労働者派遣事業とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 事業 > 労働者派遣事業の意味・解説 

ろうどうしゃはけん‐じぎょう〔ラウドウシヤハケンジゲフ〕【労働者派遣事業】


労働者派遣事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/16 07:35 UTC 版)

労働者派遣事業(ろうどうしゃはけんじぎょう、英語: Temporary employment agency services[2])は、職業紹介事業の一つである[3]。雇用の分類においては一時雇用者(Temporary workers)に分類される[4]人材派遣(じんざいはけん)、労働者派遣(ろうどうしゃはけん)とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 日本経営者団体連盟(現在の日本経済団体連合会の前身の片方。日経連)が1995年にコア事業以外の一般職を派遣に切り替える案を発表しており、それを受けての改正という説がある[20]。また、日経連の文書「新時代の日本的経営」でも読むことができる。
  2. ^ 労働者派遣事業、労働者派遣業、一般労働者派遣事業、特定労働者派遣事業、いずれも可能。[要出典]

出典

  1. ^ OECD Labour Force Statistics 2020, OECD, (2020), doi:10.1787/23083387 
  2. ^ 『データブック国際労働比較』独立行政法人労働政策研究・研修機構、2019年11月20日。ISBN 978-4-538-49054-0 
  3. ^ 国際労働条約181号
  4. ^ a b OECD 2020.
  5. ^ a b 原田、2004年、13頁
  6. ^ OECD Employment Outlook, OECD, (2021), Figure 4.5. The share of temporary work agency employment is on the rise, doi:10.1787/5a700c4b-en 
  7. ^ 派遣労働を中心とした規制改革と人材ビジネスの日米比較 (PDF)
  8. ^ a b OECD Employment Outlook 2020, OECD, (2020-07), Country report:Denmark, doi:10.1787/19991266, ISBN 9789264459793 
  9. ^ a b OECD Employment Outlook 2020, OECD, (2020-07), Country report:Germany, doi:10.1787/19991266, ISBN 9789264459793 
  10. ^ a b c d e 渡辺直登, 水井正明 & 野崎嗣政 1990, p. 76.
  11. ^ 総務省労働力調査
  12. ^ a b “労働者派遣事業の平成30年6月1日現在の状況” (プレスリリース), 厚生労働省 職業安定局 需給調整事業課, (2019年3月29日), https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000079194.html 
  13. ^ 政策レポート(労働者派遣制度について) 厚生労働省職業安定局需給調整事業課
  14. ^ 労働者派遣事業関係業務取扱要領 (PDF) 厚生労働省[リンク切れ]
  15. ^ 公演録「パソナの企業戦略と経営理念」 南部靖之パソナ代表取締役社長)1999年1月29日
  16. ^ 会計検査院 平成11年決算検査報告
  17. ^ 平成20年4月から高齢者医療制度が変わり、健保組合の保険料が急増します (PDF) はけんけんぽ
  18. ^ a b c d 全国健康保険協会について 全国健康保険協会、2019年3月19日
  19. ^ 渡辺直登, 水井正明 & 野崎嗣政 1990.
  20. ^ 週刊東洋経済』2007年6月23日号[要ページ番号]
  21. ^ 総合規制改革会議「第2次答申」 (PDF) 規制改革会議
  22. ^ 派遣労働者が多様な働き方を選択できるようになりました (PDF)
  23. ^ 狭まる「非正規労働」包囲網」『日経ビジネス』、日経BP、2012年7月18日。
  24. ^ 夢の追える社会をつくるために 植松電機 植松努さんの挑戦 ―赤平―『カムイミンタナ』2007年09月号
  25. ^ ダニエル・H・フット『裁判と社会―司法の「常識」再考』溜箭将之訳 NTT出版 2006年10月 ISBN 9784757140950
  26. ^ 一般社団法人 日本人材派遣協会
  27. ^ Japan could do more to help young people find stable jobs”. OECD (2008年12月). 2021年9月20日閲覧。
  28. ^ 契約・派遣社員に対する意識調査 名古屋市
  29. ^ “ハケン”を続けて、幸せになれますか? 派遣社員の女性の実態に迫る 瀬戸久美子、日経ビジネスオンライン、日経BP、2008年7月15日付配信
  30. ^ 「派遣は格差社会の元凶ではない」松田雄一、月刊『人材ビジネス』2007年5月号、日本人材派遣協会
  31. ^ 派遣社員ランク付けも違法認定 47NEWS、共同新聞社、2013年3月13日[リンク切れ]
  32. ^ 「非正規、自動車技能伝承に課題 製品・サービスの質にも影響」共同通信、2008年9月4日付配信
  33. ^ 平成22年度労働者派遣事業報告書の集計結果 厚生労働省
  34. ^ 派遣料金の仕組みについてご説明します 派遣スタッフの皆さま 社団法人 日本人材派遣協会[リンク切れ]
  35. ^ 派遣労働者:製造業の7割が「消極的理由で」NPO調査」 毎日新聞、2008年11月2日
  36. ^ 岩田、2010年、236頁。
  37. ^ a b 岩田、2010年、237頁。
  38. ^ 岩田、2010年、238頁。
  39. ^ 田中、2009年、180頁。


「労働者派遣事業」の続きの解説一覧

労働者派遣事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 19:21 UTC 版)

貧困ビジネス」の記事における「労働者派遣事業」の解説

貧困ビジネス」の一例として、労働者派遣行なう人材派遣会社あげられるとし、 登録型日雇い派遣は、派遣労働必然的な帰結であると主張している。 日本では1990年代以降労働者派遣法など労働関連法規規制緩和に伴い数多く人材派遣会社生まれたが、2000年代に入るとワンコールワーカー(日雇い派遣)と呼ばれる細切れ契約期間かつ社会保障など全く考慮されない雇用契約増加するうになるこれはとくに、いわゆるネットカフェ難民」などを生み出す原因のひとつともなっているが、湯浅は、日雇い派遣労働者人間的な諸権利こだわっていては仕事得られ今日明日生存おぼつかない状況にあるとしている。 人材派遣会社雇用される労働者は、派遣先企業にとり福利厚生教育研修その他の人事手続必要な人件費(すなわち固定費)としてではなく資材調達のような変動費として扱うことができ、金銭コスト時間コストともに低減のため導入されるそれゆえ非正規雇用労働者身分であっても同一労働同一賃金原則一般的な欧米先進諸国とは異なり日本においては収入その他の待遇が「正社員」に比較してかなり低く、その生活は非常に不安定である派遣元である人派遣会社は、労働者賃金から「マージン」「手数料」などと称する中間搾取収入を得るビジネス・モデル(いわゆるピンハネ」)で収益得ている。その収益派遣労働者の数に比例していることから企業理念として労働者派遣先企業橋渡しを行ない雇用創造により社会貢献する」ことを掲げ人材派遣会社は多い。しかし、実質的に正社員にはある教育研修福利厚生関連の経費削減派遣労働者導入目的効果本質となっている以上、単なる収入のみではなく職務技能スキル蓄積社会保障適用に至るまで福利厚生において、労働者側に非常に不利な労働契約である事例が多いとされている。 そのような実態として、違法行為であるはずの派遣先企業側による労働者事前面接選別常態化あるいは偽装請負多重派遣一般化などがあり、これらを通じ派遣労働者雇用契約条件環境切り下げ経済環境悪化に伴う雇い止め(派遣切り)も行なわれている。 労働者を「人」としてではなく、「短期雇用切り捨て可能な商品」として取り扱うことを肯定したシステム労働者派遣であり、労働者存在倉庫置かれた在庫物資基本的に変わらないが、その「在庫管理経費」さえも削減することで登録型日雇い派遣労働いきつくこととなると湯浅主張する人材派遣会社一つであるフルキャストグループ社長・会長務めた平野岳史は、2006年7月社会現象の中でフリーター増え結果自分たちがフリーターに働く場を提供している思えるようになった」と、人材派遣ビジネス社会的意義強調する趣旨の発言をしている。一方で労働者派遣法における規制緩和が、人材派遣会社による当時与党自由民主党への政治献金や、政府規制改革会議委員であった人材派遣会社経営者奥谷禮子に代表されるような、企業側政治的はたらきかけにより実現至った経緯をみていけば、実態として生活のため不本意ながら非正規労働契約結ばざるを得ないような社会的弱者巧みにターゲット合わせ収益上げている人材派遣業は、「貧困ビジネスとしての構成要件充分に満たすものとしても認識されうる。 なお、登録型日雇い派遣労働セットになった宿泊施設は、ドヤ街飯場システム現代版としてみることもできるが、「貧困ビジネス」の一種みなされる。 「手配師」、「日雇い」、「ドヤ街」、および「飯場」も参照

※この「労働者派遣事業」の解説は、「貧困ビジネス」の解説の一部です。
「労働者派遣事業」を含む「貧困ビジネス」の記事については、「貧困ビジネス」の概要を参照ください。


労働者派遣事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 06:49 UTC 版)

長鉄開発」の記事における「労働者派遣事業」の解説

JR東日本長野支社及びグループ会社労働者派遣していた。

※この「労働者派遣事業」の解説は、「長鉄開発」の解説の一部です。
「労働者派遣事業」を含む「長鉄開発」の記事については、「長鉄開発」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「労働者派遣事業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「労働者派遣事業」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



労働者派遣事業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働者派遣事業」の関連用語

労働者派遣事業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



労働者派遣事業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働者派遣事業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの貧困ビジネス (改訂履歴)、長鉄開発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS