世界都市とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 世界都市の意味・解説 

グローバル都市


世界都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 15:28 UTC 版)

世界都市(せかいとし、: world city: Weltstadt)とは、主に経済的、政治的、文化的な中枢機能が集積しており、世界的な観点による重要性や影響力の高い都市グローバル都市: global city)ともいう。


注釈

出典

  1. ^ a b c 加茂利男『世界都市』 27頁 有斐閣
  2. ^ 市川宏雄. “東京の未来戦略”. 2021年3月17日閲覧。
  3. ^ 加茂利男『世界都市』 12頁 有斐閣
  4. ^ a b c d 加茂利男『世界都市』 16頁 有斐閣
  5. ^ 加茂利男『世界都市』 17-18頁 有斐閣
  6. ^ 加茂利男『世界都市』 17頁 有斐閣
  7. ^ What Makes a Global City? The Chicago Council on Global Affairs、2017年10月15日閲覧。
  8. ^ a b c Cities Rank Among the Top 100 Economic Powers in the World Chicago Council on Global Affairs 2016年10月28日閲覧。
  9. ^ Fortune 500 and Fortune 10002016年10月18日閲覧。
  10. ^ a b c d The Global Financial Centres Index 22 2017年10月28日閲覧。
  11. ^ Bangkok Takes Title in 2016 Mastercard Global Destinations Cities Index Mastercard.com 2016年10月18日閲覧。
  12. ^ a b ACI Media ReleasesAirport Council International 2016年10月18日閲覧。
  13. ^ The world's most expensive city in 2016 is ... CNN 2016年11月2日閲覧。
  14. ^ 加茂利男『世界都市』15頁 有斐閣
  15. ^ Dubai most cosmopolitan city globally, 83% population is foreign-born emirates247 2016年11月3日閲覧。
  16. ^ a b c The Cities With The Most Billionaires Forbes.com. 2016年3月公表
  17. ^ Demographia World Urban Areas 14th Annual Edition: 201804 2018年5月19日閲覧。
  18. ^ a b Demographia:World Urban Areas & Population Projections
  19. ^ a b c d e f g 2020 Global Cities Index: New priorities for a new world AT Kearney 2020年公表
  20. ^ 加茂利男『世界都市』 61頁 有斐閣
  21. ^ a b 加茂利男『世界都市』 66頁 有斐閣
  22. ^ 加茂利男『世界都市』138頁 有斐閣
  23. ^ a b c 加茂利男『世界都市』121頁 有斐閣
  24. ^ 加茂利男『世界都市』 99-100頁 有斐閣
  25. ^ 独立行政法人 経済産業研究所
  26. ^ a b c d e f 2017年版 都市比較インデックス 都市パフォーマンスの解読 JLL 2017年10月24日閲覧。
  27. ^ a b c d e f 世界の都市総合力ランキング([1]
  28. ^ a b c d e f The World According to GaWC GaWC 2017年4月2日閲覧。
  29. ^ a b Triennial Central Bank Survey of foreign exchange and OTC derivatives markets in 2016 Bank of International Settlements 2016年10月30日閲覧。
  30. ^ London Census Profile The Migration Observatory 2016年11月14日閲覧。
  31. ^ The Wealth Report Knight Frank 2016年11月14日閲覧。
  32. ^ London will remain the top financial centre post-Brexit, says Deutsche Bank chief The Telegraph 2016年11月14日閲覧。
  33. ^ ブリタニカ国際大百科事典
  34. ^ GaWC - The World According to GaWC 2004”. www.lboro.ac.uk. 2020年4月29日閲覧。
  35. ^ a b Globalisation and Competition: The New World of CitiesJLL 2015年11月14日閲覧。
  36. ^ 米国旅行誌の最も魅力的な都市ランキングで東京が2年連続1位 日本政府観光局 2017年10月28日閲覧。
  37. ^ Safe Cities Index 2017 The Economist 2017年10月28日閲覧。
  38. ^ 東京の都市力|東京でのビジネスを強力にバックアップする特区”. www.senryaku.metro.tokyo.lg.jp. 2020年4月29日閲覧。
  39. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年8月29日). “東京が狙う「三大金融センター」奪還 香港でセミナー” (日本語). 産経ニュース. 2021年9月30日閲覧。
  40. ^ The Global Financial Centres Index - Long Finance”. www.longfinance.net. 2021年9月30日閲覧。
  41. ^ 森記念財団から「世界の都市総合力ランキング」等について聞く (2018年12月13日 No.3389) | 週刊 経団連タイムス” (日本語). 一般社団法人 日本経済団体連合会 / Keidanren. 2020年4月29日閲覧。
  42. ^ The Business of Cities2015年11月14日閲覧。
  43. ^ Hong Kong: A globally fluent metropolitan city Global Cities Initiative 2016年10月30日閲覧。
  44. ^ 経済自由度指数、香港が23年連続世界一 出島、海外ビジネス最前線 2017年10月28日閲覧。
  45. ^ 世界金融センター指数、香港が3位から6位に転落 デモの影響で” (日本語). www.afpbb.com. 2020年4月29日閲覧。
  46. ^ Key Household Income Trends, 2015 Department of Statistics Singapore 2016年11月14日閲覧。
  47. ^ QS Asia University Rankings 2018 QS World University Rankings 2017年10月28日閲覧。
  48. ^ The World's Top 100 Airports in 2017 World Airport Awards 2017年10月28日閲覧。
  49. ^ Ease of doing business index World Bank 2016年11月14日閲覧。
  50. ^ a b 埴淵 2018, p. 491.
  51. ^ a b c 埴淵 2018, p. 492.
  52. ^ Read @Kearney: Readiness for the storm: the 2022 Global Cities Report” (英語). www.kearney.com. 2022年10月25日閲覧。
  53. ^ 森記念財団都市戦略研究所 2020, pp. 2–3.
  54. ^ 森記念財団都市戦略研究所 2020, p. 4.
  55. ^ 森記念財団都市戦略研究所 2020, p. 11.
  56. ^ 森記念財団都市戦略研究所 2020, pp. 4–5.
  57. ^ Decoding City Performance JLL 2017年10月14日閲覧。
  58. ^ a b c JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
  59. ^ 世界の都市活力ランキング「2017年版JLLシティ・モメンタム・インデックス」を発刊 JLL 2017年10月14日閲覧。
  60. ^ a b 埴淵 2008, p. 572.
  61. ^ GaWC Research Bulletin 310 GaWC 2016年10月30日閲覧。
  62. ^ Inventory of World Cities (1998) GaWC 2016年10月30日閲覧。
  63. ^ GaWC - The World According to GaWC 2020” (2020年8月21日). 2021年3月17日閲覧。
  64. ^ Parilla, Jesus Leal Trujillo and Joseph (-001-11-30T00:00:00+00:00). “Redefining Global Cities” (英語). Brookings. 2019年11月30日閲覧。


「世界都市」の続きの解説一覧

世界都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 09:09 UTC 版)

「都市」記事における「世界都市」の解説

詳細は「世界都市」を参照 世界都市は、主に経済的政治的文化的な活動において、グローバルな観点による重要性影響力の高い都市のことである。グローバル都市とも言う

※この「世界都市」の解説は、「都市」の解説の一部です。
「世界都市」を含む「都市」の記事については、「都市」の概要を参照ください。


世界都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/28 21:02 UTC 版)

ポール・オトレ」の記事における「世界都市」の解説

世界都市(The World CityまたはCité Mondiale)は、世界主要な機関をすべて集めた全世界展覧会のような都市という、オトレ考えた理想郷ビジョンである。世界都市は、他の世界知識発し平和および世界的な協力構築すると考えられる国際機関専用理想郷都市設計するというオトレ考えは、同時代1913年出版された在米ノルウェー人彫刻家のヘンドリック・クリスチャン・アンダーセンとフランス人建築家エルネスト・エブラールによる世界コミュニケーションセンターのための一連のボザール様式構想から主に着想得ていた。世界都市の設計についてオトレ数人建築家協働した。このようにして世界都市の全体の設計展開していった。最も入念に作られた計画は、ル・コルビュジエによるムンダネウム1928年)と世界都市(1929年)の計画であり、1931年ジュネーブ国際連盟建物となりのテルフューレンに建設することが計画された1933年にはヴィクター・ブルジョアが王立中央アフリカ博物館のとなりに、また再びル・コルビュジエアントワープ左岸に、1935年にはモーリス・ハイマンスがワシントン近くチェサピーク湾に、また1941年にはスタニラス・ヤシンスキとラファエル・デルヴィルがアントワープ左岸それぞれ計画をした。これらの異な計画の中でも、世界都市のプログラムの諸要素いくらか固定されていた。それは世界美術館世界大学世界図書館およびドキュメンテーション・センター、国際的な協会事務所大使館、オリンピックセンター、住宅地区公園含んでいることであった

※この「世界都市」の解説は、「ポール・オトレ」の解説の一部です。
「世界都市」を含む「ポール・オトレ」の記事については、「ポール・オトレ」の概要を参照ください。


世界都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:42 UTC 版)

ニューヨーク市の経済」の記事における「世界都市」の解説

ニューヨーク市人口統計その比較2000年国勢調査NY市NY州合衆国総人口8,213,839 18,976,457 281,421,906 人口動性, 1990 to 2000+9.4% +5.5% +13.1% 人口密度26,403/sq mi 402/sq mi 80/sq mi 中産階級世帯収入 (1999)$38,293 $43,393 $41,994 学士保有率27% 27% 29% 外国出生36% 20% 11% 白人45% 68% 75% ヒスパニック以外の白人37% 62% 67% 黒人28% 16% 12% ヒスパニック27% 15% 11% アジアン10% 6% 4% ニューヨーク市オフィスを持つ会社のうち10分の1外資系であることからも分かるようにアメリカ国内で最もグローバル化された都市であり多くの国際的ビジネスが日行われている。その特徴からワシントンD.C.連邦政府外交国際貿易などにも大きな影響及ぼしている。 2000年以降中国最大の輸出先となり、中国にある大企業32社の約半分ニューヨーク都市圏オフィス構えている。これらの企業鉄鋼エネルギー製造からサービス業まで多岐にわたる。またニューヨーク市最大の中国人コミュニティー有しており、中国語新聞社は7社、テレビ中国語放送は2社も存在する航空路線1日12本の香港行き、5本の北京行き出している。 多くの企業ニューヨーク証券取引所の上場と、それに伴う巨大な米国資本手に入れるため同都市圏本社置くことが多い。ニューヨーク市税金他の地域異なっており、特に外資系企業アメリカ本社設置する場合実効税率などが引き下げられている。 企業のみならず同市が国的である理由として不動産オーナー外国人多く、約34%の不動産収益外国人によって捻出されている。これはパリ27%を大きく超えており、香港13%)、シドニー(9%)と比べて非常に多い。ただしロンドン51%の不動産ロシア中東人々流れており、2005年で合320ドル不動産資本外国人によって動かされた。 国際貿易はその天然良港相まって同市重要なビジネスセクターではあるが、コンテナ輸送主流となってから主な港ニュージャージー沿岸移転した。それでも尚ブルックリン港はココア豆の全米最大の輸入港である。

※この「世界都市」の解説は、「ニューヨーク市の経済」の解説の一部です。
「世界都市」を含む「ニューヨーク市の経済」の記事については、「ニューヨーク市の経済」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「世界都市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界都市」の関連用語

世界都市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界都市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界都市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの都市 (改訂履歴)、ポール・オトレ (改訂履歴)、ニューヨーク市の経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS