ボルチモアとは? わかりやすく解説

ボルティモア【Baltimore】

読み方:ぼるてぃもあ

米国メリーランド州チェサピーク湾奥に位置する港湾都市鉄鋼造船などの工業盛んなほか、文化・教育中心地人口行政区642008)。

ボルティモアの画像
港のようす/撮影・cogdogblog http://goo.gl/kGdv0

ボルチモア

名前 Baltimore

ボルチモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 06:17 UTC 版)

ボルチモア英語: Baltimore)は、アメリカ合衆国メリーランド州にある同州最大の都市。どのにも属さない独立都市である。ボルティモアとも表記する。古くから天然の良港として知られ、1729年に南部産タバコの輸出港として開かれて発展した。首都であるワシントンD.C.外港としての機能を有する大西洋で極めて重要な港湾都市であり、2020年にイギリスが発表した「グローバリゼーションと世界都市研究ネットワーク」(GaWC)ではガンマ+の都市に評価されるなど、東海岸世界都市に数えられる。


  1. ^ アメリカ・ボルチモア大火(1904年2月7日)” (日本語). Yahoo!天気・災害. 災害カレンダー. 2022年8月9日閲覧。
  2. ^ 反対派選挙区「ネズミだらけ」=トランプ氏、有力黒人議員中傷”. 時事通信 (2019年7月28日). 2019年7月27日閲覧。
  3. ^ 黒人下院委員長を攻撃 米大統領、人種問題再燃”. 日本経済新聞 (2019年7月29日). 2019年10月17日閲覧。
  4. ^ a b 加藤出 (2014年8月12日). “地区連銀候補だったボルティモア 米東海岸の港町に見る栄枯盛衰”. ダイヤモンド社. http://diamond.jp/articles/-/57480 2014年10月4日閲覧。 
  5. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 
  6. ^ https://www.baltimoresun.com/bs-mtblog-2010-04-top_20_moments_in_baltimore_wrestling_history_nos_110-story.html
  7. ^ a b c d e f g h i j k l Sister Cities” (英語). Visit Baltimore. 2011年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月6日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j Sister City Directory” (英語). Sister Cities International. 2012年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月6日閲覧。
  9. ^ 姉妹都市・友好都市のプロフィール”. 川崎市. 2012年1月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月6日閲覧。
    姉妹都市・友好都市のプロフィール”. 川崎市. 2017年9月27日閲覧。


「ボルチモア」の続きの解説一覧

ボルチモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 02:09 UTC 版)

ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の記事における「ボルチモア」の解説

メリーランド州独立市。ここの貧民区でイザイアが孫のイライジャ生活しており、後に彼の家に来訪し追い出されサムバッキーが、イザイアについて口論し警察沙汰なりかけてしまう。

※この「ボルチモア」の解説は、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の解説の一部です。
「ボルチモア」を含む「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の記事については、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ボルチモア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ボルチモア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ボルチモアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボルチモアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボルチモア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファルコン&ウィンター・ソルジャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS