従業員支援プログラムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 従業員支援プログラムの意味・解説 

じゅうぎょういんしえん‐プログラム〔ジユウゲフヰンシヱン‐〕【従業員支援プログラム】


従業員支援プログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/13 20:15 UTC 版)

従業員支援プログラム: Employee Assistance Program: EAP)とは、事業所において従業員労働者)へ提供される、仕事の業績に関わるような個人的問題に対しての福利厚生ケアの総称である[1]社員支援プログラムなどとも呼ばれる。


  1. ^ a b =Employee Assistance Programs for a New Generation of Employees”. アメリカ合衆国労働省 (2009年1月1日). 2011年4月2日閲覧。
  2. ^ Centers for Disease Control and Prevention (2010年). “=National Institute for Occupational Safety and Health - Occupational Health Psychology”. 2010年12月9日閲覧。
  3. ^ Society for Occupational Health Psychology (2010年). “=Graduate Training in Occupational Health Psychology”. 2010年12月1日閲覧。
  4. ^ 厚生労働省 (2008年). “労働契約法の施行について (PDF)”. 2010年12月1日閲覧。
  5. ^ a b c 島田修・中尾忍・森下高治『=産業心理臨床入門』ナカニシヤ出版、2006年。ISBN 978-4-8884-8836-5
  6. ^ a b c 厚生労働省 (2006年). “=労働者の心の健康の保持増進のための指針 (PDF)”. 2010年12月1日閲覧。
  7. ^ 人事院 (2006年). “=平成17年民間企業の勤務条件制度等調査結果表 (PDF)”. 2010年12月1日閲覧。
  8. ^ a b c 厚生労働省 (2010年). “=職場における心の健康づくり ~労働者の心の健康の保持増進のための指針~ (PDF)”. 2010年12月1日閲覧。
  9. ^ a b WAM NET (2010年). “=病院・診療所検索”. 2010年12月18日閲覧。
  10. ^ a b 日本臨床心理士会 (2010年). “=臨床心理士に出会うには”. 2010年12月18日閲覧。
  11. ^ 東京新聞、2009年7月24日「職場のうつ病(4)メンタルヘルス対策  環境改善と会話が重要」 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2009072402000060.html 2009年7月26日閲覧


「従業員支援プログラム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「従業員支援プログラム」の関連用語

従業員支援プログラムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



従業員支援プログラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの従業員支援プログラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS