リプロダクティブ・ヘルスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人権啓発用語 > リプロダクティブ・ヘルスの意味・解説 

リプロダクティブ・ヘルス Reproductive Health

WHOの健康の定義に照らして「性と生殖に関する健康とその権利」をさし、単に生殖の過程疾病がないということではなく身体的精神的社会的良好な状態(well-being)であること。1994年カイロ開かれた国連国際人口開発会議カイロ会議)でこの言葉将来向けて行動計画中に取り上げられました。
リプロダクティブ・ヘルスの内容は、
(1)人はだれでも希望するときに希望する数の子どもをもつことができる
(2)女性にとって妊娠出産は安全である
(3)妊娠出産は母児の生命・健康にとり安全である
(4)すべてのカップルは望まない妊娠病気感染するおそれなしに性的関係をもつことができることであり、リプロダクティブ・ライツ基本的人権としてのその権利をさす。出産および避妊人工妊娠中絶個人権利であることを明言したところに意味があり、中絶合法でないことや、避妊手段制限があることがこれに抵触する。広く男性対象となり、母子保健だけではカバーできない性成熟期を含めて思春期から更年期以降までの「性と生殖関わる健康」という概念は、途上国においては人口政策あり方見直しを、また世界中不妊治療避妊権利拡大する根拠となりました。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リプロダクティブ・ヘルス」の関連用語

リプロダクティブ・ヘルスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リプロダクティブ・ヘルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2020 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.

©2020 Weblio RSS