栗山英樹とは? わかりやすく解説

栗山英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/02 06:40 UTC 版)

栗山 英樹(くりやま ひでき、1961年昭和36年〉4月26日 - )は、東京都小平市[1]出身の野球指導者、元プロ野球選手外野手)。右投両打。


注釈

  1. ^ 翌年から打撃コーチ補佐兼任。
  2. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2001』(『ホームラン』2001年3月号増刊。日本スポーツ出版社発行)の解説者名鑑内で「TBSを卒業」という旨の記述をしているが、テレビ解説の活動先をテレビ朝日に移しただけで、TBSラジオでの解説者活動は引き続き行っていた[12]
  3. ^ 2016年まで、現在のマツダスタジアムでセ・リーグ優勝監督・CS制覇チーム監督の胴上げが行われたことは一度も無く、同球場での日本シリーズ開催は2016年が初めてであった。なお、2016年の広島のセ・リーグ優勝の胴上げは東京ドーム(9月10日の巨人対広島戦)で行われた。
  4. ^ 2023年WBCにてチームを世界一に導いた手腕を讃えて[60]
  5. ^ 「栗山英樹監督とWBC日本代表」として受賞。

出典

  1. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、204ページ
  2. ^ 侍ジャパン監督 栗山英樹氏が特任教授に就任”. 北海学園大学. 2023年4月2日閲覧。
  3. ^ a b 栗山英樹『栗山英樹29歳 夢を追いかけて』[要ページ番号]
  4. ^ a b 「栗山英樹 熱中甲子園」スポーツニッポン、2009年8月10日6面。
  5. ^ 栗山英樹に両親が説教「非現実的で甘過ぎる」ジョークだった「プロ絶賛」発言を本気に…国立大の学生が“まさかのプロ入り”を果たすまで”. Sports Graphic Number. 文藝春秋 (2023年6月25日). 2023年6月25日閲覧。
  6. ^ 東京中日スポーツ 1985年1月21日付
  7. ^ プロ不合格に幻の長嶋内閣入り。“日本一”栗山監督を作った2つの転機”. THE PAGE (2016年11月1日). 2017年5月26日閲覧。
  8. ^ 『1984ヤクルトスワローズファンブック』(ヤクルト球団、1984年)36頁
  9. ^ 『栗山魂』130~133頁
  10. ^ 『覚悟』53頁
  11. ^ 『TBS50年史』資料編P234の「主なスポーツ番組解説者」に掲載されたプロ野球解説者の一覧より参照。
  12. ^ 2001年当時のTBSラジオ『ザ・ベースボール』公式サイト内解説者一覧 - インターネットアーカイブ2001年4月13日付保存キャッシュより
  13. ^ 経営学部 経営専攻紹介 教員紹介 教員紹介詳細”. 白鷗大学. 2011年9月4日閲覧。
  14. ^ 高野連、元プロ栗山英樹さんの取材に特例許可”. 読売新聞 (2009年8月3日). 2011年10月17日閲覧。
  15. ^ a b 栗山氏 日本ハム新監督就任 「責任をひしひしと感じている」”. スポーツニッポン (2011年11月3日). 2011年11月3日閲覧。
  16. ^ 野球 日本ハム監督に栗山英樹氏 大社オーナー「球団の方針を理解してくれる人」”. スポーツニッポン新聞社 (2011年10月17日). 2023年5月11日閲覧。
  17. ^ 栗山新監督が背負う!三原魔術の「80」(1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM(2011年11月10日付記事)[リンク切れ]
  18. ^ 栗山ハム新監督“三原イズム”で勝つ! - デイリースポーツonline(2011年11月10日付記事)
  19. ^ プロ野球デキゴトロジー/3月30日 斎藤佑樹、初の開幕投手でプロ初完投勝利【2012年3月30日】 週刊ベースボール
  20. ^ 激動の10年史 2010-2020 日本ハム・長期政権で挑んだ10年。世代交代も推し進める/12球団激闘の10年史 週刊ベースボール
  21. ^ 中日スポーツ:ハム激震 吉井投手コーチも退団 栗山監督との確執が原因 2012年11月5日
  22. ^ a b 日本ハム 来季の1軍コーチ陣発表 阿井、黒木、大塚氏が入閣 - スポーツニッポン
  23. ^ 週刊ベースボール、2013年12月30日号、p54-p55
  24. ^ 栗山監督「審判やめろ」暴言で初の退場 日刊スポーツ
  25. ^ 侍・白井HC コーチ就任を決断した栗山監督からの口説き文句「元々、同い年で仲は良かった」 スポーツニッポン
  26. ^ 日本ハム・阿井ヘッド辞任 球団慰留も辞意固く スポーツニッポン 2015年10月14日
  27. ^ 栗山英樹監督契約延長のお知らせ 北海道日本ハムファイターズ公式サイト 2016年11月2日配信
  28. ^ “日本ハム・荒木2軍監督、来季から1軍投手コーチ就任へ!投手陣の再建と整備担う”. サンケイスポーツ. (2020年11月29日). https://www.sanspo.com/article/20201129-K5DPAEQXTFLFLEHF5OZJ4FN5AU/ 2020年12月1日閲覧。 
  29. ^ 【12球団監督採点簿】最高得点は工藤監督、最低得点の監督は誰?”. 週刊ベースボールONLINE (2020年11月30日). 2021年12月5日閲覧。
  30. ^ “2020年度 パシフィック・リーグチーム守備成績”. NPB. (2020年12月1日). https://npb.jp/bis/2020/stats/tmf_p.html 2020年12月1日閲覧。 
  31. ^ 日本ハム栗山監督正式続投「もう1回丸裸になって」|日刊スポーツ”. 日刊スポーツ. 2020年11月17日閲覧。
  32. ^ 巨人 中田翔を無償トレードで日本ハムから獲得 背番号は「10」 NHK
  33. ^ 栗山英樹監督退任のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ (2021年10月16日). 2021年10月16日閲覧。
  34. ^ 栗山英樹監督が退任会見”. 北海道日本ハムファイターズ (2021年11月1日). 2021年11月2日閲覧。
  35. ^ 【日本ハム】栗山英樹前監督に新ポスト「プロフェッサー」に就任 選手教育の改革に着手”. 中日スポーツ (2021年12月20日). 2023年12月25日閲覧。
  36. ^ 侍ジャパン監督 栗山英樹氏が特任教授に就任” (2022年4月1日). 2022年4月2日閲覧。
  37. ^ {https://pnb.jiho.jp/article/223913 社外取締役に野球日本代表監督の栗山氏アインHD]PHARMACY NEWSBREAK2022/6/30 14:59
  38. ^ 【日本ハム】栗山英樹氏が新設ポスト「チーフ・ベースボール・オフィサー」に就任 球団運営と編成の役割”. スポーツ報知 (2023年12月26日). 2023年12月26日閲覧。
  39. ^ 栗山英樹新監督の就任発表記者会見が行われ、球界発展のための並々ならぬ決意を語る”. 日本野球協議会. 2023年3月24日閲覧。
  40. ^ 日本放送協会 (2021年11月30日). “野球日本代表 前日本ハム監督 栗山英樹氏の監督就任 正式決定”. NHKニュース. 2021年12月1日閲覧。
  41. ^ 【侍ジャパン】退任の栗山監督 次なる目標は「恥ずかしくて言えないですけど、あります。」”. 日刊スポーツ. 2023年6月2日閲覧。
  42. ^ WBCで生まれた絆 侍J・栗山英樹前監督がチェコ野球名誉大使就任へ 欧州選手権前のチェコ代表を激励訪問” (2023年9月24日). 2023年11月4日閲覧。
  43. ^ 日ハム新監督・栗山英樹氏 守備別グラブ選びの極意を語る”. NEWSポストセブン (2011年12月5日). 2021年9月28日閲覧。
  44. ^ イチローがWBCに沈黙の理由「妻の元カレは応援できない」弓子夫人と栗山監督のただならぬ関係”. SmartFLASH (2023年3月21日). 2023年3月21日閲覧。
  45. ^ 栗山英樹“じつは俳優を目指していた”高校時代…なぜ「先生を目指して国立大」に進んだのか? 本人が赤裸々に語った“30年前のエッセイ””. Sports Graphic Number. 文藝春秋 (2023年6月25日). 2023年6月25日閲覧。
  46. ^ 【日本ハム】栗山監督、自称「原マニア」原辰徳氏を祝福「オーラが光として見えた」”. スポーツ報知 (2018年1月16日). 2022年11月7日閲覧。
  47. ^ 栗山監督「ヒロミは岡ちゃん」ドラ1伊藤をヒロ呼び”. 日刊スポーツ (2021年1月19日). 2021年9月28日閲覧。
  48. ^ なぜ栗山監督は大谷に厳しいのか SHIGEFIKA PONDAN.2016年10月12日
  49. ^ 「そんなことでは褒めません」――日ハム栗山監督の清宮指導はなぜ厳しい? Full-Count
  50. ^ 大谷、厳しい言葉の裏で栗山監督が守ってくれた「本心は理解しているつもりです」 スポーツ報知. 2017年12月26日
  51. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.109.
  52. ^ 【日本ハム】14年連続50試合登板の宮西尚生 栗山監督は「体がつぶれてでも投げたいと思える人」”. スポーツ報知 (2021年10月26日). 2021年11月5日閲覧。
  53. ^ 日本ハム移籍の谷内が栗山監督との不思議な縁明かす - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年9月30日閲覧。
  54. ^ “栗山町出身のバービー 移住の栗山監督のおかげで「町をめっちゃ知ってもらえる、嬉しい」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2023年3月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/03/28/0016187890.shtml 2023年3月28日閲覧。 
  55. ^ 栗の樹ファーム公式サイト(スポーツニッポン内)
  56. ^ 日本ハム・栗山監督 「栗の樹ファーム」から始まった10年間の歩み 「ここに来ていなければ…」 2021年10月27日 スポニチアネックス
  57. ^ 第2回(平成21年)日本芝生文化大賞受賞コメント”. 日本芝草学会. 2021年11月5日閲覧。
  58. ^ 2009年度日本芝生文化大賞についての報告”. 日本芝草学会. 2022年11月7日閲覧。
  59. ^ “栗山監督に正力賞「本当におこがましい。辞退したいくらい」”. スポニチアネックス. (2016年11月18日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/18/kiji/K20161118013745000.html 2016年11月18日閲覧。 
  60. ^ 2023年度 日本野球機構表彰”. 日本野球機構. 2023年11月13日閲覧。
  61. ^ 2011年 第46回テレビ朝日ビッグスポーツ賞” (PDF). 2017年7月27日閲覧。
  62. ^ テレビ朝日『第47回 ビッグスポーツ大賞』ワールドプロレスリング賞にオカダ・カズチカが受賞!”. 新日本プロレスリング (2013年1月19日). 2017年7月27日閲覧。
  63. ^ 大谷が萩野公介、ベイカー茉秋らと「同世代トーク」”. Full-Count (2017年1月13日). 2017年7月27日閲覧。
  64. ^ 北海道命名150年 「キタデミー賞」、最優秀作品賞は「北海道」、主演男優賞に「ヒグマ」 | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議”. AdverTimes(アドタイ)宣伝会議が運営する、広告界のニュース&情報プラットフォーム. 2021年5月13日閲覧。
  65. ^ “栗山英樹氏 栗山町でWBC世界一の軽トラパレード!町民栄誉賞で記念の特別長靴も”. スポニチアネックス. (2023年6月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/06/26/kiji/20230625s00001004853000c.html 2024年6月2日閲覧。 
  66. ^ “「菊池寛賞」に前侍ジャパン・栗山英樹監督、東野圭吾氏、野沢雅子ら5人が選出”. デイリー. (2023年10月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2023/10/11/0016905761.shtml 2023年10月11日閲覧。 
  67. ^ 『SUITS OF THE YEAR 2023』受賞者決定 栗山英樹氏や広瀬アリスら5人”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年10月16日). 2023年10月16日閲覧。
  68. ^ 服部真二賞第6回受賞者(2023年度)” (2023年11月1日). 2023年11月1日閲覧。
  69. ^ 侍ジャパン栗山英樹前監督、全身真っ黒スタイリングで登場 大谷翔平&ヌートバーの心温まるエピソード明かす”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年11月29日). 2023年11月29日閲覧。
  70. ^ 大谷翔平、「Yahoo!検索大賞2023」でW受賞 俳優部門1位は山田裕貴”. マイナビニュース. マイナビ (2023年12月5日). 2023年12月5日閲覧。
  71. ^ 栗山英樹氏、教え子・大谷翔平に親心 - サンスポ 2023年12月11日
  72. ^ 2023年『Number MVP賞』は栗山英樹監督とWBC日本代表に決定! - Sports Graphic Number 2023年12月7日
  73. ^ “栗山監督500勝 大沢、水原に次ぐ日本ハム歴代3位”. 日刊スポーツ. (2018年9月3日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809030000333.html 2021年4月24日閲覧。 
  74. ^ “日本ハム栗山監督600勝 選手第一主義貫き9年”. 日刊スポーツ. (2020年8月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008150001017.html 2021年4月24日閲覧。 
  75. ^ 覚悟 理論派新人監督は、なぜ理論を捨てたのか - honto 2024年4月5日閲覧
  76. ^ 伝える。 言葉より強い武器はない - honto 2024年4月5日閲覧
  77. ^ 未徹在 「組織のなかのリーダー」の在り方 - honto 2024年4月5日閲覧
  78. ^ 「最高のチーム」の作り方 - honto 2024年4月5日閲覧
  79. ^ サンケイスポーツ (2014年7月3日). “テレ朝系SPドラマで栗山監督、美姫さん、工藤氏が友情競演!”. 2014年7月3日閲覧。
  80. ^ 「ホームベース」- 都会と違う私の青春 - honto 1998年9月20日
  81. ^ 栗山英樹氏、テレ東「カンブリア宮殿」年内ラスト放送に出演 WBC大会秘話を明かす - 日刊スポーツ 2023年12月7日
  82. ^ 参考:栗山英樹氏のサインボールをゲット!『ワースタ5』発売記念キャンペーン! - 『電撃オンライン』2001年4月25日付
  83. ^ 第一三共ヘルスケアホームページ内に掲載されていた、CM情報 - インターネットアーカイブ2008年9月17日付保存キャッシュ
  84. ^ 探偵はBARにいる3 - allcinema 2024年4月4日閲覧
  85. ^ FIGHTERS THE MOVIE ~Challenge with Dream~ - allcinema 2024年4月4日閲覧
  86. ^ Shohei Ohtani - Beyond the Dream - 映画.com 2024年4月4日閲覧
  87. ^ 大谷翔平ドキュメンタリー配信 「ディズニー+」来月17日から”. 共同通信 (2023年10月10日). 2023年11月19日閲覧。
  88. ^ 大谷翔平ドキュメンタリーの予告解禁!松井秀喜、ダルビッシュ有、栗山英樹ら出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2023年11月1日). 2023年11月1日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「栗山英樹」の関連用語

栗山英樹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



栗山英樹のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの栗山英樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS