労働安全衛生とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 労働安全衛生の意味・解説 

労働安全衛生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/13 09:23 UTC 版)

労働安全衛生(ろうどうあんぜんえいせい、Occupational safety and health)とは、就業環境における安全保健豊かさを守ることを目的とする分野である。労働安全衛生プログラムの目的の一つには、安全性を改良し就労環境を健全にすることにある[1]




  1. ^ Oak Ridge National Lab Safety Document
  2. ^ Employers Safe Working Practices, Health & Safety Policy”. Citation.co.uk. 2013年2月15日閲覧。
  3. ^ a b https://osha.europa.eu/en/publications/reports/7807118
  4. ^ EU-OSHA (2007). Expert forecast on emerging psychosocial risks related to occupational safety and health. Luxembourg: Office for Official Publications of the European Communities.
  5. ^ Occupational Safety and Health Administration. Facts About Hospital Worker Safety. https://www.osha.gov/dsg/hospitals/documents/1.2_Factbook_508.pdf Retrieved February 3, 2014.
  6. ^ Hale A, Ytehus I, 2004, ‘Changing requirements for the safety profession: roles and tasks’, Journal of Occupational Health & Safety – Australia and New Zealand
  7. ^ Hale, A et alia. 2004


「労働安全衛生」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働安全衛生」の関連用語

労働安全衛生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



労働安全衛生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働安全衛生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS