ザ・ブルー・マーブルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ザ・ブルー・マーブルの意味・解説 

ザ・ブルー・マーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/12 03:49 UTC 版)

ザ・ブルー・マーブル英語: The Blue Marble)は、1972年12月7日アポロ17号の乗組員によって、地球からおよそ4万5千キロメートル(2万8千マイル)の距離から撮影された[1]、著名な地球の写真である。英語で「青いビー玉」を意味する。宇宙飛行士からは、地球がまるで子供が遊ぶガラスのビー玉のように見えたため、これが写真の題名となった。




「ザ・ブルー・マーブル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ザ・ブルー・マーブル」の関連用語

ザ・ブルー・マーブルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ザ・ブルー・マーブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのザ・ブルー・マーブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS