ロサンゼルス・エンゼルスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ロサンゼルス・エンゼルスの意味・解説 

ロサンゼルス・エンゼルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 03:40 UTC 版)

ロサンゼルス・エンゼルス英語: Los Angeles Angels、略称: LAA)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州アナハイム。本拠地球場はエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムNHKなどではエンジェルスと表記される。愛称は光の輪(halo:ヘイロウ)を意味するHalos(ヘイロウズ)[1]


  1. ^ “大谷翔平からメジャーリーグを観ようと思っている人へ【その6】チームの略称と愛称。LAAと「天使の輪」”. 宇根夏樹. (2018年2月14日). https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20180214-00081615/ 2018年2月15日閲覧。 
  2. ^ ディズニーランドと大谷翔平が所属するエンゼルスの意外な「接点」とは?”. フロントロウ (2018年5月12日). 2022年8月25日閲覧。
  3. ^ a b MLB:球団売却を検討、大谷翔平の去就は…「長期契約の締結を」との声も”. 読売新聞 (2022年8月24日). 2022年8月25日閲覧。
  4. ^ Angels' playoff picture has yet to be painted
  5. ^ 【米国はこう見ている】またも“珍記録”に挑んだエンゼルスがマリナーズ戦でギネス記録樹立 Full-Count (2015年5月6日) 2015年6月21日閲覧
  6. ^ “エンゼルス入り決断の大谷、日本時間10日にも入団会見へ”. livedoor NEWS. (2017年12月9日). http://news.livedoor.com/article/detail/14004208/ 2017年12月9日閲覧。 
  7. ^ “エンゼルス39年ぶり開幕12勝3敗の快進撃 「大谷翔平」効果? - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/14580741/ 2018年4月15日閲覧。 
  8. ^ “エンゼルス、開幕13勝3敗は球団新記録 開幕3連勝を目指す大谷翔平へ弾み” (日本語). スポーツ報知. (2018年4月15日). http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20180415-OHT1T50088.html 2018年4月15日閲覧。 
  9. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「ソーシア監督、涙の退任発表 大谷は感謝「楽しく野球できたのは監督のおかげ」 - スポニチ Sponichi Annex 野球」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年10月18日閲覧。
  10. ^ “大谷翔平のエンゼルスにブラッド・オースマス新監督就任 新監督はデータ主義”. https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/240080 2022年1月29日閲覧。 
  11. ^ エンゼルス、トラウトとの“生涯契約”を発表 12年472億円「ずっとここにいたい」” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2019年9月17日閲覧。
  12. ^ 大谷の同僚、エンゼルスの左腕スカッグスが27歳で急死 2日の試合は中止” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2019年7月13日閲覧。
  13. ^ “スキャッグスを背に”エンゼルスが本拠地で継投ノーヒッター 大谷翔平は猛攻に繋がる左前打で8戦連続H” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2019年7月13日閲覧。
  14. ^ エンジェルスの店じまい。大谷翔平に続き、トラウトも手術を受けてシーズン終了(宇根夏樹) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2019年9月17日閲覧。
  15. ^ Joe Maddon agrees to be new manager of Los Angeles Angels(ESPN News Services) - ESPN” (英語). ESPN MLB. 2019年10月17日閲覧。
  16. ^ エンゼルス3週間足らずで11の貯金が0に トラウトがまさかの大ブレーキ”. 日刊スポーツ (2022年6月5日). 2022年11月3日閲覧。
  17. ^ 大谷翔平3打数1安打 エンゼルス・モレノオーナーが球団売却へ、チームは大敗/詳細”. 日刊スポーツ (2022年8月24日). 2022年8月24日閲覧。
  18. ^ 大谷翔平が「ダブル規定」達成…初回3者凡退で自身初の規定投球回到達、二刀流の新境地”. スポーツ報知 (2022年10月6日). 2022年11月3日閲覧。
  19. ^ 著名な歌手であり、エンゼルス創設者・初代オーナー
  20. ^ 1997年指定
  21. ^ Angels induct Guerrero into Hall of Fame MLB.com (英語) (2017年8月26日) 2017年8月28日閲覧


「ロサンゼルス・エンゼルス」の続きの解説一覧

ロサンゼルス・エンゼルス(アメリカンリーグ・1961年から)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 01:03 UTC 版)

1960年のメジャーリーグベースボール」の記事における「ロサンゼルス・エンゼルス(アメリカンリーグ1961年から)」の解説

ロサンゼルスには、もともとエンゼルスというマイナーリーグ球団があり、1932年から1956年まではシカゴ・カブス傘下にあり、本拠地リグレー・フィールドという名称でシカゴ・カブス本拠地球場同じであった。そこへドジャース移転してた際にいったんは消滅したが、メジャーリーグ球団誕生蘇った当初ロサンゼルス球団オーナーとしてビル・ベックハンク・グリーンバーグラルフ・カイナーなどが共同出資したグループ名乗りを上げたがベック反感を持つドジャースオマリーフランチャイズとして45ドル要求したため頓挫し地元で複数のテレビ・ラジオ局を所有する人気歌手のジーン・オートリーが、たまたま地元局がドジャースから放送契約打ち切り言い渡されて、新設エンゼルスとの放送契約結ぼう動いていた時にリーグ会長ジョー・クローニンからオーナー打診を受けて球団そのもの所有することになったGMには元ブレーブス監督だったフレッド・ヘイニー、監督ヤンキースケーシー・ステンゲル断られて、元ジャイアンツのビル・リグニーを招いた

※この「ロサンゼルス・エンゼルス(アメリカンリーグ・1961年から)」の解説は、「1960年のメジャーリーグベースボール」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・エンゼルス(アメリカンリーグ・1961年から)」を含む「1960年のメジャーリーグベースボール」の記事については、「1960年のメジャーリーグベースボール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロサンゼルス・エンゼルス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ロサンゼルス・エンゼルス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロサンゼルス・エンゼルス」の関連用語

ロサンゼルス・エンゼルスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロサンゼルス・エンゼルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロサンゼルス・エンゼルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1960年のメジャーリーグベースボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS