intensityとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > intensityの意味・解説 

インテンシティ

英語:intensity

インテンシティ(intensity)とは、ある現象事象が持つ力強さ激しさを表す言葉である。物理学ではエネルギー伝播速度を示す単位として用いられる音響学では、音の大きさを示す指標となる。また、スポーツ分野では、運動の激しさ負荷度合いを示すために使用される。 インテンシティは、その対象が持つ力やエネルギー大きさ定量的表現するための重要な概念である。例えば、地震強さを示す際には、震源から放出されるエネルギー強度を「震度seismic intensity)」として表現するまた、光の強さを示す際には、「光度luminous intensity)」という単位用いられる現代では、インターネット分野でも「トラフィック強度traffic intensity)」などと表現しデータ流れ激しさを示すために用いられることもある。

intensity

別表記:インテンシティ

「intensity」とは、強さ強度などを意味する英語表現である。

「intensity」とは・「intensity」の意味

「intensity」は名詞として、感覚現象などの「強烈さ」「厳しさ」「強さ」「強度」を表わすほか、行為などの「激しさ」「真剣さ」といった意味でも使う。例え音楽用語で「intensity」といえばボリューム」「音量」を表わし、調整するツマミなどにこの表示がある。また医療分野では、脳外科MRI検査白く見え部分を「HIAHigh Intensity Area)」といい、「高信号域」「高吸収域」と訳す。眼科学では、白内障対策として開発され遠方、遠中、中間、近中、近方の5つ焦点ピント調節できる焦点眼内レンズを「intensity」と呼ぶ。このように「intensity」はあらゆる場面で強さ」「強度」を表わす多義語である。

「intensity」の発音・読み方

「intensity」の発音記号は「inténsəti」と表わし、カタカナ読みすると「インテェンサァティィ」となる。日本語だと「インテンシティ」というが、実際にアクセントが「」の箇所にあり、「nsə」は「テンシではなく「テェンサァ」と発音するのが特徴だ。

「intensity」の語源・由来

「intensity」は、もともと古期フランス語で「激しい」を意味するintense」から来ている。後にラテン語で「張り詰めた」を表わす「intensus」となり、この文字から派生した「intendo」が直接的な語源である。「in-」は「~の中に」を表わし、「tendo」は「張る」「伸ばす」という意味合いを持つ。つまり、ピンと張り詰めたイメージから解釈広げたものが現在の「intensity」になった考えられる

「intensity」の類語

強烈さ:「strong
強度:「strength「force」power」「potency」「vigor
厳しさ:「severity」「strictness」
強さ:「strictness」「strength」「power
熱烈:「gung-ho」「enthusiasm」「passion」「zeal「fire」ardor」「fervor
明度:「brightness」「luminosity
彩度:「saturation」「chroma
濃度「concentration」density」「brightness」「strength」「consistency
・真剣さ:「seriousness」「earnestness」

「intensity」の対義語

「intensity」の対義語は「extensity」である。「intensity」の接頭辞「in-」に対し、「extensity」には「~の外へ」を表わす接頭辞ex-」が付いている。外へ広がっていく、伸びていくようなイメージで「空間性」「拡張性」などを意味している。IT用語ではGoogle Chrome拡張機能オン/オフ切り替えられるツールを「Extensity」という。

「intensity」を含む英熟語・英語表現

「High-intensity」とは


「High-intensity」とは「高強度性」「高強度の」「高輝度の」などを意味する英語表現である。例えば「高輝度照明装置」を表わす「high-intensity illumination system」のように、形容詞として用いられることも多い。

「intensity」を含む様々な用語の解説

「carbon intensity」とは


carbon intensity」とは「炭素強度」を表している。「炭素強度」は消費されるエネルギー英国熱量単位BTU)に換算した排出重量炭素の量を意味しており、産業エネルギー計測する際の指標となる。

「radiation intensity」とは


radiation intensity」とは「放射線強度」「放射強度」を意味する英語表現である。エネルギー放射源から一定の方向向かって時間あたりに放射されるエネルギー物理量を表わし、光の明るさ表わす指標としても用いられている。

「trend intensity index」とは


trend intensity index」とは「トレンド強弱インデックス」と訳すことができる。為替取引において、現在の市場トレンド状況把握するための指標であり、「トレンド強度指数」「TII」とも呼ばれている。

「intensity」の使い方・例文

・The intensity of this snow is gradually increasing, so if you don't return early, the train may stop.この激しさ徐々に増しているので、早く帰らない電車止まってしまうかもしれません。
・INTENSITY is a lens that can focus on 5 focal points of 40 cm, 60 cm, 80 cm, 133 cm, and 5 m as a countermeasure against cataracts.インテンシティ白内障対策として40cm・60cm・80cm・133cm・5mの5焦点ピント合わせられるレンズです。
As a precaution, I had an MRI, which showed High Intensity Area in the left temporal lobe and corona radiata.念のためMRI検査受けたら、左側および放線冠高信号域との結果だった。
You'll be fine with the high-intensity lamp, I can work in this room as before.あなたなら大丈夫。高輝度ランプ使えば、この部屋でも以前のように作業できるよ。

インテンシティ

英語:intensity

(1)英語で「強さ」や「激しさ」などを意味する語。
(2)サッカー日本代表ザッケローニ監督が、サッカーにおいて、あるいはチームにおいて重要な概念としてしばしば挙げる語のこと。ザッケローニ監督は「インテンシティ」の意味記者問われ、「チーム回転数」や「オンのときでもオフのときでも活動的になるということ」などと述べている。実際にザッケローニ監督は、英語の「インテンシティ」に対応するイタリア語、「インテンシタ(intensita)」を用いている。

インテンシティー【intensity】

読み方:いんてんしてぃー

強烈強さ集中力


発生頻度

コウホート分析(103-4)の第一目的は、人口現象の発生頻度 1テンポ 2ないしタイミング 2研究である。一つ反復不能事象201-4)から始まったある現象の発生頻度は、その事象の最終頻度 3あるいはその補数によって測定される最終頻度は、外的影響がないとした場合に、該当するコウホート(116-2)の存続中にその事象を経験したであろう人々構成比を表す。出生人口移動といった反復可能事象201-5)の発生頻度は、同じく外的影響がないとした場合に、コウホート一人当たりの平均事象数 4によって測定することができる。テンポないしタイミングは、研究対象としての人口事象の、時間の経過に伴うコウホート内の分布定義できる横断面分析ないし期間分析(103-5)の結果種々の方法測定される期間指標 5によって要約的に表現されるが、これはコウホート指標 6対比される普通に用いられる技法としては、それぞれ異な年齢持続期間について観測され人口現象発生率仮設コウホート 7ないし合成コウホート 7とみなすものである



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「intensity」の関連用語


2
高輝度放電ランプ デジタル大辞泉
94% |||||

3
76% |||||



6
52% |||||


8
エル‐アイ‐シー デジタル大辞泉
52% |||||

9
ヒルカー デジタル大辞泉
52% |||||


intensityのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



intensityのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS