排出とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 排出 > 排出の意味・解説 

はい‐しゅつ【排出】

読み方:はいしゅつ

[名](スル)

内部にある不要の物を外へ押し出すこと。「戸外ガスを—する」

生物体物質代謝結果生じた不要または有害な物質体外排除すること。排泄(はいせつ)。「老廃物を—する」


ドレーン、排出

【仮名】どれーん
原文drain

医学では、体液集めて取り除くこと、または体腔創傷もしくは感染部位から体液取り除くのに用いられる管または蝋燭様の器具をいう。

排出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/12 22:55 UTC 版)

排出(はいしゅつ)




「排出」の続きの解説一覧

排出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 02:40 UTC 版)

ダイオキシン類」の記事における「排出」の解説

ダイオキシン類肝臓のミクロゾームP450徐々に代謝される。ダイオキシン類尿中排泄される量は少なく胆汁排泄により糞便中に排泄される排泄速度は種差が認められ、ラット・ハムスターの消失半減期12 - 24日、モルモット96日、サルで約1年である。疫学調査などによりヒト半減期は約7.5年と考えられている。また、ダイオキシン類母体から胎児移行するが、母体より胎児濃度高くなる例は知られていないまた、母乳中にダイオキシン類は分泌されるため、母体から新生児移行する考えられている。 ラット用いた実験で、食物繊維の摂取によるダイオキシン類吸収抑制および排泄促進報告されている。カネミ油症事件治療研究では、コレスチラミン食物繊維米ぬか)の併用により排泄促進されたことが報告されている。

※この「排出」の解説は、「ダイオキシン類」の解説の一部です。
「排出」を含む「ダイオキシン類」の記事については、「ダイオキシン類」の概要を参照ください。


排出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 23:11 UTC 版)

メドロキシプロゲステロン」の記事における「排出」の解説

MPAは、静脈内投与後、尿で2050%、糞便で5〜10%除去される用量の3%未満が非抱合型で排泄される

※この「排出」の解説は、「メドロキシプロゲステロン」の解説の一部です。
「排出」を含む「メドロキシプロゲステロン」の記事については、「メドロキシプロゲステロン」の概要を参照ください。


排出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 23:42 UTC 版)

AGEs」の記事における「排出」の解説

身体から排出される場合、まずAGEs結合した細胞内蛋白質分解されAGEsペプチドAGE付加物AGE修飾されアミノ酸由来物質)になり、血中通って腎臓から尿中排泄される細胞外マトリックス蛋白は分解され難くAGEsの排出の妨げとなっている。AGE付加物尿中直接排泄されるが、AGEsペプチドは一旦近位尿細管の上細胞に取込まれリソソーム系で分解されAGEアミノ酸(=AGE付加物一種)となる。このアミノ酸腎臓内腔ルーメン)に戻され排泄されるAGE付加物AGEs排出の主要要素であり、AGEsペプチドの排出は少ない。慢性腎不全患者では、血中AGEs蓄積している。 細胞外排出され大きなAGEs蛋白質そのままで腎小体基底膜通過できないので、先にAGEsペプチドAGE付加物分解される必要がある末梢マクロファージ肝臓の血管内皮細胞クッパー細胞この分解を担当する肝臓の関与についてはかつて争点となったボーマン嚢侵入できない大きなAGEs蛋白質血管内皮細胞メサンギウム細胞受容体結合してメサンギウム基質移行するAGEs受容体RAGE)の活性化TNFβなどの様々なサイトカイン産生誘導し金属プロテアーゼ阻害物質生成しメサンギウム基質増加させて、糸球体硬化症英語版)の原因となり、腎機能低下させるAGEs付加物AGEsペプチドAGEs排泄唯一の方法であるが、それらはAGEs蛋白質よりも反応性高く糖尿病患者病態持続寄与している。それは患者高血糖症管理された後も継続するAGEsいくつか酸化反応触媒する化学的性質有している。RAGE活性化によりNAD(P)Hオキシダーゼ活性化させ、ミトコンドリア蛋白質損傷与えて機能不全導き酸化ストレス増加させるこの場合AGEs酸化効果止めるには、抗酸化剤用いた継続的な治療が必要となり得る治療には効果的なAGEs排出が必要で腎機能低下によりAGEs増加している場合には最終的には腎移植が必要となる。 糖尿病AGEs生成増加している患者では、腎障害が進む事でAGEsの排出が遅くなり、AGEs濃度増加して腎障害益々進行する

※この「排出」の解説は、「AGEs」の解説の一部です。
「排出」を含む「AGEs」の記事については、「AGEs」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「排出」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

排出

出典:『Wiktionary』 (2021/10/30 23:41 UTC 版)

名詞

はいしゅつ

  1. 内部不要物を外に出すこと。
  2. 生物体が体内じた老廃物体外に出すこと。

発音(?)

は↗いしゅつ

類義語

動詞

活用


「排出」の例文・使い方・用例・文例




排出と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「排出」に関係したコラム

  • CFDのCO2排出権取引とは

    CO2排出権取引とは、欧州エネルギー取引所やBlue Nextなどで取引されているEUA(EU Allowance)先物に連動する銘柄の取引のことです。CFDのCO2排出権の価格は、「気候変動に関する...

  • CFDのスプレッド比較

    CFD業者ではほとんどの銘柄にスプレッドを設定しています。下の図は、GMOクリック証券の「日本225」の注文画面です。これは、8419ポイントで売り注文ができ、8422ポイントで買い注文ができることを...

  • CFDの取引時間

    CFDの取引時間は商品内容や取引国によりさまざまです。一般的には、金や原油といったコモディティ、日本やアメリカ合衆国などの株価指数などはほぼ24時間の取引が可能です。一方、各国の株式や日米を除く株価指...

  • CFDの呼値とは

    CFDの呼値とは、CFDの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば呼値が0.1の銘柄の場合、現在の価格が1235.9ならば、値上がりしたら1236.0、値下がりしたら12...

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

排出のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



排出のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの排出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダイオキシン類 (改訂履歴)、メドロキシプロゲステロン (改訂履歴)、AGEs (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの排出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS