労働安全衛生法による健康診断とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 労働安全衛生法による健康診断の意味・解説 

労働安全衛生法による健康診断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/14 08:48 UTC 版)

労働安全衛生法による健康診断は、労働安全衛生の観点から実施され、その第66条1項では「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。」と規定される。これは一般健康診断とされ、雇入時および年1回以上行う必要がある。




  1. ^ 「採用時の健康診断について」平成5年5月10日付労働省事務連絡
  2. ^ 平成22年1月25日厚労告25号
  3. ^ a b c 平成20年1月31日公示7号
  4. ^ 労働安全衛生法施行令第22条第3項
  5. ^ a b c d e f g h 平成27年5月1日基発0501第3号
  6. ^ 愛知県教委事件、最判平成13.4.26等
  7. ^ a b c 昭和47年9月18日、旧労働省労働基準局長名通達602号


「労働安全衛生法による健康診断」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働安全衛生法による健康診断」の関連用語

労働安全衛生法による健康診断のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



労働安全衛生法による健康診断のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働安全衛生法による健康診断 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS