ジェスチャーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ジェスチャーの意味・解説 

gesture

別表記:ジェスチャー

「gesture」の意味

「gesture」は、身振り手振り意味する英単語である。言葉伴わずに、身体の動き表情使って意思感情伝え行為を指す。また、比喩的には、物事を示すための行為態度を表すこともある。

「gesture」の発音・読み方

「gesture」のIPA表記は /ˈɛstʃər/ であり、IPAカタカナ読みは「ジェスチャー」である。日本人発音するカタカナ英語では「ジェスチャー」と読む。

「gesture」の定義を英語で解説

A gesture is a movement of the body, especially the hands or arms, that expresses an idea or emotion without using words. It can also refer to an action or attitude that is intended to show a particular intention or feeling.

「gesture」の類語

「gesture」の類語には、""motion""(動き)、""sign""(合図)、""signal""(信号)、""gesticulation""(身振り手振り)などがある。これらの単語は、似た意味を持ちながらも、それぞれ微妙にニュアンス異なる。

「gesture」に関連する用語・表現

「gesture」に関連する用語表現には、""body language""(ボディランゲージ)、""nonverbal communication""(非言語コミュニケーション)、""facial expression""(表情)などがある。これらは、言葉以外の方法情報感情伝え手段を指す。

「gesture」の例文

1. He made a gesture of frustration by throwing his hands up in the air.(彼は手を空中投げ上げることで、イライラしていることを身振り示した。) 2. She used a simple gesture to indicate that she wanted more water.(彼女はもっと欲しいことを示す簡単な身振り使った。) 3. The politician's gesture of shaking hands with the crowd was well received.(政治家群衆握手するジェスチャーは好評だった。) 4. His gesture of support was appreciated by everyone in the team.(彼のサポートのジェスチャーはチーム全員感謝された。) 5. She made a rude gesture at the driver who cut her off.(彼女は彼女を割り込んだドライバー無礼なジェスチャーをした。) 6. The teacher used gestures to help the students understand the meaning of the word.(先生生徒たち言葉の意味理解するのを助けるためにジェスチャーを使った。) 7. The actor's dramatic gestures added to the intensity of the scene.(俳優劇的なジェスチャーが、シーン緊張感高めた。) 8. He made a welcoming gesture by opening his arms wide.(彼は両腕広げることで歓迎のジェスチャーをした。) 9. The presenter used hand gestures to emphasize important points during the presentation.(プレゼンタープレゼンテーション中に重要なポイント強調するために手のジェスチャーを使った。) 10. She made a thumbs-up gesture to show her approval.(彼女は賛成を示すために親指立てるジェスチャーをした。)

ジェスチャー【gesture】

読み方:じぇすちゃー

《「ゼスチャー」「ゼスチュア」とも》

身振り手振り。しぐさ。「—をまじえて話す」

見せかけだけの態度振る舞い思わせ振り振り。「あの居直りは彼一流の—だ」


ジェスチャー

作者ジョン・アップダイク

収載図書メイプル夫妻物語
出版社新潮社
刊行年月1990.10
シリーズ名新潮文庫


ジェスチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/06 03:40 UTC 版)

ジェスチャー: gesture)とは、他の人に何かを伝えるためにする身振り手振りのこと。人間の意志の伝達方法として、言葉とともに頻繁に使用される。 また、国家による示威行動や象徴的な企業活動など、組織を主体としたメッセージ性のある行為を指して政治的ジェスチャーと表現する事がある。


  1. ^ 齋藤 2008, pp. 140–149.
  2. ^ Web業界人の間で密かなブーム? 「エアろくろ」がなぜか一部で大盛り上がり - ITmedia、2018年2月21日閲覧。
  3. ^ NHK アナウンスルーム. “要注意!世界のジェスチャー”. トクする日本語. 日本放送協会. 2014年3月4日閲覧。


「ジェスチャー」の続きの解説一覧

ジェスチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 05:12 UTC 版)

BlackBerry 10」の記事における「ジェスチャー」の解説

主にBlackBerry 10搭載されているジェスチャーでは4つの主要ジェスチャーで容易なナビゲーション可能になっている。ベゼル下端から迅速に上にスワイプすることでホーム画面に戻ることができる上、そこから動作中のアプリケーション見た閉じたりすることもできるまた、上端からスワイプすることでホーム画面や他の対応アプリケーション明るさ抑えられるように素早く設定できる。さらにアプリケーション使っている時にアップサイドダウンのJ-hook(ベゼル下部から始まり、上と右に移動)を使ってBlackBerry Hubにある通知メッセージを見ることができる。そして左から右(もしくは逆)にスワイプすることで使用可能な画面スクロールすることができる。

※この「ジェスチャー」の解説は、「BlackBerry 10」の解説の一部です。
「ジェスチャー」を含む「BlackBerry 10」の記事については、「BlackBerry 10」の概要を参照ください。


ジェスチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 07:42 UTC 版)

尊敬」の記事における「ジェスチャー」の解説

Category:尊敬のジェスチャー(英語版)」も参照 世界中イスラーム文化では、人に敬意を示す方法多くある。例えば、親や祖父母先生の手への接吻推奨されている。そして、ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ言葉には、両親先生の顔を笑顔見ている人は必ずアッラーフから成功と幸福の褒美与えられる記されている。 インドでは、自らの足が誤って本や文書他人の足触れた場合敬意を表す為に右手でジェスチャー「プラナーマ(英語版)」をして謝罪する習慣根付いている。この習慣は、富の女神ラクシュミー関わる貨幣にも適用される。プラナーマに加えて、足を触る事も尊敬の印とされている。例えば、子供祖父母挨拶をしている時は祖父母の足に手を当てるのが一般的である。インドの文化では、足は力と愛の源と信じられているからである。 アフリカ多くそれ以外一部コミュニティでは、尊敬の念は拳を触ることで示される欧米では当たり前に行われている身振りは、他の地域では失礼とされることがある例えば、日本では人は人に直接指を差してはいけない。挨拶お礼をする時に身分の低い人が身分の高い人よりも低い位置お辞儀をしないと無礼な言動とされる事があるお辞儀持続時間程度は、年齢地位等の多く要因左右される。ジェスチャーの中には女性だけに適用される物もある。女性化粧品ブラジャー身に付けていないと、職業倫理反すると思われたり無神経だ思われたりする可能性がある。

※この「ジェスチャー」の解説は、「尊敬」の解説の一部です。
「ジェスチャー」を含む「尊敬」の記事については、「尊敬」の概要を参照ください。


ジェスチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 10:18 UTC 版)

原辰徳」の記事における「ジェスチャー」の解説

少年時代から長嶋大ファンであり、長嶋の下で一軍野手総合コーチ(後に一軍ヘッドコーチ)に就任して以降長嶋の「ビュッと振ってバーン当てる」といった擬態音で説明したり、派手なジェスチャーを交えるスタイル継承している。長嶋政権でのコーチ時代には本塁打打った選手への出迎え長嶋とそっくりであった一部マスコミからは「チョーさん長嶋)が2人いる」と揶揄され、久米宏は「マイナス掛けるマイナスはプラスだからなぁ」と評した監督時代長嶋は、試合展開や個々特性などが一切考慮されず「教則本的な基本から1ミリでも外れた面がある采配」をするたびに「カンピューター」などとスポーツマスコミに目の仇にされていたが、原も表面的なイメージひきずり桑田バスター策などを「思いつき」などと形容されていることが多い。 ジェスチャーの一つ一つ特徴がある。特に味方選手本塁打打った後の出迎えの際には、目を見開き両拳を突き出し選手合わせるしぐさは定番となっている。なお原がハイタッチではなくグータッチ好んでするのはハイタッチ手のひらという比較面積大き部分でするため、移動したしながらでき緩慢になることがあるに対してグータッチは拳と拳のためしっかり集中してやらないと形がくずれてしまい、失敗するので緩慢になるのを防止する効果があり、さらに拳と拳が合うように手をお互い見ているため目があい意思疎通図れるからである。

※この「ジェスチャー」の解説は、「原辰徳」の解説の一部です。
「ジェスチャー」を含む「原辰徳」の記事については、「原辰徳」の概要を参照ください。


ジェスチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/23 07:06 UTC 版)

人差し指」の記事における「ジェスチャー」の解説

口論相手人差し指突きつける男性近く立てられ人差し指 文化によっては、人差し指他人指差す行為無礼に当たり、挑発行為見なされる場合もある。 人差し指立て、横に振ることは相手対す不同意を示す。 唇近く人差し指立てることは「静かに」「音を立てないように」と相手注意を促す意味を持つ。 日本においては人差し指を鉤型に曲げると窃盗を示す。 イタリアでは、子供美味であることを示す場合人差し指を頬にあて、ねじるように動かす。 飲茶習慣では、他人にお茶注いでもらった際などに人差し指中指テーブルを2回叩くことで感謝表現する一方フィリピンでは指でテーブルを叩くことは無礼なこととされている。

※この「ジェスチャー」の解説は、「人差し指」の解説の一部です。
「ジェスチャー」を含む「人差し指」の記事については、「人差し指」の概要を参照ください。


ジェスチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 09:16 UTC 版)

パックピクス」の記事における「ジェスチャー」の解説

全て描き順が存在し間違えると実体化しない。 パックマン 基本のジェスチャー。これでゴースト食べていく。唯一描け回数決まっている(1ステージにつき5~10)。 タッチペン押さえると止まりパックマン前に線を引くと、引いた方向に動く。 矢 チャプター5より登場相合傘のような形を描くとその瞬間に飛ぶ。どの方向にも飛ばせる。これでスイッチ押したり上に浮かぶゴースト落としたりする。 爆弾 チャプター9より登場。鎧やシェルター壊せる。

※この「ジェスチャー」の解説は、「パックピクス」の解説の一部です。
「ジェスチャー」を含む「パックピクス」の記事については、「パックピクス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジェスチャー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ジェスチャー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェスチャー」の関連用語

ジェスチャーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジェスチャーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェスチャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBlackBerry 10 (改訂履歴)、尊敬 (改訂履歴)、原辰徳 (改訂履歴)、人差し指 (改訂履歴)、パックピクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS