事業者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 事業者 > 事業者の意味・解説 

じぎょう‐しゃ〔ジゲフ‐〕【事業者】

読み方:じぎょうしゃ

営利などの目的をもって事業を営む者。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 10:18 UTC 版)

事業者(じぎょうしゃ)とは、事業をおこなうもの。日本国税法令等での「事業者」とは、個人事業者(個人事業主、 事業を行う自然人)と法人団体を指し、事業とは、同種の行為を反復、継続、独立して行うこと、としている。単に業者(ぎょうしゃ)ともいう。




「事業者」の続きの解説一覧

事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 09:06 UTC 版)

菅島」の記事における「事業者」の解説

菅島採石場営んでいるのは、愛知県名古屋市熱田区本社を置く鶴田石材株式会社(つるたせきざい英称:TSURUTA SEKIZAI CO., LTD.)である。三重県鳥羽市菅島町429の1にある菅島工場は、同社主力工場あり、かんらん岩を採石破砕し、東海地方関東地方近畿地方専用船出荷している。敷地面積は1,293,000m2、年間350tの石材産出する石材は、新幹線バラスト敷石)や中部国際空港空港島埋め立て静岡県富士海岸海岸侵食防止のための養浜材などに使われた。この工場は、2007年平成19年度に優良採石事業所として、中部経済産業局長から表彰を受けている。 鶴田石材鳥羽市および菅島町内会に対して売買契約締結しており、鳥羽市へは一定額を、菅島町内会へは実績基づいた金額毎年支払っている。また関連産業含めて70人の市内雇用創出している。

※この「事業者」の解説は、「菅島」の解説の一部です。
「事業者」を含む「菅島」の記事については、「菅島」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/02 19:18 UTC 版)

マドリード地下鉄」の記事における「事業者」の解説

マドリード地下鉄は、一部区間を除くマドリード州公共事業都市計画交通省傘下会社運営している。9号線のプエルタ・デ・アルガンダ駅とアルガンダ・デル・レイ駅の間はTransportes Ferroviarios de MadridTFM)が運営している。マドリード全ての公共交通機関地域運輸連合一員である。

※この「事業者」の解説は、「マドリード地下鉄」の解説の一部です。
「事業者」を含む「マドリード地下鉄」の記事については、「マドリード地下鉄」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/07 06:07 UTC 版)

西サハラの鉄道」の記事における「事業者」の解説

モーリタニア鉄道 モーリタニアのチューム(英語版駅近くのチューム・トンネルが閉鎖され以来5kmほど西サハラポリサリオ戦線実効支配地域通過している。

※この「事業者」の解説は、「西サハラの鉄道」の解説の一部です。
「事業者」を含む「西サハラの鉄道」の記事については、「西サハラの鉄道」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 14:30 UTC 版)

スペインの鉄道」の記事における「事業者」の解説

レンフェ・オペラドーラ:スペイン国有の鉄道インフラ保有会社であるスペイン鉄道インフラ管理機構ADIFが保有する1668 mmイベリア軌間及び1435 mm欧州標準軌路線において貨物及び旅客列車運営する公社バスク鉄道 (Eusko Trenbideak):バスク州において狭軌鉄道運営する事業者。 ソーリェル鉄道 (FS) :914 mm軌間ナローゲージ電化鉄道マヨルカ島パルマソーリェルの間で運行する事業者。 マヨルカ鉄道 (SFM) :マヨルカ島メーターゲージ路線網運営する事業者。 バレンシア公営鉄道 (FGV) :バレンシア州メーターゲージ路線運営する事業者。. カタルーニャ公営鉄道 (FGC) :カタルーニャ州140 kmメーターゲージ路線42 km標準軌路線89 km広軌路線2つのメーターゲージラック式鉄道4つフニクラ (ケーブルカー) を運営する事業者。 アクシオナ鉄道サービス(en):アクシオナの子会社アストゥリアス州カスティーリャ・イ・レオン州レオン県を結ぶ石炭輸送貨物鉄道運営する事業者。

※この「事業者」の解説は、「スペインの鉄道」の解説の一部です。
「事業者」を含む「スペインの鉄道」の記事については、「スペインの鉄道」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 04:33 UTC 版)

エスワティニの鉄道」の記事における「事業者」の解説

エスワティニ鉄道 (Eswatini Railways)貨物輸送のみを担当する。 その他、ロボスレイルなど南アフリカの鉄道会社による旅客輸送が行われることがある

※この「事業者」の解説は、「エスワティニの鉄道」の解説の一部です。
「事業者」を含む「エスワティニの鉄道」の記事については、「エスワティニの鉄道」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 09:02 UTC 版)

ナトリウム・硫黄電池」の記事における「事業者」の解説

日本ガイシ製造し日本ガイシ東京電力販売している。近年の太陽光発電風力発電導入拡大に伴い生産量増強進めている。風力発電企業大手電力事業者と共同で電力需給調整事業参画する例も見られる

※この「事業者」の解説は、「ナトリウム・硫黄電池」の解説の一部です。
「事業者」を含む「ナトリウム・硫黄電池」の記事については、「ナトリウム・硫黄電池」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 07:27 UTC 版)

電力系通信事業者」の記事における「事業者」の解説

北海道総合通信網 (HOTnet) - 北海道電力系。 東北インテリジェント通信 (TOHKnet) - 東北電力系。 KDDI - 旧 東京通信ネットワークTTNet)、東京電力系。パワードコム(PNJグループ幹事会社 設立当時社名はPNJコミュニケーションズ)に吸収合併され、さらに2006年にはKDDI吸収合併。なお東京電力は、KDDI前身1つ日本移動通信設立時から2011年までKDDI大株主でもあった。 中部テレコミュニケーション (CTC) - 旧中部電力系。2008年KDDIの子会社になっている北陸通信ネットワーク (HTNet) - 北陸電力系。 オプテージ(OPTAGE) - 関西電力系。旧大阪メディアポート (OMP)、ケイ・オプティコム(K-OPT)。ケイオプティコム大阪メディアポート吸収合併したため現在のになった2019年4月関西電力関電システムソリューションズ一部事業譲受とともにケイ・オプティコムより商号変更エネルギア・コミュニケーションズ(エネコム) - 中国電力系。かつては中国通信ネットワーク (CTNet) が該当会社であったが、中国情報システムサービス (CIS) に吸収合併され、同時にCISエネルギア・コミュニケーションズ商号変更した上で継承STNet旧 四国情報通信ネットワーク) - 四国電力系。 QTnet (旧 九州通信ネットワーク) - 九州電力系。 沖縄通信ネットワーク (OTNet) - 旧沖縄電力系。2010年沖縄セルラー電話の子会社となったため、KDDI孫会社となる。 ファミリーネット・ジャパン - 東京電力系。マンションデベロッパーの大京NTT-MEによって設立パワードコムへの譲渡経て東京電力(現 東京電力エナジーパートナー)に譲渡されたため、資本関係の都合で電力系通信事業者分類される。PNJグループには不参加北海道総合通信網東北インテリジェント通信北陸通信ネットワーク個人向け事業から完全撤退している。東京通信ネットワーク合併したパワードコム合併後個人向け事業売却した

※この「事業者」の解説は、「電力系通信事業者」の解説の一部です。
「事業者」を含む「電力系通信事業者」の記事については、「電力系通信事業者」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 15:04 UTC 版)

マンクス2 7100便着陸失敗事故」の記事における「事業者」の解説

マンクス22006年設立されスペイン資本会社だったが、拠点マン島マン島空港となっており、インターネット上でチケット販売しているだけのいわゆるバーチャルエアラインであった事故機はスペイン会社所有整備外注であった事故の後2012年12月運航停止し、MBOにより設立されシティウイング移管された。

※この「事業者」の解説は、「マンクス2 7100便着陸失敗事故」の解説の一部です。
「事業者」を含む「マンクス2 7100便着陸失敗事故」の記事については、「マンクス2 7100便着陸失敗事故」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 15:51 UTC 版)

札幌市中央卸売市場」の記事における「事業者」の解説

卸売業者 青果部 札幌みらい中央青果(株) 卸売業者 水産物部 曲〆高水産(株)水札中央水(株) 仲卸業者 青果部 - 28社。(※数字は、仲卸番号10 (株)丸中青果 11 (株)森哲 12 (株)双葉13 (有)菅井商店 14 (株)石田商店 15 丸共農産商事(株) 16 (株)本間商店 17 (株)池広 18 (株)岩崎商店 19 (株)上野商店 22 小野青果(株) 23 (株)重商24 (株)葛西 25 (有)南部商店 26 (有)増井商店 28 (有)清水商店 31 (株)森下商店 32 丸ト青果(株) 33 (株)滑川商店 34 (株)神田芳雄商店 36 (株)小樽38 (有)木内商店 39 (有)大谷商店 41 (株)辻商43 米内青果(株) 45 (株)本田一商46 (株)伊藤法夫商店 48 (株)マルスグリーンフーズ 仲卸業者 水産物部 - 32社。(※数字は、仲卸番号10 安彦水産(株) 11池水(株) 13 飯塚水産(株) 16 (株)ダイゼン 17 岡部水産(株) 19 大舘水産(株) 20 河上水産(株) 21 上山水産(株) 22 共同水産(株) 24 近藤水産(株) 25水産(株) 27 (株)イチマル渋谷 28 (株)丸崎商店 30 (株)中西商店 31 中津川水産(株) 32 西沢(株) 33 (株)本間水産 34 本田水産(株) 36 大幸水産(株) 37 (株)やまた水産 39 (株)一ウ 43長水(株) 44 丸井水産(株) 48 (株)福田商店 50 (株)平田商店 51 (株)宮本商店 52 星野水産(株) 53 加藤水産(株) 54 (株)入福食品 55 まるみ水産(株) 56 大協水産(株) 57 札幌シーフーズ(株)

※この「事業者」の解説は、「札幌市中央卸売市場」の解説の一部です。
「事業者」を含む「札幌市中央卸売市場」の記事については、「札幌市中央卸売市場」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 22:36 UTC 版)

ジンバブエの鉄道」の記事における「事業者」の解説

ジンバブエ国鉄英語版)(National Railways of Zimbabwe (NRZ) :2005年から上下分離方式で、インフラ国有NRZ運行会社となった。 ベイトブリッジ・ブラワヨ鉄道1999年開通ブラワヨからベイトブリッジ(南アフリカ共和国国境間の350kmを結ぶ。 MetroRail Mashonarail Musasiwe Majanjiakanaka

※この「事業者」の解説は、「ジンバブエの鉄道」の解説の一部です。
「事業者」を含む「ジンバブエの鉄道」の記事については、「ジンバブエの鉄道」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 07:37 UTC 版)

マリ共和国の鉄道」の記事における「事業者」の解説

詳細は「ダカール・ニジェール鉄道を参照 バマコ・ダカール線はかつて、マリ・セネガル合弁公有会社1995年設立が所有し最終的には民営化目ざした機器設備更新条件に、カナダ企業運行25年契約譲歩したのは2003年時点である。そのトランスライユ社(フランス語) TransRail社も企業買収の末、2016年営業提携停止した老朽化したと言われながらもマリ国内では1999年時点輸送量概算推定貨物536千 t、旅客778,千人という。保線の状態は悪く雨季には頻繁に線路閉鎖される潜在的な需要見落とせず、内陸国マリダカールを結ぶ輸送の要であり、マリからの輸出にとって2002年コートジボワール内戦アビジャンへの輸送混乱させ、ダカール経由出荷がますます関心をひく契機となった2000年代初頭には新線を通す計画もあり、バマコからギニア入り、クールーサ経由カンカンまで通じるはずだったが実現していない。 マリではバマコからカティおよびセネガル川左岸カイ州入り、ディアムー(Diamou)経由中心都市Kayes向か旅客車両が週に3日運行していた(2013年時点)。 かつてのバマコ・クリコロ間では、少なくとも2005年から一部区間不通である。衛星画像見る限り使用されていない上、再び運行する前に修理必要な軌道基礎流出多数観察される中国企業中国鉄建)が主要区間整備計画受注し、TransRailとの提携打ち切られると、営業権その後ダカール・ニジェール鉄道(仏: Dakar Bamako Ferroviaire)に移った

※この「事業者」の解説は、「マリ共和国の鉄道」の解説の一部です。
「事業者」を含む「マリ共和国の鉄道」の記事については、「マリ共和国の鉄道」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/06 04:49 UTC 版)

パリの交通」の記事における「事業者」の解説

イル=ド=フランス地域圏公共交通機関は主にフランス国鉄SNCF)、パリ交通公団RATP)、Optileの3者によって行なわれている。後述する共通運賃制度発達しているため、利用者が事業者の違い意識する要はあまりない

※この「事業者」の解説は、「パリの交通」の解説の一部です。
「事業者」を含む「パリの交通」の記事については、「パリの交通」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 04:51 UTC 版)

サービスエリア」の記事における「事業者」の解説

かつては1967年昭和42年)の建設省道路局長通に従い高速道路道路サービス施設一括して同一の占用主体占用認め、たとえば日本道路公団路線では、初期に開設され大津SAの全施設名神高速道路上の給油所(8か所)が公団直轄だった点を除くと一般有料道路上のものを含め、すべて財団法人道路施設協会1965年5月27日設立)が独占して設置施設営業テナント契約一手に引き受けていた。なお、ほかの道路関係公団においては以下の通り首都高速道路公団 - 財団法人首都高速道路協会1967年1月10日設立阪神高速道路公団 - 財団法人阪神高速道路協会1965年4月1日設立大阪府)、財団法人阪神高速道路利用協会1968年6月12日設立兵庫県本州四国連絡橋公団 - 財団法人本州四国連絡橋道路管理協会 猪瀬直樹一部評論家研究者ジャーナリストによって、次第事業独占弊害強く指摘批判されるようになった。その最初期対応策として、1997年平成9年10月28日建設省道路局長通達により、いわゆる第三セクター企業による占用が可能となった続いて12月26日には、道路施設協会分割し当該事業への民間企業および地方公共団体新規参入促進するとの閣議決定がなされ、同協会財団法人道路サービス機構(J-SaPa、旧法人格を承継)と財団法人ハイウェイ交流センターHELLO SQUARE1998年7月1日設立)に分割された。 2005年平成17年)の公団民営化では、設立され各道会社道路サービス施設事業資産引き継ぐことが決定された。その方に従って公団民営化3か月後の2006年1月1日付で、旧阪神高速道路公団路線における道路サービス施設阪神高速道路協会阪神高速道路利用協会管理)が阪神高速道路会社系列管理会社阪神高速サービス)に、公団民営化半年後の2006年4月1日付で、旧日本道公団路線における道路サービス施設道路サービス機構ハイウェイ交流センター管理)・旧本州四国連絡橋公団路線における道路サービス施設本州四国連絡橋道路管理協会管理)・旧首都高速道路公団路線における道路サービス施設首都高速道路協会管理)が、地域ごとに各高速道路会社系列管理会社ネクセリア東日本中日本エクシス西日本高速道路サービス・ホールディングスJBハイウェイサービス首都高速道路サービス)にそれぞれ承継された。なお、道路会社引き継がれなかったJ-SaPaとハロースクエア持っていた一般道路分のサービスエリアパーキングエリアは、財団法人高速道路交流推進財団(旧・J-SaPa)に承継された。

※この「事業者」の解説は、「サービスエリア」の解説の一部です。
「事業者」を含む「サービスエリア」の記事については、「サービスエリア」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 23:06 UTC 版)

労働安全衛生法」の記事における「事業者」の解説

事業を行う者で、労働者使用するものをいう(第2条3号)。その事業における経営主体のことをいい、会社など法人については、法人の代表個人ではなく法人そのものをいう。したがって、労働基準法第10条でいう「使用者」とは必ずしも一致しない

※この「事業者」の解説は、「労働安全衛生法」の解説の一部です。
「事業者」を含む「労働安全衛生法」の記事については、「労働安全衛生法」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:10 UTC 版)

台湾鉄路管理局」の記事における「事業者」の解説

山陽電気鉄道 - 2014年12月22日締結京浜急行電鉄 - 2015年2月26日締結西武ホールディングス西武鉄道 - 2015年3月14日包括的事業連携に関する友好協定締結東武鉄道 - 2015年12月18日友好鉄道協定締結四国旅客鉄道 - 上述松山駅同士姉妹友好締結昇格させ、2016年2月25日友好鉄道協定締結 近畿日本鉄道近鉄グループホールディングス) - 2017年7月6日友好鉄道協定締結しなの鉄道 - 2018年3月26日友好協定締結一畑電車 - 2019年4月16日友好協定締結

※この「事業者」の解説は、「台湾鉄路管理局」の解説の一部です。
「事業者」を含む「台湾鉄路管理局」の記事については、「台湾鉄路管理局」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 16:47 UTC 版)

つま恋ガス爆発事故」の記事における「事業者」の解説

この事故を受けて日本LPガス連合会は、同年都市ガス用に開発されたばかりマイコンメータープロパンガスへの導入決め1987年から置き換え進められた。

※この「事業者」の解説は、「つま恋ガス爆発事故」の解説の一部です。
「事業者」を含む「つま恋ガス爆発事故」の記事については、「つま恋ガス爆発事故」の概要を参照ください。


事業者(事業主体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 03:30 UTC 版)

日本のダム」の記事における「事業者(事業主体)」の解説

ダムの建設発注及びダム管理する事業主戦後における事業者として下記のものが中心となっている。複数の事業者による共同管理をするものもある。管理が国から地方自治体移行したダムもある。 事業主体主な組織凡例国土交通省 北海道開発局開発建設部、地方整備局東北関東北陸・中部近畿・中国四国九州)、沖縄総合事務局開発建設国土交通省直轄ダム一覧 農林水産省 北海道開発局農業水産部地方農政局東北関東北陸東海近畿・中国四国九州)、沖縄総合事務局農業水産部 農林水産省直轄ダム一覧 水資源機構 ダム事業部・水路事業部 水資源機構所管ダム一覧 都道府県 企業局企業庁土木部局 など 主な都道府県営ダム一覧 市町村 水道局 市町村営水道用ダム一覧 電力会社 電源開発北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力関西電力中国電力四国電力九州電力その他電気事業者電力会社管理ダム一覧 民間企業 東日本旅客鉄道王子製紙新日本製鐵日本軽金属旭化成昭和電工JNC新日本電工など 民間企業所有ダム一覧

※この「事業者(事業主体)」の解説は、「日本のダム」の解説の一部です。
「事業者(事業主体)」を含む「日本のダム」の記事については、「日本のダム」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 23:34 UTC 版)

宅配便」の記事における「事業者」の解説

ヨーロッパにはもともと消費者向けの小型荷物輸送サービス郵便事業者提供する小包サービスしかなかった。EU市場統合により、民営化した事業者の中には信書だけでなくより大型の荷物取り扱ようになった事業者もある。 ヨーロッパで企業向け小型荷物輸送貨物は、形状輸送速度により、クーリエCourier書状)、エクスプレスExpress急送)、パーセルParcel小包)に分けて呼んでいるが、実際には全てを扱う事業者が多いためCEP総称されるまた、アメリカインテグレーターであるFedExUPSヨーロッパ市場参入している。

※この「事業者」の解説は、「宅配便」の解説の一部です。
「事業者」を含む「宅配便」の記事については、「宅配便」の概要を参照ください。


事業者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 08:58 UTC 版)

日本の重力式ダム一覧」の記事における「事業者」の解説

ダム管理施工する事業者。ただし北海道開発局内閣府沖縄総合事務局管理施工するダムについては、その事業を所管する主務省庁開発建設部:国土交通省農業水産部農林水産省)で記す。基本出典は『ダム便覧』によるが、一部については国土交通省資料全国ダム堆砂状況について(平成24年度末現在)』 を出典とする。

※この「事業者」の解説は、「日本の重力式ダム一覧」の解説の一部です。
「事業者」を含む「日本の重力式ダム一覧」の記事については、「日本の重力式ダム一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「事業者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

事業者

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:58 UTC 版)

名詞

事業 じぎょうしゃ

  1. 事業を行う者。
  2. 法律
    1. 消費者契約法における定義 - b:消費者契約法第2条
    2. 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律独占禁止法)における定義 - (独占禁止法第2条

関連語

類義語
対義語

翻訳


「事業者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



事業者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「事業者」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



事業者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの事業者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの菅島 (改訂履歴)、マドリード地下鉄 (改訂履歴)、西サハラの鉄道 (改訂履歴)、スペインの鉄道 (改訂履歴)、エスワティニの鉄道 (改訂履歴)、ナトリウム・硫黄電池 (改訂履歴)、電力系通信事業者 (改訂履歴)、マンクス2 7100便着陸失敗事故 (改訂履歴)、札幌市中央卸売市場 (改訂履歴)、ジンバブエの鉄道 (改訂履歴)、マリ共和国の鉄道 (改訂履歴)、パリの交通 (改訂履歴)、サービスエリア (改訂履歴)、労働安全衛生法 (改訂履歴)、台湾鉄路管理局 (改訂履歴)、つま恋ガス爆発事故 (改訂履歴)、日本のダム (改訂履歴)、宅配便 (改訂履歴)、日本の重力式ダム一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの事業者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS