家族計画とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 家族計画の意味・解説 

かぞく‐けいかく〔‐ケイクワク〕【家族計画】


家族計画

夫婦出生力(623-1)はその再生産行動 1いかんである。夫婦は、計画者 2、すなわち出生児ならびに出生間隔(612-1*)を調節しようと努力する夫婦と、非計画者 3、すなわちそのような努力をしない夫婦とに分けられる。家族計画 4は、希望子供数 5超えないように努力を表す家族規模制限 4よりも広い意味を持つ。出生抑制(または産児制限産児調節) 6あるいは出生調節 6結婚している者の活動限られない


家族計画

【英】:Family Planning

カップルまたは個人が、避妊通して自発的に子どもをいつ、何人産むのか計画すること。また、単に産児制限といった意味だけではなく出産間隔時期調節することである。望まない妊娠による人工妊娠中絶若年もしくは高齢での妊娠度重なる妊娠出産などは、母子健康に影響を及ぼすが、出産間隔時期には、母子身体的な問題だけでなく、家族構成育児環境周囲理解といった、精神的社会的経済的な問題反映される
家族計画推進には、母子の健康確保福祉の向上が基本条件であり、出産年齢への配慮女性教育機会保障避妊法選択の自由乳幼児死亡削減、子どもの育成環境への配慮などが重要となる。有効に家族計画プログラム実行されている国では近代的避妊法利用増加しているが、開発途上国においては貧困男女性差別によって、女性避妊法実行することができないために妊娠に至るといったアンメットニーズ問題となっている。リプロダクティブヘルス・ライツ視点からも、家族計画は重要である。
池上清子

家族計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/23 22:02 UTC 版)

家族計画(かぞくけいかく、英語:family planning)は、家庭毎の、いつ・どれだけ子供を持つかという計画をいう。


  1. ^ a b c d e 『アジア環境白書2000/01』東洋経済新報社、2000年、278頁。 
  2. ^ a b c 伊藤彰芳 『みんなのセンター教科書 地理B 改訂版』旺文社、2015年、219頁。 
  3. ^ 厚生白書(昭和33年度版)”. 厚生労働省. 2012年3月7日閲覧。
  4. ^ a b 伊藤彰芳 『みんなのセンター教科書 地理B 改訂版』旺文社、2015年、218頁。 


「家族計画」の続きの解説一覧

家族計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 15:52 UTC 版)

リー・クアンユー」の記事における「家族計画」の解説

1960年代後期には、シンガポール増大する人口が、発展中の経済負担をかける可能性があるとして、「子供2人まで」という家族計画を推奨するキャンペーン展開し子供のいる夫婦からは不妊手術受けられるように主張する声が多く上がった。 ほかにも、大卒女性出産推奨するなどの優生思想に基づく選別的な教育制度実践した回顧録では「多民族社会では、ある民族知能指数 (IQ) が他よりも低いというベルカーブ英語版仮説動かしがたい現実だったからです」と主張している。

※この「家族計画」の解説は、「リー・クアンユー」の解説の一部です。
「家族計画」を含む「リー・クアンユー」の記事については、「リー・クアンユー」の概要を参照ください。


家族計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 16:09 UTC 版)

中華人民共和国における妊娠中絶」の記事における「家族計画」の解説

詳細は「ミフェプリストン#中国」を参照 家族計画の手としての中絶重要性は、中国においてミフェプリストン(中絶ピル)による「妊娠早期による薬剤による中絶」の大規模な導入によっても明らかといえる実際中国では1988年世界で初め薬剤中絶合法化され、その後長期間大規模に行われている。多く西側諸国のように高い中絶成功率達成しているかどうか不明であるが、中国医師たちはこれを強く推奨しており、また一般的な中絶比較するとずっと非侵襲性である。

※この「家族計画」の解説は、「中華人民共和国における妊娠中絶」の解説の一部です。
「家族計画」を含む「中華人民共和国における妊娠中絶」の記事については、「中華人民共和国における妊娠中絶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「家族計画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「家族計画」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家族計画」の関連用語

家族計画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家族計画のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2024.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家族計画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリー・クアンユー (改訂履歴)、中華人民共和国における妊娠中絶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS