  116. ^ マイナーリーグやNPBの二軍での安打数は含まない
  117. ^ "イチローが日米通算4257安打、歴代最多"ローズ超え" 2安打で一気に抜く". Full-Count. 16 June 2016. 2016年6月16日閲覧
  118. ^ a b "イチロー、史上30人目の3000安打達成 16シーズン目での到達は史上最速タイ". Full-Count. 8 August 2016. 2016年8月8日閲覧
  119. ^ "イチロー歴代27位3011安打23年連続2桁盗塁". nikkansports. 30 August 2016. 2016年8月30日閲覧
  120. ^ "イチロー代打で1号 24年連続弾も「はずかしい」". 7 September 2016. 2016年9月7日閲覧
  121. ^ "イチロー史上12人目の快挙! メジャー通算900試合目のマルチ安打達成". Full-Count. 14 September 2016. 2016年11月6日閲覧
  122. ^ "マーリンズが2017年契約延長に加え、2018年契約オプション追加を発表". Full-Count. 6 October 2016. 2016年11月6日閲覧
  123. ^ "Ichiro capped his return to Seattle with a homer on his bobblehead day". MLB.com. 19 April 2017. 2018年2月18日閲覧
  124. ^ Doug Miller (20 April 2017). "Marlins' Ichiro homers in final Safeco at-bat" (英語). MLB.com. 2018年3月8日閲覧
  125. ^ "イチロー、古巣最終戦で今季1号! メジャー記録に並ぶ25年連続本塁打". dailynews. 20 April 2017. 2017年4月22日閲覧
  126. ^ "イチロー、松井抜いた761打点「あ、そうだあ」". 日刊スポーツ. 20 April 2017. 2017年6月14日閲覧
  127. ^ "イチロー、王さん超えに感慨!日米通算5863塁打「王監督の記録はどの記録でも特別なもの」". スポーツ報知. 8 September 2017. 2018年3月8日閲覧
  128. ^ "イチローがFAに…マーリンズはジーターCEOで変革期へ". スポーツ報知. 4 November 2017. 2018年3月8日閲覧
  129. ^ "【MLB】イチローの姿なし 野手勢キャンプインも未契約". 産経ニュース. 産業経済新聞社. 20 February 2018. 2018年2月22日閲覧
  130. ^ Greg Johns (7 March 2018). "Ichiro finalizes 1-year deal to return to Mariners". MLB.com (英語). 2018年3月8日閲覧
  131. ^ "Mariners bring back Ichiro Suzuki on 1-year deal". MLB.com (英語). ESPN. 7 March 2018. 2018年3月8日閲覧
  132. ^ "イチロー、右ふくらはぎに張り 打席に立たず無念の交代". スポーツニッポン. 15 March 2018. 2018年4月7日閲覧
  133. ^ "開幕大丈夫か、14年前は2日後3安打/記者メモ". 日刊スポーツ. 25 March 2018. 2018年4月7日閲覧
  134. ^ "イチロー"凱旋"、開幕戦後の一問一答 大歓声に「どうしたらいいのか…」". Full-Count. 30 March 2018. 2018年12月14日閲覧
  135. ^ "イチロー"凱旋"、開幕戦後の一問一答 大歓声に「どうしたらいいのか…」". Full-Count. 30 March 2018. 2018年12月14日閲覧
  136. ^ "イチロー、球団特別アドバイザーに 今季出場せず". 日本経済新聞. 4 May 2018. 2019年8月16日閲覧
  137. ^ "Mariners, Ichiro Suzuki have Minor League deal". MLB.com (英語). 2019年2月2日閲覧
  138. ^ "イチローが現役引退 マリナーズが発表". 日本経済新聞. 21 March 2019. 2019年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月23日閲覧
  139. ^ "イチローが現役引退を表明「後悔などあろうはずがない」". NHKニュース. 22 March 2019. 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月23日閲覧
  140. ^ "イチロー氏、特別功労賞=「幸せな機会」ファンに感謝-米大リーグ:時事ドットコム". 時事ドットコム. 15 September 2019. 2019年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月16日閲覧
  141. ^ イチロー氏は今季マリナーズで4番目の高給取り 現役選手より収入が多いワケ”. 日刊スポーツ (2021年4月21日). 2022年1月7日閲覧。
  142. ^ イチロー氏、今オフ草野球デビューへ!エース兼監督兼オーナー、神戸で伝説第2章 2019年09月18日 スポニチアネックス
  143. ^ "イチロー氏が草野球出場「9番投手」背番号は1". 日刊スポーツ. 1 December 2019. 2019年12月1日閲覧
  144. ^ 未公開映像#2 お客さんから感謝の手紙を受け取る【人生100年 イチロー人生すごろく】
  145. ^ "イチロー氏率いる草野球チームが12月初陣". 日刊スポーツ. 7 November 2019. 2019年12月1日閲覧
  146. ^ "イチロー氏、草野球では前代未聞…3000人が集結". 日刊スポーツ. 1 December 2019. 2019年12月1日閲覧
  147. ^ "イチロー氏の草野球初戦は大勝 3安打&完封16K". 日刊スポーツ. 1 December 2019. 2019年12月1日閲覧
  148. ^ イチロー氏が学生野球資格回復 8日から指導可能に 日刊スポーツ 2020年2月7日
  149. ^ 指導者イチロー誕生、学生野球資格回復制度とは? 日刊スポーツ 2020年2月7日
  150. ^ “イチローさんがアマ野球指導へ 甲子園優勝経験ある高校で近くデビュー”. 毎日新聞. (2020年11月28日). https://mainichi.jp/koshien/articles/20201128/k00/00m/050/137000c 2020年12月4日閲覧。 
  151. ^ “イチロー氏「またどこかで会おう」 指導受けた日本ハム・ドラ4の細川は大感激 中谷監督も「夢のよう」”. Sponichi Annex. (2020年12月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/04/kiji/20201204s00001000462000c.html 2020年12月4日閲覧。 
  152. ^ Ichiro Suzuki to be inducted into Mariners Hall of Fame” (英語). MLB.com Press Release (2021年11月17日). 2021年11月17日閲覧。
  153. ^ 日本放送協会 (2021年11月18日). “イチローさん マリナーズの殿堂入り MVP受賞や首位打者に輝く”. NHKニュース. 2021年11月18日閲覧。
  154. ^ 「象徴的な存在」マリナーズ殿堂入りのイチローに米メディアが賛辞!数年後には「全米野球殿堂入りするだろう」”. The Digest (2022年8月30日). 2022年9月2日閲覧。
  155. ^ “イチロー氏が「高校に現れ、柵越えを放った」 2年連続の高校生指導が米国でも話題に”. Full-Count. (2021年12月1日). https://full-count.jp/2021/12/01/post1162405/ 2021年12月18日閲覧。 
  156. ^ “【イチロー氏】今度は千葉・千葉明徳 盗塁指導では指導者にもアドバイス”. 日刊スポーツ. (2021年12月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202112030000487.html 2021年12月18日閲覧。 
  157. ^ “イチロー氏が高松商を熱血指導「いい雰囲気で応援したくなっちゃいました」”. 日刊スポーツ. (2021年12月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202112130000024.html 2021年12月18日閲覧。 
  158. ^ “イチロー氏、女子高校野球選抜チームと対戦 エキシビションマッチ”. 日刊スポーツ. (2021年12月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112180000282.html 2021年12月18日閲覧。 
  159. ^ “イチロー氏「KOBE CHIBEN」と女子高校選抜がエキシビションマッチ 試合前から軽快な動き”. Sponichi Annex. (2021年12月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/12/18/kiji/20211218s00001000207000c.html 2021年12月18日閲覧。 
  160. ^ “イチロー氏、2年ぶり草野球「9番・投手」でスタメン 女子高校選抜と対戦、背番号「1」”. Full-Count. (2021年12月18日). https://full-count.jp/2021/12/18/post1168588/ 2021年12月18日閲覧。 
  161. ^ “イチロー氏、足つるも17K完封 高校女子選抜と“ガチ対決”で最速135キロ、打撃は3タコ”. Full-Count. (2021年12月18日). https://full-count.jp/2021/12/18/post1168646/ 2021年12月18日閲覧。 
  162. ^ “イチロー氏が魂の完封、足つっても続投 女子高校野球選抜に147球、最速135キロ”. デイリースポーツ online. (2021年12月18日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/12/18/0014925410.shtml 2021年12月18日閲覧。 
  163. ^ a b c "イチロー「殿堂入り確実な5人」に入る". 日刊スポーツ. 7 January 2013. 2016年11月29日閲覧
  164. ^ Hitting is an art form for Seattle Mariners outfielder Ichiro Suzuki - ESPN
  165. ^ 手話って自由! ウサイン・ボルトの手話表現が「あのポーズ」で思わず納得 NHK「ロンドン五輪前から使っています」
  166. ^ a b c d NHK放送「プロフェッショナル仕事の流儀」より。
  167. ^ 現役スカウト部長による“本物”のスカウティング・レポート『月刊スラッガー』2009年10月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-10、42-45頁。
  168. ^ 2009年9月23日放送NHK BS1『スポーツ大陸 「イチロー大記録への闘い」』より
  169. ^ "イチロー200安打視力0・4でも限界なし". 日刊スポーツ. 15 September 2009. 2012年9月29日閲覧
  170. ^ "New wind in their sails". USA today. 30 May 2001. 2021年7月20日閲覧
  171. ^ 2007年9月4日朝日新聞朝刊スポーツ面、西村欣也
  172. ^ "Why Suzuki's Magic Number Is Really 56, Not .406". ニューヨーク・タイムズ. 1 May 2005. 2021年7月20日閲覧
  173. ^ 木本大志 (3 June 2007). "イチローが狙うのは「4割」か、「56試合連続安打」か(1/2)木本大志の『ICHIRO STYLE 2007』 VOL.5". スポーツナビ. 2011年1月20日閲覧
  174. ^ "Patience has its reward for Ichiro". ESPN. 28 May 2003. 2021年7月20日閲覧
  175. ^ 木本大志 (27 June 2005). "1/500秒に隠されたイチローの秘密 (1/2)木本大志の『ICHIRO STYLE』 VOL.8". スポーツナビ. 2011年1月20日閲覧
  176. ^ a b "Walking or Swinging, Suzuki Is a Force on Offense". ニューヨーク・タイムズ. 5 September 2007. 2021年7月20日閲覧
  177. ^ "オールスターゲーム、イチロー貫禄のMVP". OhmyNews. 12 July 2007. 2007年7月12日閲覧
  178. ^ "イチロー、44本目の先頭打者本塁打 日米通算で福本上回る". 日本経済新聞 電子版. 9 September 2011. 2020年1月18日閲覧
  179. ^ "先頭打者本塁打の球団記録を更新したスプリンガー そこで知っておきたいMLBの先頭打者本塁打記録雑学". Yahoo!ニュース 個人. 21 August 2019. 2020年1月18日閲覧
  180. ^ "イチロー打率のための四球選ばず". 夕刊フジ. 7 September 2007. 2007年9月7日閲覧
  181. ^ "【5月13日】2000年(平12) いろいろあった1日 イチロー、初めてのワンバウンド打ち". スポーツニッポン. 13 May 2010. 2013年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月9日閲覧
  182. ^ イチロー、悪球打ちで陥ったワナ 200安打逃した理由(1): 日本経済新聞
  183. ^ "イチロー、MLB公式サイトが伝えた「20の驚異的な事実」". news.jsports.co.jp. 10 March 2019. 2020年1月11日閲覧
  184. ^ 木本大志 (3 October 2005). "苦しみ抜いたシーズン200安打(1/2)木本大志の『ICHIRO STYLE』 VOL.14". スポーツナビ. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月20日閲覧
  185. ^ 石田雄太『イチローイズム 僕が考えたこと、感じたこと、信じること』集英社、2003年。
  186. ^ a b "「イチローの恋人」の助言あった故に210安打の大記録誕生か". 週刊ポスト. 10 December 2012. 2013年1月9日閲覧
  187. ^ NANDA!?より。
  188. ^ "Drese and Ichiro forever linked". MLB公式. 2 October 2004. 2004年10月2日閲覧
  189. ^ アリゾナの太陽のもと、イチローのBaseballが始まった『月刊スラッガー』2001年4月号、日本スポーツ企画出版社、2001年、雑誌15509-4、6-9頁。
  190. ^ "For Suzuki, Hits Keep On Coming". ニューヨーク・タイムズ. 26 April 2005. 2021年7月20日閲覧
  191. ^ http://sankei.jp.msn.com/sports/mlb/090416/mlb0904161832027-n1.htm (リンク切れ)
  192. ^ 木本大志 (22 June 2004). "イチローの「3番」を考える(2/2) 『ICHIRO 4年目の日々』 VOL.6". スポーツナビ. 2011年1月20日閲覧
  193. ^ [1]
  194. ^ 米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレイテッド』webサイト2006年9月13日付。
  195. ^ a b "Being Ichiro". ニューヨーク・タイムズ. 18 September 2001. 2021年7月20日閲覧
  196. ^ "45歳のイチロー「レーザービーム」健在 矢のような送球で進塁阻止 東京Dどよめく". スポーツニッポン. 18 March 2019. 2020年1月30日閲覧
  197. ^ "イチロー"レーザービーム"を地元メディアも速報 「観衆は地鳴りのような歓声」". Full-Count編集部. 18 March 2019. 2020年1月30日閲覧
  198. ^ "Mariners shut out by Angels". メジャーリーグベースボール. 3 May 2005. 2005年5月3日閲覧
  199. ^ イチロー 禁断ダイブ 普段は「走り抜けた方が速い」も Sponichi Annex 2014年6月29日
  200. ^ “名優”イチロー、絶妙トリックプレーで敵をだます 青木が絶賛 デイリースポーツ 2015年5月11日
  201. ^ "McLaren wants Ichiro to run this season". メジャーリーグベースボール. 25 February 2008. 2021年7月31日閲覧
  202. ^ "イチロー 決めた3度目の40盗塁!". スポーツニッポン. 31 August 2008. 2008年8月31日閲覧
  203. ^ "8年間で最速の30到達 イチロー、数字で雑音封じ". 17 June 2008. 2008年6月17日閲覧
  204. ^ 米17年連続、通算509盗塁のイチロー 成功率81%が物語る背番号51の凄さ”. Full-Count (2017年9月29日). 2021年7月20日閲覧。
  205. ^ イチローが持つ“ひそかな大記録”とは…”. BASEBALL KING (2018年12月13日). 2021年7月20日閲覧。
  206. ^ "イチローが川崎に激怒!一塁にヘッド「かっこ悪い」". スポーツ報知. 27 December 2007. 2008年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月20日閲覧
  207. ^ "川崎をイチ喝!! あわや福岡へ"強制送還"". 西日本スポーツ. 27 December 2007. 2007年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月20日閲覧
  208. ^ "イチロー奇跡の生還も…ヤンキース敗れ1勝1敗". サンケイスポーツ. 9 October 2012. 2013年1月9日閲覧
  209. ^ "イチロー「僕の野球を体現するだけ」". デイリースポーツ. 26 February 2008. 2008年2月26日閲覧
  210. ^ イチローと松井秀喜の対談より。
  211. ^ 丹羽政善 (26 April 2011). "イチロー「走塁は難しい」 俊足だからこその思い". 日本経済新聞. 2014年7月27日閲覧
  212. ^ イチロー「走塁は難しい」 俊足だからこその思い” (日本語). 日本経済新聞 (2011年4月26日). 2021年5月1日閲覧。
  213. ^ イチロー 内川を擁護「あのスタートができたのは凄い」”. スポーツニッポン (2013年3月21日). 2021年5月1日閲覧。
  214. ^ 米辛口記者がローズに呼び掛け「先頭に立ってイチローを祝おう」 - Full-Count
  215. ^ 『日刊スポーツ』1997年3月14日付
  216. ^ 大谷翔平初のホームスチール! ベーブ・ルースは成功8回、失敗7回”. 日刊スポーツ (2021年9月1日). 2022年8月5日閲覧。
  217. ^ a b "イチロー選手に学ぶ「ケガを予防する意識」". 神奈川県体育センター. 21 January 2010. 2012年9月29日閲覧[リンク切れ]
  218. ^ a b 丹羽政善 (2013年3月12日). “災難続きのヤンキース…イチローはなぜケガをしないか”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXZZO52660510R10C13A3000000/?df=3 2021年11月19日閲覧。 
  219. ^ Bill James (26 September 2017). "Final Report on the 50 True Superstars Project". Bill James Online. 2017年9月28日閲覧
  220. ^ 渡辺史敏 (14 August 2013). "『GODZILLA MEDIA WATCHING』 VOL.25 MLBベスト3に松井の名前は?". スポーツナビ. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月31日閲覧
  221. ^ "ICHIROは、最もエキサイティングな選手". スポーツナビプラス. 14 August 2006. 2011年1月20日閲覧
  222. ^ "American League Best Tools" (英語). baseballamerica.com. 2008年1月13日閲覧
  223. ^ "Major League Scouts Select the Best". 2008年3月13日閲覧
  224. ^ "Best tools". 2010年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月13日閲覧
  225. ^ http://topics.kyodo.co.jp/feature03/archives/2005/04/post_140.html (リンク切れ)
  226. ^ "THE 20 MOST INSPIRING ASIAN SPORTS STARS IN AMERICA". Goldsea. 2002. 2012年9月29日閲覧
  227. ^ http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/24/20060324000028.html (リンク切れ)
  228. ^ "イチロー殿堂入りにメジャーHP「当確」". 日刊スポーツ. 22 July 2009. 2021年7月20日閲覧
  229. ^ Ichiro keeps hits coming, year after year: Consistent greatness creating future Hall of Fame buzz MLB.com (2009/07/21)
  230. ^ "殿堂入りの重鎮たちが、イチローの殿堂入りを保証ー。". USA通信. Livedoor. 29 July 2008. 2012年9月29日閲覧
  231. ^ ブラッド・レフトン (24 November 2011). "【MLB】ロベルト・アロマーが語った「2001年と2011年のイチロー」". スポルティーバ. 集英社. 2012年9月29日閲覧
  232. ^ "米安打製造機 イチローにエール". スポーツニッポン. 31 July 2008. 2008年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月31日閲覧
  233. ^ "【米国のブログ】イチローを絶賛「メジャーで最高選手」". サーチナ. 20 March 2009. 2012年9月29日閲覧
  234. ^ http://www.youtube.com/watch?v=1_KvFl-S6vM (リンク切れ)
  235. ^ "who is the face of the Seattle Mariners?" (英語). ESPN. 2008年1月13日閲覧
  236. ^ http://mlb.yahoo.co.jp/japanese/headlines/?id=1861840&a=3976(リンク切れ)
  237. ^ http://inews.sports.jp.msn.com/mlb/news/2007/20070208-66497.html(リンク切れ)
  238. ^ "イチロー、大リーガーが選ぶオールスター". スポーツ報知. 17 October 2007. 2008年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月29日閲覧
  239. ^ "イチローが"メジャーNO.1センター"". スポーツナビ. 17 October 2007. 2008年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月9日閲覧
  240. ^ "マリナーズ歴代ベストナイン発表、イチロー外野手は右翼手で選出。". narinari.com. 29 January 2008. 2021年7月20日閲覧
  241. ^ "「何もスズキを倒せない」 「イチローが歴史をつくった」 イチローの快挙を米メディア、トップで伝える". 毎日新聞. 12 July 2007. 2007年7月12日閲覧
  242. ^ "イチロー、『この10年で最もスポーツ界にインパクトを与えた10人のアスリート』に選出される…米ESPN". サンケイスポーツ. 7 March 2008. 2008年3月7日閲覧
  243. ^ "イチロー殿堂入りに83%のファンが賛成 ネット投票". スポーツニッポン. 30 January 2012. 2013年1月9日閲覧
  244. ^ "Which active players are Hall of Famers?". ESPN. 31 December 2014. 2015年1月11日閲覧
  245. ^ "Few surefire Hall of Famers among current players, but some close". CBS Sports. 8 January 2015. 2015年1月11日閲覧
  246. ^ "あのAロッドがイチローの弟子入り!?米球宴に仰天の舞台裏". サンケイスポーツ. 13 July 2006. 2008年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月29日閲覧
  247. ^ "MLB Players Poll: Most Eccentric #8 Ichiro Suzuki". SI.com. 2013年1月9日閲覧
  248. ^ 2004年10月2日付け 朝日新聞。
  249. ^ "天皇陛下お誕生日に際し(平成13年)" (Press release). 宮内庁. 18 December 2001. 2013年1月9日閲覧
  250. ^ "天皇陛下お誕生日に際し(平成16年)" (Press release). 宮内庁. 2004. 2013年1月9日閲覧
  251. ^ "「最も緊迫した試合」カストロ前議長がWBC決勝で". ZAKZAK. 25 March 2009. 2012年9月29日閲覧
  252. ^ "マークスJP自主調査 DATA BANK 第10回自主調査 調査結果". マークスJP. 2007. 2013年1月9日閲覧
  253. ^ http://job.yomiuri.co.jp/hunt/saizensen/hu_sa_07050101.cfm (リンク切れ)
  254. ^ http://www.fgn.jp/mpac/sample/__datas__/impacter/200708_10.html
  255. ^ "07年「好きなスポーツ選手」発表、男性部門は野球選手が7割に。". ナリナリドットコム. 10 October 2007. 2013年1月9日閲覧
  256. ^ "世界に誇れる日本人ランキング発表!男性1位はイチロー、女性1位は吉永小百合&菊地凛子". オリコンチャート. 5 September 2007. 2013年1月9日閲覧
  257. ^ "「世界で活躍する日本人アスリート」ランキング、イチロー人気圧倒的!". オリコンチャート. 2008. 2013年1月9日閲覧
  258. ^ "憧れの理想体型を持つ男性有名人ランキング". goo. 2013年1月9日閲覧
  259. ^ "アスリートイメージ総合評価1位は「イチロー」【博報堂DY調査】". MarkeZine. 28 August 2008. 2013年1月9日閲覧
  260. ^ "2009年度新入社員の理想の上司". 学校法人産業能率大学. 2009. 2013年1月9日閲覧
  261. ^ "MLB選抜の主砲ロンゴリアが激白 マエケン、金子は米で通じる!". 夕刊フジ. 19 November 2014. 2014年12月21日閲覧
  262. ^ "Leaderboarding: Best MLB players from Japan". CBS Sports. 27 December 2014. 2014年12月29日閲覧
  263. ^ "イチがトップ、2番手Gに黒田ら…ベスト日本人大リーガー". スポーツニッポン. 29 December 2014. 2014年12月29日閲覧
  264. ^ "Here are the five toughest hitters Pedro Martinez ever had to face". ESPN. 7 May 2015. 2015年6月3日閲覧
  265. ^ "古巣マリナーズの本拠地に"イチロー部屋"が誕生!?". Full-Count. 12 October 2014. 2015年12月5日閲覧
  266. ^ Marinersのツイート(672659359936090112) 2015年12月5日閲覧。
  267. ^ "イチローら支えた"陰の功労者" アスリートに癒し与えるペットたち". AERA dot. 25 June 2019. 2019年6月28日閲覧
  268. ^ イチロー氏キャンプ合流 愛犬の死と新しい家族報告” (日本語). 日刊スポーツ (2021年2月24日). 2021年2月24日閲覧。
  269. ^ "イチロー大記録への軌跡「大記録を支えたイチローの武器」". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 3 October 2004. 2021年7月20日閲覧
  270. ^ "名工・久保田さん「これほどバット変えない人いない」バッティングフォームは毎年一定にしている". スポーツ報知. 報知新聞社. 31 July 2008. 2009年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月6日閲覧
  271. ^ イチローがバットの材質変更 アオダモからホワイトアッシュ
  272. ^ イチローのバット、再び黒に 背景にアオダモ消滅
  273. ^ スポニチ 2015年2月25日
  274. ^ スポーツ報知 2015年2月25日
  275. ^ 四竃衛、木崎英夫 (2004). "ICHIRO大記録への軌跡 PART3:球界再編…古巣消滅が一番辛い". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2021年7月20日閲覧
  276. ^ 丹羽政善 (11 September 2012). "イチローが去って…変わるマリナーズの風景". 日本経済新聞. 2012年9月29日閲覧
  277. ^ 『キャッチボール ICHIRO meets you』ぴあ、2004年。
  278. ^ http://www.mizunoballpark.com/takumi/column/past/tsubota01/index.html
  279. ^ イチロー&新庄剛志氏、一流選手が持つグローブへのこだわり ライブドアニュース 2016年7月30日閲覧
  280. ^ "ICHIRO×AKIO TOYODA #11「ICHIRO×AKIO TOYODA(フルバージョン)」". トヨタ自動車公式YouTubeチャンネル. 16 November 2015. 2015年11月16日閲覧
  281. ^ ニコニコ動画 (28 September 2009). "イチローに9年連続200本安打について聞いてみた。". 2009年10月27日閲覧
  282. ^ ニコニコ動画 (22 April 2009). "『イチロー選手のご家族訪問!~カレー食べたり、勝手に表彰したり~』後編". 2009年10月27日閲覧
  283. ^ イチローも好きな名作『キャプテン』復活にファンの反応は? ネット上の声と、実は描かれていた“その後の『キャプテン』”!
  284. ^ イチローも多くのことを学んだと公言する漫画『キャプテン』
  285. ^ "イチローの愛車はなんと『マーチ』!! しかも星野一義チューン!!". FOCUS. 29 November 2000. 2021年7月20日閲覧
  286. ^ 阿川佐和子『阿川佐和子のこの人に会いたい』文藝春秋、1997年。
  287. ^ 開幕日の験担ぎ イチローは前夜は牛タン当日朝クリームパン Newsポストセブン 2013年3月28日
  288. ^ イチロー×豊田章男×小谷真生子 2018 「ここだけの話」(前編)
  289. ^ a b "Take five with ... Ichiro Suzuki". Seattle Post-Intelligencer. 29 March 2004. 2016年7月3日閲覧
  290. ^ イチロー、渡米前の貯金は「ほとんど残ってない」「アメリカで一から築いた」”. マイナビニュース. マイナビ (2021年4月30日). 2022年5月21日閲覧。
  291. ^ 「ユンケル」、WBC・イチロー効果で高まる関心 J-Cast 2009年3月27日
  292. ^ "「イチ・メーター」で安打数える有名一家". SANSPO.COM. 産業経済新聞社. 共同通信社. 22 September 2010. 2010年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月6日閲覧
  293. ^ 木本大志 (20 September 2010). "殿堂入りを果たした「初代イチメーター」 10年連続200安打を追って DAY1". スポーツナビ. 2011年1月30日閲覧
  294. ^ イチロー、『イチ・メーター』の女性ファンに手紙やバットなど贈る:msn2012年11月21日
  295. ^ "イチロー 「イチ・メーター」のファンに贈り物「来てくれて、ありがとう」". スポーツニッポン. 6 December 2013. 2014年10月24日閲覧
  296. ^ "イチメーターのエイミーさんにサプライズ誕生日プレゼント". スポーツニッポン. 13 June 2014. 2014年10月24日閲覧
  297. ^ "イチローの長年のファンへの粋な計らいが全米で話題に 地元メディアも「すごいことだ」". Full-Count. 12 June 2014. 2014年10月24日閲覧
  298. ^ "Lifelong M's fan finally meets her hero (PHOTOS)". Q13 FOX News. 13 June 2014. 2014年10月24日閲覧
  299. ^ Geoff Baker (9 September 2008). "Ichiro grants a wish". Seattle Times blogs(The Seattle Times). 2014年10月24日閲覧
  300. ^ "Ichiro makes a wish(動画)". YouTube(シアトル・タイムズ記者Geoff Bakerのチャンネル). 9 September 2008. 2014年10月24日閲覧
  301. ^ "イチロー「会えて良かった」 "イチ・メーター"エイミーさんと再会". サンケイスポーツ. 8 May 2015. 2015年5月8日閲覧
  302. ^ "イチロー、熱狂的ファンとの再会を喜ぶ". デイリースポーツ. 23 April 2016. 2016年7月4日閲覧
  303. ^ “イチロー、3000安打へ“メーター”付きの首振り人形配布”. サンケイスポーツ. (2016年5月23日) 2016年7月4日閲覧。
  304. ^ シスラー縁戚と交流も”. 日刊スポーツ. (2016年7月4日) 2016年7月4日閲覧。
  305. ^ [2]. 日刊スポーツ. (2016年8月2日) 2017年7月27日閲覧。
  306. ^ “熱狂的ファンも「達成感」 イチローの3000安打達成を見届けた男性の“旅”が話題に”. Full-Count. (2017年7月26日) 2017年7月27日閲覧。
  307. ^ “16 Games In 17 Days To Witness Ichiro’s 3,000th Hit”. WBUR. (2017年7月21日) 2017年7月27日閲覧。
  308. ^ 四竃衛、木崎英夫 (2004). "ICHIRO大記録への軌跡 PART2:マスコミ嫌い今は違う、でも松井とは対極". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2012年4月6日閲覧
  309. ^ "イチローついに口を閉ざす 嫌マスコミになった理由". アメーバニュース. 20 March 2009. 2010年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月6日閲覧
  310. ^ a b 44歳で思わぬ試練 イチローがイジメられている”. FRIDAYデジタル (2018年3月16日). 2021年11月5日閲覧。
  311. ^ "イチロー 米でも「がんばろう神戸」". スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 17 January 2001. 2001年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月6日閲覧
  312. ^ a b "頑張ろう日本!イチロー、義援金イチ億円". スポーツ報知. 19 March 2011. 2011年3月21日閲覧
  313. ^ "「先駆者」の功績に高額寄付 米メディアが伝えたイチローの知られざる素顔". Full-Count. 21 July 2016. 2016年7月24日閲覧
  314. ^ 震災のとき、人が球場につめかけてくれた。何かを感じた。”. 神戸新聞 (2005年1月1日). 2005年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2005年1月11日閲覧。
  315. ^ a b イチロー、40歳にして惑わず ヤンキースでの決意 日本経済新聞.2013年2月13日.2013年2月18日閲覧.
  316. ^ 赤坂8丁目発 スポーツ246:イチローが「日本人のアイデンティティー」にこだわる理由 (4/4) - ITmedia ビジネスオンライン
  317. ^ "【米国はこう見ている】迫るイチローに苛立つ最多安打ローズ氏 ボンズ氏は日米合算評価「正直あまり関係ない」". Full-Count. 15 June 2016. 2016年6月16日閲覧
  318. ^ "イチロー"ローズ超え"日米4257安打も「ここにゴールを設定したことない」". Full-Count. 16 June 2016. 2016年6月16日閲覧
  319. ^ 松井いつき (2015年10月6日). “恩師が明かすイチ秘話 交通事故で投手断念…メジャーで登板「凄い」”. スポニチアネックス. https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/06/kiji/K20151006011270390.html 2021年10月20日閲覧。 
  320. ^ 木本大志,偉業達成のイチロー、「グリフィーの存在は計り知れない」安打記録を追って DAY9 Archived 2009年10月1日, at the Wayback Machine.,スポーツナビ,2009年9月14日閲覧
  321. ^ 2009年9月23日NHK BS1放送『スポーツ大陸 「イチロー大記録への闘い」』
  322. ^ a b "イチロー 引退表明の"親友"に贈るサヨナラ". スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 4 June 2010. 2010年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月9日閲覧
  323. ^ "イチロー、引退グリフィーに"サヨナラ"打". SANSPO.COM. 産経新聞社. 4 June 2010. 2010年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月6日閲覧
  324. ^ 木本大志 (14 September 2009). "偉業達成のイチロー、「グリフィーの存在は計り知れない」 安打記録を追って DAY9". スポーツナビ. 2011年1月20日閲覧
  325. ^ 2009年9月23日NHK BS1放送『スポーツ大陸 「イチロー大記録への闘い」』
  326. ^ 親友グリフィーにイチロー惜別サヨナラ打 日刊スポーツ 2010年6月4日
  327. ^ "イチローがグリフィーに英語でメッセージ/引退セレモニー番外編". MLB.jp MLB日本公式サイト. 12 August 2013. 2013年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月7日閲覧
  328. ^ "Ichiro makes fan's day(動画)". MLB.com(MLB公式サイト). 9 July 2010. 2014年10月25日閲覧
  329. ^ "Ben Gibbard Unearths 'Ichiro's Theme'". ROLLING STONE. 24 July 2012. 2014年10月26日閲覧
  330. ^ "デス・キャブ・フォー・キューティーのベン、イチロー選手にサンキュー・ソング". MTV News(MTV JAPAN). 25 July 2012. 2014年10月26日閲覧
  331. ^ "12th Man Flag Raiser - Ichiro". シーホークス公式サイト. 23 October 2007. 2014年9月8日閲覧
  332. ^ "イチロー ドキュメンタリー番組に出演し野球を語る". ライブドアニュースUSA通信. 28 September 2010. 2014年10月28日閲覧
  333. ^ ""イチロー VS ブラッド・ピット"を演出 映画『マネーボール』ベネット・ミラー監督". ORICON STYLE. 9 November 2011. 2014年10月28日閲覧
  334. ^ "「これは野球映画ではない」、『マネーボール』監督がそう語る真意とは". ぴあ映画生活ニュース. 8 November 2011. 2012年9月29日閲覧
  335. ^ "イチロー広告訴訟:知名度不足と賠償金を大幅減額 台湾". 毎日新聞. 28 November 2007. 2007年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月31日閲覧
  336. ^ イチローバットが欲しかった…19歳逮捕 - MLBニュース : nikkansports.com
  337. ^ イチロー運転中に接触事故 - MLBニュース : nikkansports.com
  338. ^ 『ベースボール・レコード・ブック1996』ベースボール・マガジン社、1995年12月、39p
  339. ^ 『ベースボール・レコード・ブック1999』ベースボール・マガジン社、1998年12月、41p
  340. ^ "Ichiro Suzuki to receive 2008 team "Heart and Hustle" Award". MLB.com. 11 July 2008. 2012年4月6日閲覧(英語)
  341. ^ "Jeff Conine Award". Baseball Almanac (英語). 1 October 2016. 2016年11月23日閲覧
  342. ^ Tim Kurkjian (18 December 2009). "Selecting the All-Decade team". ESPN. 2012年4月6日閲覧(英語)
  343. ^ Rob Neyer (21 December 2009). "Gold Glovers of the decade". ESPN. 2012年4月6日閲覧(英語)
  344. ^ Rob Neyer (14 December 2009). "Top 100 players of the decade". ESPN. 2012年4月6日閲覧(英語)
  345. ^ "プロスポーツ関係者に対するスポーツ功労者顕彰について" (PDF) (Press release). 文部省. 2011年3月23日時点のオリジナル (pdf)よりアーカイブ。2012年4月6日閲覧
  346. ^ "スポーツ功労者顕彰について" (PDF) (Press release). 文部科学省. 1 November 2006. 2011年3月23日時点のオリジナル (pdf)よりアーカイブ。2012年4月6日閲覧
  347. ^ "スポーツ功労者顕彰及び国際競技大会優秀者等表彰の受章者決定 及び顕彰・表彰式の開催について" (PDF) (Press release). 文部科学省. 9 June 2009. 2011年3月23日時点のオリジナル (pdf)よりアーカイブ。2012年4月6日閲覧
  348. ^ "虎・藤浪の大活躍祈願!サンスポMVP表彰で初の鏡開き (3)". SANSPO.COM. 産業経済新聞社. 25 November 2014. 2017年9月7日閲覧
  349. ^ "歴史と観光「ハッピーハンド」". 幸手市観光協会. 2017年9月13日閲覧
  350. ^ "イチロー、ルー・ゲーリッグスポーツ賞夕食会で表彰". スポーツ報知. 5 November 2016. 2016年11月14日閲覧
  351. ^ a b c d e f g h i j k l m 「イチロー公式戦全安打リスト」『惜別 イチロー、引退』、ベースボール・マガジン社、2019年4月1日、 35-56頁。
  352. ^ a b "紙面で振り返るイチロー区切りの安打とコメント". 日刊スポーツ. 8 August 2016. 2020年4月17日閲覧
  353. ^ 西武・秋山 王会長、イチロー、ゴジラ超える 初の2年連続フルイニング&首位打者”. 西日本スポーツ (2018年1月14日). 2022年1月23日閲覧。
  354. ^ "Most hits in a Major League Baseball season" (英語). Guinness World Records. 2014年3月6日閲覧
  355. ^ "Most seasons with 200 hits in a Major League Baseball career" (英語). Guinness World Records. 2014年3月6日閲覧
  356. ^ "Most consecutive seasons with 200 hits in a Major League Baseball career" (英語). Guinness World Records. 2014年3月6日閲覧
  357. ^ "Minnesota Twins at Seattle Mariners Box Score, May 25, 2003". Baseball-Reference.com (英語). 25 May 2003. 2017年3月4日閲覧
  358. ^ "Single-Season Leaders & Records for Plate Appearances". Baaseball-Reference.com (英語). 2017年3月4日閲覧
  359. ^ "Single-Season Leaders & Records for Putouts as RF (s.1913)". Baaseball-Reference.com (英語). 2017年3月4日閲覧
  360. ^ "Single-Season Leaders & Records for At Bats". Baaseball-Reference.com (英語). 2017年3月4日閲覧
  361. ^ "First inside-the-park home run in All-Star baseball history" (英語). Guinness World Records. 2014年3月6日閲覧
  362. ^ http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/080102/index.html
  363. ^ https://www.nhk.or.jp/special/detail/20190331_2.html
  364. ^ SMBC日興証券株式会社
  365. ^ トヨタイムズ
  366. ^ "The GQ Athlete Gallery Photos". GQ. 2013. 2018年3月5日閲覧
  367. ^ https://static.secure.website/wscfus/8825474/uploads/ZOOperstars-Ichiroach-Suzuki.jpg
  368. ^ https://www.j-cast.com/2010/04/16064638.html?p=all
  369. ^ “イチロー:ユニホーム姿で笑顔! 「スーパードライ」新CMで野球を楽しむ 「元気である以上、野球と必ず向き合う」”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年4月4日). https://mantan-web.jp/article/20220403dog00m200033000c.html 2022年4月4日閲覧。 
  370. ^ "イチローがWBCを全世界にPR". スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 5 February 2006. 2012年4月6日閲覧
  371. ^ "藍、イチロー効果で今季初V…"名言本"がサポート". 夕刊フジ. 産業経済新聞社. 16 May 2005. 2005年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月6日閲覧



イチロー!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 03:07 UTC 版)

イチロー!』は、未影4コマ漫画作品。芳文社まんがタイムきららMAX2006年3月号より2010年6月号まで連載。また、姉妹誌の『まんがタイムきららキャラット』でも2006年7月号より2009年10月号まで隔月掲載されていた。単行本全5巻。


  1. ^ 一巻では「小中高一緒」と書かれている


「イチロー!」の続きの解説一覧

イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 14:18 UTC 版)

ウチの場合は」の記事における「イチロー」の解説

喫茶店アルバイトイケメンだが、かなりの天然である。

※この「イチロー」の解説は、「ウチの場合は」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「ウチの場合は」の記事については、「ウチの場合は」の概要を参照ください。


イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 08:41 UTC 版)

キカイダー01」の記事における「イチロー」の解説

キカイダー01人間態。その容姿何者か人間モデルしたものなのか一切不明。ジーンズルックに赤いジャケット着用01マーク入った青いヘルメットをかぶり背中に白いトランペット背負うといった派手ないでたちトレードマーク。この白いトランペット独特のメロディー吹きながら高所より登場し、「悪のあるところ必ず現れ悪の行われるところ必ずゆく、正義の戦士キカイダー01!」と口上して前方宙返り敵陣へと飛込む01形時に使用するダブルマシンを普段から乗用している。迷いなく弱者を守るために闘う半面弱者女子供には弱く無茶な頼みでも断ることができない。また物語後半では、善悪判断する葛藤存在しない自分に悩みのようなものを持ち始めシーンもあった。前半日没後太陽光届かない所では変身できない同時にパワー半減する)という設定だったが、後半からはなぜか夜間でも変身して光線技使用するシーン存在する目に敵の正体暴く透視光線光線感知器28話で使用)が装備されている。光線感知器故障して大量のエネルギーにより修復されるわずかな物音電波感知するゼロワンイヤー、ヘルメットから強烈な光放つゼロワンズサン(第27話使用)も使用可能体内からエネルギー発電機取り出せる。指には傷口塗り込められシャドウの毒を探知する機能があり、体内にはシャドウの毒の解毒剤合成したり、ロボット電子頭脳入れて読み取ったりする能力もある。オイル交換カプセルは腕に入れている。また、ビジンダー不完全ながらも良心回路取り付けたこともある。

※この「イチロー」の解説は、「キカイダー01」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「キカイダー01」の記事については、「キカイダー01」の概要を参照ください。


イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 03:14 UTC 版)

ササキ様に願いを」の記事における「イチロー」の解説

オリックス・ブルーウェーブシアトル・マリナーズニューヨーク・ヤンキースマイアミ・マーリンズマリナーズ外野手背番号5131ヤンキース)→51(マーリンズ・マリナーズ)。

※この「イチロー」の解説は、「ササキ様に願いを」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「ササキ様に願いを」の記事については、「ササキ様に願いを」の概要を参照ください。


イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 11:30 UTC 版)

99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」の記事における「イチロー」の解説

第一話冒頭に登場当時シアトル・マリナーズ所属前述あるようにこの物語橋田執筆するきっかけ作った人物。現在アメリカ人から賞賛を受けているが、当時編の社会状況から対比して描かれている。

※この「イチロー」の解説は、「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」の記事については、「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」の概要を参照ください。


イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 08:57 UTC 版)

武者ケロ」の記事における「イチロー」の解説

長男負の螺旋に取憑かれてしまう。

※この「イチロー」の解説は、「武者ケロ」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「武者ケロ」の記事については、「武者ケロ」の概要を参照ください。


イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 07:13 UTC 版)

日本人選手のメジャーリーグ挑戦」の記事における「イチロー」の解説

1999年オフMLB球団への移籍当時所属していたオリックス・ブルーウェーブ要望するが、受け入れられず。2000年オフ日本人選手初めポスティングシステム入札制度)を行使シアトル・マリナーズが約1312ドル落札し3年総額1400ドル契約を結ぶ日本人野手として初のメジャーリーガー誕生するとともに以降メジャーリーグ移籍の手としてのポスティングシステム注目された。

※この「イチロー」の解説は、「日本人選手のメジャーリーグ挑戦」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「日本人選手のメジャーリーグ挑戦」の記事については、「日本人選手のメジャーリーグ挑戦」の概要を参照ください。


イチロー(本人役)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:16 UTC 版)

古畑任三郎」の記事における「イチロー(本人役)」の解説

第41回犯人役。出演オファー受けたのは2004年11月で、「話を聞く用意あります」と返答していた。『古畑』の大ファンだったイチローは、同じく大ファン弓子夫人と共に古畑の1シーンをよく再現していたという。また、古畑DVD全巻所有し自宅流しているそうであるその後オファー承諾三谷滞在しているホテル訪ね役者としての勘を見るために「すべて閣下仕業」の1シーン演じ三谷からお墨付きもらった田村からは撮影2時間前にあらわれNGもなかったことから役者の鑑」と称賛された。だが、実際撮影に入ると、本物役者達との競演緊張したそうである撮影終了後試合中に「古畑さん、古畑さん」と隠れて練習していたこと、向島音吉役の小林隆遅刻してきたことなどを自身の出演している番組内で語っている。

※この「イチロー(本人役)」の解説は、「古畑任三郎」の解説の一部です。
「イチロー(本人役)」を含む「古畑任三郎」の記事については、「古畑任三郎」の概要を参照ください。


イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 06:54 UTC 版)

スーラジ ザ・ライジングスター」の記事における「イチロー」の解説

16話から登場。ムンバイ・チャンピオンズ研修生テストを受けに日本からやってきた俊足身体能力の高い武道家原作速水譲次をヒントにしたという。

※この「イチロー」の解説は、「スーラジ ザ・ライジングスター」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「スーラジ ザ・ライジングスター」の記事については、「スーラジ ザ・ライジングスター」の概要を参照ください。


イチロー (イチロー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 23:37 UTC 版)

フリフリ!イチローくん」の記事における「イチロー (イチロー)」の解説

オリックスブルーウェーブバッタークールだけどいたずらをする

※この「イチロー (イチロー)」の解説は、「フリフリ!イチローくん」の解説の一部です。
「イチロー (イチロー)」を含む「フリフリ!イチローくん」の記事については、「フリフリ!イチローくん」の概要を参照ください。


イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 23:40 UTC 版)

マツイ日記は知っている!」の記事における「イチロー」の解説

オリックス・ブルーウェーブシアトル・マリナーズ外野手

※この「イチロー」の解説は、「マツイ日記は知っている!」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「マツイ日記は知っている!」の記事については、「マツイ日記は知っている!」の概要を参照ください。


イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 03:43 UTC 版)

ウダウダやってるヒマはねェ!」の記事における「イチロー」の解説

アマギンの子分。刈り上げリーゼント拳で壁を粉砕するほどの腕力持ち、星志郎追い詰めるほどの実力だが、カオリ暴力振るったことで星志郎逆鱗触れてしまい敗れた。アマギンのことを、自分納得できる形で裁かれるのを待つ「他殺志願者」と考えて哀れに思っており、アマギンが亜輝に殺されそうになったときには制止していた。

※この「イチロー」の解説は、「ウダウダやってるヒマはねェ!」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「ウダウダやってるヒマはねェ!」の記事については、「ウダウダやってるヒマはねェ!」の概要を参照ください。


イチロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 22:37 UTC 版)

ジョー・ジラルディ」の記事における「イチロー」の解説

ジラルディ監督時代5年目途中7年目在籍かつては高い得点力を持っていたイチローも30代後半になるとメディアからは衰え指摘されるようになった2011年打率3割を切ると、引き続き2012年一向に調子上がらずそのため同年途中マリナーズからヤンキース移籍した後は主に下位打線起用された。イチローが調子上げ週間MVP2012年9月1723日)の活躍を見せると、9月22日からは主に2番として毎試合起用ポストシーズンでも2番または1番起用し続けた。しかし、2013年はイチローの調子上がらず、主に下位起用し2014年には外野手ジャコビー・エルズベリーカルロス・ベルトラン獲得したことにより、イチローは外野4番手として守備固め代打代走起用することも多かったそのほか2010年のMLBオールスターゲームではアメリカンリーグ監督としてイチローを1番起用している。

※この「イチロー」の解説は、「ジョー・ジラルディ」の解説の一部です。
「イチロー」を含む「ジョー・ジラルディ」の記事については、「ジョー・ジラルディ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イチロー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「イチロー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イチローのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イチローのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイチロー (改訂履歴)、イチロー! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウチの場合は (改訂履歴)、キカイダー01 (改訂履歴)、ササキ様に願いを (改訂履歴)、99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜 (改訂履歴)、武者ケロ (改訂履歴)、日本人選手のメジャーリーグ挑戦 (改訂履歴)、古畑任三郎 (改訂履歴)、スーラジ ザ・ライジングスター (改訂履歴)、フリフリ!イチローくん (改訂履歴)、マツイ日記は知っている! (改訂履歴)、ウダウダやってるヒマはねェ! (改訂履歴)、ジョー・ジラルディ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS