カンファレンスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > カンファレンスの意味・解説 

カンファレンス【conference】

読み方:かんふぁれんす

《「コンファレンス」とも》

会議協議会。「テレ—」

相談会談

競技連盟米国カナダ高校・大学において、同じレベル学校で構成されるスポーツリーグ。→リーグ1


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/23 17:47 UTC 版)

カンファレンス英語: conference




「カンファレンス」の続きの解説一覧

カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/27 13:43 UTC 版)

国際意識科学会」の記事における「カンファレンス」の解説

1997年から年一回、研究者情報交流のためのカンファレンスを開催している。各カンファレンスの名前は学会の略称である ASSC のあとに開催次をつけたものとなっている。 タイトル開催年と開催時期開催された国開催地会場副題リンクASSC 1 1997年 7月13日-16日 アメリカ合衆国 クレアモント ? 潜在的認知意識について何を語るのか? ASSC 2 1998年 7月19日-22日 ドイツ ブレーメン Hanse Institute for Advanced Study 意識の神経相関 - 実証的および概念的な問題 ASSC 3 1999年 7月4日-7日 カナダ ロンドン (オンタリオ州) ウェスタンオンタリオ大学 意識自己-神経的認知的哲学的問題 ASSC 4 2000年 6月29日-7月2日 ベルギー ブリュッセル ベルギー自由大学 意識の統一性-結びつけ統合分離 ASSC 5 2001年 5月27日-30日 アメリカ合衆国 ダーラム デューク大学 意識内容-知覚注意現象学 ASSC 6 2002年 5月31日-6月3日 スペイン バルセロナ バルセロナ大学 意識と言語-報告可能性表象人間と動物について ASSC 7 2003年 5月31日-6月2日 アメリカ合衆国 メンフィス (テネシー州) メンフィス大学 意識モデルメカニズム ASSC 8 2004年 6月26日-28日 ベルギー アントワープ アントワープ大学 - ASSC 9 2005年 6月24日-27日 アメリカ合衆国 パサデナ カリフォルニア工科大学 - ASSC 10 2006年 6月23日-26日 イギリス オックスフォード オックスフォード大学 セント・アンズ・カレッジ - ASSC 11 2007年 6月22日-25日 アメリカ合衆国 ラスベガス インペリアル・パレス・ホテル - ASSC 12 2008年 6月19日-22日 台湾 台北 国立台湾大学 - ASSC 13 2009年 6月5日-8日 ドイツ ベルリン ベルリン・ブランデンブルク学術アカデミー - ASSC 14 2010年 6月24日-27日 カナダ トロント 89 チェスナット・レジデンス (トロント大学寄宿舎) - ASSC 15 2011年 6月9日-12日 日本 京都 京都大学 吉田キャンパス 時計台記念館 - ASSC 16 2012年 7月3日-6日 イギリス ブライトン サセックス大学 サックラー意識科学センター - ASSC 17 2013年 7月12日-15日 アメリカ合衆国 サンディエゴ 神経科学研究所 - ASSC 18 2014年 7月16日-19日 オーストラリア ブリズベン クイーンズランド大学 Queensland Brain Institute - ASSC 19 2015年 7月7日-10日 フランス パリ 高等師範学校 (フランス)Institute of Cognitive Studies - ASSC 20 2016年 6月14日-18日 アルゼンチン ブエノス・アイレス Centro Cultural de la Ciencia -

※この「カンファレンス」の解説は、「国際意識科学会」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「国際意識科学会」の記事については、「国際意識科学会」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/24 16:01 UTC 版)

グレッグ・クロー=ハートマン」の記事における「カンファレンス」の解説

彼はLinuxカーネル開発詳細な情報説明ドライバ開発のチュートリアルセッションを多く行っている2006年にはLinuxシンポジウムにて基調講演行った2010年六本木開催されLinux Foundation(LF)主催のLinuxCon Japan / Tokyo 2010においては主に-stableツリー管理についての講演行った講演最中バグ修正完了したLinuxカーネルバージョン2.6.35.7をリリースしておりその中でソースコードトップレベルMakefileかかれたコードネーム」をYokohamaLF日本法人所在地である)と名前を変えリリースした

※この「カンファレンス」の解説は、「グレッグ・クロー=ハートマン」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「グレッグ・クロー=ハートマン」の記事については、「グレッグ・クロー=ハートマン」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 08:01 UTC 版)

ブラックレーン」の記事における「カンファレンス」の解説

2014年9月ドイツ開かれたオープンダイアログイベント「Mobility in Transition」にて、CEOのヤンス・ヴォルトフが聴衆に、移動その発展重要性について説いた2015年7月Tech Open Air in Berlinにて、Uber、moovelを含めたGovernment vs. Transportation Technology: Passengers Loseに関するパネルディスカッション開かれた

※この「カンファレンス」の解説は、「ブラックレーン」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「ブラックレーン」の記事については、「ブラックレーン」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 23:17 UTC 版)

バージニア工科大学」の記事における「カンファレンス」の解説

ホーキーズは、2003年からアトランティック・コースト・カンファレンスACC)に属している。2003年ACCに移るまでは、様々なカンファレンスを転々としており例えば、1995年から2000年までアトランティック10カンファレンス(フットボール及びレスリングを除く。フットボール1991年以降ビッグ・イースト・カンファレンス所属。)、2000年から2003年まではビッグ・イースト・カンファレンスレスリングを除く。)に所属していた。

※この「カンファレンス」の解説は、「バージニア工科大学」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「バージニア工科大学」の記事については、「バージニア工科大学」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 04:11 UTC 版)

Laravel」の記事における「カンファレンス」の解説

Laraconは Laravelコンベンション(カンファレンス)のことである。様々なスポンサー追加支援受けたUserScapeによって大規模にオーガナイズ化され開かれている。 Laracon開催スケジュール日付会場2013年2月2223日 ワシントンD.C. 2013年8月3031日 アムステルダム 2014年5月1516日 ニューヨーク 2014年8月2830日 アムステルダム 2015年8月1112日 ケンタッキー州ルイビル 2015年8月2526日 アムステルダム 2016年7月2729日 ケンタッキー州ルイビル 2016年8月2324日 アムステルダム 2017年3月8日 オンライン 2017年7月2526日 ニューヨーク 2017年8月2830日 アムステルダム 2018年2月7日 オンライン 2018年7月25-26シカゴ 2019年3月6日 オンライン 2019年7月24-25ニューヨークPLAYSTATION THEATER タイムズスクエア2020年2月26日 オンライン 2020年3月21日 東京(2020年2月21日新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により中止2020年8月26日 オンライン 2021年3月17日 オンライン 2021年9月1日 オンライン 2022年2月9日 オンライン

※この「カンファレンス」の解説は、「Laravel」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「Laravel」の記事については、「Laravel」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/26 06:23 UTC 版)

2009仁川世界都市祝典」の記事における「カンファレンス」の解説

2009仁川世界都市祝典期間、国際的な規模のカンファレンスも多様に開かれる予定である都市関連問題重点的に議論するカンファレンスは祝典開かれる80日間休みなく開催され影響力のあるリーダーたち、都市代表者世界的な学識者企業の代表、都市開発者などが招かれる代表的なカンファレンスとしてはアジア太平洋都市サミットAPCS)とグローバル環境フォーラムなどがある。

※この「カンファレンス」の解説は、「2009仁川世界都市祝典」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「2009仁川世界都市祝典」の記事については、「2009仁川世界都市祝典」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/04 09:27 UTC 版)

アメリカ図書館協会」の記事における「カンファレンス」の解説

ALAおよびその部会年間を通じて多くのカンファレンスを開催している。この中でALA全体関わっているのはALA年次総会 (ALA Annual Conference) およびALA冬期ミーティング (ALA Midwinter Meeting) である。年次総会展示プレゼンテーション焦点あてられ冬期のものは組織内部の問題を扱う傾向が強い年次総会6月冬期1月行われるのが通例である。ALA年次総会専門職会合としては最大級規模誇り25,000名以上を集めものとなる2006年ルイジアナ州ニューオーリンズ開催された。2005年8月ハリケーン・カトリーナ襲来罹災(りさい)をうけて総会開催場所移動検討されたが、被災地支援する意味も考慮され計画の通りニューオーリンズ開催されることとなった

※この「カンファレンス」の解説は、「アメリカ図書館協会」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「アメリカ図書館協会」の記事については、「アメリカ図書館協会」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 09:15 UTC 版)

シェアード・ディシジョン・メイキング」の記事における「カンファレンス」の解説

2001年オックスフォード2003年にスワンシー、2005年オタワ2007年ボストン2009年ボストン2011年マーストリヒト開催され国際共有意思決定(ISDM)会議で、この分野多くの研究者実務家2年ごとに集まっている。2013年リマ2015年シドニー2017年リヨン2019年ケベックシティ開催

※この「カンファレンス」の解説は、「シェアード・ディシジョン・メイキング」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「シェアード・ディシジョン・メイキング」の記事については、「シェアード・ディシジョン・メイキング」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 22:19 UTC 版)

カレッジフットボール」の記事における「カンファレンス」の解説

詳細は「カンファレンス (カレッジスポーツ)を参照 一部どこにも所属しない独立校もあるが、各大学チーム通常それぞれ特定のカンファレンスに所属している。カンファレンスは、ディビジョンおよび地域ごとにまとめられ基本リーグとして機能するレギュラーシーズン成績それぞれのカンファレンスにおける優勝チーム決定するために用いられる

※この「カンファレンス」の解説は、「カレッジフットボール」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「カレッジフットボール」の記事については、「カレッジフットボール」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 00:49 UTC 版)

フォーブス30アンダー30」の記事における「カンファレンス」の解説

フォーブス誌は、2014年から「30アンダー30サミット」というカンファレンスを開催している。2014年2015年フィラデルフィア開催され2014年第1回では、モニカ・ルインスキーネットいじめに関する講演行って話題となった2015年2017年ボストン開催された。 また、2016年4月にはヨーロッパ・中東・アフリカ焦点当てた初の国際カンファレンスをテルアビブエルサレム開催した2020年9月フォーブス誌は「パワー・ウーマンズ・サミット」をオンライン開催し、世界規模活動をする女性表彰した2022年4月ボツワナ国際カンファレンスが開催された。

※この「カンファレンス」の解説は、「フォーブス30アンダー30」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「フォーブス30アンダー30」の記事については、「フォーブス30アンダー30」の概要を参照ください。


カンファレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 20:23 UTC 版)

Google I/O」の記事における「カンファレンス」の解説

I/O年日付場発表ハードウェア情報2008 5月 2829日 モスコーニ・センター AndroidApp Engine Bionic Maps API OpenSocial Web Toolkit 無し 話し手:マリッサ・メイヤー David Glazer Alex Martelli Steve Souders Dion Almaer Mark Lucovsky グイド・ヴァンロッサム Jeff Dean Chris DiBona Josh Bloch Raffaello D'Andrea Geoff Stearns 2009 5月 2728日 AJAX APIsAndroid App Engine Chrome OpenSocial Wave Web Toolkit HTC Magic 話し手:Aaron Boodman Adam Feldman Adam Schuck Alex Moffat Alon Levi Andrew Bowers Andrew Hatton Anil Sabharwal Arne Roonman-Kurrik Ben Collins-Sussman Jacob Lee Jeff Fisher Jeff Ragusa Jeff Sharkey Jeffrey Sambells Jerome Mouton Jesse Kocher 2010 5月 1920日 APIsAndroid App Engine Chrome Enterprise Geo OpenSocial Social Web TV Wave HTC Evo 4GMotorola Droid Nexus One 話し手:Aaron Koblin Adam Graff Adam Nash Adam Powell Adam Schuck Alan Green Albert Cheng Albert Wenger Alex Russell Alfred Fuller Amit Agarwal Amit Kulkarni Amit Manjhi Amit Weinstein Andres Sandholm Angus Logan Arne Roonmann-Kurrik Bart Locanthi Ben Appleton Ben Chang Ben Collins-Sussman 2011 5月1011日 AndroidGoogle Play Music Google Play Movies Honeycomb (3.1) Ice Cream Sandwich ChromeChrome OS エイサーサムスンからChromebooks発売される Chrome用のアングリーバード Chrome Web Storeアプリ内購入 Samsung Galaxy Tab 10.1Series 5 Chromebook Verizon MiFi ジェーンズ・アディクションホスト役務め二次会 2012 6月 2729日 AndroidEarth向けの3D映像 利用者数が4億人と発表 Analytics Google Now Jelly Bean ウォレットアプリ内購入 Project Butter Chrome 利用者数が3億1000万人発表 Android向けのChrome安定 iOSアプリ Compute Engine Google ドキュメント オフライン編集 Drive iOS向けアプリ SDK (v.2) Glass Gmail 利用者数4億2500万人発表 Google+ ハングアウトアプリとメトリックス SDKAPI備えたモバイルプラットフォーム マップ Android向けのオフラインモード API拡張マップ(Enhanced maps in API) API中継データ(Transit data in API) Nexus 7 Q YouTube 720p HD APIアップデート Heat maps and symbols in API Androidアプリアップデート Galaxy NexusNexus 7 Nexus Q Chromebox I/Oカンファレンスが通常の2日予定から3日間に拡大された。最終日には基調講演行われなかった。ポール・オーケンフォールドとトレインホスト役務め二次会 2013 5月 1517日 Android利用者数が9億人との発表 検索アップデート Studio App Engine PHPサポート Google+ Redesign with photo and sharing emphasis ハングアウト Updated IM platform マップ web版Android版の再デザイン Play ゲーム Music All Access 教育向けのPlay Samsung Galaxy S4販売予定 Google Play開発者サービスアップデート TV Jelly Beanアップデート Chromebook Pixel 登録者Google+walletアカウント両方を持っていることが要件であったが、900ドル(学生教員向けは300ドル)のチケット49分で完売した遠隔操作軟式飛行船のがI/O俯瞰視点ストリーミングした ビリー・アイドルホスト役務め二次会 2014 6月2526日 AndroidAuto Lollipop マテリアルデザイン One Slides TV Wear Chromebook 改善 Google Fit Gmail API LG G WatchSamsung Gear Live Moto 360 Google Cardboard Moto 360その後参加者配送形で提供され2015 5月 2829日 AndroidMarshmallow Pay Wear Chrome カスタムタブ Gmail 全員受信トレイ可用性(Inbox availability for everyone) マップ オフラインモード ナノ学位 Now 音声エラー低減 コンテキスト改善 Photos Google Play 開発者ページ向けの「About」タブ A / B テスト ストア掲載情報テスト 「ファミリースター」バッジ Project Brillo Project Weave Nexus 9Google Cardboard改善 Marshmallow主な新機能:アプリ権限許可制ネイティブで指紋認証 節電のために端末スリープ状態にする「ディープスリープ」モード USB Type-Cサポート アプリ確認済みURLPlay storeアプリへつなぐディープリンクアプリをサポート Android Wear新機能: 「Always on手首でのジェスチャー ナノ学位ユダシティーでのAndroidコースである Project BrilloはAndroidベースIoT向けの新OSである。「Project Weave」はIoT端末コミュニケートするための共通プロトコルである 2016 5月1719日 ショアライン・アンフィシアター AlloAndroid Daydream Instant Apps Nougat Wear 2.0 Assistant Duo Firebase Google Home Chrome OSPlay統合 無し サンダー・ピチャイ初めGoogle I/O開催地カリフォルニア州マウンテンビューのショアライン・アンフィシアターに変更した参加者にはアンフィシアター外部状況によりサングラス日焼け止め配られたが、多くの参加者が日焼けしたためにトーク比較短かったAndroid Instant Appsアプリへのリンクをタップすればインストールせずにアプリ実行でき、使用後自動消去される機能である。 AndroidVRサポートDaydream」 モバイルアプリプラットフォームの「Firebase」はストレージ分析レポート機能追加した 初年度Google Playアワード10カテゴリー今年のベストアプリとゲーム発表された 2017 5月1719日 Android OreoProject Treble Flutter Google.ai Google Lens Google Home Oreo新機能Project Treble」はキャリアスマートフォン簡単にアップデートできるようにOSモジュール化しているGoogleアシスタントiOS端末利用可能新たなスタンドアロン(ビルトイン)型のバーチャルリアリティシステムをHTC Viveチームレノボ開発 Flutterはクロスプラットフォームモバイル開発フレームワークであり、iOSAndroidアプリ開発迅速化させる 2018 5月8~10日 Android Pのベータ版 マテリアルデザイン2.0 Gmail変更点 Android Wear 3.0 Google Assistant AR/VRの取り組み Google Homeアップデート Android Things kit Google Home Mini Here are the expectations in terms of announcements that will be made at Google I/O 2018Android P - The next OS in line will be revealed in the I/O 2018 Developer Conference - both the name and the features’ applications. Material Design 2.0 - This year, Google will be announcing a series of changes in the globally accepted design standard - Material Design. The design guide will be getting numerous aesthetic updates like greater white space, new translucence, round corners, and bright icons. Android Wear 3.0 - The version will be introduced in Google I/O 2018. It will be made more in sync with iOS framework and would support more apps while getting a concentrated focus on saving the battery life. Gmail Changes - While a series of changes in UI and replies were rolled out in the consumer version of Gmail in past few months. Enterprise version changes will be brought in by Google in Gmail in the I/O 2018 conference. Updated Google Assistant - The event would launch an Assistant that is smarter, is multilingual, and is not dependent on trigger words likeOk Google” and “Hey, Google”. Updated Google Home - While the chance that a new Home device would be launched is extremely low. The brand will definitely include updates and its plan of expansion in other countries in I/O 2018. AR/VR - Google will be announcing a new set of initiatives in its AR/VR department, both in hardware and software. Flutter - With over 11 sessions planned for Flutter, the SDK will be practiced hands-on in the I/O 2018 Event. 2019 5月7~9日 Android Qのベータ版 Google アシスタント改良 Pixel Google Pixel 3a Google Pixel 3a XL Google Nest Google Nest Hub Google Nest Hub Max Google Pixel 3a Google Pixel 3a XL Google Nest Hub Google Nest Hub Max 2020 - 中止 5月1214日

※この「カンファレンス」の解説は、「Google I/O」の解説の一部です。
「カンファレンス」を含む「Google I/O」の記事については、「Google I/O」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カンファレンス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「カンファレンス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カンファレンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カンファレンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカンファレンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの国際意識科学会 (改訂履歴)、グレッグ・クロー=ハートマン (改訂履歴)、ブラックレーン (改訂履歴)、バージニア工科大学 (改訂履歴)、Laravel (改訂履歴)、2009仁川世界都市祝典 (改訂履歴)、アメリカ図書館協会 (改訂履歴)、シェアード・ディシジョン・メイキング (改訂履歴)、カレッジフットボール (改訂履歴)、フォーブス30アンダー30 (改訂履歴)、Google I/O (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS